君は銀河の青い風  八木真由美 岡山

自然に沿って、自分につながって、
心地のよい光とともに。
竪琴ライア 自然農 ライトワーク

  

川口由一さん 自然農畑・夏 2016年7月 その2

2016年08月06日 | 自然農 川口由一の世界

その1から続きます。
夏の夕暮れ、自然農実践家・川口由一さんの畑を見学させていただきました。



果樹・花木・野菜・・・・自然のめぐみが畑全体に・・。



風にゆれるアスパラ、とうもろこし・・。



どちらを向いても木々花々作物が、
のびのびといのちを輝かせています。





さつまいもの畝の前で、お話しくださる川口さん。



温床で苗を育てられた「さつまいも」、元気に育っています。



こぼれ種で大きくなった紫蘇も健やかです。 



風にゆれる人参の種、とてもきれいですね。
ファンタジーの世界にいざなわれるようです。




種の採取をされる川口さん。

人参のお花はうっとりするほどきれいですが、
種もとっても可愛くてすてきです。

畑の一角にはムクゲのお花が咲いていました。
森のような、花園のような畑、
憧れの気持ちがふますますふくらみます。



空芯菜↑、にがうり、とろろ芋、インゲン、ピーナッツ↓、
春蒔きの人参などは、直播きだそうです。



足元の可愛いまあるい葉っぱは、ピーナッツです。 ↑



こちらは、つるありインゲン ↑



そしてミニトマト。 ↑ 美味しそうです。
「よく熟れているのをどうぞ。」とおっしゃっていただき、
一粒、二粒、三粒、といただきました。

 

もぎたてトマト、美味しいです~。



森と花園、果実、お野菜、
恵み豊かな自然農ガーデン、
これから毎日夢見ることでしょう。

 

この素晴らしい恵みをいただくことのできる人に育つには、
自然に対して「謙虚」であることが何より大切とおっしゃいます。
そして、いのちの理が観えてくる、本当の智恵が呼び覚まされる、
さらには、融通無碍に軽やかに、作物の立場に立ち、
適期的確な作業ができるのだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回も、心身ともに癒され、
言葉を超えて感じる体験をいただきました。
ありがとうございました。


最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。
八木真由美 

田畑編・その1はこちらからご覧いただけます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川口由一さん 自然農田畑・... | トップ | 自然農 8月 分けつ期から幼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然農 川口由一の世界」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL