内覧会立会い同行サービスは低価格のプロチェック一級建築士事務所へ!新築中古のマンション・一戸建て内覧会で品質向上と安心を

100%買主の味方!新築・中古の内覧会に低価格で丸一日立会い同行。6月末迄申込限定同行料金3千円割引中!家の問題相談無料

見た目もきれい、引っ掛かりもない!

2014年03月22日 23時21分40秒 | チェック項目 新築マンション
写真はマンションの内覧会で撮りました。写したところは、バルコニーの手すり壁の一番上の部分です。この部分を笠木(かさぎ)と呼びます。写真のように、コンクリート壁の場合には、モルタルで平らにして、その上を塗装で仕上げます。
この笠木は、モルタル仕上げの上を吹き付けタイルで仕上げてあります。下地のモルタルにブツブツがあるので、その上に塗装をしても、このようになってしまいます。青い付箋は直すように指示したので、貼ってあります。
ここは手すりの一番上ですから、目立つところではありますし、手を乗せたり、布団を干したりもします。やはり、見た目にもきれいで、手を掛けても引っ掛からない方が良いです。仕上がりがきれいでない場合には、再度、モルタルの仕上げから直してもらって、吹き付けの塗装をしてもらうのが良いでしょう。部分的に直しても、塗装のムラが出てしまうことがありますので、そのような場合には、笠木の全面、再仕上げをしてもらうようにして下さい。(7.6.2)
ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リビングのカーテン、これだ... | トップ | 実は、忘れてました! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む