君は銀河の青い風  八木真由美 岡山

自然に沿って、自分につながって、
心地のよい光とともに。
竪琴ライア 自然農 ライトワーク

  

自然農  天の光、大地のぬくもり 

2017年04月02日 | 自然農 岡山 

今年、私の苗床はここに決めました。 ↑
例年、畝の端に作るのですが、
今年は真ん中辺りの溝沿いです。
田植えの時に苗を運びやすいかなと思います。 

もちろん、
これまでに一度も作ったことのない場所を選んでいます。

まずは、寸法をはかります。
そして冬に振りまいた稲わらを除け、ざっと草を刈り、
夏草の種が落ちている表土を丁寧に剥がしました。

その表土はとても豊かな亡骸の層となっています。(14年分)

最初はいつものようにクワを使っていましたが、
層になっていますし、湿り具合も良い感じなので
手でくるくるとロールして剥がしてみました。

広さは、二畝分1m×4m=4㎡です。 

 

午前中に、ゆっくりとここまでの作業をしました。
後日、宿根草の根っこを堀り除き、
籾まきに備える予定です。

次の作業の日まで、藁を敷き、
乾燥しないようにしておきます。

 

田んぼ全体に目をやると、
冬から春に育つ草が元気にもくもく・・、
うれしいです。

田んぼの片隅に蒔いた麦も育っています。

麦の周囲は、折々に草刈をしています。 

 

さぁ、美しい空の下でリラックス・・、
大地に身体を横たえて気持ちのよい呼吸をしながら、
天の光と 地球のリズムを感じます。
やさしい風が頬をなで、まばゆい静寂に包まれていると
ふと藁や干し草のなかで過ごしてみたいな、
との思いが湧いてきます。

きっと最高に心地良いはず。

一晩、星空の下でそれができたら。
もう少し暖かくなったらやってみようかな。
と、心は自由に羽ばたくのでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農たのしい稲作教室 2017年 冬から春へ 

2017年03月29日 | 自然農 岡山 

2017年度 自然農たのしい稲作教室・四期、
倉敷の実習田にて学びがスタートしています。



冬から春にかけての様子をご紹介いたします。
一月、霜の降りている冬の田。
すべての季節を抱きしめ静かに神々しく、
耕さず十数年を経た大地にぬくもりを感じます。



冬の間に、必要があれば
畝や溝の修繕などをいたします。

今年は8m幅で使っていた畝に
溝を南北に一本作りました。



二月です。↑
耕さない田んぼの土を味わいながら、
夏草、冬草のめぐりも感じていただきました。

緑の草が顔を出し始めています。
実習は、一月同様に溝堀・畝作りです。



掘り上げた土を、
昨年度の苗床部分などの低い部分に運び
畝の高低差をなくしています。

運んだ土はスコップで細かく砕き、
稲わらや草を被せておきます。↓




 

午後は「自然農の米づくり」のテキストを開き、
自然農の基本や季節の作業について学び
皆さんの感想やお話しもうかがいました。
実習プラス言葉を通して自然農を深めていただきたいな、
と思っています。

 

さぁ、三月です。↑
お天気に恵まれると本当にうれしいですね。
予報では曇り時々雨だったので、
青空に「ありがとう」と手をふってしまう。

でも、たとえどのようなお天気でも
神様(宇宙・自然)の決められたことには、
沿う、従う、応じる、任せる、です。

これは、自然農にとりくむ姿勢と同じ。
自然界~お米のいのちに、沿い、従い、応じ栽培する、
そして、最終的にはお米のいのちに任せるのです。 

三月の実習は苗床作りです。
まず、敷いていた稲わらを除け、
ざっと草を刈り、
夏草の種がたくさん落ちている表土を削ります。↓

 

そして、宿根草の根っこを取り除いています。↓



みなさん、それぞれのペースで実習を楽しまれています。




しずかな喜びとともに
春の光に抱かれて大地にふれる。
かけがえのないひとときですね。

 

宿根草を取り除き、
凸凹になった土をしっかり鎮圧しておきます。
そして稲わらを被せて乾燥を防ぎます。
さらに周囲に溝を掘り、
その土にも草を被せておきます。


 

苗床をひとつながりにされ、
その周囲に溝を掘ることにされたお二人。↑ 
こちらが出来上がったところです。↓ 


周囲の溝はモグラ除けです。 



点々と可愛い苗床が並びました。
手作業のぬくもりのある美しさを感じます。
皆さん、来月の種降しを待つばかりですね。

 

