国際情勢の分析と予測

地政学・歴史・地理・経済などの切り口から国際情勢を分析・予測

日本ではなくなった、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国

2017年03月24日 | 21世紀の日本の進むべき進路
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 IISIA代表・原田武夫の言葉をお届けします!

             IISIA公式メールマガジン 2017年3月13日号
                発行:  http://www.haradatakeo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   □■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「“PAX JAPONICA会議”、始まる」です。

⇒その理由は……:

 ─昨日(13日)、弊研究所はフェイスブック上で新しい公開グループをリリース致しました。名付けて「PAX JAPONICA会議」です。
  (コチラからどうぞ⇒https://goo.gl/5K0ecF)

 ─その趣旨は?
  以下をお読みください:
・・・

「激動の世界の中で、最後は日本が世界の真ん中になる」

これがパックス・ジャポニカ(Pax Japonica)です。

このグループは皆さんと広く、公開の場で次のような点について気軽に議論をしていくために開設しました:

●なぜ今からPax Japonicaなのか?

●Pax Japonicaが実現するならば、そのきっかけは何か?

●Pax Japonicaの要素は何か?

●Pax Japonicaが始まる中で私たち一人ひとりは何をしていくのか?

Pax Japonicaは何も政治や外交、経済、そして安全保障などに限りません。

より広く「日本的であること(being-Japanese)」が問われるわけです。

したがってジャパン・ブランドであるとか、あるいは今はやりの地域ブランディングなども広く含まれてきます。

また大前提としての「日本の風土」「日本食」「日本の美」なども当然その中では大きな要素になってきます。

以上の様な問題意識で皆様からの投稿を広く受け付けたいと思います。是非、お気軽に投稿ください!

・・・

 ─公開グループですので、どなたでも閲覧は可能です。
  またフェイスブック登録者であれば「読者登録」も可能です。

 ─是非「読者登録申請」のボタンを教えて下さい。
  当方で原則的には必ず承認致します(一部例外があります)。

“PAX JAPONICA”とは何か?
今、私たち自身は何を考え、どうすればよいのか?

議論は既に大いに盛り上がっています!
「 https://goo.gl/5K0ecF 」を今すぐクリックし、あなたもご参加下さい!

心よりお待ちしております!





PAX JAPONICA会議公開グループ | Facebook

Takeo Harada 3月14日 13:45

「あなたが”私は日本人だ!”と強く感じる瞬間は何時ですか?」
私たちが日本人である、と自らについて考えているのは、何も戸籍やら言葉やら、あるいは着ている者やらだけではないでしょう。何というか、独特のフィーリングではないかと私は考えますが、いかがですか?
そういう意味で、皆さんが「私はやっぱり日本人だ!」と感じる瞬間ってどういうときでしょうか?是非知りたいです。

私の場合は、外交官でしたので、そうですね、例えば国際会議の場においてです。こちらも決して外国語を喋れないわけではないのですが、とにかくインド人やら中国人やら、アメリカ人やらがペラペラとやっているわけです。うるさいですし、何かはやりの言葉を流暢にしゃべっているふりをする。
しかし、それらはいずれも意味が無い言葉ばかりなのです、私の頭からすると。何というか、より巨大な存在から与えられた枠組みの中でそのキャッチフレーズみたいなものをリフレイン(繰り返し)しているに過ぎない。そのため、何の付加価値もない(実はB20会合がそうなっています)。
そこでこちらとしては堂々、発言をするわけです。日本人が発言するなんて言うことはめったにないですから、それだけでも注目を集める。しかもそこで言ってやるわけですよ、「そもそもここでの議論の枠の外にかくかくしかじか、こういう全く別の、しかもより本質的な論点があるのではないか」と。すると皆、ハッとする。すごいね、日本人はということになる。
はぐれ者であっても良いじゃないですか。グローバリズム?要りませんね。私たちは私たち自身が想ったことを、適時的確にずばり言い出せばよい。海の向こうの者たちは、そういう瞬間に日本人が発する言葉=事の刃の鋭利さをよく知っているのですよ。
いずれにせよ、私が外交場裏で感じた「日本人らしさ」はそういったものでした。民間外交に現場を移した今でも全くもってそうです。

ちょっと堅くなりましたが・・・皆さん、どうでしょうか?是非、皆さんが「私は日本人だなぁ」と痛感する瞬間、是非気楽にお書きください!!








●【「戦後日本」を診る 思想家の言葉】三島由紀夫 「からっぽ」な時代での孤独 - 産経ニュース 2014.10.9  東日本国際大准教授・先崎彰容

 昭和45年7月7日、サンケイ新聞(当時)夕刊に、ある記事が掲載された。

 「果たし得ていない約束-私の中の二十五年」と題されたその記事は、異様なまでの焦燥感にみたされていた-「私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行ったら『日本』はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。それでもいいと思っている人たちと、私は口をきく気にもなれなくなっているのである」。

 世間は、3月にはじまった大阪万博に酔いしれていた。岡本太郎の「太陽の塔」が、高度経済成長の象徴のように君臨していた。人々が空気のように豊かさをむさぼり吸っている傍らで、三島由紀夫はひとり立ち尽くし、口を覆っていたのである。

 もし日本人の日本人らしさが「豊かさ」にあるとしよう。ではそれを失ったらどうなるのか? 他国がより安い製品を作れば失われてしまう、そんな場当たり的な価値観を「日本人らしさ」の基準にしていいのか。

 確かに学生たちは繊細だった。昭和43年の学生運動、「全共闘運動」と呼ばれる大学生たちの反乱には、戦後=民主主義への違和感があったからだ。耳に心地のよい正義感、正論を吐いている学者たちは何をしているのか。しかも日本は経済的な快楽に溺れ、アメリカの言いなりになっている。正論の裏にある、時代の空虚と偽善、その閉塞(へいそく)感を破壊せよ。そのためには民主主義にすら、一度は「否」をつきつけよ-学生もまた三島同様、焦燥を募らせていた。

 だが、と三島は思った。私は万博に酔いしれる人々はもちろん、彼ら大学生たちとも違う。学生たちは私三島を誤解しているし、半分までしか理解しあえない。

 なぜなら自民党がつくりあげた戦後社会を、私三島は呪っているからだ。「からっぽ」な社会を否定する気分は、学生と同じだ。では何がちがうか、それは私は日本の文化を守るために戦後を否定しているのであって、学生のように破壊と否定、革命だけを夢想していないからだ。

 私には明確な目標がある、否、正確に言えばまだ果たしていない「約束」がある。それは戦前の若者が、なぜ死なねばならなかったのか、何のために命を投げ出したのかに答える、という約束である。

 だから私の人生は、つねに死を飼って生きてきた。最初は戦争で、2度目は多くの友人が死に、そして3度目は戦後を生き延びた「老い」の感覚によって。

 そして三島は思った、文化を担う「天皇」だけが、この約束を果たす存在であると。戦後のふやけきった日本を停止し、文化の咲き誇る「日本」を取り戻すには、天皇こそ必要なのだ。全共闘の学生は、三島のこの言葉=天皇を受け入れることはなかった。だから三島と学生は、「半分」までしか理解できないのだ。

 三島は経済大国日本にも、また学生にも同調できなかった。戦後のどこにも居場所はなく、その華やかで過激なまでに豊穣(ほうじょう)な小説群に抱かれながら、なお、自らは孤独であると感じていた。

 そして思った、戦前の人々と交わした約束を守るには、戦後の象徴天皇制はもちろん、明治立憲制下での天皇にも疑問があると。天皇は政治ではなく、文化のためにこそ奉仕すべきであり、神でなくてはならないと。

 前回の和辻哲郎と、この結論を比較してみてほしい。

 彼らは総じて、保守派だと思われている。だがその天皇像をめぐって、また戦後日本社会への評価は、大きく異なっているようだ。そのちがいが何を意味するのか-こういった繊細な地点から、「この国のかたち」を考える作業をはじめようと思う。

                   ◇

【プロフィル】三島由紀夫 みしま・ゆきお 大正14(1925)年、東京生まれ。東大法学部卒業。大蔵省勤務を経て作家に。昭和24年、長編小説「仮面の告白」で文壇デビュー。以後、「潮騒」「金閣寺」など数々の小説を世に問い、戦後日本を代表する作家に。晩年は自衛隊への体験入隊や民兵集団の結成など政治色を強め、45年に陸上自衛隊市ケ谷駐屯地で自決した。







過去の學士會会報の目次 | 學士會会報 | 会報・発行物 | 一般社団法人学士会

No.920 目次 (平成28年9月発行)

メディアと政治の間 (三月夕食会講演)
濱田 純一 (放送倫理・番組向上機構(BPO)理事長・前東京大学総長・東大・法博・法・昭47)

放送の公平性について
長谷部 恭男(早稲田大学教授・東大・法・昭54)

なぜ偏向したテレビ報道を排除することが問題なのか
松井 茂記(ブリティッシュコロンビア大学教授・大阪大学名誉教授・京大・法・昭53)

近代世界システム論の課題 ─ ヨーロッパとアジア ─
川北 稔(大阪大学名誉教授・阪大・文博・京大・文修・文・昭38)








●「植民地政策は現地にとって良かった」 英印間で認識に隔たり インド側には強い怒りも | NewSphere|ニュースフィア 更新日:2017年3月21日
カテゴリー:国際

「植民地政策は現地にとって良かった」 英印間で認識に隔たり インド側には強い怒りも

 インドの政治家、シャシ・タルール氏がアルジャジーラに寄稿し、コルコタのヴィクトリア記念堂を英植民地時代の残虐行為を伝えるための博物館にするべきだと主張した。イギリスは征服と略奪の歴史を反省していないという同氏の意見に対して英国内にも賛否両論あり、植民地時代の支配者と被支配者の認識のギャップがいまだ埋まらないことを示している。

◆略奪と搾取の200年。インドをダメにしたのはイギリスか?
 インドの国会議員のタルール氏は、外交委員会の議長を務め、作家としても知られている。同氏は以前からイギリスによるインドの植民地支配に批判的で、2015年には英オックスフォード・ユニオンでの討論会で、イギリスは旧植民地に賠償すべきと主張した。ウェブ誌『Mashable』によれば、このときの同氏のスピーチはYouTubeで400万回視聴されている。討論会での主張をさらに広げて書いた同氏の著書『Era of Darkness(英版Inglorious Empire)』は英印両国でベストセラーとなった。

 同氏はアルジャジーラの記事で、イギリスに征服される前のインドは世界のGDPの27%を占める豊かな国であったが、その後の2世紀以上にわたる略奪と搾取によって、植民地支配終了時には世界で最も貧しく、病み、無教育な国に落ちぶれてしまった、と主張する。英支配のもと、多くの虐殺事件が起こり、イギリスのひどい政策によって不要な飢饉が引き起こされ3500万人が命を落とした。宗教や人種で被支配者を分けることで統治を容易にした「分割統治」政策は、イギリスがインド亜大陸から乱雑で悲劇的なBrexitをした1947年、インド・パキスタン分離独立というホラーで頂点に達した、とも述べている。

 また、驚くべきことに多くのインド人とイギリス人がいまだに人道に対する大英帝国の罪がどれほどのものだったのかを知らないままだ、とする同氏は、植民地時代の歴史的建造物であるヴィクトリア記念堂を英支配の真実を伝える博物館にすべきだと主張。そして、インドの子供達を教育し、イギリスからの観光客を開眼させるべきだと断じている。

◆勉強不足?イギリス人は、大英帝国の歴史に好意的
 2014年にイギリスの世論調査会社YouGovが行なった調査によれば、大英帝国はどちらかといえば誇るべきものと答えた人は59%、恥じるべきものと答えた人は19%だった。植民地政策で征服された国々の暮らし向きは全般として良くなったと答えたのは49%、悪くなったと答えたのは15%だった。多くのイギリス人が、植民地支配は各地に経済成長をもたらし、恩恵を与えたと考えていると見てよいだろう。

 しかし、デイリー・メールのインド版は、イギリスが残した議会制民主主義、鉄道、英語などはすべてイギリスにとって都合がよかったものばかりだとタルール氏が主張していることを紹介。また、昨年イギリスの国会議員のリアム・フォックス氏が「英国はEUにおいて、20世紀の歴史を葬る必要がない数少ない国の一つだ」とツイートしたことを上げ、大英帝国のインドでの行いについてイギリス人が十分に知らないことを裏付ける明らかな実例だ、と述べている。インデペンデント紙も、大英帝国についての詳細は、イギリスの学校では広く教えられておらず、歴史の授業は他の分野にフォーカスされがちだと述べ、国内の政治家からももっと帝国時代の歴史を教えるべきという意見が出ていたことを伝えている。

◆生まれる前の出来事への責任はどこまで?
 イギリスでも、政権によって、植民地政策への見方は分かれている。2006年に当時のブレア首相は、大英帝国が初期の奴隷貿易で果たした役割に関し「人道に対する罪」と述べ謝罪した。しかし2013年にインドを訪問したキャメロン前首相は、約400人のインド人が英帝国部隊によって殺害されたとされる、1919年のアムリットサル事件への謝罪を拒否している。このときキャメロン前首相は、植民地政策には長短があったと述べつつ、悪いことからは学び良いことは讃えるべきだとし、最終的にはイギリスの過去はインドの助けになったと主張している(インデペンデント紙)。

 イギリスの著名な歴史家、ウィリアム・ダーリンプル氏は、キャメロン首相は謝罪すべきだったという意見に対し、政治家が自らの間違いの謝罪をするならわかるが、生まれるよりずっと前に起きたことに対して謝ることは無意味だとし、そのような行為は純粋な悔恨というより、むしろ政治的方便ではないかと述べている(ガーディアン紙)。







奈良先端科学技術大学院大学 - Wikipedia






北陸先端科学技術大学院大学 - Wikipedia

北陸先端科学技術大学院大学(ほくりくせんたんかがくぎじゅつだいがくいんだいがく、英語: Japan Advanced Institute of Science and Technology)は、石川県能美市旭台1-1に本部を置く日本の国立大学である。1990年に設置された。大学の略称はJAIST(ジャイスト), 北陸先端大, 先端大学 (地元での略称)。






沖縄科学技術大学院大学 - Wikipedia






国営平城宮跡歴史公園  朱雀大路・二条大路の整備工事に着手します。 ~往時の平城京の姿を彷彿とさせる空間へ~

近 畿 地 方 整 備 局 国営飛鳥歴史公園事務所
配布日時 平成28年10月4日 14時00分

概 要
国土交通省は、我が国を代表する歴史・文化資産である平城宮跡の一層の保存と活用を図るため、国営平城宮跡歴史公園の整備を進めています。
このたび、国土交通省は、10 月より、朱雀門南側において、朱雀大路と二条大路を一体的に整備する工事に着手します。本工事の完成により、朱雀門南側に、往時の平城京を彷彿とさせる空間が姿を現します。

問 合 せ 先 近畿地方整備局 国営飛鳥歴史公園事務所 平城分室

1.朱雀大路・二条大路の整備
○国土交通省は、我が国を代表する歴史・文化資産である平城宮跡の一層の保存と活用を図るため、国営平城宮跡歴史公園の整備を進めています。
○このたび、朱雀門南側において、朱雀大路と二条大路を一体的に整備する工事に着手します。

2.朱雀大路と二条大路
○奈良時代の平城京の南北のメインストリートであった朱雀大路は、朱雀門から羅城門まで約3.8 ㎞あったとされ、今回はこのうち朱雀門から南へ約250m を整備するものです。
○二条大路は、朱雀大路に次ぐ規模で平城宮の南側を東西に走り、東大寺西大門まで約6.3 ㎞あったとされ、今回は、このうち朱雀門前後の約400m を整備するものです。
○本工事の完成により、朱雀門南側に、往時の平城京を彷彿とさせる空間が姿を現します。
○朱雀大路、二条大路の整備計画については有識者のご意見をいただきながら検討しました。












日本人の世界観とは何か?日本とは何か?どのような役割があるのか? - 国際情勢の分析と予測 2015年10月30日

【私のコメント】

世界情勢は混沌としているが、もはや国際金融資本の世界覇権崩壊と、大東亜共栄圏・ロシア・カトリックドイツ・フランス・中南米などの反対勢力連合の勝利は揺るがないと思われる。2006年に私が南朝鮮とイスラエルの滅亡が迫っていることに気づいて開設した本ブログもそろそろ役割を終えた様に思われる。しかしながら、本ブログが第二のテーマとして取り上げるべき重要な事柄があることに気付いた。それは、これからの日本の進むべき道を示すことである。それは日本人の世界観と切り離せない。

戦略家として名高い奥山真司氏は「戦略の階層」という概念を主張しており、全ての戦略について「世界観」が最も重要であると主張している。それは人生観、世界観、地理感覚、心、ビジョンなどを指す。日本について言えば、「日本とは何か、どのような役割があるのか」という問いかけになる。私はこの奥山氏の主張を聞いてから、日本人の世界観とは何か、他の人々の世界観とはどう異なるのかを自問自答し続けてきた。

大航海時代から20世紀まで世界を支配してきた国際金融資本の世界観とは、フェニキア・カルタゴ商人の商道徳である。それは、利潤の追求を最優先し、そのために顧客を騙す巧妙な技術を磨くことを至上とする。一般大衆は人間ではなく獣であり、彼らの財産や生命は奪うべきものである。大英帝国とはまさにこのような理念に基づいて建設され運営されてきた。

米国の世界観も上記の国際金融資本のそれに近い。米国はイギリス=国際金融資本の植民地から出発した。その過程で、移民たちは先住民を様々な方法で虐殺・追放して土地や資源を奪い取ってきた。そのような行為を米国国民は「マニフェスト・デスティニー」と呼んで正当化してきた。米国が銃社会であるのは、豪州やカナダと異なって先住民が移民に対抗するために武装しており、彼らを虐殺するために銃が必要不可欠だったという建国の由来が原因である。このような米英の世界侵略を見るとき、それを「鬼畜米英」と呼んで批判した我々の祖先の偉大さに感動せずにはいられない。そして、現在の日本が米英の占領下にあるのは、日本が「鬼畜米英」という真実をかつて叫んで彼らの打倒に立ち上がったことが原因である。

欧州の中心であるドイツの世界観は国歌に歌われている様に「世界に冠たるドイツ」であろう。歴史的に東アジアの中心であった中国の伝統的世界観も「中華思想」、すなわち我々が世界の中心というものであろう。南アジアの中心であるインドの世界観は恐らく「ヒンズー教の世界」、アラブ人の世界観も「イスラム教の世界」と思われる。残るユーラシアの超大国であるロシアの世界観は「我々は純粋な欧州ではなく、かといってアジアでもない、ユーラシアという独特の存在である」というものであると思われる。

では、日本の世界観とはなんだろうか?私の答えは、「思いやり(仁)と和が最も重要」である。

聖徳太子の「十七条憲法」の第一条には「和を以て貴しと為す。」とある。井沢元彦が「逆説の日本史」で主張する様に、日本最初の憲法の最初の条項には日本で最も重要なことが書かれている筈である。

もう一つ私が重要と考えるのは、仁である。大和言葉では「思い遣り」を意味する。第70代の後冷泉(ごれいぜい)天皇の「親仁」(ちかひと)以来現在まで、八例の例外(女帝は含まない)を除いて、全ての天皇の御名に「仁」が付いているという。これは、皇室が「仁」を極めて重要であると考えていることを示す。仁徳天皇の「民の竈」の逸話で明らかな様に、日本は古代から「仁=思い遣り」を非常に重要と考えてきた。

「和」と「仁=思い遣り」のどちらがより重要だろうか?恐らくそれは「仁=思い遣り」である。思い遣りの無い人・集団との和を維持することは苦痛以外の何物でも無い。元寇の時に鎌倉幕府は日本侵略の尖兵であったモンゴル人・高麗人の捕虜は全員殺したが、モンゴル人や高麗人の命令でやむなく日本攻撃に参加した南宋の兵士は殺さずに帰国させている。これは、「仁」を欠いた集団に対する日本人の厳しい態度と、同情すべき南宋への「仁=思い遣り」という鮮烈な対比を示す。

