一戸建て内覧会・マンション内覧会、新築・中古の内覧会同行は低価格のプロチェック一級建築士事務所へ。家の品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会に低価格で丸一日立会い同行します。メールやお電話でのマイホーム購入相談は無料。

ここの隙間も埋めた方が…

2016年10月19日 22時19分29秒 | キッチン編

写真はマンションの内覧会で、キッチンの壁のパネル部分を撮りました。上はレンジフードで、下はシステムキッチンのガス台となっています。ここの壁の部分は火を使いますので、燃えない材質で壁の部分を覆わねばなりません。以前は、タイルが多かったのですが、タイルの目地部の汚れなどから、最近はパネルが利用されるようになって来ています。この壁パネルにもいくつかの種類があります。一般的には、油や汚れが付きにくく手入れが簡単な、ステンレス、アルミ、メラミン不燃化粧板、ホーローなどが使われています。勿論、全て不燃材料でなければなりません。
ここではステンレスが使われています。ここで、指の先の部分をご覧になって下さい。指の先の部分は壁の角で、パネルの継ぎ目となっています。この継ぎ目の部分は僅かですが隙間となります。この隙間は、上から下まで、コーキングで埋めるべきです。なぜなら、調理の湯気や油、そしてホコリも継ぎ目の隙間に入ってしまうからです。火を使うところですので、耐熱性のコーキングとなります。この隙間はコーキングで埋まられていませんので、埋めるように指示しました。マンションや戸建の内覧会に行きましたら、この部分も見て下さい。通常、コーキングは入っていますが、入っていない場合には、指摘して、入れてもらいうように言って下さい。(937)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一緒に開いて、こすれないよ... | トップ | 上のスペースがもったいない! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む