ハンドケア

ハンドケアの要領について

省エネ住宅と自然エネルギーの利用

2017-06-16 13:36:03 | 暮らし
未来志向の家として注目を集めている省エネ住宅は、自然エネルギーの活用がテーマーになっております。

従来の住宅では、石炭や石油などの化石燃料や電気をエネルギーに変換して生活に使用しておりましたが、地球の環境保全が叫ばれている今日、二酸化炭素などの温室効果ガスの発生を抑える取り組みが急務となっております。



自然エネルギーは二酸化炭素を発生させないため、クリーンで環境に優しいエネルギーですが、それを住宅に取り入れたのが省エネ住宅なのです。


省エネ住宅に利用されている自然エネルギーは、主として太陽光エネルギーと地熱エネルギーがあります。


太陽光発電システムは、屋根に太陽電池モジュールを設置して直接電気に変換する方式で、家庭で使用する電気が足らない場合は電力会社が供給し、余った電気電力会社に売却するものです。


この他にも、屋根に「太陽熱温水器」を設置して、太陽の熱エネルギーで温水を作り、風呂や給湯に使用するのも自然エネルギーの活用法として注目されています。


一年中安定した温度を保っている地熱を利用したシステムとしては、チューブを地下に通して、外気と地熱を交換する「クール・ヒートチューブ」があります。


これは、夏の暑い空気は地下で冷却され、冬の冷たい空気は地熱で温められて屋内に取り込むことができるので、一年を通して一定の室温を保つ事ができます。


また、地下で発生する熱を水蒸気や中間熱媒体によって取り出して、風呂などの温水として利用することが出来ます。


その他にも、風車の回転をエネルギーに変換する風力エネルギーや、水の力を利用する水力エネルギーなどの研究開発が進められています。
気候と太陽光発電の発電量
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投資信託の魅力 | トップ | キャプチャリングとは »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。