「仁」は儒教に於いて最高の徳目とされる。また、儒教では「礼は和をもって貴しとなす」とされており、「和」も儒教の徳目に属する。儒教は軍事力ではなく王の徳による統治を至上としている。戦乱の相次ぐ中国本土で失われてしまった儒教の徳目が日本では古来(儒教の伝来と関係があるのかどうかは不明)から実行され、現代まで維持し続けられているのである。

<中略>

日本の武道は他国のスポーツと異なり、肉体を鍛えることや競技に勝つことよりも精神修養を重視する。これは、外国から輸入されたスポーツ(たとえば野球)でも見られる。外国のスポーツは戦闘の練習という要素が大きい。同様に日本でも宮本武蔵に代表される剣豪は敵を殺す技術を競ってきた。しかし、武道では戦うべきは敵では無く自分の心である。試合というものが存在しない合気道はその究極の姿であろう。では、なぜ精神修養が必要なのだろうか?それは、「思い遣り=仁」を実現するには、全ての者が自己の欲望や怠惰な心を我慢して、同情すべきかわいそうな人に恩恵を与える必要があるからである。そして、高位の統治者には高いレベルの「思い遣り=仁」が必要とされる。仁徳天皇の「民の竈」の逸話はそれを説いたものである。恵まれない人々への恩恵を重視することは、イスラム教の喜捨の概念に通じる。


日本人は本能的に貧富の格差の縮小を善と考えており、新自由主義やTPPに代表される格差社会に批判的である。これは、日本人の世界観が新自由主義と相容れないことに由来する。また、日本人は漢民族がその激しい生存競争故に陥りがちな自己中心的・反公共的行動に批判的だが、これも日本人の世界観が原因である。多くの日本人は自覚していないが確固たる世界観を有しているのだ。

多くの中国人は日本に留学して、日本が儒教の徳目により統治されていることに気付く。そして、儒教のふるさとである中国も、全世界も、儒教の徳目によって統治されるべきであると考えるようになる。1924年11月に訪日中の孫文は神戸で有名な「大アジア主義講演」を行う。日本に対して「西洋覇道の走狗となるのか、東洋王道の守護者となるのか」と問い、欧米の帝国主義にたいし東洋の王道・平和の思想を説き、日中の友好を訴えた。この「東洋王道」とは統治者の徳による統治という儒教的価値観に他ならない。また、2004年以降の中国で叫ばれている「和諧社会」も、日本的、あるいは儒教的な価値観の中国への導入に他ならない。このことは、日本人と中国人の理想とすべき社会が一致したことを示している。

<中略>

日本人は自分たちが日本人であって中国人では無いと考えている。しかしながら、米の飯を食べる湿潤地帯の農耕民族である日本人の生活は、モンゴル族・チベット族・満州族などの中国の少数民族よりもずっと中国人に近い。また、日本の公用語である日本語は中国語とは大きく異なっている。しかし、そもそも中国では方言が強く、地域が異なると言葉が通じないのが普通である。日本語の発音は中国の呉や越のそれに近いという話もある。日本語は中国の方言の一つという見方もできるのだ。更に、中国人の伝統的定義は「漢字を用いて意思疎通する」ことであり、日本人は間違いなく広義の中国人に含まれてしまう。それどころか、日本人は中国の伝統的かつ重要な思想である儒教を実行し続けており、日本人こそが真の中国人であって現在の中国人は中国人の心を失った偽中国人という見方すらできるのだ。

「文明の衝突」のハンチントンに代表される多くの欧米人が日本を中国から独立した文明として扱ってきたとの反論もあるだろう。しかし、これは日本を中国から切り離したいという彼らの野望の反映と思われる。日本は明治維新以降、中国侵略の基地として欧米シーパワーの事実上の占領下に置かれてきた。そして、中国を占領するための貴重な技術が欧米から多数導入されてきた。しかし、外見でも文字でも文化でも中国と日本の共通性はかなり高い。欧米の技術をたっぷり吸収した日本が中国に寝返ることは欧米シーパワーにとって悪夢と思われる。それが、欧米が日本を中国から独立した文明として扱う理由である。そして、日本は日清戦争期以降、表向きは中国と激しく対立して欧米シーパワーを安心させつつ、裏では中国と協力し、中国を経済的にも軍事的にも強大化させることに力を注いできた。中国の核武装は日本人技術者の貢献が大きいとは有名な話である。また、改革開放以降も日本は中国の工業に大きな貢献を行っている。これらの日本の協力によって中国は強大化し、今や多くの分野で米国を上回り始めているのだ。沖縄出身の先祖を持つと思われる歴史学者の與那覇潤は「中国化する日本」という主張を行っている。しかし、現実に起きているのは「日本化する中国」である様に思われる。

江戸時代の儒学者・兵学者である山鹿素行は著書「中朝事実」で、中国は異民族に何度も支配されるなど勢力が強くもなく、家臣が君主を殺して君主の地位を乗っ取る事件が多発するなど君臣の義が守られてもいないと指摘、異民族に支配されず万世一系の皇室が保たれている日本こそが真の中華であると主張した。現在の日本は米軍という異民族支配であり、皇室もかろうじて命脈を保っている状態である。しかしながら、仁や和などの儒教の徳目を国民が実践し、統治者も「徳による統治」を行ってきた日本人、元号という中国的文化を維持し続けている日本人は、漢民族以外で唯一漢字を公用語に使用していることを考慮すれば、広義の中国人であるだけで無く、中国人の理想とすべき社会を実践してきた真の中国人であると言えるだろう。中華民国時代の著名な学者である辜鴻銘氏の「日本人こそが本当の中国人だ」という言葉は「中国人の文明は元の時代にすでに途絶えており、日本人だけが真に漢や唐の文明の真髄を継承している」ことを意味する。実は唐も鮮卑族の拓跋氏による異民族制服王朝であり、中国は漢民族王朝と異民族征服王朝が交代してきた歴史を有している。そして混乱の度に厳しい生存競争が起こり、儒教の徳目を実践するような人は生き残れず、自分さえ良ければ良いという自己中心的な人しか生き残れなかったのだ。そして、漢民族の偉大な道徳理念である儒教は本土では滅亡し、海を越えた日本でのみ生き残って実践されてきたのだ。

結論を言おう。日本人は広義の中国人に含まれる。日本人の世界観は「仁=思い遣り」と「和」を至上としており、儒教的な「徳による統治」を実現し続けてきた。我々日本人は儒教という理想を漢民族と共有している。我々の使命は、漢民族と協力して鬼畜米英を滅亡させ、彼らの犯罪的世界観を粉砕し、その被害者を救い、加害者を全員処刑し、その上で世界の隅々まで「仁=思い遣り」と「和」を広げることである。その暁には、中国人vs日本人という区別は無くなり、日本人は広東人や四川人、上海人、北京人と同等の世界島東部(アジアという言葉はフェニキア人に支配されたギリシャ人がアナトリア半島を指して呼んだ言葉であり、今後は別の名前で呼ぶべきだと考える)の漢字文化圏の中の一民族となっているだろう。そしてその中心の一つになっているだろう。あるいは北京語に代わって日本語が世界島東部地区の共通語になっているかもしれない。それが恐らく原田武夫氏の主張する「パックスジャポニカ」なのだろう。




<引用終>







【私のコメント】
私が従来から注目してきた元外交官の原田武夫氏が2017年3月11日にフェイスブック上で「PAX JAPONICA会議」なる議論の場を設けた。そこでは参加者が食物・映画・思想・技術など様々な観点から持論を展開している。しかし、それらの大部分は戦略家の奥山真司氏の言う「戦略の階層」では、7つの階層の中で最下位の「技術」や6番目の「戦術」レベルであると思われる。原田武夫氏の言葉で言えば「流行の言葉だが意味も付加価値も無い」ということだろう。彼は議論がある程度出尽くした所で「もっと大事なことがあるではないか!」と「日本人の世界観」を提唱するのだと思われる。私は匿名で活動したいのでこの「PAX JAPONICA会議」には参加しない。本ブログの読者で心ある人は是非参加して議論を主導して欲しい。

日本外務省の高位の外交官の言葉だが、「外交交渉は双方の中間点で合意に至るべきであり、自分達が少し負けたと思えるぐらいでまとめるのが良い」と主張していた。これは、軍事力で敵を虐殺・威嚇してありとあらゆるものを全て奪い取ることによって覇権を維持してきた米英を中心とする西洋シーパワーの外交交渉とは対極にある。最近の米英の情報系企業も「winner take all」と市場を独占することを当然としているが、彼らはこの西洋シーパワー的世界観に深く毒されているのだ。これに対して日本的、あるいは儒教的(厳しい生存競争で儒教の生まれた中国では儒教の精神が滅んでいることに注意)な価値観は柔道の創始者である嘉納治五郎が唱える「自他共栄」であり、そこでは双方の利益が共に確保されることが重要である。強者と弱者の共存は弱者の滅亡を招くので避けるべきであると私は考える(それ故、共存共栄ではなく自他共栄を目指すべきなのだ)。

パックスジャポニカとは、単に日本を賞賛することであってはならない。日本の世界観、即ち「日本とは何ものか、どんな役割があるのか」を深く考えた上でそれを世界に広めていくことなのである。それは、ドイツの「世界に冠たるドイツ」や米国の「manifest desitiny」のように他民族にとって受け入れがたいものであってはならない。第二次大戦中に叫ばれた「神州不滅」は決して他民族に受け入れられないだろう。以前のブログ記事「日本人の世界観とは何か?日本とは何か?どのような役割があるのか?」で触れた通り、私の考える「日本の世界観」とは、「仁と和」を至上とする儒教的価値観である。これは中国文明の影響を受けた東アジア各国には間違いなく受け入れられる。それだけではない。オーストリア・ハンガリー帝国駐日大使を父に、日本人を母に持つ汎ヨーロッパ連合主宰者のリヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー(1894年11月16日 - 1972年7月27日)の唱えた「友愛」にも通じ、それ故にロシアを含めた欧州大陸全域で受け入れられるだろう。

『「植民地政策は現地にとって良かった」 英印間で認識に隔たり インド側には強い怒りも』という3月21日付けのニュースは、大英帝国を正当化する英国と、被害に怒るインドの間の世界観の違いを反映している。英国人は世界を植民地化する過程で有色人種を大虐殺しその財産や土地を強奪し続けてきたが、それを「正義」と正当化している。このニュースは英語圏シーパワー白人国家連合を本拠地とする国際金融資本の世界覇権が崩壊し始めたことの前兆である。今後米英豪等はナチスドイツを上回る最悪の犯罪国家・犯罪民族として全世界に糾弾され、国家の正統性を失っていくだろう。

国際金融資本の世界覇権崩壊の兆しは原田武夫氏の「PAX JAPONICA会議」だけではない。2016年9月発行の学士会会報920号にも興味深い記事がある。メディアと政治の間(濱田純一前東京大学総長)、放送の公平性について(長谷部恭男早稲田大学教授)、なぜ偏向したテレビ報道を排除することが問題なのか(松井 茂記ブリティッシュコロンビア大学教授)の3本の記事は、米英を中心とする西洋が嘘の報道(fake news)を流すことで米英などのdeep state(国家内国家)を通じた世界支配を続けてきたことを念頭に置いていると思われる。米国にはワシントンDC、英国にはシティという国家主権が十分に及ばない地域が存在し、国家内国家による国家統治に深く関与していると思われる。そして、川北稔大阪大学名誉教授による「近代世界システム論の課題 ─ ヨーロッパとアジア ─」という記事は、西洋の隆盛を単に「ブレークスルー」とのみ表現してその裏にある世界観に触れない西洋の論者を批判した上で、最近のアジアの勃興について、その世界観が西洋と同じであるなら単に支配者が変わるだけであると指摘している。新たな世界観の必要性を指摘する偉大な論文である。

 日本人の世界観について考える時に決して忘れてはならない人物を一人挙げたい。それは三島由紀夫である。彼は昭和45年11月25日に自決しているが、その約4ヶ月前の7月7日に産経新聞に書いた「果たし得ていない約束―私の中の二十五年」という評論の中でこう述べている。「二十五年間に希望を一つ一つ失つて、もはや行き着く先が見えてしまつたやうな今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに厖大であつたかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使つてゐたら、もう少しどうにかなつてゐたのではないか。私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまうのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなつてゐるのである。」

彼が批判しているのは日本独自の「世界観」を失い、米英の世界観に完全に洗脳された、経済大国である以外に何の取り柄も無い空虚な国と化した日本である。彼がそれを激しく批判したにも関わらず、彼の死後の日本は日本独自の世界観から更に遊離してしまった嘆かわしい現状にある。ネット右翼達を含めた多くの日本人は米英を崇拝して中国や北朝鮮を見下し、中国や北朝鮮より富裕であることを唯一の心の支えとしてしまっている。私の周囲の人々の多くもそのような人々である。私も三島由紀夫と同様にそのような人々と口をきく気にもならないのだが、生活のためやむを得ず交流しているのである。もはや日本という国はほとんどなくなってしまっているのである。

多くの日本人は「戦後民主主義」なるものに満足している様である。しかし、日本の真相は、国家主権を失い米国政府を通じた国際金融資本の命令を実行するだけの植民地政府に他ならない。世界覇権国である米国すら国家主権は無く国家内国家に支配されているのだから、日本が国家主権を回復するには米国の国家内国家を倒すことが必要不可欠なのだ。「民主主義」とは、国際金融資本が国家主権を奪ったこと、あるいはこれから奪おうとしていることを隠すために行われている宣伝に過ぎないのだ。

また、多くの日本人は中国よりも富裕であることを心の支えにしている。しかし、日本の頂点とされる東京大学の入学試験の難易度が中国で30番目の中堅大学とほぼ等しいとされること(とある中国出身東大生が書いていた話)からもわかる様に日本の上位大学の学生の基礎学力は中国のそれよりもかなり低い。そのような基礎学力の低い国が中国よりも富裕なのは実におかしな話であり、国際金融資本の中国侵略基地という役割を果たしてきたことの御褒美なのだろう。中国の急速な経済成長により日中の経済規模は逆転し、日本は既に経済小国に転落している。今後国際金融資本の世界覇権が崩壊すれば日中の生活水準すら逆転してもおかしくないのだ。そうすればネット右翼達の唯一の心の支えも失われてしまうだろう。そこまで転落しないと、日本は「日本独自の世界観」を回復できないのかもしれない。

しかし、希望もある。日本支配階層は一貫して「日本独自の世界観」を維持しており、それを復興させるための準備を行っていると思われる。北陸・奈良・沖縄の三カ所に設立された科学技術大学院大学がそれである。北陸先端科学技術大学院大学は英語名ではJapanを名乗っており、日本の科学技術研究の最高峰として設立されたと思われる。この大学は東工大を母体に設立され、当初は埼玉県に設置予定だったが途中で石川県に変更された経緯がある。明治維新後の日本では国家を代表する組織は殆ど例外なく東京近郊に設置されてきたが、北陸先端科学技術大学院大学はその慣例を破っている。続いて設置された奈良先端科学技術大学院大学が平城京のすぐそばにあることも考慮すると、この二つの大学院大学は、加賀前田藩や古都奈良の伝統的文化的遺産に研究者が触れることを目的に設置されたのだと思われる。研究の効率だけ考えれば英語圏の国で行うのが良いのかもしれない。しかし、英語圏とは異なる世界観を有してきた日本で、東海道ベルト地帯の繁栄から半ば取り残されたが故に明治以前の日本の文化的伝統をよく保存している金沢や奈良で研究を行うなら、英語圏の国々では不可能な斬新な発想に基づく成果が期待できるかもしれない。ノーベル賞を受賞した山中京大教授のiPS細胞の研究は奈良先端科学技術大学院大学で打ち立てられている。

国営平城宮跡歴史公園では2016年10月から朱雀大路・二条大路の整備工事が開始されている。中国・北京に天安門広場と紫禁城があり中華帝国の文化遺産が残されているのと同様に、秋篠宮が即位するであろう国営平城宮跡歴史公園でも朱雀門の南側に古代平城京の空間が復元されるのだ。私は先日この現場を訪れたが、二条大路から東を望むと三笠山が見える。阿倍仲麻呂が「天の原振りさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」と歌ったようにこの風景は日本文化の原点なのだ。仲麻呂がこの歌を詠んだのは安史の乱の直前で、長年玄宗皇帝に仕えて高官となっていた彼が日本に帰国するために出発する際に詠んだ歌である。ひょっとすると仲麻呂は楊貴妃や安禄山による玄宗皇帝の統治力低下を裏で工作し、その成果を日本に伝えるために帰国しようとしたのかもしれない。残念ながら帰国の船は暴風雨でベトナムに漂流し、日本に帰国することはできなかった。以前ブログ記事で触れた様に、当時の日本は白村江の戦いから安史の乱までの第一の国難の最中で、巨大な唐帝国に対抗するため天武天皇など新羅系天皇を頂く、国家主権を半ば奪われた危機的な時期であった。それは、元寇という第二の国難を克服したあと、黒船到来から現在までの米英帝国に国家主権を奪われた属国と化した第三の国難に重ねて見ることができる。トランプ大統領の登場、自叙伝で国際主義者を自称するデイヴィッド・ロックフェラーの死は米英帝国の衰退の象徴であり、第三の国難の終焉を意味する。第一の国難を克服するために敵地唐で長年働いた仲麻呂の様に、第三の国難を克服するために敵地米英や亡命政権のある平壌、あるいは南朝鮮・中国・東南アジアなどで日本のために働いてきた多くの日本人工作員や残置諜者が存在するのだと思われる。仲麻呂が月を見て三笠の山(若草山)を想像し祖国日本を懐かしんだ様に、彼らも異国の地で日本を懐かしんでいることだろう。

沖縄科学技術大学院大学もまた、金沢や奈良にはない独自の文化的遺産を背景に設立されていると思われる。沖縄は江戸時代は日本と中国の両方に属する国であった。つまり、日本でもなく中国でも無い独自の文化を有しているのだ。そして、第二次世界大戦末期には故郷を守るために青壮年男子全員が徴兵されて米軍と戦った。「沖縄県民斯く戦えり。県民に対し、後世特別の御高配を賜らんことを。」との太田実帝国海軍少将の遺言はその証拠である。戦争に敗れて現在まで米軍の占領下に置かれながらも、心ある沖縄県民は主体思想の元に北朝鮮の帝国陸軍亡命政権と連携して米帝と戦い続けている。沖縄科学技術大学院大学の外国人研究者は、海軍司令部壕を訪れて「沖縄県民かく戦えり」との言葉を目にした時に強い印象を持つことだろう。そのような精神的インパクトは、東京に改名することで武士の都であった江戸の武士道精神を捨て去って、国際金融資本占領下で空虚な金銭的繁栄を積み重ねた、「無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない」東京では決して得られないのだ。








↓↓↓ 一日一回クリックしていただくと更新の励みになります。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (146)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/12-15のサウジ国王の訪日は... | トップ | なぜ日本は戦後民主主義を見... »
最近の画像もっと見る

146 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-03-24 07:15:48
日本の著者による論文数、5年間で8%減少…ネイチャー誌「日本は01年以降、科学への投資が停滞」

英科学誌ネイチャーは23日、日本の著者による論文数が過去5年間で8%減少し、日本の科学研究は失速していると発表した。日本政府が研究開発への支出を手控えた状況が反映されたという。

 同誌は「日本は長年にわたって世界の第一線で活躍してきた。だが01年以降、科学への投資が停滞しており、高品質の研究を生み出す能力に悪影響が現れている」と指摘している。

 自然科学系の学術誌68誌に掲載された論文の著者を、データベースを使って調べた。

 その結果、12年から16年の5年間で、中国の論文数が48%、英国が17%伸びた一方、日本は8%減少したことが判明した。米国も6%減った。

https://this.kiji.is/217342253709379067
Unknown (Unknown)
2017-03-24 08:45:38
ロシアのクリミア併合から3年 住民の声
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-10001685-bbcv-int
Unknown (Unknown)
2017-03-24 10:33:10

アメリカ時代(パックスアメリカーナ)の終焉を象徴するアメリカ第一主義
ニューヨーク・ダウ平均株価はトランプ当選以後、減税、インフラ投資、規制緩和等の期待で2月末の12日間連続上昇など一直線上げ、3月から議会における期待の現実化に注目が集まり今や12日間連続下げとなっている。
一方日経平均株価はニューヨーク株価にかかわりなく完全にドル・円相場に連動している。
3月15日FRBの利上げ、日銀の80兆円緩和継続で市場原理に基づきドル高・円安になると思いきや、逆に(かねてからの私の予想の通り)115円から110円台の円高になった。
この逆現象は、バーデン・バーデン(ドイツ)におけるG20(3月17‐18)蔵相・中央銀行総裁会議の秘密合意(バーデン・バーデン合意)の結果、つまり1985年9月のプラザ合意、昨年2月の上海合意に続くマニピュレーション(価格操作)であり今後も続く。
秘密合意が発表されないのはアメリカの利益のために各国が犠牲になることをそれぞれの国民に見せないための配慮である。
アメリカの目的は、ドル安(日本犠牲)と関税(各国犠牲)でアメリカの経常収支を改善し、利上げで各国の余剰資金をアメリカに集中させることにある。
つまり自国民の犠牲ではなく他国を犠牲にして借金の枠を広げる戦略である。
目指すところは、金(ゴールド)保有高2万トン(現在の公式保有高8,300トン)である。
自分の金(通貨)を刷ってみんなに配り、配ったマネーを借用し金(ゴールド)を買い、金が10倍になり、自分の金(ドル)が10分の一になったところで10%の金(ゴールド)でみんなからの借金を完済する。
今後の政治、経済はこの基本線に沿って動くことになる。
他国はアメリカに文句を言っても国際通貨の自由裁量権を持ち、世界一の軍事力、世界一の消費市場を持っている国には逆らえない。
敗戦国日本に与えられた任務は貸すこと(日本は世界最大の債権国)であって金(ゴールド)を買うことは許されない(外貨準備の1%)。
もし日本の対外債権が金(ゴールド)に代わったなら、アメリカは日本に金融支配されることになる。(とっくの昔に芽は摘まれている:大平内閣時)
貸す方の通貨(円)は高いほうが借りたマネーのバリューが上がるからアメリカにとって有利だが、返済する場合は不利になるが、どうせ借りた金(ドルでも円でも)は二束三文になるのだから返済のことは考える必要はない。
2025年からの金本位制(1+1=2)の復活をもってパックスアメリカーナが終わると共に、人間性バブル(過剰人間性・過剰権利)が崩壊して人間性クラッシュ(非人間性・過剰義務)の時代が始まる。
西洋キリスト教的民主主義思想ベースの政治・経済体制の反対軸である儒教的全体主義ベースの政治・経済体制が雲霞(うんか)の如く押し迫っている
黒澤明特集 (読書貧乏)
2017-03-24 11:45:02
どこの国でも一般国民はメディアと自分の職業によってがんじがらめにされて洗脳される。
ブラッドベリの「華氏451度」を見る通り。どこの国民も洗脳されバカになっている。

さらに自分が死んでも相手を倒すという凶悪な戦闘民族の日本人はされに洗脳され、バカになった。
戦前の右翼の気概は、戦後左翼に受け継げられ、さらに滅びた。

坂口安吾は良い時期に死んだ。
三島由紀夫は長生きしすぎた。

人生に意味を見出す人間に現代とは、さらに日本とは空虚というしかない。
しかし、硫黄島の洞穴に潜んで戦う日本兵のように、えんえんと死ぬまで抵抗して相手に被害を与えながら死んでいくしかない。

ちょっとした気休めがある。
今週からNHKで黒澤明特集をやるから見れる人は見たらどうだろうか。
黒澤明は武士道の伝統と、大正期の西欧文化を体現した文武両道の人間だ。
多分、世界でも最も尊敬されている日本人ではないか。
戦前の日本知識人の迫力が出ているのだと思う。

「七人の侍」をはじめ名作を放送されて今でも普通に面白いのだが、出色は「生きる」だと思う。

「生きる」は癌に蝕まれた事なかれの市役所職員が、残りの余生を何十年と放っていた汚染地域を公園にする案件を実現しようとする話だ。

死というのが何よりも先に来る。
死ぬからこそ生があるという、実に実存的な話である。

日本人の優位は島国であること。
さらに武士道とは死ぬこととみつけたりとあるように、
死ぬことをもって生きることにあると考える。
2017-03-24 10:33:10のコメント (princeofwales1941)
2017-03-24 13:01:39
アメリカ時代(パックスアメリカーナ)の終焉を象徴するアメリカ第一主義  | 増田俊男の時事直言
http://www.masuda-toshio.com/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%99%82%E4%BB%A3%EF%BC%88%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%EF%BC%89%E3%81%AE%E7%B5%82%E7%84%89%E3%82%92/

2017-03-24 10:33:10のコメントは上記の増田俊夫の時事直言のコピペかと思いますが、ソースを記載していたいていないのは困ります。コピペする場合は必ずソースのリンクを記載して下さい。著作権上問題になります。
失礼しました (2017-03-24 10:33:10です)
2017-03-24 14:16:54

増田俊男氏時事直言のリンクを貼るのを忘れてしまいました。増田氏、ブログ主両者に大変迷惑をかけたこと…心よりお詫びいたします。

増田氏の
>西洋キリスト教的民主主義思想ベースの政治・経済体制の反対軸である儒教的全体主義ベースの政治・経済体制が雲霞(うんか)の如く押し迫っている

とブログ主の予測があまりにも似ていたのと、そのタイミングがシンクロしていたのでリンクを貼るのも忘れてしまいました。
Unknown (az)
2017-03-24 16:42:50
日本と中国はお隣同士であり、相手が嫌だからと言っても引っ越しできませんから
折り合いをつけて共存していかなければならないし
ネトウヨの様に断交ニダなどと感情論をぶちかますつもりも毛頭ありません
日本の国民平均年齢は46歳で世界ダントツの高齢化社会です
閉経国家と言っても差し支えないでしょう
一方の中国は35歳でまだまだ若く、経済的な伸びしろもあるのでしょう
日本が落ち目なのはブログ主の言う通りですが
だからと言って前エントリで言われたような日本は中国の属国として生きて行けばいい
というブログ主の考えは受け入れられませんね
それは宗主国がアメリカから中国に代わっただけで今と何も変わらないでしょうから
多極化世界の中で日本は小さくとも一つの極として存在し続けたいものです
JAISTとNAISTは連携する必要がある。 (バアルのような者)
2017-03-24 20:09:35
JAISTとNAISTは互いに相手の持つ資源を羨ましがっている関係にあり、研究設備等は必要なときは必要だが、空いているときはがら空きなのがふつうである。従って、移動しにくい資源に対する利用者たる研究員の流動化を図るために北陸新幹線は金沢と精華町を結ばなくてはならない。
出来た。なんだ、めっちゃ簡単じゃん。
Unknown (Unknown)
2017-03-24 21:24:49
 □■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「東芝株を旧村上ファンド関係者が大量取得」です。

⇒その理由は……:

 ─「歴史は二度繰り返す」と言います。
  ただし“1度目は悲劇として、2度目は喜劇として”です。

 ―この世界は“冪(べき)”から成っているのです。
  フラクタル構造が全てを貫いています。

 ―だからこそ、繰り返し同じ出来事が起きて行くのです。
  ただし毎回がオリジナルでもあります。

 ―したがってユニークと想える出来事も注視する必要があります。
  なぜならば、それこそが「未来」を反映しているからです。

「東芝」が引き続き揺れています。
そんな中でアクティヴィストによる投資活動が明らかになりました。

あの「村上ファンド」の関係者たちが手を出し始めたのです。
かなりのパーセントの同社株を取得したと言います。

村上良彰氏といえば、経済産業省OBです。
当然、人脈もまだ同省とはつながっています。

これまでのルールであれば「東芝は救済される」のです。
その破綻を許さない、というのがルールだったからです。

「これまで」の世界を熟知する同人らは当然、一つの方向に賭けます。
「救済」を前提にするのです。

しかし、本当そうなのでしょうか?
そこに大きな落とし穴はないのでしょうか?

ここでもまた「新しい時代に向けた大きな溝」が見え始めています。
・・・分かり、ますか?
Unknown (Unknown)
2017-03-24 21:45:02
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000153-jij-m_est
ムバラク元大統領、自由の身に=失脚から6年ぶり―エジプト
Unknown (上から目線のロシア人)
2017-03-24 21:51:34
日本は、いかなる国の属国にもなるべきではない。

ただし、ベストパートナーはロシア、だ・ぜ!
Unknown (Unknown)
2017-03-24 22:22:27
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000088-asahi-pol
小学校道徳教科書、初の検定 文科省、細部に指摘
Unknown (Unknown)
2017-03-24 22:38:07
https://jcc.jp/news/12045704/
03/24 04:47 NHK総合 【おはよう日本】
増える“イスラム女子”背景は
米国での入国制限や各地で相次ぐテロなど、イスラム教やイスラム教徒を巡っては、欧米を中心にマイナスイメージがあるのが現状。
日本ではイスラムの文化や慣習に関心を持つ“イスラム女子”が増えている。
国内最大級のモスクで、ヒジャーブ体験イベントが開かれた。
見学ツアーも盛況。
東京ジャーミイ広報・下山茂は「イスラムのことを知りたいと思う人が増えていることは、大変驚いているしうれしい」、慶應義塾大学総合政策学部・野中葉専任講師は「政治的なものと文化社会的なものを分けて考えていかないと現象は見えてこない」と話した。
ペルシャ絨毯、ハラルフードに言及。
小笠原香奈子のコメント。
東京都・荒川区・中東料理のレストラン、渋谷区、中央区の映像。
Unknown (諏訪で、金刺 たぶん)
2017-03-24 23:00:39
3月15日に何か起きたかなと思ったりしてましたが、
今日のTwitterでは新宗連が官邸訪問だったそうで。

また、今日の話題の「アキエリークス」によると
2月26日、夫人は「琵琶湖の竹生島に行き、祈りました。」とのこと。
竹生島は富士・出雲のラインですね。


…あれもこれも皆、布石であって、丸くおさまるなら言うこともありません
unknown (unknown)
2017-03-25 02:38:58
日本国内では、森友問題一色ですが。なんか、違和感を感じます。明らかに、安部総理下ろしが、目的なのは、わかりますが。安部総理も、アキエ夫人も、別に関与を否定せずに、堂々と、教育勅語は素晴らしいとか、言えばいいのに。平和ボケして、自分たち、戦後日本人は、素晴らしいなんて、勘違いしている、アホ日本人より、戦前の日本を肯定する、森友学園の方が素晴らしいと、私は個人的に思いますが。マスコミを始めとして、なにが何でも、森友問題で、安部総理を追い落とそうとする、意図がみえみえで、不愉快です。
安部総理を追い落とそうとしているのは、”世界支配者層(300人委員会)”の意向で、現天皇陛下のご意思でもあるという。(板垣英憲氏がそう言っている。)
しかし、でれでれ草さんや伏見さんは、現皇室に疑問を呈してますがね。(でれでれ草さんと伏見氏は、秋篠宮様が次期天皇陛下になることを推している勢力である。私自身も秋篠宮様が次期天皇陛下になる方が良いと思っている。ブログ主様のプリンス様も前々から、そうおっしゃっていらっしゃる。)
話は、少し、変わるが、ここ数日の期間、ドイツと日本で、googleで、ネット回線の不調があったという。
で、そのgoogleのネット回線の不調があった時期が、ちょうど、安部総理がドイツを訪問して、メルケルと会っている時期なんだよな。
unknown (unknown)
2017-03-25 02:52:06
googleといえば、もろイルミナティ。で、そのgoogleが日本とドイツが仲良くなることに、反対しているということは。
安部総理とドイツのメルケル氏がドイツで、会っているときに、googleの不調。ドイツと日本といえば第2次大戦の同盟国。そして、数日後には、イタリアでのG7開催。日本、ドイツ、イタリア。見事に、戦前の日独伊3国同盟を彷彿とさせる。この日独伊3国がやろうとしていたのは、反イルミナティ(反ユダヤ権力)。
unknown (unknown)
2017-03-25 03:10:39
私は、新井信介先生のブログも、飯山先生のブログも読んで勉強していますが。飯山先生は、新井氏を批判していらっしゃる。新井先生は、東京外国語大学の中国語専攻の研学で、いらっしゃる。中国の古代史にも精通し、とても私は尊敬している。だけど、なんか、もの足りない。
科学的な分野での考察が足りない気がする。
飯山氏がおっしゃておられることの方が説得力が有る気がする。現在、安部総理が森友問題で、叩かれているが、これは戦前の軍国主義を肯定している森友学園云々の問題ではない。もっと、深い問題なのだ。ドイツ、イタリアをも含む。
飯山氏は、直感で生きておられる感じだが、その直感が案外、的を射ている感じがする。
unknown (unknown)
2017-03-25 03:38:51
三島由紀夫氏が感じている戦後日本に対する違和感は私も常々、感じていた。しかし、その違和感に絶望し、三島氏は、自殺してしまう。そこまで、絶望するのはわかる。
戦後日本は、戦前の日本を全否定し、戦後民主主義の日本こそ、素晴らしいと、常々、言い続けている。
それが、全くの偽善であることは、このプリンス様のブログを始め、たくさんのブログや本を読むことで、私は理解した。311後、その世界支配者たちの嘘が見えてきた。
地球温暖化詐欺など、世界は偽善と嘘に満ちている。
だけど、真実は歴然として、存在している。どこかの国(韓国!)が言っているように、”嘘も百回言えば本当になる。”訳ではない。人々が知ってようと、知っていまいと、事実は存在する。このまま、その悪意に満ちた、嘘に基付いた仕組みを続ければ、人類は滅ぶ。
イルミナティたちは、本当に、自分たちだけは安泰だと思っているのか?地球人類が滅んで、一応、人間である、イルミナティの面々だけが無事だということはない。人類が滅びれば、支配者層=イルミナテイの方々も滅びます。彼らは、自分たちで、自分の首を絞めていることに気付いていない。
unknown (unknown)
2017-03-25 03:58:11
やっぱさ、戦前のように、日本とドイツとイタリアが組んで、覇権が奪われることを危惧している勢力が、安部総理を叩いているんじゃないのか?そうですね。それは偽ユダヤ勢力ですね。=イルミナティ。
だが、もう1つ、わからないんだよな。
悪魔の企業、モンサントがまだ、あきらめていないようだ。
彼らの悪名が世間に知れ渡ってきているというのに。その悪魔企業モンサントが、堂々と「私たちは、誤解されています。」なんて、広告をネットに出している。本当にしぶといよな。
unknown (unknown)
2017-03-25 04:10:05
安部総理が欧州(ドイツ、イタリア、フランス、ベルギー等)を訪問し、EU諸国と、緊密な関係を維持することで、合意している。欧州(これらの国)とのEPAなども結ぶようだ。
たぶん、ヨーロッパは、モンサントの遺伝子組み換え食品は、締め出しているはず。だが、モンサントは、ドイツの会社に買収されたという記事も読んだ気がするが。でも、たしか、モンサントは、ビル・ゲーツが関係するgoogle系の企業の傘下に入たような記事も読んた気が。とにかく、まだ、悪魔企業、モンサントがあきらめていないことは確かだ。そこら辺のことは、内海先生が詳しそうだ。
unknown (unknown)
2017-03-25 04:47:06
そういや、少し気懸かりなのが、今度、新しく、駐日大使に決まった人が、あの、温暖化詐欺の旗手、アル・ゴアが出た大学の同窓生なんだよな。全くの詐欺なのに、何の臆面も無く、声高に、”二酸化炭素によるという地球温暖化という嘘”叫ぶ、詐欺師野郎と同じ大学の卒業生が、今度の駐日大使になったというのは、気懸かりなことではある。このアル・ゴアと今度の新しい駐日大使が卒業した大学というのは、完全な全寮制なのだという。(アメリカの南部にある某大学)。こういう外部から隔絶された大学という社会の中では、アル・ゴアが唱えている地球温暖化詐欺のような、全くの詐欺案件でも、それが”真実である。”という嘘が、当然のことのようにまかり通る風潮があるのかもしれない。
こんな大学を卒業した人物が駐日大使だとは、少々、気懸かりだ。おまけに、この人物は、トランプ派に入る前は、あのブッシュ陣営に居たんだとよ。なんか、臭うね。あの911の犯人だと云われているブッシュのね。
第2青函トンネル (princeofwales1941)
2017-03-25 07:03:35
青函トンネル建設OBが作った第2青函トンネル「ホンキの見積書」 その内容は | 乗りものニュース - (4)

2016年、日露首脳会談の経済協力提案のひとつとして、ロシア側から提案されたとみられた「シベリア鉄道の北海道延伸」については合意に至りませんでした。しかし、ロシアのタス通信は2017年2月28日、「ロシア鉄道社と日本の国土交通省がこの問題を議論する作業グループの立ち上げで合意した」と報じています。

 ロシア政府は2007(平成19)年、シベリアとアラスカを結ぶベーリング海峡トンネル構想を発表。2011(平成23)年にはトンネルの長さ約105km、建設費約5兆円のプロジェクトを承認したといいます。このトンネルは年間1億トンの貨物と、ロシアの潮力と水力で発電した電力の供給にも使われるそうです。

 いますぐにという話ではありませんが、このトンネルが完成すると、ユーラシア大陸とアメリカ大陸は鉄道でつながり、北半球の鉄道ネットワークが実現します。そこに日本が取り残されないためにも、将来、シベリア鉄道の北海道延伸と第2青函トンネルを検討する日が来るかもしれません。

https://trafficnews.jp/post/66348/4/

シベリア鉄道の背の高い貨物列車をそのまま乗り入れるためには第二青函トンネルが必要だろう。本州は客の少ない東北本線を改軌して北関東まで延伸すれば追加コストは少ない。
unknown (unknown)
2017-03-25 07:12:23
安部総理が、ドイツで何をしてきたか、日本のマスコミでは、森友騒動一色で、全く報道されないから、私は、思わず、ドイツの報道をネットで調べた。そうしたら、ドイツ語のニュース記事が出てきで、しっかりと安部氏とメルケル氏が現地の科学技術の見本市を見学している写真が出ていた。地元ドイツでは、しっかりと安部総理とメルケル氏の会談内容などが報道されているよ。それなのに、日本のマスコミ(報道)ときたら。森友問題一色。ほんとうにくだらないよな。で、この安部総理とメルケル氏による、日独の技術分野での協力について、やはり、飯山氏がいち早く、ブログで伝えている。さすが、飯山氏だよな。
どうやら、日本のマスコミを仕切る、アメリカCIA勢力と韓国は、日本人には、森友問題などのくだらない話題や会話に日本人を集中させて、愚民のままでいて欲しいようだ。安部総理がドイツで何をしてきたか、なんて話題には、極力触れて欲しくないようだな。
unknown (unknown)
2017-03-25 07:23:14
戦前日本最高!!教育勅語上等だぜ!!
森友学園の何が悪い!!
Unknown (Unknown)
2017-03-25 08:42:39
アメリカ大陸とシベリアが鉄道でつながる、、夢のようなお話ですね。

そこに日本もつながって、日露米同盟が完成するかもしれない。
やはりトランプ氏の出現がすべてを変えたようだ。

日米をロシアが取り込めば、世界はロシア中心になるでしょうね。

飯山氏の説を信じるなら、日米露同盟はありえますね。期待してます。
森友学園は良くもないがたいした事ではない (バアルのような者)
2017-03-25 08:57:28
> 森友学園の何が悪い!!
 初めから額もしょぼいし、よくある話ででんでん萌えなかった訳ですが
いろいろな思惑の勢力の意志がビタっと同じベクトルに乗ったんです
よね。
 特にアベシンゾーに煮え湯を飲まされてきた日本の貧民たちの怒りと言うのはあって、「カッとしてやった、理由は何でも良かった」な感じでなんだかなぁ。
 貧民(私もだが)が叩くべきなのは、誤った構図による誤った経済政策が致命的に我々の生活を破壊した事であって、アベシンゾーとそのオトモダチが国有財産を私物化して裕福な生活していることではない。(この案件では奴らが不正な利益を得たからと言って、こっちが損をする程度としては非常に軽微)
 アベシンゾーと言うシステム一つとっても、巧くやった事もあれば我々にとって悪意としか思えない最悪なこともやっているが、どうでもいい森友で幕引きされては生活は破壊されたまま、アベシンゾー個人が吊されて終わりとなる。
 ストレス発散にはなるかもしれないが、我々の生活を改善する事に繋がらない。確かにTPPのときは恥を知らずにも強行採決、安保条約も強行。騒いでも騒いでも庶民の声は届かずなので、辞めさせるしかない事は確かなのだが、横から張っていると斜めな結果しか得られない。
 横からビンタではなく真っ正面から本音を伝えなくては世の中は良くならない。真っ正面からの本音を示せば真摯に対応する政府が必要だし、我々も斜めでなく真っ直ぐに要求を主張していかなくてはならない。
 取りあえず、俺の今の要求は、「腹へった。飯をくれ」である。
Unknown (Unknown)
2017-03-25 09:03:38
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000012-asahi-int
間総務副大臣、台湾訪問へ 副大臣級の派遣は断交後初
Unknown (Unknown)
2017-03-25 09:24:29
◆内戦後のシリアを策定するロシア
https://tanakanews.com/170324syria.php
 【2017年3月24日】 従来のスンニ派懐柔策を放棄し、逆に厳しい「スンニ外し」「シャリア排除」を目指しているのが、ロシアの憲法草案やクルド支持から類推できる、米露が内戦後のシリアのために用意している政治体制だ。テロ戦争の構図を根絶するには、このような非民主的なやり方をとらざるを得ないと考えたのだろう。トルコが求める、クルドとアサドの影響圏の間のユーフラテス流域の従来のISカイダ地域に、ISカイダを排除した後に「穏健なスンニ派アラブ(実はISカイダの焼き直し)」の地域を挟み込むのは、プーチンやトランプが望まないことだった。
Unknown (Unknown)
2017-03-25 09:36:32
3月開催の第63回 板垣英憲『情報局』勉強会 
DVD 『「トランプ政権の本質」~徳川家康を模範とするキッシンジャー博士の忍者外交』

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
自民党の二階俊博幹事長が、「政界の闇将軍」こと野中広務元幹事長が、籠池泰典理事長救済に暗躍した
◆〔特別情報1〕
 「このままだと自民党が潰れる。何とかして欲しい」―自民党の二階俊博幹事長が、「政界の闇将軍」こと野中広務元幹事長に急遽連絡した。大阪市「森友学園」の籠池泰典理事長(「日本会議」のナンバー2)が、豊中市に建設中だった「瑞穂の國記念小學院」(安倍晋三記念小学校)を現地視察中(3月16日午後2時過ぎ)参院予算委員会委員約30人に対する説明のなかで「安倍総理から100万円の寄付金があった」と話したからである。野党議員4人は午後3時ごろ、大阪府豊中市内にある籠池泰典理事長の自宅を訪れ、室内に入って面談しているとみられる…籠池泰典理事長は、野党議員4人を自宅に招き入れたからである。籠池泰典理事長が、23日午前に参院予算委員会、午後に衆院予算委員会で証人喚問されるまでの間、野中広務元幹事長は、籠池泰典理事長を呼び、「極秘工作」、暗躍に動いた。かくして、2017年度政府予算案は3月27日の参院本会議で可決成立、「3月24日衆院解散・4月23日総選挙」のスケジュールは、延期された。
Unknown (Unknown)
2017-03-25 09:50:51
https://jp.sputniknews.com/politics/201703233466314/
タルール氏 「チャーチル元英首相の手はヒトラーと同じほど血濡れている」
Unknown (上から目線のロシア人)
2017-03-25 10:22:26
https://jp.sputniknews.com/business/201703253472664/



これ、重要だぜ!
Unknown (Unknown)
2017-03-25 10:23:52
国家神道は疑似キリスト教?

http://diamond.jp/articles/-/92169  日本も一神教になりかけた?
(抜粋)
「ちょっと脱線しますが、少しだけ。日本は多神教だっていってきましたけど、じつは、日本でも一瞬だけローマと同じように、政府が自分たちの正当性を主張するために神の権威を持ち出して、一神教にしようとしたことがあるんですよ」
 「え~。ホントですか」
 「ええ、ホントです。さっきお寺に神社があるのが明治時代まで普通って言ったじゃないですか。なぜ明治時代までかっていうと、明治政府が一瞬だけ一神教にしようとしたからなんです。明治政府は日本を天皇が統治者だった“神武創業のころに戻す”という復古政策だったので、天皇の正統性を神道に求めたのです。そのときに神道を国教にしようという動きが起きました。これを国家神道といいます」
 「なるほど。ローマと似たような話ですね」
 「明治政府は神道を国教にして国家神道をつくり、神仏分離令を出して神仏の習合を廃し、分離してしまおうとしたのです。これがエスカレートして、廃仏毀釈というお寺を壊すなどの破壊行為につながっていきました。寺院が半分以下になり、今残っていたら国宝級の建物や仏像の多数が破壊されたり売却されたりしたのです」
 「一神教っぽいことが日本にもあったんですね!」
 「江戸時代は神仏習合といっても、檀家制度のように江戸幕府が仏教のフランチャイズを使って民衆を支配していましたから、仏教側が圧倒的に優位にいたわけです。神道の側は、神官もお葬式を仏教でやらなければならないなど、フラストレーションがたまっていたのです。それが廃仏毀釈のような暴力的な行動として爆発する原因になったのです。
 明治政府は、お寺と神社を分けてしまおうとしただけで、お寺をつぶすところまで命令したわけではありません。しかしながらエスカレートして、結果的に日本の歴史で唯一と言ってよい宗教対立による本格的な弾圧となってしまいました。でも、このような動きは長続きせず、いつのまにか自然消滅してしまいます。
 明治政府としては最初は、開国して異国の一神教のキリスト教が入ってきて国民がキリスト教徒になったらマズい、それぐらいなら神道を国教にして日本独自の一神教にしてしまえば、天皇の正統性も主張できるし国民を統治するうえで一石二鳥だ、という考えだったようです。
 でも、そもそも民衆がぜんぜん同調しなかったのです。民衆はこれまでどおりお寺でお葬式をしましたし、キリスト教も政府の脅威になるほどの広がりになりませんでした。また、明治政府は布教するカネもノウハウもなかったようで、国家神道をうまく布教することができなかったようです。笑い話ですが、布教する人材が足りなくて、講談師や落語家がかり出されたそうですから」
 「(笑)それ笑えます」
 「結局のところ、神道を国教にしなければ統治できないほど困った状態に国があったわけでもなかったし、宗教を政治に持ち込まなければならないほど民度が低いわけではなかったと言えるでしょう。結局、神道を国教にすることに失敗します。そして、政治と宗教は分離するという近代的な方向へ舵を切っていくのです」
 「つまり、日本には一神教の需要もなく、供給するノウハウもなかったというわけですね」
 「そのとおりだと思います。第2次世界大戦後の話ですが、神風特攻をやるような国は、きっとすごい一神教のカルトな国で、国家神道にはキリスト教のような上位下達のとてつもなくがっちりした組織があるに違いないとGHQが身構えて日本にやってくるのですが、そんなものはどこにもなくてずいぶんと拍子抜けだったようです。
さて、いろいろと脱線しましたが、話を最初に戻しましょう。イスラム世界が“賢者の石”のようにされてきたことが、最終的にイスラム国のようなメチャメチャなものが生まれてきた原因だと言いました。
もうおわかりですね。こうした腐敗したキリスト教が引き起こした十字軍の話のように、経済的な利権や権力の拡大を目的とするキリスト教側が、イスラム教側を1000年にわたって“賢者の石”化してきたという怨みつらみが根源的な対立の背景というわけです」
 「結局、キリスト教側が戦争に勝って、勝ち組のお金持ちになって、負け組のイスラム教側は“賢者の石”にされちゃって貧乏。その格差が問題ってことですね」
 「はい、その経済格差・身分格差は異常なレベルとなっているのです。それを証明するのは、だれの目からみても異常なイスラム国に世界中の若者がこぞって参加しているという事実です。欧米の社会では差別、格差、貧困……いろいろな理由で現状に不満を持ち、絶望を感じるイスラム教徒の移民の若者が増加しているのです。社会に絶望した若者がイスラム国に希望を見出すのは、いかに世の中が歪んでしまっておかしなことになっているのかを、明確に表現しているのだと思います」
 「なるほど……」
 「これまでのゼミで説明したように、成長しない世界になっていることも、この問題を引き起こしている大きなカギです。成長していれば、格差があっても絶望に至るような格差にはなりません。特にヨーロッパにおいては若年労働者の失業が増え、下層に位置するイスラム系移民は大きな格差に直面しているわけです。
 逆に言えば、イスラム国はアイデンティティを失い、閉塞感をもつ若者の気持ちをうまくつかんで、欧米キリスト教国に対する敵愾心を煽るプロパガンダをしているわけです」
Unknown (Unknown)
2017-03-25 14:50:27
田中宇の有料コラムをコピぺする人間の気が知れない。歴史漫画読む方がまだマシ
広告としてのちょっとだけヨの部分はいいんじゃね? (バアルのような者)
2017-03-25 17:34:30
>田中宇の有料コラムをコピぺする人間の気が知れない。

てっきり権利者に無断で有料コンテンツ上げたのかと心配しちゃったじゃないですか。
しかし引用は良いだろうが、何かコメントつけないんすかね?コピペだけだとなんのためにコピペするのかよくわからない。評価するなり、揚げ足取るなり、続きを勝手に創作するなり、暗号解読して違う真意を見つけたりとか何か感じるところがあるんだと思いますが。
Unknown (Unknown)
2017-03-25 18:06:01
http://ameblo.jp/yippee-happy/day-20170324.html 龍神 27 鬼門の謎

http://ameblo.jp/yippee-happy/day-20170325.html 龍神 28 桃太郎の鬼退治
Unknown (Unknown)
2017-03-25 18:26:50
http://blog.livedoor.jp/zabu2233/archives/1065102114.html 大阪市の水道局民営化、頓挫…議案廃案の見通し
Unknown (Unknown)
2017-03-25 18:53:42
http://blog.goo.ne.jp/adachi4176/e/70ce517b8c59838d7e5c8f5ca2d65480
Ray:秘密結社の原点は全て「真理の伝承」が目的でした。しかし時代の趨勢(人心意識の下降)によって人の欲望が物質化をまねき社会を混乱させてゆきます。天の時がくるまで、人は自分がなした結果を自分がうける、ことになります。この因果応報化した真理(5次元)は、今日これから浮上する真理(7次元)とは全くちがいます。今までの5000年間待ち続けたのは、新しい世界を生みだす準備期間でした。そのことは本Blogで掲載した”天空を飛翔する町、エノク ”でも明らかで特別の役割を果たした聖人にしか伝授されませんでした。これからは全ての人に機会が与えられますので、不死(永遠の命)の問題を体現することになる、人類において最も重要な時期に入ります。

【 ヤタガラスはユダヤのカッバーラの流れを汲む秘密結社だった! 】
先ほど、「 鴨建角身命 かもたけつぬみのみこと という鴨氏の始祖の化身だと信じられていて、
その子孫である鴨氏が裏神道の総元締めとして、代々天皇家の祭祀を一手に受け持ってきた 」
という話をしましたが、ここでヤタガラスと鴨氏について詳しく解説しておきましょう。
まず、
鴨氏というのは
縄文・弥生時代から存在する大祭司の一族です。始皇帝の時代( 紀元前3世紀 )に
徐福の集団が日本にやって来たとき、彼らを束ねたのが物部中の物部だった海部氏で、祭礼や儀式を仕切ったのが、四国の忌部氏でした。
その物部の王が、
 熊襲を含む西日本を治めてきた琉球民族に婿入りしたのが 徐福だったんです。
 彼は後に ニギハヤヒ命と呼ばれ、奈良県まきむくに朝廷を置くことになります。
卑弥呼はその末裔で、台与トヨ もその親族です。その頃、ヤタガラスは裏に回って
女王を支えていましたが、同盟を結んでいた 魏 の力が弱まると、狗奴国 の
蝦夷が 邪馬台国に攻め込んで来ました。
邪馬台国を狗奴国から守るため、
ヤタガラスは 朝鮮半島で渡来の時期を待っていた
神武天皇に要請の使者を送ります。
このヤタガラスがのちの 鴨氏 になります。
丹後( 京都府北部 )の一宮として知られる
籠神社 の秘伝では㊙
神武天皇
 崇神天皇
 応神天皇
は、すべて同一人物とあり、
 鴨氏はのちに、渡来して来た応神天皇と秦氏たちを受け入れたときに大きく変貌します。
 特に原始キリスト教のエルサレム教団の祭司集団の流れを汲む秦氏の影響を強く受け、
最終的に、聖徳太子の時代( 6~7世紀 )に陰陽道の呪術者、
つまり陰陽師集団として組織されます。
これが秘密結社㊙ヤタガラスの正体です。
陰陽道は
森羅万象を陰と陽によって説くものですが、陰陽道そのものに 表 と 裏 があり、
表の陰陽道を「 迦波羅カバラ 」といい、裏の陰陽道を「 漢波羅カンパラ 」と呼んでいます。
 迦波羅とは ユダヤ教神秘主義「 カッバーラ 」のことであり、
漢波羅とは「 カバリスト 」のこと。要するに
 ヤタガラスは 漢波羅秘密結社㊙であり、
古代から連綿と続く、日本における古代ユダヤ人組織なのです…★…☆
言うまでもなく
 ヤタガラスの人たちは全員、漢波羅と呼ばれる迦波羅の達人であり、
陰陽師でもあります。
 組織の構成員は現在、約70名です。
その中枢になっているのは「 十二烏 」と呼ばれる上部組織の12人で、
さらにその上の最高位に「 大烏 」と呼ばれる人たちがいます。
 大烏は3人存在し、3人で「 金鵄キンシ 」と呼ばれ、
彼らが揃うことで、裏天皇 として機能します。
 三位一体でなくて、三位三体 なのです。
そして表の天皇定められた祭祀ができないような非常事態が生じたときは、
この3人の 金鵄 が天皇に代わって祭祀を行います。
位の金鵄、大烏を除いたヤタガラスたちは、
「 烏天狗👺 」と呼ばれる人たちで、主に外部との伝令役をしています。
前述したように
彼らは戸籍を持っていません。
 出生届も出さなければ
死亡届も出さないので、いわゆる「 国民 」ではありません。
 言うなれば、〃社会に存在しない〃人たちなのです。
原始キリスト教のエルサレム教団の祭司集団の流れを汲むヤタガラスの人たちは、
イスラエル12部族のうちの祭祀を司っていた レビ族 の末裔であり、
ヤタガラスの組織的ルーツは、イエス・キリストの12使徒と言えます。
ヤタガラスが
物部系と秦氏が 渾然一体となっている理由は、
ソロモン王の死後、イスラエルが南北に分裂した際、
祭儀のときに必要な レビ族 も両方に分かれたからです。
中略
漢波羅秘密結社㊙であるヤタガラスには、
 次のような掟があります。
〇直接、政治に関わってはならない。
 〇裏で政治を動かすことがあっても、決して表に出てはならない。
〇拠点は あくまでも天皇が住まう京都である…
〇京都から出るに際しては、必ず 金鵄の許可が必要であり、
自分勝手な行動をしてはいけない。
〇日本国外に出ることは絶対にあってはならない。
以上
Unknown (Unknown)
2017-03-25 19:06:49
森友問題?与党が共謀罪とか通すためのカゴイケ氏との目眩ましプロレスでしょう。安倍が進退をかける云々を口にした時あー、これは野党もマスコミもこっちに目を向けるなあ、と思ったら案の定。
Unknown (Unknown)
2017-03-25 20:00:46
でれでれ草 DereDre Gusa
2017-03-25
【転載】天皇夫妻がハノイへ立ち寄った理由
ハノイの「ブツ」?
Unknown (Unknown)
2017-03-25 20:09:13
米軍空爆、非戦闘員多数死亡か=モスルで最大200人―米紙
時事通信 3/25(土) 9:57配信
 【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は24日、イラクでの過激派組織「イスラム国」(IS)の最大拠点モスルに対する米軍の空爆で、多数の非戦闘員が死亡した可能性があり、米軍主導の有志連合が調査に着手したと報じた。
 地元住民の話では、死者は最大200人に上る恐れがあるという。
Unknown (Unknown)
2017-03-25 20:18:12
原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)
4時間前 ·
『私はあの事件を決して忘れない。』
こんにちは。原田武夫です。
うららかな陽気の土曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私・原田武夫は昨日、スタッフと共にパリより帰国。神戸にて打ち合わせがありました。それを終えて、つい先ほど帰京したところです。
その様な中で・・・大好評であった先週の英語公式ブログに続く第2弾。
「あなたとあなたの妻。エピソード2」
です。
何れの夫妻の話かといえば・・・当然、安倍晋三総理夫妻について、です。
この事件、なぜ起きたのか?
私の知り合いの国会議員の中には、「こんな些細な出来事で予算審議を止めるなどというのは、民度の低さを物語っている」などとのたまうとんでもない方もいるようです。しかし、私の眼から見ると決してそうではない。なぜならばこの事件にこそ、これまで戦後我が国が担ってきた政界と財界の絡み合った全てがある意味凝縮しているからです。
私はだからこそ、安倍昭恵さんにお願いしたいのです。
国会の場で正々堂々と真実を述べて頂きたい。
それが・・・1955年に発生した「あの事件」以来、あなたと、あなたの家族、そして不幸にして命を落とした赤ん坊たち、重度の障害を負うに至った方々にとっての「過去」を一新する偉大なる試みになるからです。
そう祈念しつつ、アップ致しました。
是非、お読み下さい。そして、拡散を。
http://haradatakeo.com/?p=66774
Unknown (Unknown)
2017-03-25 20:34:03
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12180-499916/
「マウンドに太極旗を刺す行為はナンセンス」と思う韓国人も
Unknown (Unknown)
2017-03-25 20:39:05
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000022-it_nlab-life
「スケベ」「汚い」「お説教臭い」を払拭 
「おっさんレンタル」はなぜ5年間客が途絶えないのか、創業者を取材
Unknown (Unknown)
2017-03-25 21:11:23
現実はそう全く問題はない。
外資との闘いがあるだけ。
Unknown (Unknown)
2017-03-25 22:47:00
このブログ主様の御明説の通り、近畿広域の重要インフラ整備と 近畿圏への遷都、首都機能移転プロジェクトはは緊急かつ最も重要な国家事業と言えよう。

特に北陸新幹線は、関東から中部が、間もなく来る東南海地震、関東大震災、富士山噴火による関東の全滅。東海中部の水没壊滅、そして最後にフォッサマグナ巨大地震と日本列島の中央部破壊という予想されているカタストロフィーに対して日本を東西につなぐ唯一のインフラであるからだ。近畿圏こそ日本において神に守護されている領域の一つであり、最終国家中枢とならねばならないエリアであるからだ。




http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/eb6c92e3b92fa304e93b6b61255ac499
東南海トラフ巨大地震は、かくして起こる!!

全国規模で、「地震雲」が出現して地震が多発しています!!

4月中旬は、「要警戒期間」です!!

「避難経路」、「3日分の食料」、「3日分の水」を準備して、災害に備えてください!!

 近くの30m~50mの高台に、避難してください!!

