国際情勢の分析と予測

地政学・歴史・地理・経済などの切り口から国際情勢を分析・予測

「江戸時代」の後の「東京時代」はもうすぐ終わり、東京は旧名「江戸」に復する。天皇は京阪奈京に去り、「京阪奈時代」が始まる。

2016年12月13日 | 21世紀の日本の進むべき進路
●Netanyahu in Hot Water After Israel, Germany Launch Investigation Into Sub Deal 2016年11月29日
https://sputniknews.com/middleeast/201611291047943840-netanyahu-in-trouble-submarine-deal/

藤原直哉 ‏@naoyafujiwara · 11月29日
イスラエルがドイツ製潜水艦を購入した件で、イスラエルのネタニヤフ首相に利益相反の疑い。ドイツとイスラエルで捜査開始。
https://twitter.com/naoyafujiwara




●朴大統領 任期前の辞任表明 | 2016/11/29(火) 14:46 - Yahoo!ニュース
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6222488






●Fears mount of multiple bank failures if Renzi loses referendum
https://www.ft.com/content/e588ea6a-b49f-11e6-961e-a1acd97f622d

●藤原直哉 ‏@naoyafujiwara · 11月29日
イタリアの国民投票が否決されると8つの銀行が危なくなる
https://twitter.com/naoyafujiwara


●藤原直哉 ‏@naoyafujiwara · 12月13日
米国の商業用モーゲージ証券の支払い遅延も急上昇中。米国債金利上昇に伴い借り換え不能による支払い遅延は急速に増えるだろう。
https://twitter.com/naoyafujiwara



●ジム・リカーズ イタリア国民投票でドイツ銀とRBS、バークレーズの危機再燃の可能性 金は1万ドルを目指す  | 黄金の金玉を知らないか?
http://golden-tamatama.com/blog-entry-2590.html







●【米大統領にトランプ氏】ドイツのメルケル首相、米のTPP離脱に不満表明「正直、喜べない」 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/161123/wor1611230042-n1.html




●安倍首相、TPP承認実現し米に働きかける考え News i - TBSの動画ニュースサイト 2016年11月28日
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2925710.html



●日米個別交渉に否定的=TPP「速やかに承認を」-安倍首相:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120100067&g=pol



●愛子さま 上智大学への進学をご希望と関係者語る (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161126-00000021-pseven-soci




●メディア、結婚式にいるヒトラーの未公開写真を公表 2016年12月06日 02:31

ナチス・ドイツの総統ヒトラーが結婚式にいる、知られざる写真がネットに公開された。写真は、結婚アルバムにある他の白黒写真12枚の中から発見された。英デイリー・メールが報じた。ノルマンディー上陸3日前になされた写真で、ヒトラーが親衛隊少将及び武装親衛隊少将のヘルマン・フェーゲラインとその花嫁グレーテル・ブラウンを祝福している。

結婚式はオーストリアのザルツブルクで3日間に渡って行われた。結婚式はヒトラーの内妻であり花米の姉、エヴァ・ブラウンが組織した。ヒトラーとその個人秘書マルティン・ボルマンと親衛隊長官のハインリヒ・ヒムラーは結婚式の立会人となった。 結婚式の11ヶ月後、ヒトラーはヘルマン・フェーゲラインの忠誠を疑い、射殺するよう命じたという。













https://jp.sputniknews.com/life/201612063087597/






●悠仁さま、長崎・平和公園で供花:朝日新聞デジタル 2016年12月6日18時03分








http://www.asahi.com/articles/ASJD52TK6JD5UTIL007.html






【私のコメント】
11月29日に南朝鮮の朴大統領が辞任を表明した。同じ日に、イスラエルがドイツ製潜水艦を購入した件で、イスラエルのネタニヤフ首相に利益相反の疑いがかかりドイツとイスラエルで捜査開始との報道があった。私が2006年にこのブログを開設したのは、イスラエルと南朝鮮の両国が同時に政治的苦境に陥る事件があり、両国が同時に滅亡するのではないかと気付いたからだった。あれから早いもので10年が経過したが、とうとう両国同時滅亡のクライマックスが近づいている様に思われる。

