内覧会同行チェックサービスはプロチェック一級建築士事務所へ!新築・中古のマンションや戸建ての内覧会で、品質向上と安心を!

100%買主の味方!新築・中古の内覧会同行サービスに低価格で丸一日立会い同行。メールや電話でのマイホーム購入相談は無料。

足の裏でたたいてみると…

2014年03月26日 15時55分55秒 | チェック項目 新築一戸建て

戸建の家を作る中で、最も難しいのは階段と思います。玄関やリビングなどは平面的な見方でも感じが掴めますが、階段だけは、3次元の空間を意識しなければならないからです。ですから、階段の出来具合で大工さんの技術が分かる、とも言えます。
階段は、転倒、落下など危険が高い場所でもあるので、建築基準法でもいろいろと条件を定めています。例えば、手摺の設置、階段の幅は75cm以上、踏み板の奥行き(踏面:ふみづら)は15cm以上、踏み板の段差(蹴上げ:けあげ)は23cm以下などとしています。
写真は、戸建の内覧会で階段部分を撮ったものです。写真を見て頂くと、階段の真ん中あたりの踏み板に赤い付箋が貼られています。この付箋は私が貼ったものですが、貼った理由は、踏み板に鳴りがあるからです。床鳴りと同じように、階段の踏み板にも、同じような現象が出ることがあります。階段を設置することは技術を要しますので、不具合が出やすい箇所と言えます。チェックの方法は、踏み板を上から足の裏でトントン軽くたたくようにすると分かります。(9.7.26)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実は、忘れてました! | トップ | キッチンの下ものぞいてみると… »
最近の画像もっと見る

あわせて読む