Life in Japan blog (旧 サッカー評 by ぷりりん)

日本に暮らす昭和生まれの猫ぷりりんの、そこはかとない時事放談と日記です。政治経済から科学、サッカー、手芸まで

アインシュタインよりディアナ・アグロン、女性蔑視・学歴差別・職業差別・表現の自由とフェミニズム

2016年05月14日 05時03分56秒 | 経済・社会

アイドル歌手HKT48の「アインシュタインよりディアナ・アグロン」という歌の歌詞が女性蔑視だと炎上しましたが、私はそう認識しませんでした。

女性蔑視?

作詞家の秋元康氏は、勉強が苦手でお洒落と恋に興味津々な1人の女の子を想定し、学校の先生や教育ママごんが眉をひそめる子供っぽい心情の吐露をさせ歌にしたのだと思われるのですが、優等生にはどうしてもなれない生徒-男性女性に限りませんが-の心情を歌った 歌謡曲を「女性へ求められる規範」と認識して女性蔑視だと批判するのは無理がありすぎると感じるのです。そんなことをされては、学業が芳しくない子供達は居場所すらなくなってしまいます。

歌詞の少女は非実在

HKT48はアイドル歌手。歌詞が表現する仮想の少女像は、CDやポスターを購入する男の子やおじさん達が好む空想の中の女の子です。男性の願望です。

歌謡曲と表現の自由

歌謡曲では犯罪者やジゴロ、主婦や純粋無垢な少女までありとあらゆる人間の人生が唄われるので、文部省唱歌とは違いそもそもインモラルなものも多数含まれます。それらを女性に求められた規範ととらえるのは無理があります。良い子の歌ばかりでは、歌謡曲(芸術表現)にはなりません。

劣等生の歌は存在してはいけないのか?

寧ろ劣等生の心情の吐露を「これはけしからん」「これはなっていない」と、とても立派な意見を持ったとても賢い大人達が小バカにして上から目線で批判し、けして彼女達が実現できない彼女達にとってとても高い理想を、当然クリアしなければならない目標として語られてしまうと、これらの歌詞に共感し慰められ笑い飛ばしている優等生には全くなれない少女達をさらにとても傷つけてしまうのではと思いました。

批判者への疑問

価値判断の多様性と職業差別

個性を重視しようとよく言われますが「女優>物理学者」を嗜好する個性はあってはならない価値判断として批判され「女優 and 物理学者」または「物理学者>女優」へと矯正されてしまうのを見て、日本の教育現場では多様性は獲得されにくいのかもしれないと感じました。中にはあからさまな職業蔑視を話す方も見受けられました。

文意の改竄

批判する側の文意の改竄も気になりました。 「女の子はアインシュタインなんか知らなくていい?」という題名のブログですが、そもそも歌詞ではアインシュタインを『よく知らない』と言っているだけで『知らない』とは言っていません「アインシュタインって  どんな人だっけ? 聞いたことあるけど 本当はよく知らない 教科書 載っていたような なんか偉い人だった」

HKT新曲の歌詞が女性蔑視だと大炎上…「女の子はバカでいい」と書く秋元康のグロテスクな思想は昔から」という批判記事がありましたが、 そもそも歌詞では『女の子は可愛くなきゃね 学生時代はおバカでいい』とは書いてあっても『女の子はバカでいい』とは書いていません。

女性の意識アンケート

炎上を受けてか、唄の中の少女の感じ方について現実の女性はどう感じるのかをレポートした記事がありました。 「【衝撃】秋元康の歌詞は「女性蔑視」だとリテラが怒ってるから女性の意識調査をしてみた

歌詞の学生の「おバカでいい」と無知と甘えを認識する心情と「学力」が等価になるとは思えず、第一の質問は目的を果たしているとは言えません。
1.フレーズ: 女の子は可愛くなきゃね 学生時代はおバカでいい
質問: 学生時代あなたは「学力」と「可愛らしさ」のどちらをより求めていましたか?
可愛らしさ 123票 (61.5%) 学力 77票 (38.5%)

軽く生きる姿勢が強く批判されたのは、苦行が好きな日本人の国民性かもしれません。
2.フレーズ: 難しいことは何も考えない 頭からっぽでいい 二足歩行が楽だし ふわり軽く風船みたいに生きたいんだ
質問: 難しい事を考えず「ふわり風船のように生きたい」と思いますか?
風船のように生きたくない 109票 (54.5%)
風船のように生きたい 91票 (45.5%)

愛される・愛するは人間の基本的欲求なので健全と思いますが、これだけ批判が集まるということは、人によっては愛されるというイベントは全くつまらないものになった時代なのかもしれません。
3.フレーズ: どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない
質問: 勉強ができても愛されなければ意味がないと思いますか?
そう思わない 116票 (58%)
そう思う 84票 (42%)

身なりを整えるのは社会性を維持するスキルとして大切なので、「人は見た目が肝心だと思いますか?」という質問への回答は肯定的であるでしょう。「可愛いは正義よ」についてはアンケートはとられていません。「内面は見えない」は事実です。)
4.フレーズ: 人は見た目が肝心 だってだって 内面は見えない 可愛いは正義よ
質問: 人は見た目が肝心だと思いますか?
そう思わない 111票 (55.5%)
そう思う 89票 (44.5%)

女性差別とフェミニズム

上記アンケートの結果を受けてか、歌詞を現実の女性のジェンダー役割の獲得過程と絡めて論じている記事がありましたが、なぜ女性をコケにする表現がとられるのか理解に苦しみました。この唄は女性蔑視だと批判されたのですが、私にはそれを糾弾している側の女性が女性を侮蔑しているように感じました。

日本人女性の地位

日本のジェンダー・ギャップ指数は145カ国中101位と不名誉な状態ですが、その原因を社会が侮蔑的な内容のジェンダー・ステレオタイプやジェンダー・シェーマを女児に与え女児がその期待に応えるから悪いのだと書くと、描写内容の出典が不明というだけでなく、人格形成において社会と個人の間で観察される相互作用を個人の主体的責任のように攻撃的にデフォルメしているので根本的に間違っているように思えます。よりジェンダー・ステレオタイプを強制されているのは寧ろ男性のほうで、女性は男性の性役割を選択可能ですが男性がそれをするのは大変困難です。

「能力を評価されていると信じていられた子供時代は「お利口」になるべくがんばっていた女子も、「女の子は能力よりも容姿」「女の子は三角関数よりも草花の名前を覚えたほうがいい」といった価値観にさらされることでみるみる自信をなくし、失われた自尊心を取り戻すべく女子力向上にリソースを振り分ける。……」

女性が従順、男性は知的であるのを賞賛される傾向は知られていると思いますが、容姿については原典はあるのでしょうか。恐らく著者は鹿児島県知事の発言を例に数学(の三角関数)より草花の名前を社会や教師から推奨される環境に女性はいるから数学が苦手と書きたいのだと思うのですが、知能において男女の差は無いのになぜ数学・物理学等では差があるのかはまだよくわかっていないと思われます。社会からの要請で「自尊心」を無くしたから女子力を磨くというのは新説ではないでしょうか?

「……注目を集めたい、自分が特別であると感じたいという欲求は思春期の男女には普遍的にみられるが、少女にとってそれは知的好奇心を追求したり、地道な訓練を積んだりすることよりも、「頭からっぽのかわいいお人形さんでいなさい」という期待に応えることで実現できる。つまるところ、女の子たちは「お利口」から「おバカ」にいきなり転生したわけではなく、周囲の期待に応え続けたにすぎない。日本社会の中でいい子でいたいなら、ピンクのパジャマにくるまれて、頭からっぽのふりをしていたほうがいい。」

従順を賞賛する社会からの性役割への期待を「頭からっぽのかわいいお人形さん」と揶揄して記載することで激しく女性存在を攻撃する意図を感じるのですが、知能は男女変わらず、言語分野のおいては僅かに女子が上、理科数学では男子が上を示す原因はまだ判明しておらず、その相対的差異を「お利口からおバカになる」と表現するのもまた女性一般への攻撃的表現ではないでしょうか。