沿岸の危険区域に、2,400万人もの人々が住んでいます!!
大阪では民営化頓挫 (諏訪で、金刺 たぶん)
2017-03-25 23:12:21
18時26分のご投稿を見かけて

しばらく前に下水道民営化のニュースがあり、派手なことするじゃんどこの話だよっておいおい浜松じゃんかおいおい
と思ったのでした。
そういえば、一昨年くらいに近所で地下トンネル工事と銘打ってなにやらやってました。

松山市の先例にならうと下水道基本料金1ヶ月約800円が2000円くらいになるか…とってもお得感がありますねww

浜松の人間は狡猾というか先見の明があるというか付和雷同というか…
なんか議論があったんだろうか、
全国的にも珍しい、市議会のない自治体ですのでね、今後に注目です。
Unknown (Unknown)
2017-03-26 00:01:12
もう老朽化が始まるからインフラ整備だな。
一般庶民一番乗り。
Unknown (Unknown)
2017-03-26 05:35:54
原田さんの
>1955年に発生した「あの事件」以来
これって森永ヒ素ミルク中毒事件のこと?
秋篠宮夫妻をアテンドする原田武夫 (princeofwales1941)
2017-03-26 10:09:11
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/71/1d/491f074e5d7ddf820f7de772afd3353b.jpg

Takeo Harada - 皆さんに提案があります。... | Facebook
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10211829452354796&set=gm.135390366991072&type=3&theater

上記記事に添付されたセピア色の写真が興味深い。若き日の秋篠宮夫妻を原田武夫氏がアテンドしている。1999年(平成11年)9月26日 - 9月29日に 秋篠宮および同妃がドイツからの同国で開催される「ドイツにおける日本年」への招待により開幕式典に臨席した際の写真だろう。未来の天皇皇后陛下と一緒の写真は彼にとって最高の栄誉だろう。


もう一つ面白いのは3月23日 18:13の記事。


●Takeo Haradaさんがアンケートを作成しました。

たった今、パリからフランクフルト経由で関空に降りたちました。コネクティビティという観点からは、何も成田・羽田に拘る必要はありませんね。色々な選択肢があってよいと思います。総じてPax Japonicaの玄関口になれば良いです。
皆さんの経験から言って、我が国の空の玄関口でここさ良いなと思う空港はどれでしょうか?是非教えて下さい。

恐らく、近未来の京阪奈京への遷都と、関西空港駅から京阪奈京駅を経て京都駅に至る北陸新幹線延伸計画を念頭に置いて、関西空港こそPax Japonicaの玄関口に相応しいとの意図と思われる。

しかし、「ここさ良いな」という言葉が気になる。「ここさ」は恐らく東北地方の方言。従って、密かに仙台空港など東北地方の空港を押しているのかもしれない。単なるタイプミスとしては、「は」と「さ」はローマ字入力でも仮名入力でも起きにくい様に思われるからだ。


このように原田武夫氏の文章を熟読してその行間を深く読んでいる人間は全世界に私しかいないだろう(笑。
Unknown (Unknown)
2017-03-26 13:38:17
http://ameblo.jp/mademoiselle-ai/entry-12254885178.html 大荒れ政局&大荒れ世界情勢

http://ameblo.jp/mademoiselle-ai/entry-12255081551.html 大荒れ政局&大荒れ世界情勢 続き

Unknown (Unknown)
2017-03-26 14:12:30
森友事件、、、
結局一番黒いのは民進党だったようですね。
Unknown (Unknown)
2017-03-26 14:31:24
辻元清美議員も調べるべきと言われたときの民進党議員の慌てぷり、、
ttps://youtu.be/giIpekQzb_M
Unknown (Unknown)
2017-03-26 14:50:07
こんな所にもネトサポやネトウヨが出張してくるのか
Unknown (Unknown)
2017-03-26 15:25:59
もし東北の空港だとすると原発問題は収拾の見通しが付いているということかな
Unknown (Unknown)
2017-03-26 15:48:55
http://ameblo.jp/yippee-happy/day-20170326.html
龍神 29 火と水の結界が今
みんな元気ですか
鬼門の宿命・・・
鬼門は作られた時から破られる時を待っていました。
宇宙のエネルギーの流れに逆らうものだから。
徐福・スサノオ・二ギハヤヒはモーゼのエジプト脱出以来
ダビデ・ソロモンそして秦の始皇帝へと託された2000年来の
見果てぬ夢をこの東の日いずる国に実現しました。
そこは祖先が東へ東へと彷徨った果てに見出した夢の土地でした。
モーゼが目指した「約束の地カナン」は「カンナガラの地」に
於いてついに実現したのです。竜骨の島はスサノオ・二ギハヤヒの
植林と治水により水と緑の森が豊かな土地に変わりました。
巨大な龍神の誕生です。
それは皮肉にも女王クレオパトラのエジプト王朝最後の日々と
時を同じくしていました。
その土地で人々の暮らしは今までよりはるかに豊かになりました。
しかし・・・
時は下り豊かな暮らしはより多くの富を求める氏族の
権力闘争社会へと変わります。
過去の歴史は勝者により塗り替えられました。
古事記・日本書紀の時代です。
その時に大事件が起こります。
日本に仏教がもたらされます。
これが必然であるとするならば人智ではかり知れない
神の采配かもしれません。
時の為政者は仏教の庇護者となります。
それまで日本の龍脈を流れていた大自然の力は過去の
歴史に封印するために設けられた結界により止まります。
人はその結界を「鬼」の門と呼ぶようになりました。
戦いの心が「鬼」を生んだのです。
陰陽師はその歴史の変遷期において翻弄された存在です。
人の心が生んだ鬼を鎮めるために必要とされました。
その時から光と影がわかれました。
影が闇として忌み嫌われるようになったのです。
本来陰陽道とは陰と陽・・・つまり光と闇を
指す言葉ではありませんでした。
大自然のエネルギーの流れを意味しました。
物事の成り立ちを教える道であり言葉でした。
そして今・・・
1500年の時を経て流れが変わりつつあります。
その時に造られた結界が次々と破られて行きました。
最初に厳島神社の弥山の松林が台風により
史上初めてなぎ倒されました。
弥山は日本の龍脈の未申(ひつじさる)の
大いなる鬼門でした。
歴史上穏やかな瀬戸内海のうち海にまで
台風が猛威をふるう事はめったにありませんでした。
最初の龍神の復活です・・・
次に神の戸の結界が大地震により崩壊しました。
龍脈をとめていた流れが動き出したのです。
さらに戦いの象徴である武士の都の
大イチョウが不思議な力により倒れました。
倒れた理由はいまだによくわかっていません。
まるで龍神の掉尾(とうび)の一振でした。
その後・・・
丑寅(うしとら)の鬼門の方角である水の戸に
大地震が来ました。
大津波が襲いました。
そしてその次に・・・
火の国のとびらがさらなる大地震により破れました。
火と水で「かみ」のとびらが開きました。
巨大な龍神は既に復活したようです。
いままさにマヤの予言が実現するかのように、
地球の歳差運動の周期に合わせて次々に
鬼門の結界が破られています。
龍神が1500年の長い眠りから醒めたのです。
続きはまたね・・・ 
Unknown (Unknown)
2017-03-26 18:13:48
福島原発が大爆発したとき、もう日本はお終いかと思ったけど、、

あのとき、めちゃくちゃ煽った人がいたけど、あれはウソだったのか?
数週間でみんな死ぬとか、、その後大丈夫と見たなら、今度は数年後にみんなガンになるとか、、

なってないやん!(小さな被害はあるだろうけど、、)

日本全国で、多くの人が福島の産品を食べてるのも事実なのに、別に被害ない。
(言われたほどの被害がないという意味で)

チェルノブイリよりも大きな被害と言われたはずですが、、
郵政民営化ももしかしたらホイホイかもね (バアルのような者)
2017-03-26 18:16:31
ゆうゆう窓口はかつては一部の特定郵便局を除く殆どの局で24時間365日やっていた。しかし今では一部だけがやっている。ほかにも、ゆうゆう窓口での書き損じ葉書の交換に応じないなどの恐ろしくサービス水準が低下しているが、案外そこら辺の、労働によってのみ返済可能な特殊な隠れ債務を知らないで高いカネ出させて売り付けたのではないだろうか?
まだまだ金券ショップに日本郵便の隠れ債務が控えているぞwwwwwwwwwww。
戦後最大の嘘 (Unknown)
2017-03-26 18:37:44
戦後最大の嘘とは従軍慰安婦でも南京でもアウシュビッツでもなく、核兵器の恐怖だよ。
マクロン仏大統領候補は国際金融資本の代理人か? (princeofwales1941)
2017-03-26 18:44:18
●ルペンさん、プーチン大統領と会見@モスクワ - DEEPLY JAPAN



で、男だけど、なんてか男らしくねー、マスコミが作るアイドルか何かみたいじゃねーかよ、なのがマクロンではあるまいか。

「フランス第一」勢い 大統領選あと1カ月 極右VS独立系、EU離脱対立軸
http://mainichi.jp/articles/20170323/ddm/003/030/119000c

そもそも、独立系とか言ったって、何はなくとも世界中のメディアが好意的だという点で、既になんか、彼は独立系の良さを実は発揮できていない。単に今はどの政党の代表ではないと言っているにすぎない。

しかもそのキャリアを見れば、元ロスチャイルド銀行にお勤めで、若いのに出世してました、なわけでしょ。メディアが贔屓している元ロスチャイルド銀行の人は、政党以上にデカいところに属している可能性は特大なわけで、独立というより「特殊枠」というべきではなかろうか。

まぁこうやってメディアが勝手に色付けして、異端者は許さないとばかりに踏ん張るこのやり方が勝つのか、それともまたまたメディア敗北となるのか、との点でも今回のフランス大統領選挙は面白い。
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/a419c078f5a5ceee1607aa8942b21dac



私は圧倒的な教養に裏付けられたdeeply japanの鋭い言論には日々感動を覚えている。ただ、その結論に全て賛同するわけでは無いことは付け加えておくが。

上記記事で興味深いのは、マクロン仏大統領候補がロスチャイルド銀行出身で若くして出世していたと言うこと。国際金融資本の代理人として選挙に出馬しているのだろう。米大統領選のヒラリー的役割と思われる。

ヒラリーが落選し、英国もEUを離脱したということは、仏蘭西大統領選挙でもルペンが勝ってマクロンが負けることになりそうな気がするのだが、果たしてどうなるのだろうか?deeply japanさんと同じく選挙の結果が楽しみでしょうが無い。
Unknown (Unknown)
2017-03-26 18:45:41
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0326m040018/
福島の桃が東南アジアで人気!  だってさ
Unknown (Unknown)
2017-03-26 19:24:49
以前放送大学のへーヘルの哲学という番組で、灯台の高山という教授が、ヘーゲルの絶対者なる概念について、エントロピーの拡大により無に帰してしまうものであって、まさに絶対者~ゼッタイシャーー!!などと煽り立てていたが、エントロピーの話に過ぎずばかげたものに聞こえた。

 今日の日曜討論で、森友の土地の9億が疑惑の起点になっているが、そもそもそこまでの価格なのかという疑問があるようで、近隣の住宅の地価については中野議員が、森友が400円程度の賃貸料だったというものについては新潟の森議員が疑問提起だろうかしていたのだが、ほかの政党は党利党派、カルト性もある政党そろいの、嫌らしいエリート意識や党派性が背景になる発言のみであったろう。わずか小池議員は官僚のいわば別立ての組織力学があれば大問題といっているが、いままでそういうことが無かったかのような言い回しも気になる。
 凶暴財についても、金融取引や企業犯罪、官僚犯罪は除外されている、マフィア行為への条約精神から派生したはずである法令にしては、おかしいというものがあり、憲法論などやり始めるあたりも異様ではないだろうか、といういう専門家の意見もある。

 その追求であって、事実関係の追及でないところが、既述の絶対者の種だろうなどという見方があると思っている。

 似たことは、マレーシアの空港での北朝鮮の用心についての事件でも同様で、事件当初の空港ロビーでの空気の採取が無ければ、すでに工作の疑いのある事件なだけにミスリードされている疑いが残る。

若干接続性が悪い文章だが、コンピュータプログラマーのように読んでください。
Unknown (Unknown)
2017-03-26 19:36:18
http://blog.livedoor.jp/kingfishertype97-nwes/archives/50587268.html
三島由紀夫とジャンヌダルク

http://wotopi.jp/archives/33923 
男たちはなぜジャンヌ・ダルクに命を捧げたのか?


➡マリーヌ・ル・ペンは、現代の ジャンヌ・ダルクになり得るんだろう。。。
Unknown (Unknown)
2017-03-26 20:52:14
http://otaru-no-sushi.blogspot.jp/2017/03/blog-post_376.html
見届けよ、最期。

『バイオハザード』シリーズ最終作!
人類滅亡まで48時間――すべては彼女(アリス)に託された。
人工知能レッドクイーンとの戦いに敗れ、瓦礫の中で独り目を覚ましたアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。
そんな彼女の前に廃墟のコンピューターを通じてレッドクイーンが現れ、
48時間以内に人類は滅びること、そしてそれを食い止める方法を告げる。
敵からの思いがけない言葉に半信半疑のまま、アリスはラクーンシティへと向かう。
滅亡へのタイムリミットが刻一刻と迫る中、命を捨てて最後の戦いに身を投じるアリス。
やがて明らかになる、彼女にまつわる重大な秘密とは?
想像を絶するファイナル・ファイトの果てに見えるのは、希望か、それとも絶望か……!?
焦点:スコットランド独立派の「根拠」、前回投票と何が違うか | Reuters (princeofwales1941)
2017-03-26 21:49:39
焦点:スコットランド独立派の「根拠」、前回投票と何が違うか | Reuters
http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN16V1DW


Brexitは英国の国益に反している。従来の英国はEU加盟国として物やカネの取引の自由という利益は享受しながら、シェンゲン条約に加盟しないことで人の移動の自由は拒否するといういいとこどりをしてきたからだ。

従って、Brexitの目的は、英国の国益追求では無く、英国を支配してきた国家内国家である金融街シティが大東亜共栄圏やロシア、カトリックドイツ等の敵に降伏したことを示すことと想像する。

世界島から離れた島国で敵国との陸上国境を有しない米英加豪NZはその存在自体が国際金融資本の安全な根拠地であった。従って、大東亜共栄圏やロシアなどの敵は、大ブリテン島や北米大陸に敵国との陸上国境を築くことを要求したと思われる。その国境が大ブリテン島ではスコットランドとイングランドの国境であり、今後スコットランドはアイルランドと共にドイツの衛星国的立場を演じ続けるだろう。イングランドはドイツやロシアを中心に統合される北欧州にも、仏蘭西やイタリアを中心に統合される南欧州にも属さない辺境の貧困国家として没落し、それによってインドなどの有色人種国家の非難を避ける方針と考える。

北米大陸でも同様の国境が築かれ、カナダは英語を捨て去ってフランス語と先住民言語の二重言語国家となり、米国は東岸地区(恐らく公用語はドイツ語と先住民言語に変更されるとみる)、西岸地区(公用語は先住民言語と中国語に)、ハワイ(公用語は日本語と先住民言語に)、アラスカ(公用語はロシア語と先住民言語に)に永遠に分割され、陸上国境が惹かれるだろう。オーストラリアはハワイと同様に日本語と先住民言語が公用語となるだろう。
●「日銀本店を大阪に」大商会頭が関西プレスクラブ講演で訴え (princeofwales1941)
2017-03-26 22:22:29
●「日銀本店を大阪に」大商会頭が関西プレスクラブ講演で訴え - 産経WEST 2017.3.23 20:51更新

 大阪商工会議所の尾崎裕会頭(大阪ガス会長)は23日、大阪市内で開かれた関西プレスクラブの会合で講演し、東京一極集中を是正するために「日銀本店を、かつて日本経済の中心だった大阪に移転すべきだ」と提唱した。

 尾崎会頭は「地方に人材や資金を還流させなければ技術革新は生まれない。首都機能を複数の都市に分散すべきだ」と主張。その上で、「政治と経済は少し距離を置いた方がいい。日銀大阪支店には本店のバックアップ機能もある。本店を試験的に大阪に移してはどうか」と語った。

 また、2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致に向けて「世界に共感してもらえる構想を具体化する必要がある」と訴えた。大阪府などが誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)については「国際会議場やホテルをカジノで資金調達するのがいいのかなど、議論しなくてはならない」と指摘した。
http://www.sankei.com/west/news/170323/wst1703230073-n1.html


日銀本店の大阪移設は以前から多くの指揮者が主張しており、恐らく実現させる見込みがあるのだろう。

そもそも江戸は京都と同様に政治都市であり、金融業の中心を置くこと自体が相応しくないからだ。東京は旧称の江戸に戻し、江戸幕府の理念を掲げて再構築すべきだ。

以前のブログ記事(シリウスの都  江戸・東京:家康はなぜ江戸に本拠を置いたか?関ヶ原の戦いの目的は? - 国際情勢の分析と予測
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/e19177fa72345ca9791ad36d6b77b8d1
)で書いたが、江戸幕府を開く前の関ヶ原の戦いの争点は、国際金融資本の攻勢に対して、中国大陸に戦略的に撤退して戦うべきという豊臣秀吉と、日本列島に籠城して戦うべきと言う徳川家康の路線の対立にあったと思われる。徳川家康が秀吉の大陸侵攻に参加しなかったのはその証拠である。

秀吉の路線は明治維新後に帝国陸軍とその亡命政権である北朝鮮が踏襲している。そして、家康の路線は帝国海軍とその後継勢力である米軍占領下日本の現地政府が踏襲している。

このような歴史的背景を考慮して、江戸に相応しい機能のみを残して南関東地区を再構成していくことが現在の日本に求められている。
Unknown (Unknown)
2017-03-26 22:26:51
管理人様のおっしゃる通り、京都~大阪~奈良間の新幹線インフラのアクセス性の強化や、将来の四国新幹線を視野に入れた、北陸新幹線の関西空港乗り入れは、将来の首都機能移転や近畿遷都のためには必要不可欠なインフラ整備だろう。

更には日銀本店や経済官庁の大阪移転による、金融機関本店や総合商社機能の大阪移転、また海運や輸送機関の神戸などの移転も、京都への天皇遷都と同時に実現すべきだろう。
azさんへ (princeofwales1941)
2017-03-26 22:57:20
>日本が落ち目なのはブログ主の言う通りですが
だからと言って前エントリで言われたような日本は中国の属国として生きて行けばいい
というブログ主の考えは受け入れられませんね
それは宗主国がアメリカから中国に代わっただけで今と何も変わらないでしょうから
多極化世界の中で日本は小さくとも一つの極として存在し続けたいものです



日本が中国の属国にならない方法は簡単です。ベトナムや朝鮮の様に自国語から漢字を廃止してしまえばいい。でも、それを日本がしていないのは、日本は漢字を使い続けるという点で広義の中国人であり続けるという日本支配階層の意思表明と思います。

日本は中国の1割以下の人口しか無い。中国人より基礎学力も低い。そんな国が一つの極として生き残れるはずが無いのです。

中国から日本を見た時、日本は世界で唯一漢民族では無いのに漢字を使い続ける国です。儒教、元号、天皇制など中国文明の遺産も維持され続けている。彼らは日本を完全な外国とは思っていないはずです。中国人から見た中国と日本の関係は、ロシアとウクライナ、あるいは米国とカナダの関係に類似していると思います。

そのような状況で、日本が中国から完全に独立した国家として今後も維持できるとは思えません。日本は、その政策が中国人にどのように影響を与え、どのように評価されるかということを重視して政策を立てていく必要があります。恐らくカナダはそのような対米配慮のもとに政策を立ててきたはずです。

ただ、日本はその中国文明の遺産故に、中国の政策に大きな影響力を行使することができます。従って、21世紀の日中関係は、相互に影響力を行使し続ける国ということに成ると思います。江戸や京都・大阪・金沢・鎌倉、那覇などの都市は、北京や南京、長安、洛陽、広州、成都、瀋陽、ウランバートル、ラサなどの他の中国の主要都市と並んで、中国文明圏の中でその歴史に裏付けられた独自の理念を発信し続けることでしょう。