◎三月の実習内容です。

・苗床の場所を決め寸法をはかる。
・夏草の種がこぼれている表土を削る。
・宿根草の根っこを掘り出す。
・デコボコになった土を鎮圧する。
・乾燥しないように稲わらを被せる。
・周囲に溝を掘り、掘り上げた土に草を被せる。

次回は籾まきの様子をお伝えいたしますね。‼

自然農稲作教室 倉敷 八木真由美

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農 草花とともに。

2017年03月23日 | 自然農 岡山 

畑の周りは みどりの草原。
オオイヌフグリも可愛いお花を咲かせています。
見れば見るほど 美しくて かわいくて・・、
うっとりします。

 

つくしも見つけました。

 

周囲の草花に癒されながら、
今日は新しい畝を作りました。
その畝には草をたっぷり敷くことができました。

 

自然農を楽しむものにとって
畑周辺の草草、野の花は、
ほんとうにうれしいことなのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お米大好き 二月分の籾摺りをしました。 

2017年01月31日 | 自然農 岡山 

 

収穫したお米は籾貯蔵をしておき、
我が家では約一か月分ずつ籾摺りをして、
新鮮で美味しいお米をいただきます。

籾殻のなかでお米は生きており・・・、
生きたまま貯蔵できるって、素晴らしいですね。

外した籾ガラは田に還してあげるのが基本で、
今年も稲わらと同様に巡らせています。

その他には、段ボールに籾ガラを敷いて、
その中で生姜やサツマイモを保存しています。
お台所の高めの棚でぬくぬくと厳寒期を越しています。

写真(上)の可愛い米袋は、
自然農稲作教室の卒業生の方々が
消しゴムハンコを手作りされ、
それを袋に押してプレゼントしてくださいました。
うれしいです。ありがとう。‼

 

あけぼの・・玄米です。 ↑
我が家は七分づきでいただくことが多いです。
精米した後の「糠」も大事に使います。
それからお米のとぎ汁も大切にしています。
ほんとうに、いのちまるごとありがたい恵みなのです。
 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農 冬のいとなみ 畑

2017年01月18日 | 自然農 岡山 

もうすぐ大寒をむかえるこの時期、
畑ではエンドウが初々しく輝いています。
お日様にむいて光をあつめているのかな。
寒風や霜に負けず、静かに春を待っています。

 

ブロッコリー、ゆっくりの成長です。
花蕾が可愛く育ちはじめています。
自然農一年目の畝は亡骸の層もまだなく、
いのちの営みをこれから重ねてゆきます。

 

こちらは麦です。
冬草の麦は、この寒さの中でいのちを育みます。
初夏に収穫となりますが、成長過程がとても楽しみ。

 

あたたかな冬の日差しに恵まれた日には、
心はずませて畑に行きます。
そして、うれしい実りを日々いただいています。
おでん、煮もの、お味噌汁、おなます・・・、
葉も実もおいしです。

わたしの小さな楽園、自然農の畑、
何もかもこれからはじまるという感じですが、
自然に沿って生きる喜びがいつも足元にあることがうれしく、
さらに春から、私のスペースが今の倍ほどいただけることになり、
一年間の作付けを考え夢をふくらませているところです。

畑から見る南の空と山、あかるく輝く光・・、
やさしい木々のささやきも聞こえてきます。
今年も大いに楽しみましょう。  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい冬の季はじまる 自然農

2016年12月13日 | 自然農 岡山 

畑の一画にほんの少し麦を蒔いています。
自然農で育てた種を三種いただいたもので、元気よく育っており嬉しいです。
実は麦を育てたくなったのは、麦わらでフィンランドの伝統装飾「ヒンメリ」を作りたいから。
空間を彩る立体の幾何学模様がとても綺麗なんですよ。

種降しが少し遅かった大根も、間引きながらいただいています。

こちらは人参です。
朝の光をうけた葉のかがやきにほれぼれ。
しばらく見入っていました。

美しい冬の訪れを感じる12月も半ば・・。
田畑に行くと、そこにはゆったりと流れる「時」があり・・、
冬野菜の姿を目にしながら来年の春夏への想いを巡らせ、
未来創造・・、それもとてもしあわせなひと時なのです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農たのしい稲作教室・倉敷 稲刈り

2016年11月22日 | 自然農 岡山 

11/6  日曜日 自然農たのしい稲作教室の稲刈りでした。

 

稲刈りは茎・葉・穂が黄色く色づいた頃、
お天気の良い日に、朝露が乾いてから行ないます。


さくさくと鎌で刈り、その束を結束し、
稲木を組んで天日干しをいたします。 

まずは刈り取る作業です。
しっかり順手で稲を持ち、
サクッと一息で刈り取ってゆきます。

美しい稲穂を味わいながら 
快いひびきを楽しみながら
収穫の作業が進みます。 

案山子たちもまだまだ役目をしています。

さて、刈り取った稲は扇形になるように三回に分けて置き、
一束分にして整然と並べ日に当てておきます。 

 

 

そして昨年の稲わらで、刈り取った稲を束ねます。

稲木を組む作業はみんなで力をあわせていたしました。

どちらから風がふいても倒れないように支え合う、
そのように足を組んでゆきます。 

そして、稲穂が乾きやすいように、
稲束を交互に1:2に分けながら稲木に掛けてゆきます。

 

自然農一年目の千香江さん。 ↑↓
自然界のいのちの理にも関心を示され、
いつも心をはずませての作業でしたね。 


 

朋美さんと慶子さん、
必要な手をかけ心をかけて、
充実の実りですね。
嬉しいですね。

知果さん 彩さん かおりさん
稲架掛けの途中で記念撮影です。 ↑
下のお写真は、三人合わせて1.2畝の収穫です。
2014年から学ばれ、今年で稲作教室を卒業され自立です。

井戸口さん 草野さん 渡辺さん
自然体でとりくまれる姿がすてきだなぁ、
と感じさせてもらいました。 
お米も畦豆も育ち 感慨深いですね。 

まさみさん 律さん
稲作教室二年目のお二人です。
暑い夏もがんばりました。
今年もうれしい収穫です。
 

夕陽が西に傾く頃、すべての作業を終えて、
最後まで残っておられた方々で記念撮影です。
いよいよ次回は、脱穀・籾摺り・・・、
玄米になったお米をお持ち帰りいただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎お知らせ
2017年度稲作教室参加者の募集をさせていただいておりましたが、
定員になりましたのでお知らせいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

稲作教室のみなさんが写されたお写真、
ステキなので掲載させていただきます。

by知果さん

 

by知果さん

by知果さん

by草野さん

byちかえさんの旦那様

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天地のめぐみ抱き 喜びの秋・・。 まゆみ
 

 

  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農畑 干し柿をつくろう

2016年10月28日 | 自然農 岡山 

今年の春から畑の一画をもらいました。
両隣は母や知人がお野菜を育てています。



父が生前に植えた柿の木も大きくなり、
その恵みをいただくうれしい毎日・・・、
今日もカゴいっぱいミニ渋柿を収穫してきました。
出来上がった干
し柿があまりにも美味しかったので、第二弾です。
 
畑では秋冬野菜の種降しを少しずつしています。
人参、大根、春菊、小松菜、混雑菜、ほうれん草、ねぎ、など。
自然農一年目の畝は、いのちの重なりも少ないので、
「米ぬか&菜種油かす」を半分ずつ混ぜたものを、
畝の周囲に薄く補いました。
米ぬかは自給している自然農のお米のもの、
油かすは「マルタ一番しぼり菜種油かす」を用いました。  

 

お米づくりでずっと感じてきた草草の大切さを
畑ではもっともっと感じています。
そして多くの生命活動があってこそ・・、
天然自然のすこやかな作物が育つのです。



ささやかなスペースですが、
できたてほやほやの自然農の畑は
なんだか初々しくて愛おしいです。  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然農たのしい稲作教室 2017年度の募集を始めています。
                                     

主食のお米を自分で育てることは、ほんとうに楽しく意義深いことです。
農業の経験がなくても、「自然に沿って生きる」気持ちがあれば大丈夫です。
私もまったくの未経験でしたが、この身一つでとりくめる自然農に出会い、
本当によかったなぁと実感しています。 

八木真由美 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

上記 自然農たのしい稲作教室2017年度は定員に達しました。
ありがとうございました。 11.20 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農 畑 秋のたのしみ

2016年10月15日 | 自然農 岡山 

畑の柿が食べごろになりました。
これは渋柿なのですが、しだいに熟して甘くなります。
一口サイズの可愛い実、あまくてとても美味しいです。
毎日、これくらいの数とれます。
今日も収穫してきました。

下の写真は、まだ熟していない頃です。
手がとどかないので、今日は木に登ってみました。
たのしい~。

子どもの頃には、庭の柿の木でよく遊んでいました。
桃、葡萄、梅、柿、・・・・・あの頃は、
いろんな木とお友だちだったなぁ~、
と思います。 


 





 



自然農一年目の畑では、
大根、小松菜の双葉が出ていました。
人参も順調に育っています。



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農 十月 稲穂が垂れてきました。

2016年10月08日 | 自然農 岡山 


10月上旬の自然農田 ↑

雨が恋しくて空を見上げていた夏の日が過ぎ・・、 
台風の影響もあり雨の続く蒸し暑い秋の始まりでしたが、
この連休の終わりには気温もぐっと下がるとのことです。

昨日は秋祭り、子ども神輿の元気な声がひびき、
今日は地区の運動会、にぎわう声が風にのって聞こえてきます。
稲もさらにさらに実りへと色づいてゆくことでしょう。 



  ↑ こちらの写真は、9/23です。
 開花交配後の新鮮な立ち姿にうっとりしますね~。
この時期は畔のまわりをゆっくりと歩きながら、
その美しさ、健やかさ、さわやかさ、たくましさ、などを
たっぷりと感じて過ごしました。

 

9月の終わり、9/30、↑
朝から鳥たちの声がいつもと違うなぁと気付き、
さっそく田んぼに行ってみると、すずめたちがチュンチュンと
元気いっぱいに来ていましたので、案山子を2体立てました。

食べられる前に対策をするのが効果的、
と聞いていましたので大急ぎで準備をしました。
美味しい味を知ってしまうと、少々の対策では効かないそうです。

案山子の服や帽子はわたしのお下がりなので・・・、
いっそう雀がドキドキしてくれたらいいなぁ~、
と思ったのですが、
田んぼに行くたびに「自分がいる」みたいで、
実は私がびっくりしています。(笑)

10/2の稲作教室 では、みなさんと更に6体の案山子を立てました。
今年はこれで大丈夫でしょう。

畔のススキの穂もきれいですね。
これから一か月、お米はさらに充実し、 
楽しみな稲刈りを迎えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然農たのしい稲作教室2017年、募集を始めました。
一年間を通してお米づくりを学ばれたい方、ご一緒いたしましょう。
 
自然農は、耕さず、農薬肥料などを持ちこまず、
自然に沿ったお米づくりです。

自然農を知りたい、学びたい、体験してみたい、
自然農のお米を自分で育て、その美味しさを味わいたい。
宇宙自然界のことわりを学び察知する力を身につけたい。、
など・・・、自然農に関心を抱かれておられる方でしたら、
どなたでもご参加いただけます。定員は10名です。

一年間の作業は、
畝作り、苗床作り、籾まき、苗床の手入れ、田植え、夏草刈、
畔の整え、水管理、稲刈り、脱穀、籾摺りなどです。 
学びと実習をとおして、お米づくりの一年間を体験していただきます。
一年の終わりには各自で育てたお米すべてをお持ち帰りいただきます。

自然農実習田は、倉敷市の東の端にあり、
耕さず14年目の豊かな田んぼです。

2017年  募集は10名です
(先着順とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
)
新たな出会いを楽しみにしています。

教室詳細はこちらからご覧くださいませ。

八木真由美
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 



 


 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農稲作 開花交配期 9月

2016年09月05日 | 自然農 岡山 



今年も稲の開花交配の季節をむかえました。
稲は、一つの花の中にある6本のおしべの花粉が
1本のめしべと一つになって受粉する、自家受粉です。

 

こちらの写真は、茎の中の幼穂です。
幼穂形成が完了しますと茎がさらに伸び、
幼穂を上に押し上げます。



こちらの写真は、古代米の黒米です。
早生種ですので、穂が垂れはじめています。

 

畔の小豆です。
ほどよい雨のめぐみもいただき、
順調に育っています。



大豆の花が咲いています。



畔を歩けば、
草の葉に雨のしずくがコロンコロン・・、
とっても可愛いですね。



9/4  稲作教室の日は、畔と溝の草刈をいたしました。
風の通りが良くなり、田んぼの周囲も爽やかになりました。
これから約二か月間、稲の実りを見守ります。 






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農 8月 分けつ期から幼穂形成期へ

2016年08月16日 | 自然農 岡山 



8月上旬 条間の夏草刈も最終の頃。



7月中旬からの晴天続きで、
田んぼの溝もすっかり乾き、
畑のようになっています。

草刈りの作業は楽にできる状態ですが、
「雨」を待ち望む思いが日に日にふくらみます。

稲たちに、ごめんなさい~、
と言いたい気持ちです。
でも、お天気ばかりはしかたがないのです。

けれども、よく見ると、
稲たちはしっかりと根を張り、
たくましく分けつをしています。

自然農ならではの力づよい営みです。

 

まぶしい日差しを燦々と受けて、
畔では小豆も育っています。
乾燥して土が白くなった頃に、
種を降ろしましたが、元気です。
よく見ると、葉を立てて陽ざしを逃がしている感じ。 ↑