「お勉強するにしても、数学なんてとんでもない。女の子らしく文系だけにしておいたほうが無難だ。結果として、女の子の多くは「伝統的な女性の職業」=「ピンクカラー」に追い込まれる(ピンクカラーは社会評論家ルイーズ・カップ・ハウの命名)。ピンクカラーは概して低賃金だったり、狭き門だったり、年齢差別が横行していたりと、安定性に欠けるものが多い。さまざまな調査が明らかにしている通り、理系出身者は文系出身者より年収が高いため、勉強、特に数学を避けた女子は高収入の職に就くことが難しくなる。」

女の子はいつから「頭からっぽ」になってしまうのか ~ 「ピンク色の世界」に閉じ込めないために私たちができること - 堀越英美

理系に進めば高収入だとまだ女性は救われるのですが、理系でも男性の半分の所得です。社会制度面の女性の不利さをジェンダー役割で説明することはできません。

「…(男子)年収は、文系出身者の平均値が559.02 万円で、理系出身者は600.99万円となっており…(女子)年収は、文系出身者の平均値が203.02 万円で、理系出身者は260.36 万円となっており…」
理系出身者と文系出身者の年収比較-JHPS データに基づく分析結果-2011年3月RIETI

感想

今回の炎上では、女子への蔑視を正統化するために学力の低い者への蔑視にて説明されているように感じました。男子にも学力の低い者はいるのですがその点は忘却されてしまうのです。

社会制度面での著しい女性の不利な地位をジェンダー役割に還元して存在しないものへとする傾向も感じましたが、問題解決をさらに遅らせる原因になると思います。女性が別のものへ変身すれば解決するという夢は、不可能なだけに、女性をさらに強く苦しめるのではないかと思います。

また、人間の能力は多彩で、女優も物理学者もプロフェッショナルな職業であり、そのどちらかを選択して目指した子供へは応援の声をかけられる教育機関であって欲しいと感じました。日本の教育機関が育成する能力の幅の多様性をもっと拡大して欲しいな、という要望を強く持ちました。

アインシュタインよりディアナ・アグロン 作詞:秋元康氏
http://www.uta-net.com/movie/206311/
難しいことは何も考えない
頭からっぽでいい
二足歩行が楽だし
ふわり軽く
風船みたいに生きたいんだ

女の子は
可愛くなきゃね
学生時代は
おバカでいい
今 一番 大切なことは そう
キャピキャピと
音が聴こえることでしょう?

アインシュタインより
ディアナ・アグロン
テストの点以上
瞳(め)の大きさが気になる
どんなに勉強できても
愛されなきゃ意味がない
スカートをひらひらとさせて
グリーのように

世の中のジョーシキ 何も知らなくても
メイク上手ならいい
ニュースなんか興味ないし
たいていのこと
誰かに助けてもらえばいい

女の子は
恋が仕事よ
ママになるまで
子供でいい
それよりも重要なことは そう
スベスベの
お肌を保つことでしょう?

アインシュタインって
どんな人だっけ?
聞いたことあるけど
本当はよく知らない
教科書 載っていたような
なんか偉い人だった
好きなのはディアナ・アグロン

もっともっともっと
輝きたい
人は見た目が肝心
だってだって
内面は見えない
可愛いは正義よ
チヤホヤされたい
アインシュタインより

ディアナ・アグロン
テストの点以上
瞳(め)の大きさが気になる
どんなに勉強できても
愛されなきゃ意味がない
スカートをひらひらとさせて
グリーのように

【MV】アインシュタインよりディアナ・アグロン [なこみく & めるみお] (Short ver.) / HKT48[公式]

[parts:eNozsjJkhAOz1FQjkyTTFLM0t9zMzCBLk3ATJjMTAyZjMwMmAyYEcHBwAAAG1Aiz

ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イザヤ書14:12ヘレル・ベン・... | トップ | 「象徴としてのお務めについ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。