Petit bonheur

日々の出来事を写真とともにつらつらと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

引っ越しました

2008-05-17 23:37:32 | Weblog
引っ越しました。
こちらへ来てね!
  ↓
http://ruba.cocolog-nifty.com/blog/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草津温泉

2008-05-06 02:01:16 | 旅行
さて、草津温泉です。
急な訪問となった為、地図も詳細もわからず情報はナビのみでしたが、特に問題なく到着です。

草津温泉といえば、湯畑。
駐車場からちょっと坂を降りたところにありました。
木箱のようなものは、中にお湯が通っているんですね。




辺りは硫黄のニオイが立ちこめ、湯煙で真っ白。
温泉はこの湯畑をぐるりと囲んで建っています。




温泉宿の他に、外湯もあります。
ドアを開けると、すぐに脱衣場のようです(汗)




足湯もありました。
寒いので、足湯に入ってみました。
ん〜、暖まる〜♪おまけに硫黄なので、肌が滑らかになる感じがします。




「草津に行ったら、絶対一度は見たほうがいいよ、笑えるけど」と職場の人たちに勧められていた、『熱の湯』の「湯もみと踊り」。
お勧め通り、見ることにしました。



こーんなに並んでます。


さて、いよいよ湯もみ。



音楽と共に現れたのは、お姉さま方・・・観光になっているからと思っていたので、ちょっと驚いた

最初は板を左右に動かすだけで湯が冷めるものなのかと不思議でしたが、後半は板を上下に動かし、ザッパンザッパン!これはいい湯加減になるでしょう(笑)


踊りも披露してくれます。









温泉饅頭のちちや(本店)





皮が白い方には黒あん、茶色い方には白あんと黒あんが入っています。


もう一軒、山びこ温泉まんじゅう



こちらは温泉饅頭を揚げています。
揚げると甘みが強くなって、これまた美味しい!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

佐久バルーンフェスティバル〜海野宿

2008-05-05 23:57:49 | おでかけ 近郊
『佐久バルーンフェスティバル』へ行って来ました。
フェスティバルは3、4、5日の3日間で行われましたが、今回は天候に悩まされたようです。

競技は6:30〜と15:00〜の2回行われますが、私たちの行った最終日は午前中のみのため、家を2:30に出発。
数時間前に「エアポートフェスティバル」から帰宅したばかりなので、眠い・・・

6時前に佐久平スマートICに着いたものの、同行者が相当眠そうだったので、仮眠を取ることに。
スタート時間間際になったので、会場へ向かったところ、途中の道路からバルーンが上がり始めているのが見えました。
あらら、やばいじゃん。6:30スタートって、ホントに競技スタートの時間なのね。
会場に向かう間にも、どんどん舞い上がり、着いた頃にはほとんど競技は終了。
バルーンの競技はわかりにくそうなので、一斉に舞い上がる様子を見たかったのですが、残念・・・
風の少ない早朝と午後に競技を行うようですが、この日早朝からかなり風が強く、早々に競技を終えさせたようです。




しばらくウロウロしていると、新しいバルーンを係留しだしました。
おまけに、長蛇の列が。どうやら体験搭乗ができるようです。
せっかくなので並ぶことにしました。
風が強い為、スタッフ総がかりで押さえていますが、バルーンは右に左に振られ、乗降だけでもかなり時間がかかっていました。
何度も中断しながらうも受付は進み、私達の直前の人まで受付完了。




いよいよ私たちの番!!
・・・のはずなのに、突然「強風のため、体験搭乗はここで終了とさせていただきます」のアナウンスが。
え〜、マジぃ〜(泣)よりによって・・・
その後、再開されることもなく、バルーンは次々片付けられてしまいました。
駐車場に向かう間、2つのバルーンが最後の搭乗者を乗せようと頑張っていましたが、左右に振られるだけでなかなか揚がれないようでした。
こんなにも風が危険とは、真近でみてみないとわからないものですね。
3日間のフェスティバル中、体験搭乗ができたのは、今日だけだったそうです。搭乗できた人はラッキーですね。



早朝のイベントのため、結構な時間並んだものの、まだまだ朝。
せっかくなので、『海野宿』へ向かいました。






海野宿は中山道と北陸道を結ぶ街道だった北国街道の宿場町で、佐渡の金の輸送、北陸の諸大名の参勤交代、善光寺への参詣客などで賑わったようです。
道の中央を流れる用水と、その両側に並ぶ格子戸の美しい家並みです。
また、明治以降は養蚕の村となったようで、江戸時代の旅籠屋造りや茅葺き屋根の建物と、明治以降の堅牢な蚕室造りの建物が見られます。




