内覧会同行チェックサービスはプロチェック一級建築士事務所へ!新築・中古のマンションや戸建ての内覧会で、品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会同行サービスに低価格で丸一日立会い同行。メールや電話でのマイホーム購入相談は無料。

裏側のつなぎ部分も見て!

2014年04月21日 18時21分49秒 | チェック項目 新築マンション

写真、マンションの内覧会で撮りました。撮った部分は、バルコニーの樋(雨水を流すための排水管)の裏です。一般的に、バルコニーの床上には、長尺シートと呼ばれる、厚さ2mm程の塩化ビニール製のシートが貼られます。雨が掛かるところなので、シートの継ぎ目は少ない方が良いです。継ぎ目がなるべく少なくなるように、トイレットペーパーのようなクルクル巻きの長いシートを貼っていくわけです。
ここの部分には、樋があります。樋がありますので、シートに穴を開けなくてはなりません。穴を開けるために、シートを切り込んだわけです。シートを切り込んだのは仕方ないのですが、問題は、切った部分(←のところ)は、ちゃんと、処置をしておかないと、雨水が入り込んでしまいます。雨水が入り込みますと、蒸発により膨張しますので、シートが浮いてきてしまいます。
写真のように、この切り目の部分がコーキングでふさがれていると、雨水も入ってこなくなります。細かい点ですが、内覧会では、樋の裏側の長尺シートのつなぎ具合も見て下さい。(11.9)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上の棚、なんのため? | トップ | 左側には入るけど、右側には... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む