トランプ大統領当選後に米国を始め世界主要国の長期金利は急上昇を続けている。それとともに不動産ローンの金利も上昇し、不良債権化の危険が高まり、アングロサクソン圏大都市を中心とする不動産バブルが弾けようとしている。しかしながら不思議なことに株価も急上昇し続けている。このような現象は1980年代末の日本でも認められた。そして、1989年の年末にかけて急上昇した日本の株価は1990年の年明け以降暴落を続けたのである。現在の株価上昇も、来るべき世界大恐慌の前に株式を高値で処分するための国際金融資本による価格操作と想像する。明日12月14日(日本時間15日早朝)に公表されるFOMCで利上げが行われることがきっかけになるのか、あるいはイタリアの大手銀行の取り付け騒ぎが原因になるのか、きっかけはわからないが、近日中に世界が大恐慌に突入する可能性が高いと思われる。それと同時に、TPPを推進してきたメルケル首相と安倍首相も政権の転覆という形で日独両国の政策転換が行われることだろう。これはヒトラーの娘と岸の孫が、自分達が第二次世界大戦にやっと勝利したという真実を隠す為に敗北を演出するシナリオだと思われる。勝者に集まる反感を恐れ、勝利を敗北で入念に隠すというのは実に東洋的な戦略である。

以前の記事「オーストリアの逆襲」でも書いた通り、フランス革命から第一次大戦まで徹底的に国際金融資本に攻撃されて弱体化したオーストリアはその後一世紀かけて見事に全欧州を密かに制覇した。ヒトラーによりドイツ政府を乗っ取った後にドイツを敗北させる、更に自国オーストリアはドイツに強制的に併合された哀れな被害者であると宣伝するこの策もまた、勝利を念入りに敗北で隠す東洋的な戦略である。そして、欧州統合を推進してハプスブルグ家の「王族の婚姻によって戦争無しに欧州を統一する」という理念を政治的に実現しつつ、自国は1995年までは反EU(EC)のEFTAに加盟(1973年に英国がEC加盟の為EFTAを脱退した後も加盟し続けた)することで欧州統合に反対するかのような姿勢を見せてきた。これは恐らく国際金融資本を騙す為の偽装だろう。日本もまた、自国を米国に完膚無きまでに破壊された哀れな敗者と演出しながら、平壌の亡命政権によりベトナム戦争や米国の公民権運動、先住民権利運動、中国の核開発等を支援してきた。それにより米国は有色人種移民制限という人種差別政策を1960年代末に撤回させられた。それにより米国は有色人種の人口が激増し、近未来に過半数を割って非白人国家になるとされている。1960年代に日本は事実上米国の滅亡を確定させたのだと私は考えている。この日本とオーストリアの戦略の東洋性はあまりに共通している。実はナチスドイツやEU統合等の欧州政治の戦略は日本が立案してオーストリアに実行させてきたのではないかと私は最近想像している。

12月6日にはヒトラー、エバ・ブラウン、グレーテル・ブラウンの三人が写ったグレーテル・ブラウンの結婚式の未公開写真が公表された。昔の記事に書いたが、ロシア情報によるとメルケル首相の父はヒトラーで母はグレーテル・ブラウンだという。メルケルの両親の写真がマスコミに公表されるのは、恐らくナチスがとうとう第二次世界大戦に勝利して国際金融資本や英蘭王室を滅亡させたことを関係者に知らせる暗号なのだと思われる。

同じ日には、今上天皇の生前譲位によって2年後に次期天皇となる秋篠宮、次期皇太子になる悠仁親王が長崎の原爆慰霊碑に供花したという記事が出た。長崎は安土桃山時代に一時国際金融資本に植民地化されローマ教皇の領土になっていた場所である。この記事も、次期天皇は浩宮ではなく秋篠宮であることを関係者に知らせる暗号なのだと思われる。日本とカトリックドイツで同時にこのような重要な報道が行われるのも偶然では無い。南朝鮮とイスラエルの関係と同様に、日本とカトリックドイツは東西対称の関係にあるのだ。そして、その戦略は恐らく日本支配階層が立案してカトリックドイツに伝えているのだろう。

近日中に起きる世界大恐慌は経済のみならず政治的な大転換をも含んでいる。犯罪国家米国は滅亡し恐らく内戦に突入、その後北朝鮮軍や日本軍、ロシア軍、ナチス軍などによって分割占領されるかもしれない。カルタゴと同様に英語圏新大陸諸国は消滅し、英語はフェニキア語と同様に死語となるかもしれない。日本では米軍による日本占領部隊であった自民党が消滅し、帝国陸軍の残党である民進党が政権を握って蓮舫の元で親中国政策を推進するだろう。天皇は江戸城からけいはんな学研都市に去り、東京は昔の名の江戸に戻り、江戸城には徳川将軍の当主が戻ると想像する。「東京」が首都で無くなり「江戸」に戻るという大事件が、日本の一般大衆の価値観を転換させる為に必要なのだ。ソ連崩壊後に「レニングラード」がサンクトペテルブルグに、「スターリングラード」がボルゴグラードにと旧名に復したのと同じことが起きるのだ。

飛鳥時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、戦国時代、安土桃山時代、江戸時代と日本の各時代は天皇や征夷大将軍などの政権の所在により名付けられてきた。明治・大正・昭和・平成の4天皇の時代は今後まとめて「東京時代」と呼ばれることになるだろう。遅くとも皇紀2678年(西暦2018年)11月23日の大嘗祭までにこの「東京時代」は終わることになる。そして、次の時代は京阪奈学研都市地域への遷都により「京阪奈時代」と呼ばれることになるだろう。




【2016年12月14日追記】
●東京時代 - Wikipedia

東京時代(とうきょうじだい)とは、日本の歴史における時代区分で、東京が首都となってからの日本を指す呼称として考え出された概念の一つ。

背景[編集]

この「東京時代」という語は、川勝平太によって提唱されている語である。

日本の歴史において、明治維新以後の時代区分を、「明治時代」「大正時代」「戦前昭和時代(第二次世界大戦以前)」「戦後昭和時代(第二次世界大戦後)」「平成時代」などと、元号で時代を区分する例が、特に学校教育に多い。

しかし、日本の歴史における時代区分においては、明治維新前は「平安時代」「鎌倉時代」「江戸時代」といった政権所在地にちなんだ名称や、「王朝時代」「武家時代」「戦国時代」「織豊時代」「徳川時代」のように政治体制(国家、王朝、政体、憲法、主権者)の変遷や時代的特徴に因んだ名称[1]が多い。更に、江戸時代(=徳川時代)を見ても、江戸時代の中の細かい区分として「元禄」「享保」「化政」「幕末」といった元号や世相に則った名称も用いられている。

一方で、学校教育における外国史の時代区分では、中国の歴史だと「唐朝」「明朝」「中華民国」、ドイツの歴史だと「ドイツ帝国」「ヴァイマル共和政」「ナチスドイツ」というように、政治体制の変遷にちなんだ時代区分が多い。

これらの時代の分け方について、「明治維新より前は政権所在地で分けているのに、明治維新以後は元号というのはおかしい。[2]」「外国の歴史は政治体制であって元号ではないのに、日本の歴史だけが政治体制ではなく元号というのはおかしい[3]」という意見がある。その意見に則れば、明治維新以後は政権所在地が東京であるから、「東京時代」として一括されるべきではないかという内容である。明治維新以後の歴史の一括表現として、「東京時代」という名称が用いられる可能性があると考えられている。

しかし、東京時代と言っても、第二次世界大戦の終結(1945年9月2日)を境にして、その前と後とでは、国号・憲法・主権者といった政体が全く違っている。この場合、政体の転換点となった第二次世界大戦に着目して、大日本帝国憲法下の時代は「戦前」、日本国憲法下の時代は「戦後」と呼ばれることが多い。なお、憲法名や国号にちなんで、「戦前」ではなく「大日本帝国」、「戦後」ではなく「日本国」と呼ぶ書籍もある[4][5]。

こうした時代区分法は、現在から過去の歴史を見て区分する方法である。だが、時代の変遷により、現在の時代区分の枠組みが変化する可能性もはらんでいる。例えば、東京から外の都市に遷都した後の時代や、東京が別の都市名に変更した後の時代は、「東京時代」とは別の名称となる。

旧来の時代との違い[編集]

「東京時代」の特徴として、川勝平太は「東京は西洋文明の変電所」という点を挙げている。

旧来の時代の特徴を見ると、奈良(平城京)や京都(平安京)が首都だった時代、特に安土桃山時代までは、奈良や京都といった政権所在地が、東洋文明を受け入れてその終着地になって来た。江戸時代は、対中国と対オランダと対李氏朝鮮と対琉球と対蝦夷を除いて鎖国されており、徳川幕府の政権所在地である江戸は、「外国文明を日本全域に波及させる場所」とはならなかった。

しかし、東京が首都となった後の日本を見ると、東京が西洋文明を受け入れる窓口となり、西洋文明が東京で日本化され、日本化された西洋文明が東京から全国に波及した。そして、日本化された西洋文明を求めて、人々が東京に集まった。これらを象徴するキーワードが、1870年代の「文明開化」や、1960年代の「あゝ上野駅」である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%99%82%E4%BB%A3



【コメント追記】東京時代という言葉は私が最近思いついて使ったのだが、既に川勝平太(静岡県知事、経済学者)が使っている。彼は私の愛読書である「文明の海洋史観」の著者で、恐らく日本支配階層の一員として日本の政策決定に関与している人物と思われる。彼は大阪生まれ京都育ちの元関西人であり、堺屋太一らと共に、京阪奈京(これは私が勝手に作った言葉)への遷都決定にも関与していることだろう。




↓↓↓ 一日一回クリックしていただくと更新の励みになります。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (212)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成30年11月の即位の礼は奈... | トップ | プーチン大統領が安倍首相に... »
最近の画像もっと見る

212 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-12-13 23:26:24
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000059-jijp-soci.view-000
日本の無人補給機「こうのとり」6号機は13日夜、国際宇宙ステーション(ISS)
に接近し、午後7時40分ごろにロボットアームでキャッチされた。
歯科医師過剰対策は私大優位時代の終わり (princeofwales1941)
2016-12-14 06:50:22
歯科医、2029年には1万4千人過剰…合格基準引き上げも検討 (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00010001-yomidr-sctch

ようやく歯科医師過剰対策として入学定員の削減が検討される。日本の歯学部の入学定員の多くは私立大が占めており、私立学校の経営維持には100-120人程度の定員数が必要不可欠であることを考慮すると、今後私立大学の統廃合または公有化が行われることは避けられない。同時に過剰が表面化している法科大学院も大幅に整理統合されるだろう。それは、アングロサクソン型の私立大学優位主義から、欧州大陸型の官立学校中心主義への変化を意味する。

日清戦争から中華民国建国までの期間などに法政・明治・早稲田などの日本の民族系大学には多くの中国人留学生が押し寄せた。その他にも大東文化協会を母体とする大東文化大学、東亜同文書院を前身とする愛知大学など、日本には私立(現在は難易度の高くない学校も含まれることに注意)でも偉大な学校が数多く存在する。これらの教育機関は大学から元の専門学校に戻すと共に公的支援によって国立大学(多くは元の専門学校に戻すべき)と同様に無料で学べるようにすべきである。そして、慶応大学に代表される国際金融資本系の犯罪的教育機関は廃校とし、彼らの犯罪性を永遠に語り継ぐ必要があるだろう。
Unknown (Unknown)
2016-12-14 06:59:34
更新楽しみにしてました!
とても興味深い内容でした。
本当にそうなれば最高ですよ。
蓮舫の性格だけは、どんなに努力しても生理的に受け入れられないけど(笑
世界大恐慌が始まった! (princeofwales1941)
2016-12-14 07:28:57
藤原直哉 ‏@naoyafujiwara · 18分18分前

ロンドン中心部の不動産価格、12月は前月比6%も急落。

ニューヨーク、ロンドンという不動産価格が最も高いところから暴落が始まっているのは本物の不動産バブル崩壊の証拠。

London House Prices Are Having Their Worst December in Years - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2016-12-12/christmas-joy-eludes-london-housing-as-asking-prices-plunge


歯科医 (バアルのような者)
2016-12-14 07:48:55
>歯科医師過剰対策として入学定員の削減が検討される。日本の歯学部の入学定員の多くは私立大が占めており、私立学校の経営維持には100-120人程度の定員数が必要不可欠

東京近郊の新しく出来る「歯科医」にインプラント屋の多いこと多いこと。元気な歯まで抜歯してインプラントにしようとしてくるのが居て、ともかくダッシュで逃げた事がある。
こういった狂人から資格を剥奪して調整する事も考えるべき。既に東京に蔓延している隠れインプラント屋(表に出さずに普通の歯科医のふりをして居る)を既得権益にしてはならない。
なんにしても、若手の供給は行われるべきであり、仮にも人体への治療行為である以上、このような程度の低い者に既得権益を与えてはならず、注ぎ込む量を減らすのではなく上澄み以外は捨てて流量を減らすとともに、患者をカネづるとか見てないインセーンデンティストを脱落させる仕掛けが必要である。
Unknown (Unknown)
2016-12-14 08:19:40
安倍退陣→蓮舫政権樹立。
現状でこれを成立させるには憲法改正と引き換えに、連立政権で誕生させるしか思いつかない。
Unknown (Unknown)
2016-12-14 10:08:53
更新ありがとうございます。
本当に興味深い内容でした。
想像もできないくらいのドラマチックなストーリーに感動です。

ただただ、「蓮舫の元で親中国政策を推進するだろう。」
蓮舫?ええええ?
ここだけ受け入れられない私でした。
ショックが大きすぎる。嫌すぎる。
Unknown (上から目線のロシア人)
2016-12-14 10:27:10
https://jp.sputniknews.com/politics/201612133126353/



クリル新時代、だ・ぜ!
Unknown (sam)
2016-12-14 10:27:56
プリンス氏のコメントから引用
>日本もまた、自国を米国に完膚無きまでに破壊された哀れな敗者と演出しながら、平壌の亡命政権によりベトナム戦争や米国の公民権運動、先住民権利運動、中国の核開発等を支援してきた。

トランプ勝利が確定したことから、日本は英国と米国の間に楔を打ち込むことに成功したと読んでいます。次なる日本の裏工作は、アメリカ保守派がイギリスに対し再独立を勝ち取ったこの現実が、ネイティヴアメリカンに対する残虐行為を露呈させ、自己矛盾を起こさせることです。従って、アメリカ大統領選挙まではトランプを側面支援していましたが、今後は、ヒラリー色の薄い真のリベラルとアメリカ保守派との間に楔を打ち込む戦略に転換すべきです。
最終目的は、日本の縄文とネイティヴアメリカンや中南米の文明との繋がりが暴露され、物質文明から精神性を重んじる価値観へシフトさせることです。

それが、パックスジャポニカなのだろう

下記のニュースは、プリンス氏のコメントを実証していると言えるでしょう。

特に、退役軍人のネイティヴアメリカンに対する謝罪のコメントは、歴史的です。

先住民族が聖なる土地と水を守るために立ち上がる・アメリカ
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12197232334.html


Jill Stein & Ajamu Baraka Face Charges after Graffitiing Dakota Access Machines
http://m.democracynow.org/headlines/2016/9/8/46363

>私たちの多くは、特に私は、この長い間、みなさんを苦しめてきた部隊に所属していました。私たちはこの地にやって来て、みなさんと闘いました。みなさんの土地を奪いました。私たちは条約を結んだのに、それを破りました。みなさんの神聖な丘から盗掘しました。さらに多くの土地を奪い、みなさんの子供たちを奪い、みなさんに言語をつくらせ、神がみなさんに与え、そして創造主がみなさんに与えた言語を排除しようとしました。この時、みなさんを尊重せず、みなさんの土地を汚し、いろいろな方法でみなさんを傷付けましたが、私たちは謝罪するには至りませんでした。私たちは何と言われても構いません、そして今、みなさんの赦しを乞います。

アメリカ先住民、ダコタ・アクセス・パイプライン抗議デモで擁護した退役軍人たちに赦しの儀式
http://m.huffpost.com/jp/entry/13528818
Unknown (Unknown)
2016-12-14 10:59:49
日本とオーストリアの勝利ということは、、
敗戦が全部お芝居だったということなら、、

日中は友好関係になり、、
台湾とパラオは日本領に戻り、、
北方領土は無事返還されるってことかな?

そうなら、今までの概念が完全に崩れるので、「蓮舫」もありなのかも?
ただ、今の概念のままなら蓮舫は無理ですけどね。

コメントを投稿

21世紀の日本の進むべき進路」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL