国際情勢の分析と予測

地政学・歴史・地理・経済などの切り口から国際情勢を分析・予測

7月5日午前4時22分の赤い空はミサイル防衛のため?日本海でミサイル防衛稼働中?

2006年07月06日 | 韓国・北朝鮮
●佐渡島で目撃相次ぐ「西の空赤く染まった」

 北朝鮮がミサイルを発射した5日、新潟県の佐渡島では早朝、「空が赤く染まった」などとする 目撃が相次いだ。佐渡市河原田本町の無職女性(74)は「朝4時ごろ外に出たら、空が今まで 見たことのない色になっていた。あんな朝焼けは見たことがない」と驚いていた。佐渡島の 西方上空が五分ほど赤く染まっていたという。

 佐渡市千種のパート女性(47)は「いつか来るとは思っていたが…」とミサイル発射にショックを
隠しきれない様子。「太陽とは違う感じで、西の空が妙に明るく、オレンジになっていた」と不安そうに話した。佐渡島は早朝からうっすらと雲がかかっていたが天候は晴れ。佐渡西署によると、特に混乱はないという。
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20060705020.html


●北の空 オレンジ色に 大町の男性が糸魚川で撮影

 北朝鮮がミサイルを発射した5日早朝、大町市平の重機オペレーター水島茂さん(52)が、磯釣りに出かけた新潟県糸魚川市の姫川港で、北の空が急に明るくなる光景を見た。水島さんは、持っていたカメラ付き携帯電話で撮影して、画像を信濃毎日新聞社に寄せた。水島さんは、同港で夜通し磯釣りをしていた。同日午前4時20分ごろ、「ゴー」という小さな音が聞こえて、空を見たところ、飛行機雲のような雲が2本横に走っており、空が急にオレンジ色に明るく光った。水島さんは、季節に関係なく同港にたびたび磯釣りで訪れているが、このような現象は初めて見たといい、「異様だったので写真に撮った」と話している。水島さんは同日午前7時半ごろ自宅に戻り、ニュースで北朝鮮のミサイル発射を知ったという。同日早朝は、新潟県佐渡市などでも「空が赤く染まった」との目撃情報が相次いでいる。


写真:突然オレンジ色に光った新潟県糸魚川市の姫川港沖の空=5日午前4時22分、大町市平の水島茂さんがカメラ付き携帯で撮影

http://www.shinmai.co.jp/news/20060706/KT060705FTI090029000022.htm

●長野市のライブカメラ画像http://nagano-city.com/
カメラの方角は東の空の様だ。http://nagano-city.com/map/nagano-city3.jpg






●①情報操作がかかる前に漏れてしまった、本当の着弾地点。 この時間帯、全局共通で稚内110km地点と報道。





②その後規制がかかり、いきなり着弾地点が日本から遠ざかっていく。



●気象衛星ひまわりの7月6日午前4時の赤外線画像(http://www.jma.go.jp/jp/gms/imgs/0/infrared/1/200607060400-00.png
ロシア領沿海州のナホトカ沖の日本海北部に異常な物体が写っている。



7月6日3時33分の韓国気象庁のひまわり画像でも同様の物体が写っている。



<私のコメント>

【北朝鮮の弾道ミサイル発射の報道管制の目的について】
 7月4日から8日まで日本のマスコミ記者が北朝鮮を訪問しており、人質に取られた形になっているために真実を発表できないという点が大きいと思われる。従って、7月8日(土)以降に真実が発表されるだろう。
 着弾地に近い函館や札幌ではなく稚内が基準になるのは不自然だが、本当は稚内から110キロだったなら合理的に説明できる。報道規制の理由は、発射地点から真の着弾点までの距離が東京への距離に等しく、首都圏住民の恐怖心を防止するためと想像される。

【赤い空の原因】
 長野市のウェブカメラの7月5日午前4時台の画像(動画)を見ると4時10分台~20分台、40分台などで空が妙に明るくなり、4時15分~30分頃に北東の空が真っ赤になっている。空が最も赤くなっているのは4時21分である。7月3日及び4日の同時刻の空は赤くない。東向けのカメラであるが、他の日ではこのような赤い色の空は見えないこと、糸魚川で北の空が明るくなった4時22分頃と時刻が一致することから、ミサイル防衛システムによる上空のミサイルの爆発の影響などが考えられるだろう。


【ナホトカ南沖の白く輝く物体の正体は?】
 ロシア領沿海州のナホトカの沖の日本海に南北方向に並ぶ幅30km、長さ200km程度の白い物体が赤外線画像と水蒸気画像の両方で写っている。よく見ると4つの紡錐形の物体が連続しているようにも見える。ちょうど北朝鮮から米国へ向かう弾道ルート上に存在しており、米国防衛のためのミサイル防衛システムが機能しているのではないかと思われる。


