内覧会同行サービスは低価格のプロチェック一級建築士事務所へ。一戸建て・マンション、新築・中古、家の品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会に低価格で丸一日立会い同行検査。内覧後も無料でサポート。マイホームの悩み相談無料。

一戸建て内覧会、どう進めれば?

2017年06月22日 19時03分15秒 | 一戸建て限定編

注文でも建売り住宅でも、家が完成して、売主から、内覧会はいつ、どのようにしましょうか?と聞かれたら、どう返事をすれば良いのでしょうか?返事をするにあたり、大事なことは、家族で余裕を持って見られる日を設定すること、そして、必ず、現場監督に立ち会ってもらうこと、です。
内覧会は、買主にとっては、引渡し前の最終検査となりますので、家族みんなの目で家の中を隅々まで見る、そして、不明な点は現場監督に聞いて確かめる、この2点が重要となります。私が、戸建の内覧会に立ち会う場合には、午前10時から午後1時過ぎまで、明るい時間帯に、ゆっくりと部屋の中を何度も見ます。そして、水道も建具も照明も、住んだつもりになって、全て使ってみます。そして、気になるところは、付箋を貼っておきます。
3時間あれば、大体は見終わりますので、午後1時過ぎに現場監督に来てもらいます。そして、付箋を貼った気になる箇所について、監督と一つずつ確認していきます。確認とは、不具合であることの認識と、どのように直すかの話し合いです。現場監督は、その家を作った張本人ですから、内容を一番分かってますし、こちらの気持ちも理解してくれる場合が多いです。
写真は大手ハウスメーカーの現場監督です。この人は、買主の気持ちを聞き入れようとする姿勢が素晴らしかったです。こういう人は良い家も作ると思います。

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなセールストークに乗ら... | トップ | バルコニーの手すり、これも... »
最近の画像もっと見る

一戸建て限定編」カテゴリの最新記事