内覧会同行サービスは低価格のプロチェック一級建築士事務所へ。一戸建て・マンション、新築・中古、家の品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会に低価格で丸一日立会い同行検査。内覧後も無料でサポート。マイホームの悩み相談無料。

ぶつけると、どちらもキズになります!

2017年03月06日 18時03分28秒 | 一戸建て限定編

写真は、戸建の内覧会で、2階の洋室からバルコニーへ出るドアを撮ったものです。ご覧頂きたいのは、赤い矢印の部分です。
2階の洋室からバルコニーに出る際に、このドアを開きます。このドアをいっぱいに開けようとすると、ドアの取っ手が壁にぶつかってしまいます。取っ手が壁にぶつかれば、当然ですが、取っ手も壁も傷付いてしまいます。それでは、こういう時はどうしたら良いのでしょうか?
解決方法は、ドアが壁にぶつかる前に止めてしまうか、壁にぶつかった時の為に緩衝材(例えばゴムの受け:商品名バンポン)を壁に付けるか、この2通りです。壁にぶつかる前にドアを止めようとすると、床や壁にストッパーを付けることになります。ただ、この方法は、ストッパーが付くか?など条件が難しくなります。一般的には、壁に緩衝材を付けて、ドアがぶつかっても衝撃を和らげるようにしておくと良いでしょう。(911)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電車の運転手の小窓から、顔... | トップ | バスルームから外は見えるけど… »
最近の画像もっと見る

一戸建て限定編」カテゴリの最新記事