内覧会同行サービスは低価格のプロチェック一級建築士事務所へ。一戸建て・マンション、新築・中古、家の品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会に低価格で丸一日立会い同行検査。内覧後も無料でサポート。マイホームの悩み相談無料。

冬の内覧会への身支度は?

2017年02月13日 17時22分41秒 | 内覧会への準備

内覧会を冬に行う場合、暖かい服装、そして、特に厚手の靴下が必需品となります。誰も住んでいない新築の部屋は寒いものです。特に床はシンシンと冷えています。床暖房が入っていても、通常リビングだけです。足の底が冷えると、どうしようもなくなって、折角の内覧会も、もういいや帰ろう、となってしまいます。
通常、内覧会では、売主側がスリッパを用意しています。このスリッパを使っても良いのですが、スリッパを履くとフローリングの状態が分かりにくくなりますし、スリッパを引きずりますと、塗りたての若いワックスに線状のキズを付けてしまうことがあります。フローリングのワックスは内覧会直前に塗られることが多いです。厚手の靴下であれば、暖かいし、足の脂も床に付かないし、ワックスもキズ付けないで済みます。また、床鳴りなど、床の不具合も靴下の方が見つけやすいです。
冬の床は相当に冷えていますので、寒がりな人は、厚手の靴下を二重に履いて下さい。そして、部屋の中は、掃除が行き届いているわけでもないので、多少ホコリなどが付いてしまうこともあります。暖かくて動きやすい、多少汚れても気にならない服装が良いでしょう。写真は、冬の内覧会を終えて、ほっと一息、笑顔となりました。(71)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フスマを閉めて、どちらが上に… | トップ | 電球が入ってない! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む