内覧会同行チェックサービスはプロチェック一級建築士事務所へ!新築・中古のマンションや戸建ての内覧会で、品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会同行サービスに低価格で丸一日立会い同行。メールや電話でのマイホーム購入相談は無料。

二重床か、直床か、確認は大事!

2014年04月10日 18時34分39秒 | マンションの購入時に

写真は、マンションの内覧会で畳を上げてみたところです。畳の下には、厚さ2mm程の青いクッションシートが敷かれています。シートの下には、床のコンクリートが見えます。このコンクリートの部分を床スラブと呼びます。この床スラブの厚さは21cmで、内部には鉄筋が入っています。このように、床の仕上げ材である畳やフローリングを、直接床スラブに載せる方法を直床と呼びます。もう一つの床の作り方は二重床です。二重床とは、鉄筋コンクリートの床スラブの上に短い束を立て、その上に下地を敷き並べ、畳やフローリングで仕上げます。コンピュターのアクセスフロアと同様に、フロアと床スラブの間を空ける作り方です。直床の場合には、フロアと床スラブの間に空間はありません。
写真の直床のスラブは21cmと書きましたが、その内の20cmは骨組みとしての床で、1cmは仕上げのモルタルとなっています。この1cmの仕上げモルタルはセルフレべリングと呼ばれるもので作られます。セルフレべりング、即ち、自分で平らになります、という事です。これは、モルタルに油のようなものを混ぜ、ドロッとした状態にして、床の上に流しておけば、次の日には、水平で硬くなっている、というものです。このように物理的に床の表面を水平にしてしまうので、ビー球を置いても、転がってはいきません。
また、床スラブの上に置かれている畳は、化学畳と言われるもので、畳表は樹脂(い草や和紙の場合もある)、畳床は発泡スチロール、底にはシートが貼ってあります。直床の洋室の場合には、フローリングをそのまま床スラブの上に敷きます。フローリングは木材ですので、その上を歩くと床スラブにぶつかって音がしてしまうので、防音のため、フローリングの底面は、5mm程のクッション材が貼られています。その為、このような床材の場合は、どうしても、上を歩くと、フワフワ感があります。マンションを購入する際には、床の構造が、直床なのか、二重床なのか、確認すべきです。(7.8.11
)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 扉が静かに閉まります… | トップ | シックハウス対策が気になる! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む