君は銀河の青い風  八木真由美 岡山

自然に沿って、自分につながって、
心地のよい光とともに。
竪琴ライア 自然農 ライトワーク

  

鞆の浦・仙酔島へ (2)

2012年10月29日 | 

 

 

 

仙酔島には 「国民宿舎」と「人生感が変わる宿・ここから」という施設があり、

日帰りで楽しめるコースも準備されています。

今回は 湯遊び江戸風呂めぐり と ヘルシーランチをいただくことにしました。

朝の十時頃の船で渡り 夕方までゆったりと 

温泉も 散策も お食事もできました。

 

 

 

10月半ばの気候は 暑くもなく 寒くもなく、

気持ちのいいお湯につかりながら 

空や海をながめて過ごすのに ぴったりです。

 

 

 

 露天風呂には 学校の体操服のような短パンとTシャツを着て入ります。

そのまま 浜辺におりて 海で泳いだり 砂浴したりできるようになっています。

 

露天風呂の隣には 蒸し風呂が三つあります。

その日は 海草・・ヨモギ・・びわ・・、を炊いていました。

ギギギッ~とおもい戸をあけると ちょっと暗くてじんわり熱くて、 

洞窟のなかに入るようで 少しこわくて どきどき・・・でした。

それでも 蒸し風呂 → 露天風呂 → 健康茶 → 温泉・海の順を、

自分のペースで何回かめぐりながら、せっかくなので 蒸し風呂は三つ全部入ってみました。

 

肌の表面がひらくと 汗がじわじわと噴き出しはじめ 

しだいにぽたぽたと流れはじめ 熱気につつまれてきたころに、

ふぅ~ もうこのくらいで十分・・、と私の場合は外に出たくなります。

蒸し風呂からでると 外界の新鮮な空気にむかえられて

目が ぱっとさめるようです・・・。

 

江戸風呂入口

(こちらの写真は仙酔島のホームページより)

 

山の木々も 秋の色に染まりはじめ やさしい空気がながれています。

露天風呂から映る景色に さらにゆったりとリラックスしてきます。

 

 

空に 海に 山に 抱かれて 

日の光に 慈しまれ ぽかぽかしたぬくもりの中 

いのちが やわらかな宇宙のゆらぎのように 

だだ 在るように・・・、 感じるまま そっとまかせていると  

気持ちよさのなかで 五感がひらかれてきます。 

するともっと繊細な センスがうごきはじめます。

 

 

 

海に目をやれば 水しぶきをあげて泳いでいる人たちもいらっしゃいました。

わたしたちは ひざまで入って海水浴をしたあとは

砂浜で 身体に砂をかけてもらって 温かな砂浴・・・。 

しばし 地球のふところに抱かれている感覚を味わいました。

気持ちよくて うとうとしそうです。 (ちょっと日焼けしましたが・・。)

 

 

 

さて お風呂上りにはヘルシーランチです。

温泉でリラックスして 汗を流して 砂浜で遊んだせいか、 

とっても気持ちのよい空腹感です。

そして腹七分目くらいが カラダがよろこぶ感じ・・、

というのも 体感しました。

 

そして食後は 海沿いの遊歩道を歩いたり 

浜辺や山道を 夕方までゆっくりと散策いたしました。

時間のながれに沿うと ブログ鞆の浦・仙酔島(1)が この続きになります。

 

 

ところで 仙酔島には「瞑想の浜辺」という場所がありまして、 

浜に座るお座布団の貸し出しもあるようでした。

今回は友だちと二人でしたので 瞑想よりピクニック気分です。

シートにころんと寝転び、2012年をふりかえったり、

「今という時代の生き方」や「物質世界と精神世界」のことなど、

まぶしい陽射しをあびながら 小一時間ほどお話ししたのです。

 

 

この景観のなかでの散策は 足取りもぐんぐん軽やかになります。

新鮮な感覚が あふれてきます。

はずむような 楽しさです。

神様が 島をおつくりになったときの

ワクワクするような気持ちが 

私にポンと入ってきたような そんな感じです。

 

 

 

そういえば 末娘は小さい頃から 「無人島に行ってみたいなぁ。」とか

「探検に行きたいよ。」とか・・・、いまだに目を輝かせながら言うのです。

自然の中で いのちを躍動させたいのだなと、その気持ちが少しわかるようです。

 

 

 

夕暮れは しずかな光の時・・・。

潮が満ちはじめ わたしの心もゆったりと満ちています。

 

 

かえりの船の時間まで 「人生感が変わる宿・ここから」で

一休みをしながら お茶タイムです。

 

 

また 来たいな・・と思います。

こんど来るときは どんな気持ちで訪れるのでしょう。

そんなことを思いながら 見上げる空は 

いつもにまして 心に優しく映るのでした。 

 

朝 出発まえの船の中から 仙酔島と 皇后島をながめた時の写真を添えておきます。

 

                                                                 おわり

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会いたいな・・。

2012年10月27日 | 光あふれる日々のこと。

自然の音に耳をかたむけて そっと身をまかせて

感じるままに 瞑想したり イメージをすることが

楽しみの一つになっています。

 

 

最近、 意識して  感覚とあわせて聴いているのは 雨音。

慈しみ 浄化 つながり 守られている感覚 

芽生え 祈り リラックス ゆらぎ ゆるし・・・、

さまざまな感覚が流れ込んできては 解き放たれてゆくのが気持ちがいいです。

 

 

それから自然の音・・・、と言えば 虫の音や鳥たちのさえずりです。 

その声が どんなに大きくても たくさんでも、

わたしには とても気持ちがよくて 落ち着く音色なのです。 

きっと 調和しているからなのでしょう・・。 

 

ところで この頃 「キー キー」となく鳥が 

たびたびお庭に遊びに来ていて

とても近い木の枝にとまって 

まるでだれかを呼んでいるように聞こえます。

 

今日は外に出ると すご~く高い電線で 「キー キー」と声を響かせながら 

ぽつんと とまっていました。

 

 

あなたは誰?

と 気になっています。

 

だれなのか わからないのですが、

会いたいな、

仲良くなりたいなぁ、

と思いながら 見上げています。

 

そう、 鳥たちと もっともっとおしゃべりを楽しみたいな・・・、

と思う この頃なのです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鞆の浦・仙酔島へ (1)

2012年10月26日 | 

「もっともっと自然の中ですごしてください」 そんなメッセージをうけて、

この秋、ぜひ訪れようと思っていた仙酔島に行ってきました。 

その日は お天気にも恵まれて 気分は最高。  (・・10/15)

 

 

 

渡し舟をおりて 少し歩くとなつかしい風景が 目の前に広がります。

三十年ぶりの仙酔島は 素朴な昔のままの雰囲気です。

いつ訪れても やさしく透明な風が吹いている・・・、

そんなイメージを抱きます。

 

きっと私にとっては 無意識に求めているものがある

パワースポットなんだろうなと思います。

今回は 鞆の浦の近くに住んでいる友だちと一緒です。

 

 

波がよせる遊歩道や山道をハイキングするのも 心がわくわくします。

 

 

歩いているだけで 楽しくなるのは まわりが絶景だから・・、?

