諏訪市尾玉町情報

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

諏訪市尾玉情報

2011-08-24 15:06:11 | 観光
今朝暫くぶりに湖畔の散歩を楽しみましたが、残された観覧席や打ち上げ台の規模の大きさに今更ながら驚いております。この会場を使って行われる新作花火大会そして翌9月4日の最終花火大会と大勢の観客を魅了させることでしょう。昨日の地元紙によると新作花火大会の協賛金が目標額をオーバーし2390万円に達したそうです。スターマインの内容を充実する方針とか、楽しみが一層増えましたが、ぜひ多くの皆さんに諏訪の花火を楽しんで欲しいものです。
ところで、花火好きの方は、来年の湖上花火大会に夢を馳せていると思いますが、その穴場と目されている尾玉を訪ねてみませんか。その景観の素晴らしさは、あなたに一つのヒントを与えると思います。リタイヤ後の住いにまたシェアーハウスとしても活用多岐です。アクセスはHP「尾玉町」でご確認下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

諏訪市尾玉情報

2011-08-19 10:16:46 | 観光
昨日までの暑さから解放されてホッとしています。今回も花火についてお伝えします。15日の湖上花火大会は天候に恵まれ、煙もほどほどに向きを変え湖水を取り巻くお客さんにはある程度満足されたのではないでしょうか。それにしても大変な混雑でした。立石公園駐車場の入り込みを見に14日午後1時に出向きましたが、既に満車。朝早くから一杯だとのことでした。異常なまでの過熱振りです。

さて、混雑からはヤヤ解放されて?楽しんでいただく9月3日の新作花火と翌日のシーズン最後を飾る花火大会をご紹介します。

全国新作花火競技大会の観覧券の発売が昨日行われましたが、当日券は9:30から片倉館前で2000枚販売されます。大人2000円小学生以下1000円。このほかにはローソンチケットで販売しています。
競技内容ですが、全国から選抜された花火師による、10号玉2発3号玉10発計12発で技術と創造性を競います。スターマインもセットされ、計31セット約16000発打ち上げ予定です。
駐車場は有料2か所無料3か所が用意されております。なお、今回は駐車禁止解除区間もありますので、事前に確認してください。終了後は3.4時間は車両の運行困難と大会本部は呼び掛けております。

4日の最終日は、混雑も緩和され、内容も十分満足いただけます。

終了後はゴミなど指定場所に入れ、跡を汚さないよう協力して下さい。翌日大勢のボランテアが片付けに当たっております。

最後に2日休みの方に、3日は立石公園で4日は湖畔に降りて、花火見物は如何でしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加

諏訪市尾玉情報

2011-08-13 10:44:00 | 観光
暑い日が続いていますが、今朝などは気候の変わり目を感じさせる涼しさでした。

さて、湖上花火大会も本番間近、12日には打ち上げ準備の最終確認が行われ、
秒読みが始まった感じです。見物の際は、長袖を準備することをお勧めします。

今朝の地元紙に中京・関西方面の方に朗報が載っていましたから、ご照会します。
下諏訪町が、観覧客のため赤砂崎に臨時駐車場1000台分を確保するそうです。
普通車500円中型車1000円大型3000円です。打ち上げ会場までは5km強あります。
湖畔を徒歩で向かいますが、途中気に入った場所で見るのよいと思います。
帰途は、岡谷ICから高速がべたーです。

明日は、前回触れた立石公園駐車場の入り具合を見てくる予定ですが、
直前情報は本日でエンドです。

では、名物花火をユックリお楽しみ下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

諏訪市尾玉情報

2011-08-06 10:46:31 | 観光
湖上花火大会も後1週間となりました。照会記事もこれが最後、特別追加版となります。然し、幾つもの条件をクリアしていただく必要があります。

第1は14.15両日休めること。第2は14日中に駐車場を確保できること。ただし駐車場の入り込み状態は過去確認しておりません。聞くところでは早めに満車とか。

以上了解のうえ、1泊(車中)夜行コースの「諏訪湖花火2夜連続観覧と湖畔観光ツアー」をご案内します。

駐車場は立石公園駐車場です。2か所合わせても30台前後でしょう。
駐車後は、徒歩10分バス停「立石町」にて四賀方面行きかりんちゃんバスに乗車、約30分で湖畔の「足湯前」下車。その後は足湯に浸かるのもよし、汗を流したければ「片倉館」の千人風呂もよいと思います。入浴後はショッピングや美術館めぐりなど如何でしょうか。ここで忘れてならないことは、夕食と明日一日中の飲食物の用意を。湖畔周辺には
スーパーや食料品店はありませんので、近くの「すわくら」かコンビニとなります。クーラーがあれば事前に購入持ち込むことがベターです。
帰りは「足湯前」から「茶臼山行き」に乗車逆コースを「立石町」下車、重い荷物を持ちながら公園へ。早速、8時半からの花火に備えて場所取り、カメラのアングルなどご検討を
立石町発12:36・14:23・16:26・17:53足湯前発13:35・15:40・17:08・18:52

翌15日はかりんちゃんバスも動きませんから、熱中症に注意して日陰などで時間稼ぎを。場所取りをしっかりとしてください。

終了後は、興奮冷めやらぬうちに、駐車場から一方通行にしがって県道まで。そこからは霧ケ峰高原に向かって夜間走行です。絶対に市内に(右折)降りないように。朝まで車は動きません。霧ケ峰からは諏訪南ICや岡谷ICまでスイスイです。でも夜間です十分ご注意を。

なお、かりんちゃんバスは尾玉町を周回します。諏訪湖の眺めもバッチリ。自然の中の住宅地です。地価も安すぎます。是非お友達などにご紹介をお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加

諏訪市尾玉情報

2011-08-03 12:09:50 | 観光
いよいよ諏訪湖の花火大会の幕開けです。連日9月4日まで打ち上げられます。諏訪湖祭湖上花火大会の協賛金も当初目標を上回り、前年に続く過去6番目の規模になったようですから、華麗な夜空を焦がす大乱舞が見られそうです。駐車場も市内13箇所5450台分を
用意するようですが、前日の14日昼ごろから渋滞が始まり、15日深夜まで大渋滞が続きます。

既に2回交通対策また条件付き穴場などご紹介しましたが、名案はなかなかありません。チケットについては、当日発売もありますが、現地に早く到着していなければ入手できません。強いてお薦めするとすれば、上諏訪駅前の高台に上り、近隣の人と一緒に路上見物がよいと思います。駅も傍ですし比較的楽にJRに乗れるのではないでしょうか。

湖上花火は諦めて9月3日の新作花火大会、翌4日のシーズン最後を飾る花火に的を絞るの
も一考です。

最高なのは、花火好き同志や友人家族などで、諏訪湖を望む高台に拠点を設けて交互に使用したら、利用価値は花火に限らず倍増です。日経の記事によりますと、避暑地として連想するのが2位の北海道に倍以上の差をつけて首位は長野県だそうです。この機会に諏訪市の軽井沢と自負しております、尾玉町を是非ご検討ください。内容は「尾玉町」のHPにアクセスしてください。

この記事をはてなブックマークに追加