Break Time

JUNの、きままなブログです。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピンクとグレー

2016-01-17 18:41:55 | 映画
今朝は、この時期らしい気温で・・・


そんな 今日は、ピンクとグレー  を 観に!


    


河田大貴と鈴木真吾は、同じ団地で育った親友同士。

ある日、遊びに行った渋谷でスカウトされた二人は、読者モデルとなり俳優を目指し始める。


エキストラで出演したドラマで監督に見初められた真吾は、

“白木蓮吾”という芸名で、ぐんぐんスターダムをのし上がっていく。

いっぽう 大貴は、幼なじみのサリーの家に転がり込み、

うだつのあがらない日々を送っていた。

しかし、同窓会で久しぶりに再会した翌日、真吾は6通の遺書を残し、命を絶つ…。


途中から・・・ちょっと 内容が・・・

まぁ、色に例えたら・・・「グレー?」でした。( ̄。 ̄ )ボソ…




一応、昨日は仕事の為、今朝 いつもの20k走ではなく 

18k走で勘弁してやりました・・・ってヾ( ̄o ̄;)オイオイ

今晩からは、雪になるみたいですが

気温の方も、今週の 「大寒」から一層 寒くなるようですなので

体調管理は、注意ですねぇ!…( ̄  ̄) (_ _)うんうん





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生の約束  | トップ | ランニングスクール »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
JUNさん、こんばんは~♪ (ティモコ)
2016-01-19 22:21:48
え!
成功した方が?
なんだかグレーっぽいお話みたいですねぇ…

気温がグングン下がってます。
明日は大雪とか言ってるので、通勤電車が心配
そこまで歩いてく自分も心配
うちのへん、ほとんど降らないので、雪にはめっぽう弱いのよ…
ピンクとグレー2 (JUN@管理人)
2016-01-20 20:07:03
☆ティモコさん
途中までは・・・わかったんですが・・・
映画全体を、色で評価すると「グレー?」
あくまでも、私の感想です( ̄。 ̄ )ボソ…

こちらは、月曜日に30cm積もり、今日は18cmぐらい積もりました。
ヤレヤレ、です!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
62分後の衝撃・・・は確かにあったけど。~「ピンクとグレー」~ (ペパーミントの魔術師)
☆先に書いておきますが、 がんばったつもりでもポロポロと キーになることを書いてしまってますんで、これから見に行かれる方は鑑賞後に。m(_ _)m (&「とれタメ」より画像引用いたしました。 もしアウトなら削除いたしますのでお知らせくださいませ。) 私は...
『ピンクとグレー』をトーホーシネマズ渋谷3(4F右)で観て、すげえな夏帆ちゃんふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ピンクからグレーに世界が変わる仕掛けはよく出来ている】 原作がどうなっているのか分からないが、チラシに書いてある通り、「幕開けから62分後の衝撃」の ...
ピンクとグレー (映画好きパパの鑑賞日記)
 「どんでん返し」とか「あなたはきっと騙される」などのキャッチフレーズは氾濫しているのだけど、本作はびっくりしました。原作を読まずに、ネタバレを知らずに見られて、ラッキーです。予備知識なしに見ることをお勧めします。  作品情報 2015年日本映画 監督:行...
ピンクとグレー ★★★ (パピとママ映画のblog)
ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が原作を大胆にアレンジして再構成し、小説では明かされなかったエピソード...
『ピンクとグレー』 2016年1月10日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ピンクとグレー』 を鑑賞しました。 この映画は原作を読んでいて、原作が凄い良くて楽しみな作品だった。 ネタバレなしに感想書くのは難しいので、これから観る方は後は見ないでね。 でも原作読んでから見た方が、より楽しめます。 【ストーリー】  知名度のほとん...
No.531 ピンクとグレー (気ままな映画生活)
ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱 ...