もうひとつの視点

教員の研修の場として始めましたが、現在は教育問題や時事問題など幅広く書いています。

国会議員たちの言い訳

2016年12月28日 | 社会(政治・外国)

 国会議員が悪いことをした時は、秘書のせいにするか、「すでにもらったお金は返した」「すでに記載を変更した」と言って、だから悪くないんだよ~という。そして「これからは仕事に全力で取り組むことで責任を果たしたい」と最後に付け加える。仕事をする時は全力で取り組むのが通常のことであり、責任を取ることなどにはならない。我々は何かの責任を取るために、毎日全力で仕事をしているのではない。

 泥棒や万引きをして見つかった後に、取った物を返せば何もなかったことになるのだろうか。罰金や逮捕などの罰を受けずに引き続き何事もなかったように仕事に従事できるのだろうか。そんなことはない。これからのことなどは他人にとってはどうでもよく、まずやってしまったことの責任を取るのがあたりまえだ。もし責任を取ることをしなくてもよくなったら、社会の秩序が乱れる。

 国会議員は言い訳をしてもいいから、論理的におかしなこと、常識から外れたようなことは言わないでほしい。こちらの頭がおかしくなったのかと思うではないか。

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私が総理大臣だ! | トップ | 無能な中堅教員たち »

社会(政治・外国)」カテゴリの最新記事