また、azさんが言う様に日本が中国に対抗する極として存在し続けることは、中国人に妬みなどの反感情をもたらす危険があります。そこに国際金融資本の残党がつけ込んで対立を煽れば、清末期の反満州族運動の様に日本はあっけなく中国に攻撃されて滅亡することでしょう。中国に負けたくないという気持ちはわかりますが、中国に日本が勝つと言うことの悪影響の大きさを考えるべきだと思います。むしろ、中国の政策に影響されて政策の自由度が制限されるという状況をある程度受け入れることである程度中国に負けておくことが賢明ではないかと考えています。

我々日本人にとって必要なことは、中国に対抗できる極としての軍事力や経済力を維持することではないと思います。個々の日本人が自らの故郷をよく研究し、例えば東京出身者は「江戸とは何か、どんな役割があるのか」を深く考え、それを中華文明圏全体に向けて発信し続けることです。原田武夫氏の「PAX JAPONICA会議公開グループ」もそのような意図の元に開設されたのだと考えています。
神奈川県は鎌倉県に改称せよ! (princeofwales1941)
2017-03-27 00:10:13
●聖徳太子と北条早雲と桜田門外の変と・・・ - DEEPLY JAPAN

とことんまとまりのないことを書いているけど、多分、今後の方向性として、日本単独で見ないで、東アジア世界の動乱を誘引として変化、対応してきた日本、みたいな視点が重要になってくるんだろうと思う。7世紀の動乱だけじゃないですからね。

もう一つは、日本は少なくとも東西で分けて歴史を書いていった方がいいんじゃないだろうか。西南日本というのは要するに東シナ海文化圏に対応しながら生きて来たところで、東北日本はそれに対していえば目立つのは軍事貴族(中央の武士)だが、総じていえば開発農民の社会発展史みたいに考えていった方がずっと現在に繋がる実りのある歴史として認識できるように思う。

まったくの私見だが、西南日本のそれはどこまで行っても著しくシナっぽいが、東北日本のそれは結構世界的に汎用性のあるモデルを作れると思うな。鎌倉時代はもっと見直されるべき。
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/0f9417a6e25040bd29d85f2864ae8580


繰り返しになるがdeeply japanさんの教養には圧倒される。一度機会があれば是非お目にかかりたいものだ。

鎌倉時代が見直されるべきと言う御意見には全く同意する。愛知県立大准教授の與那覇潤が「源平合戦とは、宋の時代に中国で生まれた近代資本主義を日本に導入しようとした西日本の平家と、導入に反対した東日本の源氏の対立である。この私の主張は高名な歴史家である内藤湖南の「唐宋変革論」の延長線上にある」と言っていたが実に興味深い。郵政民営化選挙で勝利した新自由主義者の小泉純一郎が平清盛に相当し、守旧派の亀井静香が源頼朝に相当するのだ。

私見だが、神奈川県は鎌倉県に改名し、県庁を鎌倉市に移転して、鎌倉から全世界にむけてその歴史的意義を発信し続けるべきである。
内藤湖南の予言は実現するか? (princeofwales1941)
2017-03-27 00:15:29
【14-06】日本の東洋史学者 内藤湖南と中国 | SciencePortal China

 内藤はこう予言している。「東洋の文化の発展においては、時にその民族や国境を越え、ひとつの“東洋文化圏”を形成する。今後、中国文化の中心は日本に移り、日本が中国文化の復興を実現するだろう。これこそ近代日本国家の使命である」と。
http://www.spc.jst.go.jp/experiences/change/change_1406.html
Unknown (Unknown)
2017-03-27 03:34:26
原田なる人物は、工作員か、情報から隔離されただけの人物だ。さしたる、実効性はなく、せいぜい偉そうに業務妨害の意図か思惑(思惑のほうが工作員らしいね)にもとずく事前の印象操作における破壊的工作員に過ぎない。
 昨今のテロ朝のBTや阿川某の番組の程度。カメイも汚いが、狡猾工作煽動か情報隔離されたのだろうか。
 
同じのは飽きたから他の考えようよ (バアルのような者)
2017-03-27 08:28:09
>原田なる人物は、工作員か、情報から隔離されただけの人物だ。
外務省は諜報機関の一種。そこのOBが工作員だなんていうのは当たり前の話で議論の前提を復唱しているだけで、平常時にわざわざ言うもんじゃない。
その前提を忘れたような流れになったときにボソッと呟くのが基本。もしくはそれを前提に新しいネタが出来たときにお刺身にたんぽぽのせるように蒸し返すか。
しかし、プリンスさまの「ここさ良いな」は行間を読むと言うより揚げ足取りでしょう(笑)。
原田さん自分で書いているとも限らんから、社員が東北なのかもしれないし。
Unknown (Unknown)
2017-03-27 11:07:34
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12104-77766/
安倍晋三首相、米国の希望で稲田防衛相交代検討も
Unknown (Unknown)
2017-03-27 11:11:29
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-87096/ 「アルビノ狩り」被害の子どもたち、治療のため訪米
Unknown (Unknown)
2017-03-27 11:15:33
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎代表は、キッシンジャー博士から「重要な使命」を帯びて、韓国外務省傘下の国立外交院に招かれた
◆〔特別情報1〕
 小沢一郎代表は3月26日~29日の日程で、韓国外務省傘下の国立外交院(外交官の選抜と養成を担当)に講演講師として招かれて、ソウル市入りした。憲法裁判所が3月10日、裁判官8人全員一致で朴槿恵大統領の罷免を宣告、「60日以内」に新大統領を選出することになり、「5月9日」実施の大統領選挙に出馬する候補者と会談する。これは、天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」の頂点「300人個人委員会」の中心人物である米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官)の意向を受けたもので、小沢一郎代表は、重要な使命を帯びている。
Unknown (Unknown)
2017-03-27 11:24:49
パックスジャポニカは日本単独では成しえず、欧米やアジアの実力者とも協力してやっていかなければならない。

分断統治から融合へ、、、もう、とっくに、次のステージに入っているよ。

Unknown (Unknown)
2017-03-27 11:30:28
原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)
4時間前 ·
『間もなく800人がメンバーに!PAX JAPONICA会議』
おはようございます。原田武夫です。
今朝のお目覚めはいかがですか?
東京ではいきなりの雪。。。!寒冷化はすごい勢いで進んでいますね。開花したばかりの桜もびっくり、です!!
先日開設致しましたフェイスブルック上のグループ「PAX JAPONICA会議」。
公開グループではありますが、自由に投稿が出来る登録メンバーがついに800名になりました!!
「これから世界の中心に我が国が躍り出る」
そこはかとなく、そうお感じになられていませんか?
あるいは「まさか!?」と思われますか?
それでは果たして本当にそうなるのか?
そうなるとすれば何時、どの様な形で?
私たちはそれに向けて何を考え、どうすれば良いのでしょうか?
是非、clickしてご覧ください。
そして何よりも、このグループは皆様ご自身が主役です。
どんどん登録して、大いに盛り上がっている議論に参加されるべく、「メンバー登録」をされてください。どんどん承認させて頂いています!
どうぞよろしく!!
https://www.facebook.com/groups/120208411842601/
Unknown (Unknown)
2017-03-27 12:10:03
 □■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「ロシアが労働移民受け入れのため、北朝鮮に接近」です。

⇒その理由は……:

 ─「世界に偶然など無い、私は賭けても良い」
  フランクリン・D・ローズヴェルト米大統領が遺した言葉です。

 ─ある現象には必ず原因があるのです。
  そこには因果があります。

 ─その因果を常に意識することが重要なのです。
  さらには「冪(べき)」もそこには横たわっています。

 ─米欧の統治エリートが動かしているのも正にその点です。
  この「因果」の法則を梃子にして世界史を動かしているのです。

ロシアがあらためて北朝鮮への接近を開始しました。
「労働移民」を受け入れるためと報じられています。

このことは重大なインパクトを持っています。
単なる人減らしに協力しているわけではないのです。

ロシアはそもそも人口の多い国です。
そうであるにもかかわらず、なぜ「労働移民」を受け入れるのか。

保護主義に走るアメリカへのアンチテーゼです。
そして朝鮮族を大勢抱える中国へのけん制でもあります。

さらに言うと、我が国へのけん制でもあるのです。
なぜならば北朝鮮「公民」は我が国とも深い関係があったからです。

さらに深いところでは北朝鮮が頼りにし始めたのはロシアであるという事実が
あります。その限りにおいて、ロシアが別途関心を持つ領域にも関係します。

中東情勢です。
それにも大きな影響を与えるはずです。

さて、どうなるか。
分かり、ますか?
Unknown (Unknown)
2017-03-27 12:48:56
≪2017/03/27 VOL408≫(ベンジャミン情報)
 
世界権力層で生じた地殻変動の波が、日本にも到達しようとしている。
先週の21日、安倍首相はイタリアのローマを訪れ、ローマ法王フランシスコの
保護を求めたが「拒否された」とヴァチカン筋は伝えている。結局ローマでは、
安倍はイタリアのパオロ・ジェンティローニ首相としか会えなかった。
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201703/21italy.html
イタリアを訪問する前、安倍はドイツ、フランス、ベルギー(19日~21日)を
訪れ、「アンゲラ・メルケル独首相」や「フランソワ・オランド仏大統領」、
EUの「ドナルド・トゥスク欧州理事会議長」および「ジャン=クロード・
ユンケル欧州委員長」…などの旧体制権力の首脳達とも面会しているが、
その誰もが世界権力紛争の「負け組」である。ペンタゴン筋やCIA筋などは
「ローマ法王から保護を拒否されている以上、日本の安倍政権も長くはない」
と話している。
また、3月15日に安倍晋三首相と麻生太郎財務大臣がCSIS(戦略国際問題
研究所)からの命令により僕の収入を差し押さえるよう東京国税局に命じたと・・・
Unknown (Unknown)
2017-03-27 12:55:29
https://jp.sputniknews.com/opinion/201703273476889/
日本は拉致被害者救出のため「進軍」を計画する価値があるか?
だろうな。 (バアルのような者)
2017-03-27 13:26:17
>ローマ法王フランシスコの保護を求めたが「拒否された」とヴァチカン筋は伝えている。

伊勢志摩サミットで内宮片詣でを各国首脳に強制したのは本当に良くなかった。あのメンツでスケジュール都合で片詣でにするなら外宮片詣でにすべきだった。
初回内宮片詣では絶対にしてはならない。外宮片詣ではまだ内宮に着いてないだけだぞが通用するが、初回の内宮片詣では最低だ。
強要したアベシンゾーが罰を受けるのは当然だが、それを止められなかった関係者もなにがしかの御沙汰があるだろう。
なお、一神教の神は外宮に習合されている。
Unknown (Unknown)
2017-03-27 13:33:42
もし本当にPAX JAPONICAが来たとしても、世界史的には…線香花火が最後に一瞬、輝きを増して消えていくように…みたいな感じですよね。
Unknown (Unknown)
2017-03-27 14:28:26
http://eiga.com/movie/86055/ ジャッキー ファーストレディ 最後の使命 (3月31日 公開)
作品情報
ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、ケネディ大統領暗殺事件をファーストレディの視点から描いた伝記ドラマ。1963年11月22日、テキサス州ダラスを訪れたケネディ大統領が、オープンカーでのパレード中に何者かに射撃され命を落とした。目の前で夫を殺害された妻ジャクリーンは悲しむ間も与えられず、葬儀の取り仕切りや代わりに昇格する副大統領の大統領就任式への出席、ホワイトハウスからの退去など様々な対応に追われることに。その一方で事件直後から夫が「過去の人」として扱われることに憤りを感じた彼女は、夫が築き上げたものを単なる過去にはさせないという決意を胸に、ファーストレディとして最後の使命を果たそうとする。共演に「17歳の肖像」のピーター・サースガード、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ。「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキー監督が製作を手がけ、アカデミー外国語映画賞候補作「NO」のチリ人監督パブロ・ララインがメガホンをとった。
Unknown (Unknown)
2017-03-27 15:04:51
http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201703011753.html
TBS 新『Nスタ』の顔となるのが、井上貴博、ホラン千秋、国山ハセンの3人。

男性2人、女性1人の3人体制。しかも、イラク人ハーフとアイルランド人ハーフの司会者。
ブルゾンちえみのグループも同様の3人。。。

今後は、このような男女構成が主流になりそうだ!
その段階は既にやった。そして傷痕を残し今に至る (バアルのような者)
2017-03-27 15:13:44
>線香花火が最後に一瞬、輝きを増して消えていくように…みたいな感じですよね

バブル期と言うものがあってだな。それはそれはとんでもない事件でな。それ以前とは価値観が根本的に変わってしまったのだよ。
まず、それ以前においては、日本は世界の三流国であり、前提として中国、フランス、ドイツ、アメリカ、ソ連には絶対に敵わないし張り合うなんてあり得ない、限界があるなかでもいかに近づくか、どんどん上を目指さなくてはならないと、がむしゃらだったのさ。
だから当時は、舶来品は良いものであるとして尊敬の眼差しで見ていたし、カネがないから仕方なく、また自分達の仲間の進歩のためにと低品質を割りきって国産品愛用してたのさ。
それが今はどうだい?海外製品に対する尊敬の念ある?現実の統計の数字でも中国、EU、アメリカが並ぶGDP叩きだし、その上位群ひとつの5分の1のGDPしか出してなくても一流国気取りだ。
他者に対する尊敬と、そこから学ぶ姿勢をバブル期に失ったのさ。まずはここをなんとか建て直さない限りムリだよ。しかし数字が出ているから流石に気付いている人は多いので、今度は前回の反省を活かして、恒久のパックスジャポニカをめざす、リベンジの時です。
Unknown (Unknown)
2017-03-27 15:26:36
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51954564.html
(抜粋)
明日3月28日11:57より、牡羊座新月です。
3月20日の宇宙元旦である春分を迎えてからの「最初の新月」であり、12星座の「始まり」に位置する牡羊座、さらに新月そのものが「始まり」を意味するので、今回の牡羊座新月は「始まりの始まりの新月」であります。
3月20日の夜、春分点を過ぎてから本格的な新しい時代の幕が開け、オープニングテーマが流れだし、明日の正午近くにいよいよ“本編スタート”となります。
位置についてヨーイの春分から、ドンッのスタートの牡羊座新月。
この時期にやること、出会う人は、少なくともこの春からの1年、場合によってはこれから先の人生において非常に重要な存在となるかもしれません。
Unknown (Unknown)
2017-03-27 16:20:54
PAX JAPONICAとかけて、最高のタイミングで撮れた桜の写真と解く…その心は…

一瞬の永遠ですか?
Unknown (Unknown)
2017-03-27 16:26:10
https://news.yahoo.co.jp/feature/566 「アメリカは70年間、衰退し続けている」——チョムスキーの視点
Unknown (Unknown)
2017-03-27 16:50:28
中国は金本位制を目指している!?http://motoyama.world.coocan.jp/
Unknown (Unknown)
2017-03-27 17:06:32
http://ameblo.jp/yippee-happy/day-20170327.html 龍神 30 松の木がつなぐ絆
みんな元気ですか
その時が来る・・・
1500年前に鬼門が生まれました。
それ以来人々の心に鬼が棲みつくようになりました
日本は世界のひな型かもしれません。
西欧文明にも鬼が生まれました。
貧困や飢餓などに対する恐怖という鬼です。
この鬼が世界を1500年の間支配しました。
長い暗い時代が過ぎて行きました。
鬼と戦う人々はいつの時代にもいました。
しかし時至らず光の戦士は不毛の戦いを強いられました。
闇の勢力の力は強大でした。
人々が恐怖に力を与え続けたからです。
銀河の中心核のエネルギーを食べて生きていた大龍神は
封印されていました。
龍神は宇宙・大自然のエネルギーです。
 海のパワーであり水のパワーであり緑の森のパワーでした。
人々は「恐怖」を信仰し大自然を顧みる事を忘れてしまいました。
感謝をささげる事を忘れてりました。
しかしこれも歴史の必然です。
銀河の霊太陽による采配かもしれません。
人々の心は内向きになりました。
その1500年の間に文化や芸術や科学技術が花開きました。
宇宙が用意した必然は良い悪いを超越しているのかも知れません。
いま地球を自然を大切にしようという心が芽生え初めています。
その意識の微妙な変化が龍神に再び力を与えています。
しかし龍神の目覚めによる鬼門や結界の崩壊は
大自然の脅威を伴います。
それこそが龍神が大自然とともにある事の証拠であり
忘れていた大自然を振り返るようにと言うメッセージかもしれません。
日本と言う龍神を封印した鬼門の崩壊は安芸の宮島の弥山の
松林の崩壊から始まりました。
水の戸の鬼門が破られた時には一本の松の木が残りました。
人々はこの松の木を残そうとしました。
その姿をとどめるために。
そして・・・
この一本松は弥山の松の木との絆があり、
お互いが遠く離れていても
松の木同士の意識がつながっていました。
樹木の意識は数千キロ離れていても
繋がっていることはある程度証明されています。
ルーサー・バーバンクが育てた幸福の木が
バーバンクとつながっていたように。
続きはまたね・・・
Unknown (Unknown)
2017-03-27 17:30:07
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/5ea19af4a8562edd332ed28c0aedb755
いくら卓越した海軍力を誇っても、世界中を敵に回しては勝てなかった―。
これが、以後イギリスの対外戦略の一大哲学となります。中西輝政
Unknown (Unknown)
2017-03-27 20:31:05
原田さんが示唆した、はぐらかすかのような欧米人の言い方は、画竜点睛を欠く愚弄の余地、因循姑息なルートをもつもので、日本の官僚やカルトと利害が合うよなあ。能弁饒舌な欧米人が、妙な因循姑息な隠ぺい指向がある場合特に。 三島も千円札の肖像になった明治期の作家も右翼ではないだろうが、同様の見方を持っていたね。才覚のある両人ですね。
Unknown (Unknown)
2017-03-27 20:36:40
バアルさんの崇拝する?一神教の神様とはアヌンナキの事でしょうか
龍神シリーズを投稿されてる方の神もおりますし最終的に何が終着地点なのでしょう
反対側の神は無視で我が道を行くのでしょうか?
Unknown (Unknown)
2017-03-27 21:53:56
スピリチュアルであったり、相当な陰謀を言っていても、具体的事実の発覚や可能性に過度に反応するあたりがね。
維新は与党の補完勢力などというのはわかりやすいが、以前は共産党が補完勢力というのがあった。社会党も自民との補完勢力だったのだろう。北朝鮮や、原発、村山土井からみで。
私は一神教徒ではない (バアルのような者)
2017-03-27 22:23:31
>バアルさんの崇拝する?一神教の神様とはアヌンナキの事でしょうか

 私は一神教徒ではなく、万物すべてがありのまま尊いと考えます。
しかし、一神教徒を否定することもありません。それは好き好きであり
周囲との兼ね合いと言うモノがあります。
 あえて、私が一柱特に重きを置く神は、大地母神と言うことにして
おきます。おそらくは多くの一神教徒もうすうす気づいていると思い
ますが、三つでひとつなのは水、大気、土がひとつになった大地母神で
あり、 これこそ、まさしく神に関する記述のすべての機能を漏らす
ところなく実装されているインスタンスであります。 
Unknown (Unknown)
2017-03-28 17:02:06
□■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「橋下徹氏がワシントンを訪問」です。

⇒その理由は……:

 ─今起きていることの本質。
  それは新世界秩序への全面的な移行です。

 ─我が国も当然その中で動かされているのです。
  そこにおけるカギは対米関係の変更です。

 ─もっともそれは表面的な出来事ではあります。
  いわゆる根源的な階層ではルールが何も変わらないからです。

 -そうではあっても、注視する必要はあります。
  ルールが変わるのに旧態依然としたルールでは動けないのです。
 
 ─「そこ」に正にこれからに向け、生き抜くための鍵があります。
  これを無視しては前に進めないのです。

日本維新の会の橋下徹氏がワシントンを訪問したと報じられています。
「もっと日本に外圧をかけてくれ」と述べたといいます。

「外圧がなくては変わらない」
これが従来の我が国でした。

だから「外圧」だというわけです。
これまでのルール、であれば確かにそうです。

しかし「これから」は全く違うのです。
内発的な、ある意味、我々日本人の直観から変わっていく。

これが今後訪れるパックス・ジャポニカの本質なのです。
何を言われずとも己の心の内奥から湧き出て来るものに従って動く。

それが「これから」なのです。
それなのに「外圧」とは、全くもって笑止なわけです。

対するアメリカは冷静に見ています。
かつて「NOと言える日本」と語って結局、服従した者と同じ様に。

歴史は二度繰り返す。
一度目は悲劇として、そして二度目は喜劇として。

「喜劇」にもならないドラマがまた始まっています。
分かり、ますか?
Unknown (Unknown)
2017-03-28 17:10:10
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎代表は、一夜にして、韓国と北朝鮮、韓国と中国間、北朝鮮とマレーシア間の外交問題を一件落着させた
◆〔特別情報1〕
 小沢一郎代表は3月26日、米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士から強い要請を受けて訪韓、一夜にして、韓国と北朝鮮、韓国と中国間、北朝鮮とマレーシア間の外交問題を一件落着させた。この素晴らしい外交手腕に天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、こぞって大絶賛している。この結果、無政府状態の韓国が、親北派の大統領選出とともに「朝鮮半島統一」に向かい、金正男氏暗殺事件で国交断絶寸前だった北朝鮮とマレーシアが一気に「正常化」、韓国軍・在韓米軍と北朝鮮軍の衝突の危機が回避されることになった。併せて、北朝鮮による日本人拉致問題も、小沢一郎代表の主導で解決する見通しが立ってきた。一方、米レックス・ティラーソン国務長官とジェームズ・マティス国防長官は3月24日、安倍晋三首相に「稲田朋美防衛相を辞任させよ」と強く要請し、「衆院解散・総選挙」を暗に求めた。その底意は「政権交代要求」と見られている。
Unknown (Unknown)
2017-03-28 18:44:14
芳村思風一語一会 vol.2861
☆☆☆☆☆
三人寄れば文殊の知恵
☆☆☆☆☆
人間は不完全だから自分ひとりの考えでは人生の問題をすべて乗り越えることは不可能です。
問題を乗り越えたとしても、もっと良い方法があったかもしれないと悩むかもしれません。
どんな立派な人でも、人間は自分の肉体のある場所でしか考えられないし、判断できません。
私たちは、常に自分の考えや判断には偏見があるという自覚を持っている必要があります。
これまでは偏見を持ってはならないと言われ、
偏見をなくすための努力を要求してきましたが、偏見は原理的になくならないのです。
偏見とは、間違っているといいうことではなく、正しいけれど偏っているということです。
偏見をなくす努力をした人は、自分の考えには偏見はないと思ってしまいます。
自分と異なる考えは、偏見だと考えて、自分の偏見のない考えで、
相手の偏見のある考えを修正し、正しい考えに、あらためさせようとして、傲慢にも説得しようとする。
こうして真理はひとつと考え、画一性を追求する理性の働きが、
人間から血の通った温かな心づかいや思いやりを奪い、
人間性を破壊し、悲しい対立を社会に作りだしてしまうことになるのです。
人間が現実を正しくとらえて問題に対処するためには、
自分の考えと、相手の考えと、第三者の考えを統合して判断する必要があります。
それは現実の空間が、三次元という構造を持つものであると同時に
、意識の構造も1人称、2人称、3人称という立場を持っているからです。
生きた現実を把握するためには、この3つの立場からの見解を統合する必要があるのです。
これが「3人寄れば文殊の知恵」と言われている根拠なのです。
私たちは、決して自分ひとりで問題を乗り越えなければならないと考える必要はありません。
あと2人の人間の力を借りて、たすけてもらって良いのです。
ひとりで悩まず、立場の違う考えを聞き、それを取り入れることで、よりよい答に近づくことができるのです。 
「芳村思風 語録」より
Unknown (Unknown)
2017-03-28 19:14:43
しかし森友が民主共産に飛び火するとは思わなんだ。メール公開も日本の支配階層の指示だろう。改めて国会議事堂は(女子)プロレス会場だと痛感したよ。
日本政治史上最大級のブーメランじゃないか。こんなの筋書きがあって口裏合わせがないとできっこない。ネットで右翼だの左翼だの騒ぐのがいかに無意味か。
この騒動の意味だが憲法を改正するお墨付き以外考えられない。その後天皇陛下退位と安倍が辞任が同時起こり日本国憲法破棄というシナリオでないかな。
勿論辞任ではなく選挙で安倍が敗れる可能性もあるがどちらにしろ退位のタイミングに合わせるだろう。総裁任期も延長されたし確立は低いと思うが。
親米は駄目だが左翼も駄目というのが今回の演出だろう。つまり今後は民主主義そのものが駄目だという演出が計画されているだろう。
日本中が森友学園化 (「海戦要務令」)
2017-03-29 00:45:03
思いきって、すべての手段を一度に試すといい。
重要なのは「誰をロールモデルにするか」ではなく、「自分以外の人物になりきれるか」。
これが誰にでもできて、すぐに効果が出る「常識を突破する方法」。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 00:53:50
やらせに違いない。
誰かが何かを企んでいる。
ここまで巧妙とは。
何者かが日本を貶めようとしている。
中央線のグリーン車計画、「数年程度」延期 JR東が発表 - ITmedia ビジネスオンライン (princeofwales1941)
2017-03-29 05:23:27
中央線のグリーン車計画、「数年程度」延期 JR東が発表 - ITmedia ビジネスオンライン
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1703/28/news099.html


真相は、橫田基地の高位米軍軍人(国際金融資本系軍人を含む)から、乗り換えや混雑無しに都心に直通する快適な車両を日本が要求され続けていたことにあると思われる。日本は米軍による脅迫を阻止するためにわざと中央線や中央高速の混雑を悪化させてきた。

今回は米軍の要求に従った振りをすることで米軍を騙す陽動作戦だったのだと思われる。もし本当にグリーン車を増結するのならば、最近行われた中央線高架化工事で作った駅はホームだけでも12両で工事しておけばコストが安く済んだ。それをしなかったのは、中央線を12両に増結することをかんがえていないからだろう。ひょっとすると、女性車両の導入も、男性の多い高位米軍軍人に更なる混雑を味わわせるためだったのかもしれない。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 06:57:26
考え過ぎでは?
高位米軍軍人は横田からへリで西麻布の星条旗新聞の裏手にあるヘリポートに向かうのでは…グーグルマップで見てみるとすぐ分かるよ。都立青山公園の隣で名称は六本木米軍基地になってる
ヘリ利用には組織決裁が要るから (バアルのような者)
2017-03-29 08:17:41
>高位米軍軍人は横田からへリで西麻布の星条旗新聞の裏手にあるヘリポートに向かう

彼らが職務として向かうときはヘリだろうが、混雑と渋滞により防ぐのは、高位米軍軍人
個人がカネの無心しに来ることだから。
なんにしても組織が書類通して行う事はそんなにおかしくなることは普通ない。あるのはその組織力をバックにユスリタカりするゴキブリであり、本来、毅然とした態度でこれを拒み、どうなってるんですかと本部に説明を求めるべきなのですが、違う国なのでその交渉窓口が無いわけです。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 08:55:07
もう終わったな。八方ふさがりだ。逃げられない。
初期の対応を誤った。突っ込みすぎた。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 09:59:44
>日本政治史上最大級のブーメランじゃないか。

自分もそう思った。すべてがブーメランになってる。
事実は小説より奇なり、、
民進党及びほとんどのマスコミの命取りになりそう。

南京大虐殺や慰安婦問題を捏造した罪を被り滅ぶところまでもが使命なのかもしれませんね。

森友問題は、このあと朝鮮学校へ飛び火は確実だと思うのです。早かれ遅かれあるでしょう。
日本国民に国有地は国民の財産だと強烈に認識させましたしね。
中国覇権 (読書貧乏)
2017-03-29 10:52:59
中国が覇権国になるには経済大国になるだけでは条件が足りません。
弱点を克服することが必要です。

中国の最大の弱点を田中宇さんが言い当てていると思います。
「中国人は欲が深すぎて、国力を弱めてしまう」

簡単ですが、実に内容のあるフレーズです。
中国人、漢民族、中国語というものは実は存在しない。
多くの民族、小国家の連合体であること。
それを無理やりまとめていること。
さらに戦乱がずっと続き、ほぼ社会が自然状態で推移したので、
人と人の信頼がものすごく少ないことです。

中国は巨大化すればするほど、自身が弱体化してしまう。
将来、覇権国家化した中国を日本が裏から支えて対面を保つということになると思います。

中国は世界に睨みを効かせるが、日本だけは温情的である。ずるい。と言われるのではないでしょうか。

実は現在の中国もすでに日本の傀儡かもしれません。
中国の指導部は精彩を欠くと思いますが、色々思い切ったこと、強権的なことをしている。
誰かが裏から操っているのではないか。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 11:54:41
中国国旗「五星紅旗」の大星は中国本土を、4つの小星はそれぞれ満州・モンゴル・ウイグル・チベットを表わすと言われいるけど、将来的にはその4つが九州、四国、本州、北海道になって完結なんてことになっちゃうのかも…
Unknown (Unknown)
2017-03-29 12:38:03
https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%8c%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%be%e3%83%b3%e3%81%ab%e3%83%a9%e3%83%96%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%8c%e4%b8%80%e7%b7%92%e3%81%ab%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%82%92%ef%bc%81%e3%80%8d/ar-BByZiGN?ocid=edgsp#page=2

米歌手、芸人ブルゾンちえみにまさかの熱烈オファー
Unknown (Unknown)
2017-03-29 12:59:46
http://hifumi.uresi.org/29.html ひふみ神示 第29巻 秋の巻

第一帖
 同じ神の子でも本家と分家とあるぞ。本家は人間ぢゃ。分家は動植物ぢゃ。本家と分家は神の前では同じであるが、位置をかへると同じでないぞ。三十年で世の立替いたすぞ。これからは一日ましに世界から出て来るから、如何に強情な人民でも往生いたすぞ。神は喜びであるから、人の心から悪を取り除かねば神に通じないぞと教へてゐるが、それは段階の低い教であるぞ。大道でないぞ。理屈のつくり出した神であるぞ。大神は大歓喜であるから悪をも抱き参らせてゐるのであるぞ。抱き参らす人の心に、マコトの不動の天国くるぞ。抱き参らせば悪は悪ならずと申してあろうが。今迄の教は今迄の教。

第二帖
 人民は土でつくったと申せば、総てを土でこねてつくり上げたものと思ふから、神と人民とに分れて他人行儀になるのぞ。神のよろこびで土をつくり、それを肉体のカタとし、神の歓喜を魂としてそれにうつして、神の中に人民をイキさしてゐるのであるぞ。取り違ひせんように致しくれよ。親と子と申してあろう。木の股や土から生れたのではマコトの親子ではないぞ。世界の九分九分九厘であるぞ。あるにあられん、さしも押しも出来んことがいよいよ近うなったぞ。外は外にあり、内は内にあり、外は内を悪と見、内は外を悪として考へるのであるが、それは善と悪でないぞ。内と外であるぞ。外には外のよろこび、内には内のよろこびあるぞ。二つが和して一となるぞ。一が始めぞ、元ぞ。和して動き、動いて和せよ。悪を悪と見るのが悪。

第三帖
 霊界での現れは同じであっても、現実界に現れる時は違ふことあるぞ。それはモノが異なるからぞ。二二はもとのキぞ。ナルトとはその現れのはたらき。

第四帖
 道徳、倫理、法律は何れも人民のつくったもの。本質的には生れ出た神の息吹きによらねばならん。神も世界も人民も何れも生長しつつあるのざ。何時までも同じであってはならん。三千年一切りぢゃ。今迄の考へ方を変へよと申してあらう。道徳を向上させよ。倫理を新しくせよ。法律を少なくせよ。何れも一段づつ上げねばならん。今迄のやり方、間違ってゐたこと判ったであらう。一足飛びには行かんなれど、一歩々々上って行かなならんぞ。ぢゃと申して土台をすててはならん。土台の上に建物たてるのぢゃ。空中楼閣 見て居れん。
新世界秩序 (バアルのような者)
2017-03-29 13:01:04
>今起きていることの本質。それは新世界秩序への全面的な移行です。

ビジタル恵比寿が星野リゾートに変わるのが新世界の秩序。そして近いうち星野リゾートが三段ベッド3畳ひと間で、一泊500円になるのであろう。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 13:05:27
飯山氏のブログってこんなんだった?
(3年くらい見てなかった、、)

森友は、ソロスと朝日が仕掛けたそうです。
最近とても新鮮でおもしろい。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 13:29:46
http://ameblo.jp/ici05876/entry-12260350437.html 9、"あるがまま"に任せる無分別の心
 
宇宙(人間)の構造である目に見える世界と目に見えない世界の対をなす関係性は、「一即多、多即一」とも表現し、「一」は"一神教"を、「多」は"多神教"を象徴しているともいわれ、よりシンプルな一神教(的な教え)は、日本の伝統芸能や武道を習得する際の極意と言われる「守・破・離」でいう「守」にあたります。
即ち、「守」は師の教えを忠実に守り、「破」は教えを自分なりに調整し、「離」は教えを捨て去り、自由自在の境地に至ることですが、一神教(的な教え)は、成長過程にある人や行き詰まった人、あるいは、多数を占める"普通の人"向きだと言われます。
例えば、人は生まれた直後は全くの白紙(「タブラ・ラサ」J・ロック)で、ふにゃふにゃの乳幼児には"背骨"が、物心ついた幼児には親の"躾"が、もう少し成長したら学校や教師が必要なように、人生に悩む大人にも段階に応じた"教え"とそれへの"信仰"は必要です。
ただ、"信仰"の対象は様々で、それが「神」だったり、「・・聖人」だったり、「天使」だったり、「バシャール」だったり、「UFO、ET」だったり、「フリエネ」だったり、「大麻」だったり、「政党、政治家」だったり、「陰謀論」だったり、「量子脳仮説」に従えば、人は自分が見たいものを創造して見ているに過ぎません。
だとしたら、信仰の対象というのは、あくまでその人とその人が設定した対象との相対的な関係の中でのみ成り立っている(縁起)だけで、誰から見ても絶対かつ普遍的なものではないのだから、自力でも他力でもなく、また他人に余計な干渉などもせず"あるがまま"に任せよ、というのが究極の悟りなのです(無分別の心=空)。
(次回に続く…)
Unknown (Unknown)
2017-03-29 13:37:40
 □■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「スコットランドで独立に向けた住民投票実施が決定」です。

⇒その理由は……:

 ─この世の全ては「冪(べき)」で動いています。
  フラクタル構造、です。

 ―つまりリフレイン(繰り返し)なのです。
  ただしやや形を変えて繰り返します。

 ―なぜならば時空を超えて重なりあうからです。
  目の前で起きていることには異相があります。

 ―いずれにせよ、繰り返しが基本なのです。
  そして繰り返すこと、には意味があります。

スコットランドにおいてさらためて「独立」の可否が公に問われます。
その旨の住民投票の実施が決定されたのです。

既に一度は行われたのがこの住民投票なのです。
それでも繰り返すのだと言います。

「タイミングを見ていた」わけです。
それでは何のタイミングなのか?

イギリス本体のEUからの離脱に他なりません。
これが本日(29日)に通告されます。

しかし、本当にそれだけなのか?
むしろもっと大きな枠組みでの変転こそが決定打ではないのか?

そう問い続けることが重要です。
なぜならば「同じ様なこと」が起きても、それは互いに異相なのですから。

今目の前になる全てが「冪」です。
分かり、ますか?
Unknown (Unknown)
2017-03-29 13:44:02
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎代表は、韓国国家情報院の李炳浩院長から、ムスリム同胞団の「コカインと麻薬の密売ルートを教えられた
◆〔特別情報1〕
 「米バラク・オバマ前大統領が、エジプトを拠点とするムスリム同胞団の麻薬密売組織から巨額資金を得続けているとして摘発され、身柄確保寸前に逃亡した」―という驚愕情報が3月27日、伝えられてきた。これは、訪韓中の小沢一郎代表が26日、韓国国家情報院(韓国中央情報部=KCIAを改称)の李炳浩院長(2015年3月就任)と面会した際、「コカインと麻薬の密売ルートを教えられた」という。ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官)に連絡、通報を受けた米CIAは、即座に摘発部隊をカリブ海のセント・マーチン島に派遣し、まさに離陸しようとしていた直前、輸送機を捕獲、機内には中国産と北朝鮮産の「コカインと麻薬」が大量に積まれていた。この密輸組織のトップは、オバマ前大統領の親友だといい、トランプ大統領を就任後も批判し続けているオバマ前大統領の「化けの皮」が剥がされて、その欺瞞性により、国民人気は急速に失墜するものと見られている。
 ちなみに、オバマ前大統領に睨まれて、日本人拉致問題を解決できなかった安倍晋三首相は、外交力がなく、情けない。となれば、本気で「朝鮮半島統一」に取り組んでいる本物の国際政治家である小沢一郎代表とキッシンジャー博士の出番である。「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(飯塚繁雄代表)は急いで、小沢一郎代表を訪ねて「年内に全ての被害者救出」「見返りも条件に実質協議」を要請すべきである。オバマ前大統領の2期8年、安倍晋三首相は在任5年、何の助けにもならなかったからだ。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 13:50:06
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170329/k10010928591000.html  英 12角形の新1ポンド硬貨 流通開始
Unknown (Unknown)
2017-03-29 13:58:25
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN29H0S_Z20C17A3000000/?dg=1
トランプ氏、大統領令で温暖化対策撤回 石炭産業支援を約束


東芝、米WHの破産法申請を事前承認 連結対象外に
2017/3/29 11:26 日本経済新聞 
 経営再建中の東芝傘下の米原子力大手ウエスチングハウス(WH)が29日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請する。東芝は同日午前の取締役会で、WHの申請方針を事前承認した。WHは原子力建設サービス会社を2015年末に買収したが、人件費や材料費など想定外の費用が膨らみ事業継続が困難となった。東芝はWHを切り離し社会インフラを中心とした事業構造への転換を急ぐ。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 14:03:46
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170328/k10010927011000.html 核兵器禁止条約交渉 日本は不参加を表明
Unknown (Unknown)
2017-03-29 14:12:12
世界支配層の策略
http://www.maroon.dti.ne.jp/terii/sakuryaku.html
ワシントンで、麻生財務相はペンス副大統領と会談して話したこととは、米国が返した金塊の所有権をまた譲ってほしいという米国の頼みを断った。
岸田外相がティラーソン国務長官と会談し、話したこととは、金融問題、赤字を減らしたいので円高に誘導するように、ということ。
★2017年2月13日、マレーシアで北朝鮮の金正男(偽物)を暗殺ということにしたのは、南北統一の為、中国との交渉役をしてもらい、それを進めるため。。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 14:48:08
IISIA レポート
神権政治の時代(その1)
どうなる日本の政治(その3) 神権政治の時代(その1) ~テクノクラシーとポピュリズムの挟撃に遭った議会制民主主義の行方~
「【研究ノート】神権政治の時代(その1)」では、現在進行中の金融メルトダウンが世界中で徐々に政治体制の転換を促し始めている中、「一体なぜそうなのか」「その先にある“政治”は一体どのようなものになるのか」をテーマとして取り上げました。神権政治というと聞き慣れないように思われるかもしれませんが、人類の歴史はむしろそうした政治を執り行ってこなかった時代の方が短いくらいなのです。米欧勢を筆頭に切り開かれてきた国際社会が「神の超越」を追い求めてきたのに対し、結果として「神への回帰」がもたらされることになるのか否か。2回シリーズの第1回を今回はお届け致します。
Unknown (Unknown)
2017-03-29 15:05:41
http://blog.goo.ne.jp/adachi4176/e/66afd27e41315137f6fa46d408997861 森友問題の泥沼化
Unknown (Unknown)
2017-03-29 15:12:44
http://jp.reuters.com/article/column-forexforum-eiji-kinouchi-idJPKBN16Z1S7
コラム:高圧経済のバトン、FRBから日銀へ
Unknown (Unknown)
2017-03-29 23:24:51
http://toyokeizai.net/articles/-/165039 「森友学園問題」は哲学的に見てとても面白い
Unknown (Unknown)
2017-03-29 23:26:50
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000038-jij_afp-int
ボブ・ディラン氏、今週末にノーベル文学賞を受け取りへ
Unknown (Unknown)
2017-03-29 23:44:36
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000032-cnippou-kr&pos=3
小沢一郎氏「安倍首相、駐韓国大使の召還はあり得ない…歴史問題に誠意を見せるべき」(1)
バトン (高圧経済)
2017-03-29 23:45:01
あれだけ人間にスーパープレイはできないって言ったのにやろうとするから。
ちゃんと分かってる人はいっぱいいるのに。
反知性主義を採用するから。
きちんとキャッチできるかが鍵だ。
Unknown (Unknown)
2017-03-30 00:14:44
安倍首相は除霊に失敗した。
安倍ノミクス初期の頃が懐かしい。
Xデーが去ったから俺も火に薪をくべるぞ (バアルのような者)
2017-03-30 13:00:06
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170329-00519181-shincho-pol&p=1

より
>安倍昭恵が“圧力”支援のイベント、主催団体代表は「総理親族」「有力支援者子弟」

まあ、基本だからとやかく言わんが、やり過ぎと最低限の品質確保が無い事が問題。品位に欠けるゴキブリが虎の威を借りて無茶苦茶しちょる訳だ。
こういうのがこれから認められなくなります。
そして、うまくいっているうちはそれに荷担しつつも、突っ込まれれば手のひら返すように知らぬ存ぜぬと尻尾を切るアベシンゾーは、このようなスキームをぶっ壊すのに実は一役かってるわけだ。
ありのままで周囲から理解が得られる活動であれば問題にもならないが、権力のバックがないと何も成し遂げられない奴は所詮、ありのまま周囲から理解が得られる活動なんかできないのさ。
Unknown (Unknown)
2017-03-30 13:02:30
 □■□ IISIA代表・原田武夫からの〈メッセージ〉 □■□

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「平壌・丹東間で直行便が就航」です。

⇒その理由は……:

 ─本当の外交とは何か。  
  それは「経過は見せずに結果だけ見せるもの」です。

 ─第一次大戦頃から、「秘密外交」は批判されるようになりました。
  「民主主義のプロセスにきっちりと外交も諮られるべき」というのです。

 ─しかしそれでは交渉にならないのです。
  だからこそ、その実「秘匿」されるのが普通です。

 ─そして結果だけが示されるのです。
  それが世間においてサプライズを呼びます。

 ─正にそこにこそ、外交の真髄があるのです。
  そしてグローバル・マクロとの接点もここにります。

北朝鮮の高麗航空が最近新しい発表をしました。
平壌・丹東間の直行便を就航させるのだといいます。

これで同社は4つの直行便を定期就航させることになります。
既に3つは直行便が存在しているのです。

何よりも大切なのは、中国がこれに同意しているということです。
直行便の就航は当然、関係を更に深めることを意味しています。

つまり「そうすべきもの」として中国自身が動いているのです。
表向きの議論や行動とは別にそれが真意なのです。

それでは本当の「外交」では何が行われているのか。
「結果」としてある日突然、何が示されることになるのか。

「秘密外交」批判の向こう側で思考する必要があります。
分かり、ますか?
Unknown (Unknown)
2017-03-30 13:40:04
光文書 (ヒカリモンジョ)Vol.542
狂人ルーズベルト

アメリカの石油・金融王として知られるロックフェラー家の当主だったデイヴィッド・ロックフェラーが現地時間の三月二十日に百一歳で死去しました。
三月二十日というのは、わが国の千九百九十五年に起きた地下鉄サリン事件や、その十年後の福岡西方沖地震、海外では二千三年のイラク戦争、リビアへの軍事行動は二千十一年など、多くの歴史的事件の発生日なのですが、何か精神界からの情報伝達があるかもしれないと考えていたところへ、くり返し、「狂人ルーズベルト」という言葉が、この光文書のタイトルとして伝達されてきました。
いまでもアメリカでは英雄視されている第三十二代大統領F・D・ルーズベルトは、実は強烈な人種差別主義者であり、千九百四十五年の四月十二日にわずか六十三歳で死ななければ、日本は広島、長崎以上の災厄に見舞われた可能性が高いということを、そろそろ、日本人もアメリカ人も知るべきときが来ています。
戦後の日本の教育で、アメリカ軍の悪意が一切伝達されなかった結果、昭和天皇の終戦の詔勅の背後にあった、このままでは、日本民族が絶滅させられるという危機感を、私たちは忘れていますが、この危機感の共有がなければ、硫黄島や沖縄の戦いの本質が理解できません。
当時の日本にとって、アメリカは有色人種の日本人を特に差別し排斥する白人の国であり、その建国後の歴史は、先住民であったインディアンの各部族を、戦わせ、最後には最悪の地域に居留地を設定して追い込むという、民族の絶滅を実行中の新興国という認識があったという歴史的事実もまた、封印されています。
二十世紀は、戦争の世紀でした。一千九百十七年に終わった第一次世界大戦によって、ヨーロッパの主要なる王家は消滅します。
とくに、大国のロシアとドイツにおいて、共産主義者と反共産主義を掲げる全体主義者の勢力が支配権を握ることで、第二次世界大戦への道が開かれました。
この歴史の背後に、世界の金融資本家たちの強欲があったことは、いまの時代に知りたいと考える人間たちには、すでに常識化しつつある知識です。
ナチスのヒトラーは、狂人でした。ソ連邦のスターリンも狂人ということができます。そして、アメリカのルーズベルトもまた、狂人だとしたら、あの第二次世界大戦というものは何だったのでしょうか。
当時の日本から世界を見ていた出口王仁三郎は、その戦争を悪神と悪神の戦いといい切っていますが、この日本もまた悪神に乗っ取られたものとして、参加していたのです。
では、日本を主導した狂人は、どこにいたのでしょうか。
すくなくとも、昭和天皇は、戦争を阻止するために心を砕かれています。
陸軍内の長州人脈を排除するために、東条英機を使ったということは、昭和天皇自ら、明治の山縣有朋以来の、天皇を玉と呼び捨てにする維新政府のうさん臭さを知っていたということなのでしょう。
私が知らされている、日本の近現史は、明治維新ではじまってしまった、狂った日本の道を修正するために、大本教をはじめとする精神界も関与し、維新の実行グループでも、私腹を肥やすことを潔しとしないグループが西南戦争を起こしますが、失敗し、白村江以来の国体を変更して、朝鮮を併合した後は、天から見捨てられ、一千九百四十五年の敗戦で、また、日本列島のみを国土とするクニへと戻されたのです。
いまの日本の内閣総理大臣が、長州出身で、あるというのは、精神界のデータでいうと、天の配剤にほかなりません。
明治百五十年までに、日本人が神知と人知の両方を検証しつつ歴史の真実を知ることなしに、最後の一厘の発動はないということを、今回はお伝えしておくことにします。
二千十七年三月三十日 積哲夫 記
この光文書に合わせて通信が届いているようですので、掲出しておきます。
————————————————————————————
2017.3.28(火)15:43~
みたま なるを かけて しりたふ
この みちの つぎて あれるは
をく しり たる ものを ふみて なる みち
みたまのふゆに もとづき ありて
やどりたる ものを えらびて あるらむ
わすれたる ものを つがむ こと なしに
あらためたることの よしを みたれば
みちを しきたる もの ありて つぎたるものや
あからしめたまひて
Unknown (Unknown)
2017-03-30 13:55:44
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170330-OYT1T50014.html?from=ytop_main7
富士重工が「SUBARU」に…4月1日に改名
Unknown (Unknown)
2017-03-30 13:58:32
http://www.asahi.com/articles/ASK3Z2HKPK3ZUHBI005.html
国連の軍縮部門トップに日本人女性 UNDP中満泉氏
Unknown (Unknown)
2017-03-30 15:30:27
http://ameblo.jp/yippee-happy/day-20170330.html
外国人にとって日本はとても居心地が良いと感じる一方で
時々自分が日本に長く居すぎたと感じる時もあるようです。
それがどんな時なのかいくつか拾ってみました・・・
Unknown (Unknown)
2017-03-30 18:23:11
左翼も上野千鶴子や内田樹、小熊英二、山口二郎辺りのポストモダン勢力を何とかせんとだな。
Unknown (Unknown)
2017-03-30 19:25:49
震災義捐金3600億円流用疑惑まできましたね。
多弾頭核爆弾付きブーメランですな。
それとも陰謀ですかね?
麻生セメント使わんから叩かれるんだw (バアルのような者)
2017-03-30 20:10:53
>震災義捐金3600億円

麻生セメント絡めないで仕事するから叩かれるんだ。しかし、安倍信者もリベラル派ともに、これはきっちり最後まで叩け。ここを起点にこの騒ぎの火付け役だった本丸のA副総理に飛び火する。
Unknown (Unknown)
2017-03-30 20:59:34
パソナにしろ森友にしろ追及すると与野党共倒れになっちゃうからな。
Unknown (Unknown)
2017-03-30 22:31:45
日本には安倍信者もリベラルもいないよ。少なく支配階層にはね。だから本当の意味でのスキャンダルなんて一つもないのさ。
unknown (unknown)
2017-03-31 07:44:58
板垣英憲氏が推している、小沢氏が、韓国訪問で、何をしてきたのかが、なかなか記事に出ない。板垣氏は、褒め称えているが、実際は、小沢氏は、韓国訪問時、とんでもないことを言っている。韓国の歴史捏造を肯定し、日本を悪く言っている。とんでもない、売国奴ぶりを発揮している。小沢氏が韓国で、いかに売国奴ぶりを発揮してきたかは、U-1速報 というサイトを読めば詳しく書いてある。小沢氏が、とんでもない売国者だとわかる。このサイトは、単なる意見ではなく、こういうことがあったというニュースを記事にしているから、参考になる。
なんでそれが売国なのだ? (バアルのような者)
2017-03-31 07:57:50
>韓国の歴史捏造を肯定し、日本を悪く言っている。とんでもない、売国奴ぶり

お口はタダだぜ。売国かどうかは結果で見るべき。まず、郷に入りては郷に従うのが当然。そうしないと話が始まらない。
お口でいくら耳当たりの良いことを言っていても政府機能(郵便、水道)を海外の特定の会社に売り払う約束をしてくる方がよほど売国奴だと普通は思うが。
unknown (unknown)
2017-03-31 08:03:33
この小沢氏の韓国訪問時での売国奴ぶりのこのサイトのタイトルはこれ。2017年3月30日の記事。
”訪韓した小沢一郎が「日本の国益を韓国に売り渡す」
凄絶な売国ぶりを露呈。落ち目の韓流れだと日本側絶句。”
このサイトのコメント欄にも、かなりおもしろい書き込みもある。小沢氏が実は、田中角栄氏や、竹下総理を裏切っていたこともわかる。”壊し屋”との異名を取る小沢氏の正体がわかる。
unknown (unknown)
2017-03-31 08:43:16
前から感じていたのだが、バアルさんは、”あちら側”の手先の人なんですかね?前にも、そういう指摘のコメントがチラホラありましたが。この小沢氏関係の記事は、韓国の中央日報の記事を引用して記事にしている。先ずは、この、引用された中央日報の記事を読んでから、各人の判断に委ねたらよい。別に、小沢氏のことを、一般の人間(市井の人間)がどう思おうかは、個人の自由。
小沢氏を”売国奴”だと思うか、、”国士”だと思うか、は、各人の皆さんの判断に委ねたら良い。必死になって、小沢氏を擁護するのは、おかしいと思う。
この韓国の中央日報の記事は、2017年3月29日。
13時59分配信の中央日報日本語版の記事である。
記事のタイトルはこれ。
”小沢一郎氏「安部総理、駐韓国大使の召還はあり得ない。歴史問題に誠意を見せるべき」(1)”
小沢氏を”英雄”と思うか、売国奴”と感じるかは、各人で判断されたらよい。
私個人としては、駐韓国大使の召還という判断は賢明な判断だと思っている。歴史問題に関しても、捏造しているには韓国の方である。日本が、韓国に譲歩することはないと思っている。日本にとって、韓国という国自体が要らないと思う。韓国という国自体が今、存立の危機に瀕しているのである。韓国という国を作ったのは、アメリカである。韓国という国を存続させるか、廃止させるか、は、アメリカが決めるんだろう。飯山氏のブログによると、トランプ政権は、北朝鮮の関係回復をはかろうとしていたという。その矢先に、マレーシアでの金正男暗殺事件が起き、北朝鮮とアメリカとの関係回復が頓挫してしまったという。飯山氏によると、だから、金正男殺人事件は、北朝鮮とアメリカの関係回復してしまったら、困る勢力による犯行だったと結論付けている。詳しくは、飯山氏のブログを読んでいただきたい。飯山氏の論理だと、一連の事件の説明がつくと思う。小沢氏が、売国奴か、国士かは、各人が自分で判断すればよいだろう。
Unknown (Unknown)
2017-03-31 10:18:07
小沢一郎に思想なんてないさ。
ただ選挙だけ。
Unknown (Unknown)
2017-03-31 12:29:46
2017-03-31 08:43:16さんへ
私も同様に思います、
バアルさんの安倍首相への言及も、このブログの奥深い趣旨に添わないものが多々あります、全体的にバアルさんの主張されていることは、理想的ではありながら現実とのギャップを感じたりしますが、読んで勉強させていただいております。
もしかしてバアルさんて中身は2,3人いたりして・・・
Unknown (sam)
2017-03-31 14:42:21
みなさん
何をいまさら

バアル神=フェニキアですよ
白紙に戻す遣唐使 (ウィマララトン)
2017-04-01 11:11:10
>神奈川県は鎌倉県に改称せよ!(princeofwales1941)

ここでも取り上げてる興那覇潤さんの「中国化する日本」は面白いですよ。特に前半ひ井沢元彦さんの「逆説の日本史」の左側バージョンみたいで日本史の常識メッタ斬りみたいで爽快感があります。ここで言う中国化とは中国は宋の時代に中央集権と官僚制を完成させてしまっているので、日本もやがてそうなる、という主旨と記憶してます。実際、宋は資本主義に走ってしまい、戦争もハイテク兵器や儒教イデオロギーを広めて異民族同士で戦わせるなど政治力で解決するなど高コストになったり、自分達の血を流さないものになり、低コストで戦い続けるモンゴルに倒されてしまいましたが、国家として完成してるので上のクビがすげ替えられるだけで国の体制に大きな変更はありませんでした。なので本能寺が無くて信長が大陸を征服して清王朝ではない織田王朝が君臨した可能性は十分あったと思います。その代わり日本は今の満州や海南島のようなローカルな辺境地域になってたでしょう。
DEEPLY JAPANさんの「西南日本はどこまで行っても著しくシナっぽい」には私もハタと膝を打ちました。観光地として中国人や韓国人に大阪が非常に人気が高いと言われますが、文化的に近く、居心地がいいのかも知れません。中国人の言葉で「唐を見たいなら日本、明を見たければ朝鮮、清を見たければ台湾へ行け」とあるそうですが、遣唐使を廃止するまでは日本は中国のコピーを目指していましたが、廃止した以降は清盛や足利義満が接近しますが、遣唐使の頃みたいな社会そのものに影響を与えるものにはなりませんでした。日本人にはもはや用済みだったのでしょう。その分、近代になって日本は西洋、特に戦後にアメリカを徹底して模倣し、ニュースでもアメリカが箸を転がしたようなものでも取り扱ってましたが、最近ではトランプのネタか、日本人メジャーリーガーしか取り上げません。何か宋以降の中国と重なります。戦前戦後の日本人は王朝時代の遣唐使のようにアメリカに留学し、その文化を貪欲に取り込みましたが、今の日本人にはアメリカに完全に興味を失ったのは、アメリカ自身が唐王朝のような華やかな多文化主義の大帝国から宋王朝のようなドメスティックで高度な資本主義社会に変貌し、その社会が日本人の求めるものではないからではないでしょうか。トランプ以降は完全にそちら側にシフトして行くような気がします。何十年か後に日本には50年代の黄金期のアメリカを感じると言って外国人旅行者が殺到するかもしれません。
ウィマララトンさんへ (princeofwales1941)
2017-04-01 15:35:20
>遣唐使を廃止するまでは日本は中国のコピーを目指していましたが、廃止した以降は清盛や足利義満が接近しますが、遣唐使の頃みたいな社会そのものに影響を与えるものにはなりませんでした。日本人にはもはや用済みだったのでしょう。その分、近代になって日本は西洋、特に戦後にアメリカを徹底して模倣し、ニュースでもアメリカが箸を転がしたようなものでも取り扱ってましたが、最近ではトランプのネタか、日本人メジャーリーガーしか取り上げません。何か宋以降の中国と重なります。戦前戦後の日本人は王朝時代の遣唐使のようにアメリカに留学し、その文化を貪欲に取り込みましたが、今の日本人にはアメリカに完全に興味を失ったのは、アメリカ自身が唐王朝のような華やかな多文化主義の大帝国から宋王朝のようなドメスティックで高度な資本主義社会に変貌し、その社会が日本人の求めるものではないからではないでしょうか。トランプ以降は完全にそちら側にシフトして行くような気がします。



http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/c3dc6597ecb07f18c0990e72e2facc12
もうお読みかもしれませんが、上記の記事で私は、現在米英で起きているのは安史の乱であるという仮説を提唱しています。日本の第一回目の国難は隋による中国統一に始まり、白村江の戦いでの敗戦で頂点に達し、安史の乱で終わりました。元寇が第二回目の国難です。そして、第三回目の国難は戦国時代末期の西洋人宣教師の日本到来に始まり、江戸時代という小康期を経て阿片戦争以後苦難を極め、第一次大東亜戦争である太平洋戦争の敗北で頂点に達し、今起こり始めた米英の内乱によって終わろうとしているのです。

今回の米英の内乱と衰弱が日本が画策したものであったと思われるのと同様に、安史の乱も日本が画策していたのではないかと想像しています。それ故に北朝系歴代天皇の墓のある泉涌寺に楊貴妃観音があり、三種の神器の一つを有する熱田神宮にも楊貴妃の墓があるのでしょう。
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/6e8f8f55cc9b70a87d80ed26420cbc44



>何十年か後に日本には50年代の黄金期のアメリカを感じると言って外国人旅行者が殺到するかもしれません。


このコメントには私もハタと膝を打ちました。国難を強いた唐に対して、日本は長安の都を模した平城京と平安京を建設してその文化を大いに吸収し、唐滅亡後はその文明の後継者的立ち位置を確保しています。当時の日本支配階層の唐に対する憎しみは非常に強かったと思いますが、その憎しみを押し殺して彼らは行動してきたのでしょう。それ故に日本は唐を超越した存在になれたのだと思います。

来るべき米英の衰退と滅亡の後、日本はその文明の後継者的ないし博物館的立ち位置となるのかもしれません。横浜や神戸がその代表でしょうか。私も、米英に対する憎しみを超越していくべきなのでしょう。

かつて旅行で訪れたエストニアの首都タリンは、ロシア帝国時代のハンザ同盟港湾都市として繁栄したドイツ系住民の街並み、ソ連時代のスターリンゴシックの街並み、ソ連以降の現代的な街並みの3種類の街が同居している素晴らしい観光地でした。日本も、白村江以前の伝統的な文化(出雲大社や伊勢神宮が代表か)、白村江以降の唐文明的文化(平安京や平城京が代表か)、鎌倉時代以降の純日本的文化、明治維新以降の米英文明的文化が同居した国にしていくべきなのでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL