もうひとつの視点

教員の研修の場として始めましたが、現在は教育問題や時事問題など幅広く書いています。

汗をかいていきたい

2017年08月08日 | 社会(政治・外国)

 安倍総理がよく使う、違和感のある胡散臭い言葉。

 第1位 胸襟を開いて話し合いたい。(「率直に」、「本音で」でよい)

 第2位 汗をかいていきたい。(「努力する」、「全力で取り組む」でよい)

 第3位 勇気を持って取り組んでいきたい。(俺はすごいことに取り組んでるぞアピール!)

 第4位 美しい国、ニッポ~ン(笑)。(安倍氏がこれを言う時、パブロフの犬のごとく100%作り笑顔をする)

 第5位 真摯に取り組んでいきたい。(普段は違ったの?。誠実ぶっても彼が嘘つきであることは国民にバレている)

 みなさんは、どれを大賞に選ぶだろう。私であれば、「胸襟を開いて」だろうか。これまで半世紀以上、安倍氏以外の人からこの言葉を聞いたことがなく、違和感と同時に汚さも感じられる。なぜだろう。普段使わないような言葉でごまかそうと(国民から賛同を得ようと)する意図が透けて見えるからだろうか。

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細野氏の真意は? | トップ | 韓国と国交断絶すれば困るか »

社会(政治・外国)」カテゴリの最新記事