「うだつがあがらぬ」の語源にもなった「卯建」。
防火壁の役割を果たす江戸時代の「本うだつ」と、明治時代の装飾の「袖うだつ」。




長短2本ずつ交互に組み込まれている「海野格子」と呼ばれる二階の出格子。
一階より二階の方が貼り出して造られた江戸時代の「出桁造り」の旅籠屋造り。




明治時代の蚕室造りの象徴である「気抜き」。 これは蚕の飼育の際に暖をとるために焚いた火の煙を抜くためのものです。
旅籠屋の広い部屋を養蚕に使用したため、江戸と明治の時代の特色が見られる面白い街並みです。




手の込んだ屋根の装飾




海野宿の産土神である白鳥神社。
中央にあるけやきの木は樹齢七百年超。

それにしても、この通り、車の往来が結構あります。
昔からの通りをそのまま使っているのでしょうが、ちょっと落ち着かない。


さて、まだまだお昼。
草津温泉まで行ってみることにしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホンダエアポートフェスティバル 2008

2008-05-04 23:59:02 | おでかけ 近郊
桶川で開催された『ホンダエアポートフェスティバル 2008』へ行ってきました。

このフェスティバルでは、展示飛行、地上展示の他、ヘリコプターとセスナの遊覧飛行も楽しめます。
9:00から先着順で受付。私達は、ヘリの遊覧飛行を楽しみました。
飛行時間は数分なので短いですが、なかなか気持ちがいい♪



モーターパラグライダー




埼玉県防災ヘリコプター(AS365)展示飛行 動画はこちらへ

救出救助訓練や散水訓練などが見られます。
自衛隊のフェスティバルでみたものと似た感じですね。
この展示飛行は、午前と午後の2回ありました。
このヘリ、カッコイイですね♪ 動画はこちらへ




自作飛行機 展示飛行 動画はこちらへ

趣味で飛行機を自作している、藤田氏の飛行機でローパスなどお披露目。
飛行機って作れちゃうんですね!?
エンジンはHWのものらしいです。
そばで見ると小さな機体ですが、飛行中はBGMでかかっていた「ラピュタ」の曲ととてもマッチしていました。


動画はこちらへ
富士重工業製FA200による、アクロバットフライト

パイロットは(元)富士重工業 技術部の方とか。
プロのパイロットではないところが、凄い・・・ 動画はこちらへ



セスナ(C172)4機編隊飛行 動画はこちらへ

これには会場でアンケートに答えると、抽選で6名搭乗できます。
見るだけでなく、参加もできるなんていいですね〜。
(当然アンケートに答えましたよ。当たらなかったけど)


この他、このエアポートを利用しているオーナーの自家用機によるローパスや、ドイツ製モーターグライダー「ダンデムファルケ」やビジネスジェットの飛行、私たちが遊覧飛行した「コカ・コーラ」ラッピングへり、アエロスパシアル(AS350)のアクロバットもありの展示飛行の他、かなり大きいラジコンのフライト、スカイダイビング デモジャンプなど、多彩な催しでとても楽しめます。

スカイダイビングは怖いと思っていましたが、デモジャンプを見ると、飛行機から飛び降りてすぐにパラシュートを開いていました。これなら、ちょっとやってみたいかも。勿論、アシスト付きでですが。
それぞれ適当に降りるのかと思ったら、会場の滑走路に同じ方向から同じような角度で降りてくる。こんなことできるんだ!


プログラムの合間に、同じ滑走路を利用してセスナの遊覧飛行も行われるので、常に滑走路を使用している状態。飛行機は十分堪能できます。


会場へのアクセスを調べていると、「お車でお越しの方」「電車でお越しの方」の他、「空からお越しの方」もあり。
自家用機で、イベントに使用している滑走路に降り立つらしい。
“空からお越し”てみたいものだわ〜


天気は途中、重苦しい雲に覆われていたためすっかり油断していましたが、終わってみると真っ赤に日焼けしていました。
これはマジ参ったな・・・



フェスティバルの後は、以前から魚が美味しいと聞いていた大宮のお店でお食事です。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『高安かおり&ウィハン弦楽四重奏団』 演奏会

2008-04-13 23:51:26 | オペラ・バレエ・クラシック
王子ホールで開催された、『高安かおり&ウィハン弦楽四重奏団』の演奏会に行ってきました。

王子ホールは王子製紙の本社ビル内にありますが、広いエントランスの1階とホールのある2階とは、柔らかな絨毯が敷かれた螺旋階段で繋がれており、この階段と2階のフォワイエには、音楽をモチーフにした絵画が飾られています。
内装はシックで、落ち着いた感じです。
座席は前後左右、足元もゆったりしていて、音楽に集中できます。
音の響きも、とてもいい感じです。
銀座の真ん中に、このような素敵なホールがあることに、まず驚きでした。

ウィハンは、チェコの一流弦楽四重奏団を代表するグループの一つで、メンバーは全員がプラハ芸術アカデミーの出身。
ヨーロッパの数々のコンクールで1位入賞しています。
高安かおりさんとは、三度目の競演ということです。


プログラム
  W.A.モーツァルト:弦楽四重奏 第1番 ト長調 K.80
  A.ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲 イ長調 作品5 「ラ・マッジョーレ」
  J.ブラームス:ピアノ五重奏曲 へ短調 作品34


ヴァイオリン2、ヴィオラ1、チェロ1。
四重奏の演奏の場合、少し物足りないと思うこともあるのですが、ウィハンは音量も迫力もあり、それでいて柔らかで、そして何より4人の息がぴったり合っていて、あっという間に引き込まれました。
今回は、2列目の真ん中辺りで聴いてみました。演奏が始まるまでは前過ぎるかなと思いましたが、このような小編成の演奏では、1台1台の楽器の細かな音が聴き取れ、なかなか良い席でした。

演奏の後は1Fのエントランスで、ウィハン4人のサイン会も催されました。

今回は偶然見つけた演奏会でしたが、このような演奏会が埋もれてしまうのはなんとも惜しいことです。
でも、有名になりすぎるとなかなかチケットが取れなくなるし・・・
めぐり合えた事が嬉しくなる演奏会でした。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

十二社 熊野神社

2008-04-05 23:52:50 | おでかけ 都内
ぽかぽか陽気に誘われ、お散歩。




十二社の熊野神社。
枝垂れ桜が綺麗です。




新宿中央公園に行ってみました。
天気の良い日が多かった割には寒い日が続いていたためか、今年は2週間、桜が堪
能できました。
さすがに、ほとんどが葉桜ですが。
芝生の広場に満開の樹があり、その辺りはお花見宴会中の方達が結構いました。

樹の下の通路は花びらの絨毯。桜吹雪も・・・これもまたいいですね。
ベンチにでも座って、のーんびりしたいところ。






ついでに都庁へ。
ここも既に葉桜。







都内での桜鑑賞も、今年はそろそろ終わりかな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

谷中 『筆や』

2008-04-04 23:59:42 | 食べ歩き
以前から勧められていた、谷中の『筆や』へ行ってきました。
このお店は、10人位で満席になる、とてもこじんまりとしたお店です。
ですから、予約は必需のようです。場所は、谷中霊園のすぐ傍。
お花見シーズンでもあるからなのか、満席でした。




先付けのホタルイカの酢味噌合えと、“筆や巻”。海鮮春巻きです。


このお店に来る際、“ショコラティエ イナムラショウゾウ”のお店の前を通り、谷中霊園のすぐ横を歩いていたのですが、突然同行者の一人が墓地の中へ向かいだしました。
桜並木のある広い通りとは全く違うところなので、人なんていません。明かりもありません。
いくらなんでも夜の21時に、真っ暗な墓地を散歩する趣味は、私にはありません。
なんなんだー!?何処へ行くんだー!?と思っていたら、桜並木の通りへ出ました。ショートカットだったようです・・・
その人にとっては、谷中霊園は何度か散歩にも来ていて、詳しいようです。
夜中の霊園散歩なんて、もう二度と経験することはないでしょう・・・いえ、もう結構




エビのオイル焼き プロバンス風
ここらでビールからワインにチェンジ。サンテミリオンのもの。




ビーフシチュー




ハーブ豚
お肉を食べ終わった後の鉄板で、一口ずつご飯を入れてもらいました。
随分大きな“一口”だなぁ・・・

これで〆と思ったら、まだ注文していました・・・



生姜ご飯

途中からお店の方に、随分食べていますが大丈夫ですか?もうお腹いっぱいでしょと言われながら、さらにご飯を2種も食べているものだから、半ばあきられ状態。
生姜ご飯は2合からなので、みなさん持ち帰りをされるようなのですが、私達は小さいおにぎりが2つできただけ。
さらに同行者に、「パスタいきますか?私はOKです」と聞かれ、もう一人も「いいですね」なんて言っていましたが、お店のご主人に、「パスタはこの次にして下さい」と止められました(爆)
肉と炭水化物好きな人の底力を見た気がします(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜桜

2008-04-01 23:54:34 | 食べ歩き
お花見を兼ねてのお食事会。
お花見の方は、急な仕事が入って私だけ参加できず。
それでも早々に切り上げ、芝公園の屋体の前で合流することにしたものの、近くのオフィスの人たちが宴会をやっていて、すごい人!
こんな中で待つのは、ちょっと恥ずかしい。
しかも、10分経ってもみんなは来ない。あまりに寒く、気を紛らわせようと写真を撮って時間潰し。



お花見した人達は、ビール片手に増上寺方面へぶらぶら散歩したらしいのですが、歩いた方向が悪く、ほとんど桜が見れなかったそう。
飲みながら歩くかなぁ・・・参加できなくて、良かったかも。
私が一番、桜を堪能してるんじゃない?


この後、近くのスペインバル『QUQU』へ。
ここのお店はCAVAが豊富です。









ムール貝が美味しかった♪
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

『龍圓』 〜 隅田川

2008-03-30 23:49:55 | おでかけ 都内
隅田川のお花見に行こうということになり、浅草へ。

集合場所は、『龍圓』。あれ、いきなり食事ですか?
まぁ、そういうのも桜をゆっくり堪能できていいかも、と思い直しお出かけしました。

実は前日から風邪っぽく、ちょっと熱っぽいので、断りたいと思っていたのですが、今回は少人数で、お店にも予約を入れているため断りづらい。
それでも、朝、雨が降っていたら断ろうと思っていたのですが、曇り・・・ビミョ〜。
そんなこんなで、お出かけです。




たこの粒マスタードあえ




カニ玉(塩)

これがお目当てで、このお店に決まったようです。
いい感じに塩味が効いているのですが、これが、白トリュフの粉末を混ぜた塩なのだとか。
でもトリュフは、正直なところわからなかった・・・




天然エビとアスパラ、ブロッコリーの炒め (塩味)




塩ラーメン




龍圓特製チャーハン(上湯【スープ】添え)

食べ方がちょっと変わっていて、まずはそのまま。
次に、スープをかけていただきます。
さらに、XO醤油で味付けられた薬味を入れていただきます。
ひつまぶしのような、3つの味が楽しめるというもの。

こちらのお店は「米油」を使用しているとかで、こってり系が苦手な私でも、胃もたれも無く、美味しくいただけました。




さて、隅田川へ。
生憎の花曇。
それでも吾妻橋の上に長蛇の列ができていました。何かと思えば、水上バスの列。
何時間待つんだろう・・・



うーん、やっぱり青空じゃないと桜は映えませんねぇ。
それに、とにかく寒い!このままじゃ、マジで熱が出てきそう。
同行者もあまりの寒さに参っていたため、ここでお開きとなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芝公園 桜

2008-03-28 23:56:12 | おでかけ 都内
今日のお昼は桜の下で。

芝公園です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

増上寺 & 桜 2008

2008-03-27 23:57:51 | おでかけ 都内
ランチにオフィスビルを出てみると、曇っていると思っていた空が青空に。
・・・気がつくと、増上寺の境内にいました。
と言いつつ、何故かカメラ持ってるし(笑)






境内には、お弁当を買ってきてお花見をしている人でいっぱいです。








この辺りが一番綺麗なのですが、納骨堂だったりします・・・
周りにはお墓がいっぱい。
ここでお弁当を食べている人も見かけますが、ちょっと・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近のお気に入り

2008-03-25 23:51:21 | 食べ歩き
ワイン派からビール派に転向・・・というわけではありませんが、最近ちょっとビールにハマりつつあるかも。

<ヒューガルデン・グランクリュ>



<デリリュウム トレメンス>

上記2つはベルギービール




<トラックウェア・ジャコバイト・エール> と <トラックウェア・ハウス・エール>

こちらはアイリッシュビール


ビールの炭酸が苦手でしたが、ベルギービールもアイリッシュビールもあまり炭酸を強く感じないのでOK。
それに、ハーブや小麦などの香りもとてもいい。ビールにコリアンダーやオレンジピールを入れるなんて、そしてそれがいい香りになるなんて・・・
炭焼珈琲のような香りのするものもあるし。
ホップや小麦の香りもこんなにいいとは知らなかったなぁ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新宿中央公園 桜

2008-03-23 23:06:53 | おでかけ 都内
新宿中央公園の≪高遠コヒガン桜≫が咲いていると聞き、先週はまだ蕾だったのに・・・と半信半疑で行ったところ、すっかり満開です。



一気に咲くんですね〜。
それにしても綺麗だわ。




公園の中央辺りの桜も満開でした。これもコヒガンかのかな?





ハクモクレンも満開です。
桜の樹の下には花見客が結構いるのに、ハクモクレンの周りにはカメラを持った人が時々くるだけ・・・

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

春はそこまで

2008-03-16 23:45:15 | おでかけ 都内
あまりのポカポカ陽気に、お出かけついでにちょっとお散歩。

熊野神社の梅。
紅梅は既に終わりに近いようでしたが、白梅は満開でした。




中央公園は、白木蓮が満開。
その他にも、芽吹いている木々が沢山ありました。




都庁の梅も満開です。逆光・・・

2,3日前までまだ寒かったけど、木々の芽吹きを見ると、確実に春が近づいていることを実感しますね。
カメラ持って出るんだったなぁ・・・


先日聴いたシャルパンティエやモンテクレールのCDを買いに行ったのだけど、無いですねー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

心地よい時間

2008-03-13 23:59:55 | オペラ・バレエ・クラシック
フランス音楽の彩を楽しむ 掘 Lecon de Tenebres〜

昨年末シャルパンティエの演奏会に行って依以来、古楽や古楽器に興味が湧き、日本福音ルーテル東京教会の演奏会に行ってきました。

プログラム

J-H.ダングルベール: プレリュード ト短調
M.P.モンテクレール: カンタータ「ディドンの死」
J.M.オトテール: プレリュード ニ長調
J.Mオトテール/M.ランベール: 岩よ、おまえは耳をかたむけもせず
C.F.デュパール: サラバンド ホ短調
J.M.オトテール/M.ランベール: 楽しもう静かな休息を
J.C.ドゥ・ラ・バール: もしも、希望がよいものなら
M.マレ: パッサカイユ ト短調
M-R.ドゥラランド: 聖金曜日のための第三ルソン
F.クープラン: トリオソナタ ホ短調
M-A.シャルパンティエ: おお、あなた方道行くすべての者よ(聖金曜日の第2応唱)
            聖金曜日のための第3ルソン


ソプラノ 鈴木美紀子
カウンターティナー 上杉清仁
バロック・ヴァイオリン 秋葉美佳
フラウト・トラヴェルソ Morgane Eouzan
リコーダー 宇治川朝政
ヴィオラ・ダ・ガンバ 武澤秀平
チェンバロ 福間彩


復活祭真近のこの時期ならではのプログラム・・・なのかな、クリスチャンではないので、実のところよくわかりませんが・・・
クリスチャンでもない者が、音楽を聴くだけに教会に行っていいものなのかと、ちょっと不安に思いながらも行ってみましたが、聴きに行って良かったと心底思える、とてもとても素晴らしい演奏でした。

ソプラノとカウンターティナーの歌声は澄んでいて美しい。
ソプラノはトラヴェルソやリコーダーと、カウンタティナーはガンバやチェンバロと溶け合っていました。
トラヴェルソとリコーダーはとても柔らかく、やさしい音色。
そして個人的に好きだったのは、ガンバ。
新日本フィルのフォアシュピーラーでもある武澤氏の演奏は、すばらしい演奏と音で、暫し見とれてしまいました。

今回真近で見られたので気付きましたが、ガンバはフレットがあり、弦も6本。
両脚で挟んで演奏する奏法も見られ、ヴィオラ・ダ・ガンバ(脚のヴィオラ)を実感できました。

今回聴いた曲は、シャルパンティエ以外はたぶん始めて聴く曲。
でも、何故か懐かしい。
ふと思い出したのが、小学生から中学生の頃、毎週土日の朝は6時からFMでバロックを聴いていたこと。
作曲者も曲名も知らなかったけれど、いつの間にか聴いていたのかもしれない・・・

今回の演奏会で、私がずっと探していた物はこれだったもかもしれないと思えたものでした。

暫くは古楽にハマりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加