内覧会立会い同行サービスは低価格のプロチェック一級建築士事務所へ!新築中古のマンション・一戸建て内覧会で品質向上と安心を

100%買主の味方!新築・中古の内覧会に低価格で丸一日立会い同行。6月末迄申込限定同行料金3千円割引中!家の問題相談無料

マイホームの地盤を知ろう!

2017年04月21日 10時58分23秒 | 一戸建ての購入時に

んな家でも、建てる前に行うのが、地盤調査です。調査の目的は地盤に合った基礎を作るためです。建物の重量に対し、地盤が耐えられなければ、必要な補強をしなければなりません。従い、地盤調査報告書の内容には、試験の方法と結果、そして、結果から分析した考察が記載されます。考察とは、地盤調査結果及び周辺環境を総合的に判断して、採用すべき基礎の設計指針を決めるものです。地盤調査会社は、地盤のプロですから、基本的には、考察で書かれた基礎の設計の考え方が実行されます。日本には約100社の地盤調査会社があります。調査の方法は各社ほとんど同じですが、地盤調査会社の質は、この考察の書き方で決まるとも言えます。
一般の買主が地盤報告書を見ても、内容を判断することは困難かもしれません。でも、地盤報告書の考察は必ず目を通して下さい。
考察に基づいて、実際の基礎が定められているかがポイントです。具体的には、①考察の指針は何か、また、実際の基礎はその通りになっているか ②丁寧に分かりやすく書いてあるか ③そこの地盤だけでなく、周辺も検討しているか ④異常値が出ていた場合、その原因究明をしているか、このような項目です。
東日本大震災では地域によっては液状化が激しく、地盤の沈下が見られます。地盤調査報告書を見れば、液状化の可能性も分かります。液状化の可能性が高ければ地盤改良や杭が必要となります。従い、地盤調査報告書は極めて大事なものですので、出来れば、売買契約の前に確認しておきたいものです。地盤調査報告書は、家を建てる場合の元となりますので、必ず、売主からコピーを入手しておくことも重要です。上の写真は地盤報告書の例ですが、量的にこのぐらい書かれていればOKです。(106)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今使っている冷蔵庫が入らない! | トップ | バスタオルも干せます! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む