君は銀河の青い風  八木真由美 岡山

自然に沿って、自分につながって、
心地のよい光とともに。
竪琴ライア 自然農 ライトワーク

  

自然農たのしい稲作教室 2017年9月 出穂期~開花交配期

2017年09月04日 | 自然農 岡山 

自然農たのしい稲作教室9月
9/3 自然農田にもさわやかな風が吹いています。 

お米は出穂~開花交配の時期を迎えつつあり、
稲作教室のみなさんも元気に集合です。


先ずは実習の前に
お一人お一人の畝を見学しました。

田植えのこと、夏草刈のこと、
水管理について、
豊かな分けつを促すには、
草の種類や変化について、
出穂の時期について、
開花交配について、などなど
畦に立ち稲を見つめながら
お話しとQ&Aの時間を持ちました。

実習の畦草刈りです。↑
豊かに張った根を損ねてはいけませんので、
お盆以降は畝に上がらず
溝周囲や畦の草を刈ります。

周囲の畦は定期的に草を刈り、
風通しよく歩きやすいようにしておきます。

畦の大豆と小豆も育っています。
足元の草刈もいたしました。



古代米の黒米は開花交配期を迎え白い花を咲かせ、
すでに色づき始めている穂もあります。


稲作教室のみなさんの水稲「あけぼの」は晩生ですので
幼穂形成期から出穂期を迎えはじめているところです。


それぞれに稲の観察をされながら、
畝に上がらず溝周囲の草刈りをいたしました。

田んぼ全体の風通しがよくなり
爽やかになりました。

今年、これまでをふりかえれば、
気温・日照・水、など天候に恵まれ、
岡山南部では育てやすかったのではと思います。


稲作教室四期のみなさんは、
初めてお米づくりをされる方がほとんどですが、
新鮮な気持ちで熱心に取り組まれておられ、
順調に育っていますね。


年々学びを重ねておられる方は
自然界・いのちの世界を観る力を養われ
余裕をもって心から楽しまれておられるようです。
来月10月は収穫・秋から冬の営みについての勉強をいたします。

元気に育つ稲の前でにこやかに。9/3
稲刈りが待ち遠しいですね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加