【7/7朝追記】
 糸魚川の北の空・佐渡の西の空も含め、北朝鮮と東京の間の直線ルート上にあることが注目される。報道されていないが東京方面(威嚇目的とすると、関東沖の太平洋が着弾予定地点か?)に向かうミサイルが発射され、それが新潟沖や志賀高原上空などで爆破された可能性がある。ミサイル7発という日本の報道と10発という海外の情報の食い違いは、日本政府が東京方面に向けて発射されたミサイルを隠蔽している可能性がある。また、福島県・福井県・青森県などでリアルタイムに測定・公表されている放射線のデータを見ると7月5日以降特に異常な増加はないこと、電波障害が起きていないことから、核爆発はなかったと考えられる。

 ただし、もしこのミサイル発射が日本の核武装を成功させるための日本政府と北朝鮮政府内親日勢力の共謀による自作自演劇であると仮定すれば、北朝鮮のミサイルが核ミサイルであったが爆発しなかったorミサイル防衛システムで核爆発を阻止できたという事実が近い内に発表され、それを根拠に日本が核武装を推進するというシナリオは考えられる。広島長崎の悪夢が国民の中に蘇るとき、核武装賛成の意見が世論を支配することは確実である。

 もう一つのシナリオとしては、イラク侵略泥沼化と911自作自演の秘密が守りきれなくなって困っている米国のユダヤ金融資本・その手先の政治家達が、イラクや911から世間の注目をそらす目的でイスラエルや北朝鮮に命令を下し、パレスチナ紛争や北朝鮮ミサイル危機を演出しているという可能性も考えられる。更に、今後北朝鮮がアラスカ等に着弾するミサイルを発射して米国が対北朝鮮戦争に突入し、本土防衛を大義名分にイラクから撤退するということもあり得るだろう。

 衛星写真でナホトカ沖に白い物体が写っている点について、ミサイル攻撃日と一日ずれている点の指摘が幾つかのブログであったが、ミサイル攻撃日のひまわり画像ではこの物体は写っていない。下記URLの時刻を0300,0400,0430,0500等と変えると各時刻の赤外線画像が確認できる。3時30分の写真がないのは、その時刻は撮影しないことになっているからであり情報操作ではないようだ。この白い物体は30分後には完全消失していることから、核爆発のキノコ雲ではないと考えられる。
http://www.jma.go.jp/jp/gms/imgs/0/infrared/1/200607050430-00.png

 また、4時30分のひまわり画像では長野・新潟近辺に特に異常な物体は写っていない。空がこれほど赤く輝くならば、気象衛星で見えてもおかしくない様に思われるが、長野のライブカメラ画像では4時30分前後は空が正常の色に戻っているので矛盾しない。7/6朝ひまわり画像のナホトカ南沖の白い物体と7/5朝の長野・新潟の赤い空はともに急に出現し急に完全消失するという共通点がある。両者がミサイル防衛システムによるものであるとすれば、首都圏防衛のためのミサイル防衛システムが既に稼働していることになる。7月6日朝にはミサイル発射がなかったようだが、ミサイル発射を疑わせる情報があり念のため稼働させたのかもしれない。同様に首都圏防衛用ミサイル防衛システムも念のための稼働であり実際には東京方面にはミサイルは発射されていなかったことも考えられる。

【7月9日朝追記】
7月8日午前10時ひまわり赤外線画像
http://www.jma.go.jp/jp/gms/imgs/0/infrared/1/200607081000-00.png


 golgo14さんから、太平洋側にも写っており何らかのバグではないかとの指摘あり。調べると7月8日午前10時に三陸沖の太平洋に同様の白い物体が写っている。形やサイズもほぼ同じ、角度が南北方向から少し傾いている点のみ異なるものの、バグの可能性もありそうだ。

 ただ、私が気になるのは、7月6日の白い物体は7月5日発表のミサイル推定落下地点に含まれていること、北朝鮮のミサイル基地から北米方向にミサイルを発射する場合の経路にちょうど含まれている点である。当時、米国海軍第7艦隊旗艦のブルーリッジが7月3日からウラジオストクに停泊中であったこと(http://www.estripes.com/article.asp?section=104&article=37506&archive=true)とも妙に一致する。気象衛星画像に軍事機密上公開できないミサイル防衛システム関連の物体が写ってしまったために、バグと同じものをひまわり画像に張り付けて修正した可能性も考えられる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神風シナリオ:竹島近海を台... | トップ | 今回のミサイル危機で日本が... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あゆ)
2006-07-07 04:16:57
はじめまして、トラックバックさせていただきました。



日本政府は何か隠している気がしますね・・・。

(その理由が平壌に行ったマスコミにあるかどうかはわかりませんが・・・。)
Unknown (Rat@yusuke koishi)
2006-07-07 13:19:08
トラックバックさせて頂きました。

情報操作の可能性大ですね。
Unknown (Unknown)
2006-07-08 13:02:10
なんか、電波でてますね。www

ユダヤ人は関係ないだろww
Unknown (toorisugari)
2006-07-08 15:13:30
この衛星写真が本当にミサイルによるものなら,

ひまわりで弾道ミサイルを監視できますね.
白い物体について (golgo14)
2006-07-08 20:34:28
衛星写真に写る白い物体についてですが、7月1日から8日までの衛星画像で太平洋側にも2回写っています。

思うに、これは何かのバグとかそういうのものではないでしょうか?

golgo14さんへ (princeofwales1941)
2006-07-08 22:47:48
御指摘ありがとうございます。



動画がうまく見れません。何日の何時頃にどの辺に写ってるか教えていただけませんか?
白い物体について (golgo14)
2006-07-08 23:24:38
リンク先の「1. 最新気象衛星画像:日本周辺」の下部の「2.過去の動画」がありますので、2006-07をクリックすると1日から現在までの短縮された連続動画をメディア・プレーヤーで見ることが出来ます。

短いため一瞬ではありますが、3回確認できます。

また赤外1~4までありますが、どの画像でも同じ白い物体が写っています。

白い物体、追記 (golgo14)
2006-07-08 23:28:10
ちなみに他の月の映像でも同じ白い物体がわりと頻繁に写っていました。
golgo14さんへ (princeofwales1941)
2006-07-09 05:22:51
何故かリンク先をメディアプレーヤーで再生することが出来ません。



ただ、他のひまわり画像動画で白い物体を確認、静止画でも確認できました。御指摘ありがとうございました。
白い物体 (ro)
2006-07-10 18:57:39
この物体の形は昔話題になったスカイフィシュに

似ていますね。高速で移動していたので残像が出ているのではないでしょうか。10キロメートルくらいのサイズにみえますが、高い位置にあれば小さい物でも大きくうつるでしょう。
トラックバック (みのるっち)
2006-07-12 13:25:58
はじめまして。トラックバックさせていただきました!

ただ完全招待制のとこなので、見れないかもしれません・・・

ミサイル防衛システムの稼動や空が赤くなったことの詳細が書かれているブログ、ということでリンクさせてもらっています。
白い物体 (M-鈴木)
2006-08-06 16:40:56
スカイフィッシュ云々の件ですが

静止軌道(正確には地球自転同期軌道)にある気象衛星からの観測では目標の大気圏内の高度で写るサイズに差は生じません。

36000kmの距離で10km違っても「36000:35990」にしかならないからです。
えぇ… (普通の日本人)
2016-08-29 06:30:14
もう少し頭冷やして冷静に考えようね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ミサイルの着弾点はひょっとして・・・ (考察NIPPON)
寝る前にちょっと人様のブログを巡回してたら、とっても気がかりなことにぶつかってしまいました。北朝鮮が発射したミサイルの着弾点が本当はどこだったのか?と言うことです。 速報とその後のニュースで着弾点がえら
北朝鮮ミサイル問題における報道の変化 (桜の舞う季節は君を想う)
北朝鮮ミサイル問題における報道の変化・・・ 数と着弾点に関する報道が変化している。
政治家のプロ意識の無さ。テポドン着弾地点の情報操作の可能性 (Rat's Blog by Yusuke Koishi)
昨日の続き。 やはり、情報操作の可能性あり。 混乱を恐れる政府の対応? 着弾地点の情報を握っているのは何カ国かと言う話ですが 以下のブログを読んでみてください。 データが多いので詳しい。 国際情勢の分析 コンパクトにまとまっている ...
テポドンは結局どこに落ちたのか? (真・黒の反韓事情)
はい、今日もテポドンの事ですよ しかし何やら調べてみたら不穏な動きがありますね・・・・ ミサイルの落ちた位置がニュースの時間によって違うじゃないですか あれ?どうなってるんですかね(´・ω・)オイコラ ち
北朝鮮ミサイル発射--着弾点は捏造か? (Cazperのつれづれ日記)
どうも、ネット上で7月5日に起きた北朝鮮のミサイル発射に関する日本の報道に対する捏造疑惑が噂されているみたいです。 「ブログに必要な資料がたくさん☆」のサイトによると、日テレのニュース速報の画面の画像...