もうひとつの視点

教員の研修の場として始めましたが、現在は教育問題や時事問題など幅広く書いています。

地方公務員達の勘違い

2017年03月20日 | 日常

 地方の行政職公務員は、「知らない」「聞いていない、見ていない」「国が決めたことだから」と繰り返す。それなら、機械でもできそうな感じだ。

 数年で仕事内容が全く異なる部署に移ってもできる程度の仕事内容なので、事務処理能力や営業能力(交渉力、プレゼン力など)があれば誰でもできる仕事だ。まさに専門職ではない。ゆえに自分たちで生み出したり、よりよくしていこうという意識や能力が劣っているのは当然なのだろう。自営業や一般企業の人々は利益を追求するため、より良いものを目指し新しいものを開発するなど工夫をしていく。行政職の地方公務員は利益追求もない上に、専門性が不要だ。ルーチンワークを無難にこなせればよい。他にこのような仕事はないだろう。社会の中において、底辺の仕事といえる。それにもかかわらず、県や市の役人は謙虚さがなく傲慢だ。能力がないため、はったりによってゆがんだプライドを主張してくる。無能ゆえにおかしな論理、部分的な正論(偏った説明)を堂々と言える。見ていて、本当にかわいそうだ。彼ら、彼女らは、恥を知ることもできないまま人生を終わるのだろう。

 世の中に代わりができる人はいくらでもいる。それなら、その人の存在価値は何なのか。何のために生まれてきたのか。まさに子孫を残すためだけの凶暴な動物だ。県庁や市役所に行くと、こう思ってしまうのは私だけだろうか。

『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日、安倍総理が笑った | トップ | 日本がWBCで負けた原因 »

あわせて読む