内覧会同行チェックサービスはプロチェック一級建築士事務所へ!新築・中古のマンションや戸建ての内覧会で、品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会同行サービスに低価格で丸一日立会い同行。メールや電話でのマイホーム購入相談は無料。

グルニエに手すり、役に立ちます!

2014年04月14日 20時15分11秒 | 住まいの豆知識

写真は、建売住宅のグルニエ(屋根裏収納)を写しました。グルニエとは、フランス語で屋根裏部屋のことです。ロフトと似ていますが、ロフトとは天井高を高くして、部屋の一部を2層式にした上部スペースのことを指します。グルニエとは屋根裏を利用した収納スペースになります。
グルニエは、建築基準法上、小屋裏物置等という扱いになります。面積は下の階の2分の1以下、天井高は1.4m以下、小屋裏に出入りするためのハシゴは固定式でないこと、などの規制があります。そのため取り外し可能なはしごをかけたり、折り畳んで収納できるタイプのはしごを取り付けたものがよく見られます。
このグルニエで気に入ったのは、手前の手すりです。一般には、ここに手すりが無い場合が多いです。元々、ここにも手すりは付いていなかったのですが、ここの買主が安全性を考慮してオプションで付けました。ホームセンターで手すりを購入して自分で簡単に付けることもできます。この手すりの役目は、グルニエに上がる時、そして降りる時、役に立ちます。特に、グルニエから降りる際は、危険ですので、この手すりが有効です。そして、この手すりの更なる役目は、グルニエに置いた荷物などが下に落ちるのも防いてくれます。(8.2)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨水が入らないように! | トップ | 脚立に上がって、覗き込んで... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む