新築マンション・新築一戸建ての内覧会立会い・同行サービスはプロチェック一級建築士事務所へ。内覧会で品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会に低価格で丸一日立会い同行検査。内覧後も無料でサポート。マイホームの悩み相談無料。

ルーフバルコニーの隅も見て!

2017年07月13日 18時07分11秒 | チェック項目 新築マンション

下の2枚の写真は、マンションのルーフバルコニーの隅にある樋(とい:屋根に降った雨を集めて排水するパイプです)の出口部分を撮ったものです。2枚とも同じ樋を撮っています。それぞれの写真の赤い矢印部分を見て下さい。イメージ 1
上の写真は内覧会の時のものです。樋の先は切られたままで、この状態では、大雨の場合、樋の先から勢いよく雨が落ちてくるので、雨音も大きいし、周りに撥ね上がってしまうでしょう。これでは、支障が出るので、樋の先にエルボ(曲がっているパイプ)を付けるように売主に言いました。



下の写真は内覧会のイメージ 22週間後の再内覧会の時のものです。樋の出口にはエルボが付けられていました。こうすれば、樋から流れ出る雨水の向きも排水溝の方になります。また、雨の落ちる衝撃も和らげられるので、水の音や撥ねも少なくなります。ルーフバルコニー付きのお部屋を購入された方は、内覧会の時には、バルコニーの隅に行って、樋の出口部分の処理も見て下さい。上の写真のようになっていましたら、下の写真のようにするように要望して下さい。(873)
ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんなバスルームかな? | トップ | エアコンからの水が隣の家に… »
最近の画像もっと見る

チェック項目 新築マンション」カテゴリの最新記事