この島のもっている 明るくほがらかなリズムに いざなわれるのかな・・・。

足取り軽やかに どこまでも歩いてゆきたい気持ちになります。

 

 

 

ここは 五色岩と言われているところです。

潮が満ちると 遊歩道ぎりぎりまで 波がよせそうですね。

 

 

 

しだいに潮が引いている様子・・・。

むこうの小さな島に歩いて渡れそうです。

楽しい~。

いそがなくてもいいのに ついに走り出してしまいました。

 

 

やわらかな光をうけて 風とたわむれながら 

自然の中で リラックスしていると からだも心も リフレッシュされてきました。

宇宙を旅する水の惑星・・・、その母なる地球のリズムに 

呼吸が 同調してくるのがわかります。

そして この星に生まれた私という小さないのちを 

大切に生きていきたい との思いがひとりでにわいてきます。

そして そして すべてを慈しむ心へと・・・。

 

 

空で 大きく旋回している鳥たちと あいさつをかわしたくなり、 

いつものように 声をかけました。

天と地を つなぐ 鳥たちの自由さを感じていると 

ますます心が 開かれるようですね。 

 

 

おだやかな瀬戸の海、

小さな頃から 親しみのある 風景。

その日は やわらかに水平線もまあるくみえました。

 

 

浜から小高い場所へと 山の小道を登ると 美しい夕凪の やさしい光につつまれました。

この景色に 出会うだけでも 十分すぎるのですが、

もっともっと自然の中ですごしてください・・のメッセージにこたえて

この日は 島にある温泉に ゆっくりとつかってきました。

この続きは また書くことにいたしましょう。 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

萩の季節に、倉敷にて

2012年10月12日 | 咲き咲きて

 

 

敬老の日も とっくに過ぎてしまいましたが、

つい先日 母といっしょに行きたい・・と思っていたピザ屋さんにでかけました。

が・・・、近くまでゆくと定休日とわかり・・・、

倉敷美観地区の近くにある 林源十郎商店に寄ることにしました。

たしかイタリアンのお店もあったはず・・・。

 

 

ランチセットをいただくと お飲み物とジェラードが選べます。

母はピザが大好きなので、喜んでくれました・・が、

食後にいろいろと話していると、一番すきなのは「フルーツピザ」だとわかり・・・・、

あぁ、それは 注文する前に言ってね~と思いました。笑 

また 今度の楽しみですね。

 

 

帰り道は 美観地区をとおり 新渓園のお庭のまえを歩きました。

倉敷川のほとりは やさしい秋のいろどりです。 

萩のお花は 葉っぱも可愛いですね。

まるで 地球の重力から 少しだけはなれて

そよそよと 歌っているようです。

倉敷の町並みに よく似合っています。

早朝の散歩もいいでしょうね。

 

 

 

 

お花のそばにいると ひとりでに うれしくなります。

灯りがともるように 心にもお花が咲くのでしょう。

母も季節の花々が大好きなので 一緒に散策ができてよかったです。

穏やかな秋の光にゆれる萩と一緒に写真を写してもらいました。

 

 

大原美術館のまわりの蔦も きれいに色づいていました。

この季節の倉敷は 情緒があっていい雰囲気ですね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実りの秋のピクニック

2012年10月11日 | あまつちひと自然農のつどい

10/5金曜日 吉備中央町のあまつちひと「自然農のつどい」の実習田に足を運びました。

つどいの呼びかけ人でもある瞳さん&麻美子さんと三人、ピクニック気分で集まりました。

その時の実習田の様子を 写真でご紹介いたします。 

 

 

暑い夏をこえて 

秋晴れの空の下で 

さわさわと実る稲を前に

至福の時、

よろこびが風にのって さわやかに舞っているようです。

 

 

黄金色の さやかな音が 心地よく 

地球のぬくもりに 身をゆだねながら

広がる優美な空の彩りを見ていると 

魂のふるさとを思い出すようです。

 

 

 

今年も本当に順調な成長に感謝です。

もみまき、苗床のお世話、田植え、夏草刈・・・、などの農作業を

適期にできたことが この豊かな実りにつながっていると思います。

そして 稲は 一粒のもみの中にすべてを宿し、

その自らの内なる力と 宇宙・自然界のいとなみによって 

花を咲かせ 結実し 次へといのちをめぐらせてゆくのですね。

人は ほんの少し 手をかしてあげることで

ゆたかな恵みの環のなかで 平和に生きてゆけます。

 

 