 

待望の水が、8/12に入りました。
しみじみとうれしいです。
わたしの心も身体もほっと一息。
田んぼのいのちたちと、
一体なんだなぁ、と感じます。

 

よかったね。気持ちいいね。
さらなる成長にむけて営み盛んに・・。



夕暮れ、穏やかな気持ちで、
田んぼ全体をながめる幸せなひと時。



昨日、今日8/16  大粒の雨が天から降りそそぎ
さらに嬉しい8月中旬です。



実際、あまりの晴天続きの頃は、
雨の降り方を思い出せないほどでしたから・・。
夕立があると「奇跡」なのでは、と思うほど。
自然なことなのに・・・ね。



小豆ものびのびと葉を広げ、 ↑
すこやかに育っています。 



畔の黒大豆も、こんなに育ちました。
うれしいです。

さぁ、八月も半ばを過ぎると、
稲は子どもづくりの営みとして、
幼穂形成期へと入ります。
茎が丸くしっかりとする中で、
幼い穂が育ち始めます。 

その頃になりますと、
根から養分をすいあげていますので、
田んぼに入ることはいたしません。
根を損ねないように・・です。

これから先の夏草たちは、
生える(伸びる)に任せておきますよ。
 
8/16  自然農実習田 全体の様子。

次回の稲作教室は9月・・・・、
お米の開花交配の頃になります。
楽しみな秋のおとずれです。
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農 八月 水のめぐみ

2016年08月01日 | 自然農 岡山 

八月になりました。

昨夕、大きな川の水門がひらき、

今朝は田んぼに水が流れ込んでいます。

ほぼ一か月ぶりの水に気持ちも潤います。

 

この間、稲は天水をめぐみとして

じっくりと育ち分けつも進んでいます。

 

自然農の田は耕さず・・、 

様々ないのちがともに生きています。

 

鳥や小動物が田んぼをおとずれ、

虫たち、草草、そして稲・麦、それらが

いのちのいとなみを繰り広げています。

 

年々、そのいのちたちは形をかえて

亡骸の層となってゆきます。

オアシスのような田んぼの表面も、

地中も、いのちの薫りゆたかに

湿り気を帯びています。

稲の足元は水を含んだスポンジ状が続きます。

 

けれども7月下旬、

晴天続きの夏陽のなか

そろそろ水のめぐみをいただきたいと

心待ちにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水の恵みを得て

幼穂形成期に入る前のこの時期、

稲たちはいのち盛んに

身体づくりをしてゆくことでしょう。

 

8/7、自然農稲作教室では最終の夏草刈になります。

その頃には一段と成長している稲に出会えそうですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農 七月 稲の分けつ期

2016年07月19日 | 自然農 岡山 

自然農たのしい稲作教室 倉敷は、 

今年で三年目となりました。

耕さず14年目の自然農田が

みなさんの楽しい実習の場です。

その重なりも、みなさんの想いも、

田んぼにあらわれているなぁと感じます。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一回目の草刈実習(7/10)を終えられて、

苗の分けつが伸びやかに始まっています。

 

これから八月上旬まで・・、

稲と夏草の状態にあわせて

二回目、三回目と草刈に入ります。

 

暑い時期は大変ですが、

この時期の作業が、

秋の実りを豊かにもたらしてくれますので

みなさん、とても熱心です。

 

夏草刈りによって

日当たり、風通し、

稲の分けつスペースを確保いたします。

 

一度に大きく環境を変えることなく

条間一列おきの草刈りをされる場合もありますが、

最終的には全体をいたします。

 

一回目の草刈後のみなさんの畝です。 7/14撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                 

 

 

 

 

 

                            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
梅雨が明けて本格的な夏がはじまりました。

さぁ、今週末は二回目の夏草刈に入ります。

身体をつかって 汗を流して 

お米を育てる喜びをたっぷり満喫しましょう。

 

自然農たのしい稲作教室 倉敷

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自然農 六月 

2016年06月30日 | 自然農 岡山 

六月上旬から始まった田植えが終わり、

かわいい苗が田んぼ一面に並んでいます。

 

しっかりと分けつを始めているものもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、彩さん・ちかえさん・知果さんの畝です。

6/26に、田植え後の一回目の夏草刈をされています。 ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お米づくり三年目の方・・、

二年目の方、

初めての方、

みなさん それぞれに

とても丁寧な作業をされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんの実習田、

そして私の畝が二畝・・・、

あわせて七畝・・・・。

 

小さな一枚の田んぼに・・

今日も爽やかな風が吹いています。

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加