一戸建て内覧会・マンション内覧会、新築・中古の内覧会同行は低価格のプロチェック一級建築士事務所へ。家の品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会に低価格で丸一日立会い同行します。メールやお電話でのマイホーム購入相談は無料。

このカギは何のため?

2016年10月12日 18時36分20秒 | リビング/洋室編

写真はマンションの内覧会で撮りました。一見、何の変哲もありません。でも、状況をご説明しますと、変なことが分ります。ここはウォークインクローゼットの中です。右側のドアの向こうは主寝室、左の奥に写っている引戸を開けると廊下に出られます。ですので、このウォークインクローゼットは主寝室からも、廊下からも入ることができます。
この状況が分りましたら、再度、右側の主寝室へのドアの取っ手の上の鍵(→部分)を見て下さい。鍵のレバーがクローゼット側に来ています。これでは、鍵をかけたら、主寝室からクローゼットに入ることが出来なくなってしまいます。こうなると、この鍵は一体何のため?と考えてしまいます。本来、この鍵は主寝室側に付けられるべきものでした。つまり、鍵をセットする向きが、表・裏、反対になってしまっているわけです。マンションでは、主寝室だけドアに内側からカギが付きます。
とても珍しいことですが、このような間違いもあるのですね。売主側も、内覧会まで何度もチェックして、気が付かなかったとは…。これでは、トイレの鍵が、トイレの内側からではなく、外側から鍵が掛かるようになっているようなものです。こういうのを見てしまうと、内覧会では、鍵がちゃんと掛かるかだけでなく、鍵の向きも確認が必要となります。一般のマンションの洋室では、内側から鍵が掛けられるように作ってあるのは、主寝室だけです。他の洋室は鍵が掛かるようにはなっていません。(7213)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モデルルームでのチェックポ... | トップ | タオル掛けがない! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む