春~夏の作業をともに楽しんだ みなさんのお顔もうかびます。

今月の定例の日には みなさん きっと 黄金色のまぶしい笑顔になりますね。

 

 

 

麻美子さんか゛ おやつに葡萄を持ってきてくれました。

 

 

瞳さんは 気持ちいいね~と・・・・、しあわせいっぱいに

稲をながめたり 畦にねころんで空をながめたり・・・。

 

 

 

わたしも 畦にころんと横になって、 

おひさまのいいにおいのする草に 身をあずけていると

赤とんぼが すぐまぢかに遊びに来てくれました。

 

草の実にとまっていますね。

 

 

畦に咲いている野菊も こんにちは・・と なんとも可憐。

よく見ていると 力づよさも感じます。

お花たちの 「ひらく」 という感覚が 

どれほど素晴らしいことか・・・といつも想います。

カメラをむけると どうぞ・・って やさしく微笑んでくれる花々・・・。

こんなふうに やさしく輝きながら 

意識を全方向に開いて生きることができたら

ほんとうに素敵です・・・、憧れます。

 

 

畦にまいた豆も たくさん実っていました。

うれしいです。

 

 

さて、今月の定例会は 10月20日(土)です。

田んぼでは 黒米の稲刈りをいたします。

気持ちのよい秋の一日、楽しく自然農の学びをしたいと思っています。

気楽にご参加くださいませ。

 

参加のお問い合わせ&お申し込みは 大北さん  086-735-1125

田んぼに10時集合。 参加費500円 

年間予定や地図、定例会の詳細などは下記のブログに掲載中です。

http://blog.goo.ne.jp/prism369/e/2401a5218e04a219d24a6ea324081e86

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉備路へ

2012年10月10日 | 

先週のある夕暮れ、 吉備路をおとずれました。

五重塔の足元の木々や 田んぼも夕日に照らされて輝いています。

空気も透きとおり あたり一面 さわやかな光にみちていました。 

 

 

この近くの温泉で 夏の疲れを癒すことを目的に出かけましたが、

この景色を 少し 楽しんでからにしようと思います。

ここには ひとり思索をしたい時などに 訪れます・・。

子どもの頃から 親しんでいる場所ですので 気楽に散歩にも来ます。

とくに春と秋が お気に入りなんですよ。

 

二年前の秋に お散歩に行ったときの写真です。 

 

休耕田をコスモス畑にされているのですね。

 

 

 この木のベンチで 気持ちのいい時間を過ごしました。

 

さて、この日は 温泉好きの娘に誘われたのではなく、

めずらしく 私 ひ・と・り で出かけました。

今年の夏は 暑さがずいぶんこたえたこともあり、

身体をいたわってあげようと 少し前から思っていたのです。

 

 

 

すっかりとくつろぎ 癒されて・・・、 帰り道に思ったことは、

「一人旅がしてみたいなぁ・・」でした。 笑

こんなふうに行き帰り15分ずつの 小さな旅も楽しいけれど

もう少し遠くに行ってみたいです。 

今まで 純粋な一人旅は 一度もしたことがなかった・・・と気がついて

ちょっと ときめいています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさしい秋をだきしめて

2012年10月09日 | 咲き咲きて

 今朝 お庭に出ると 金木犀のかおりがふんわりとただよっていました。

あまやかな秋のかおり 星屑のような小さなオレンジの花がやっと咲いたのです。

いよいよ 秋だなぁ~と、静かに深まりゆくよろこびが身体にもしみわたります。

 

 

生まれたばかりの ピンクのコスモスの可愛らしいこと・・・、

小さなつぼみが ふんわりとひらいて 生まれたばかりの気持ちって どんなふうだろう・・・。

 

 

お庭を歩くと コスモスや野菊 紫苑 吾亦紅たちが 

風にのせて 歌っているのが聴こえてきます。

そんなやさしい秋を 今朝はそっとだきしめました。 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加