君は銀河の青い風  八木真由美 岡山

自然に沿って、自分につながって、
心地のよい光とともに。
竪琴ライア 自然農 ライトワーク

  

川口由一さん インタビュー 「添う 応じる 従う 任せる」人間関係において 2017.9

2017年10月21日 | 自然農 川口由一の世界

添う 応じる 従う 任せる 

「人間関係において」インタビュー2017.9 

 

八木 川口さん こんにちは。自然農の栽培では気候風土や作物に添い応じ従い最後に任せます。人との関係においても「任せる」ということが大切になってくると思いますが、任せることができるようになるにはどうしたらいいのでしょうか。?

 

川口 私が宇宙・絶対界に立って自立していないとね。一人で立つだけの強さを養っていないとね。そして宇宙いのちの道、人の道、我が道を体得していないとね。そしてそれぞれがどういう存在かということを正確に知ることが大切です。人との場合には一人ひとりが今どこに立っているのかを親の立場・先生の立場、農夫の立場で見ていないと任せきれませんね。幼子がおっぱいを欲しがっていたらあげる。まず応じる、従う、そして任せるね。その子のことがわかっていない場合は正確に応じられず、曖昧なままだと放任になりますね。正しく応じられずに問題を招くことになりますね。農夫や親や先生は曇ることなき深く澄んだ清らかな智力で察知する能力を養い持っていないとね。

 

八木 察知していない場合は、干渉しすぎたり放任になったりするのですね。

 

川口 そうそう、そうなりますね。ところで成長過程おいては全部わかりきらないから、その時精一杯に対応して結果も見て失敗を繰り返さないように対応する、そうしながら育ってゆく、子どもを育てる、お米を育てる、そしてだんだんだんだん年齢と共に絶妙に育てられる、若者を絶妙に生きられる人に育てられるわけでしょう。お米や野菜を絶妙に育てられる、事々において絶妙に手を貸せる、もちろん添えるし応じられるし従えるし任せられますね。そうできるまでには色々と苦労や試行錯誤がありますが、あきらめないで投げ出さないでね、その中で育つから。年齢が若い場合は、未熟な場合は必ず失敗するものだから。そんなの当然なので。あるいは混沌とするのは当然で、混沌としている中で成長してゆきますね。


2017年9月 インタビュー 文字起こし 八木真由美

   写真 Tomoka.K

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川口由一さん 自然農田畑 2017年9月 後編

2017年10月02日 | 自然農 川口由一の世界

 

川口由一さんの自然農田畑 9月後編です。
まずは田んぼ南側の畑の様子から。

ゴマが美しく並んでいます。
元気はつらつ ゴマたちの歌声が聴こえるようです。

しっかりと実がついており、
健康な氣を発しています。
9/12

 


田んぼと畑の堺のゆったりとした畦に川口さんが座っておられます。

スケッチブックを広げられていますね。

何を描かれているのでしょうか。

畑の可愛らしい草花のようです。
この季節に田畑で元気に生きる美しい草です。
私の田んぼにもたくさん咲いている黄色いお花。

そばに座らせていただき描かれているところを拝見しながら、
芸術のお話しを伺いました。

八木『描いておられる時はどのような状態なのですか。?』

川口さん『描く時は、色鉛筆に添ってもらいながら
僕も色鉛筆に添いながら、見えている花に添いながらです。
美しく見えている花に添い応じながら納得のいくまで色で表現し続けています。
美しい花が消えないように、美しさに感動している僕の新鮮な心が
薄まり消えていくことのなきように、描くことの喜びに生ききっています。』

描いておられる途中ですが写真を撮らせていただきました。↓


川口さんにとって自然農田畑は絵を描かれる創作の場でもあり
心から寛ぐことのできる憩いの場なのですね。

そして畑をご案内していただく前にちょっと休憩。
畑で涅槃?のポーズがこんなに似合う方はおられるでしょうか。(*^^*)
ゆとりを感じます。

ところで、ブッダは周りに動物たちが集まって来たと言われていますが、
川口さんの場合、作物たちが寄り添っているようにも見えます。
でも同時に作物たちはしっかりと自立していて、人に依存しておらず
川口さんも自然界や作物のいのちに添い応じ任せておられる、
そのような感じが爽やかに伝わってきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでは、畑をご案内していただきましょう。


まずは、さつまいも、紫蘇、ごぼうです。
少し離れた所には大きな実がぶら下がっています。
ヘチマですね。

グミの古木に登りしっかり実をつけています。
立派なヘチマタワシになる日も近いですね。

こちらの畝にはモロヘイヤとオクラです。
オクラはまだまだ実をつけています。

モロヘイヤの足元にバシルのお花が咲いていました。
やわらかでとてもきれいです。

こちらの畝には手前に春菊、
奥にサニーレタスの種を降ろされているそうです。↓

こちらは人参です。↓
8/28に種降しをされ、二週間で3㎝くらいになっています。
そろそろ間引かれるとのことでした。

こちらは空芯菜です。↓

美味しそうなマクワウリ。
お味を想像するだけで満足。
完熟中だそうです。

夏野菜たちが夏を過した畝に、秋が訪れています。

↓ 左側に生姜 右側の畝には秋ジャガが三列。↓

ここですよ、とジャガイモを見せてくださいました。

品種はアンデスです。↓

ジャガイモの隣の畝には小豆です。
ゆったりとした空間に健やかに育っています。↓

こちらは菊芋ですね。↓

あちらに見えるのはオリーブですね。↓
その近くにはシャクナゲなどの花木もありました。

真ん中の木は皇帝ダリアだそうです。↓
お花が咲いている季節の華やかさを想います。

ふんわりとアスパラ。↓

ムクゲ ライラックの木が並んでいます。↓
リラとも呼ばれるライラックは大好きなお花。
いつかお花が咲く頃、会いに来たいです。

黄色いお花は山吹だそうです。
春に咲くそうですが、秋にも咲いていますね。

果樹園へと・・・。

栗ですね。

山椒の実です。↓

 

こちらはミカン、豊かな実りです。
このあたりには 梨やリンゴ、桃の木、
柿の木も数本、新しいもの古いものとがありました。
そして梅の木です。↓

お茶の木も三本ほど育てておられます。
梅雨明けに摘んで干して番茶にしていただかれるそうです。↓

 

落葉高木の下に、10月になると大根のばら蒔きをされるそうです。
こぼれ種も落ちているので木の下をご覧になられ、
今年はどの程度蒔いたらいいのかを考えておられる川口さん。 

 

 

こぼれ種で育ったゴボウが豊かです。↑
そろそろ順に収穫できるそうです。

ゴウヤです。↑ ↓

トウモロコシは三回に分けて植えておられます。

ニラが花盛りでとても綺麗でした。↓

トウモロコシとニラのお花の前で記念撮影。

空も水色に光っていましたので
もう一枚写していただきました。♪

夏の終わりの美しい自然農畑、
写真でふり返りながら
あらためてその豊かな園をなつかしく思います。

天も地も美しい宇宙に生かされ生きる喜びと共に
今回 感じさせていただいたことを心に想い描きながら
また明日から私なりの小さな楽園を創っていきたいと思います。

川口さん ありがとうございました。
お読みくださった皆様、ありがとうございました。

八木真由美 岡山

・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然農 川口由一の世界

気楽に自然農

自然農 いのちのことわり

自然農 稲作教室岡山 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加