赤ハチの日々

赤いハチロクAE86でサーキット走って酒飲めば幸せ!サーキット車両製作をメインとするガレージ作業日記+佐賀県グルメ日記!

デフ組むときのバックラッシュについて

2017年04月19日 23時49分18秒 | 普段の出来事
少しばかりファイナルギヤについて自分のノウハウを書いてみます。


リングギヤとピニオンギヤのあたりについてなんですが、


当たりは光明丹なるもの使って確認します。

狙う当たりは真ん中?ですか?
外当たりはなんでダメ?周速が速くなるから?
じゃあ内当たりどうなん?負荷が大きくなる?
じゃあやっぱり真ん中当たりが正解か?
それとも新品で対になったリングギヤに塗ってある当たりに合わせるか?
もちろん熱が発生するので、用途に応じて膨張を考えないといけない。

じゃあ1つ疑問。

例えば新品でファイナル組んだとします。
慣らしが終えて再度計測すると?どうなります?

当たり幅が若干広くなりませんか?
磨耗量は100分台かな?

慣らすとはギヤとギヤがどうなる?

組むときにバックラッシュがどうとか言うじゃないですか?

磨耗して基準外れてる車両いっぱいいますけど狙い通りなのかはおいにはわかりません。

ベアリングのプリロードもかわりますね。

ただ1つ言えるのが、まだ自分が組んだファイナルに異常がみつかってないということ。
おいが組んだデフは慣らしが終わったらだいたい基準の中間あたりに来るようにしてます。
ということは組むときはどのように組めばこうなるってわかればいいと思います。

あくまで自分なりに理解して正解を見つけたつもりです。ここまで考えて組まなくても整備書通りやっとけばそうそう壊れることもありません。

と書いてみたがはてなばかりでノウハウ公開じゃないね(笑)
まあいつもこのくらい考えながらやっているということです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デフの確認と組み直し | トップ | 山小屋ラーメン鹿島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL