国際情勢の分析と予測

地政学・歴史・地理・経済などの切り口から国際情勢を分析・予測

2+0+0+7=9、 4+1+6=11 : 4/16のバージニア乱射事件は第二の911自作自演か?

2007年04月21日 | 米国







●米大学乱射:「ほとんど交流なかった」チョ容疑者家族の横顔 2007年04月19日17時14分 朝鮮日報


 チョ・スンヒ容疑者の家族は米国で平凡な暮らしをしていた。クリーニング店を営む両親は口数が少なく、近所では親切な住民だと評判だった。姉は名門プリンストン大学を卒業後、国務省に勤務している。しかし事件後の、家族の行方は明らかになっていない。

◆さまざまな噂が飛び交う 
 父チョ・ソンテさん(61)と母チョ・ヒャンエさん(51)が暮らしていたバージニア州フェアファックス郡のセンタービル・タウンハウスは、事件後固く門を閉ざしている。家の前には放送関係車両と共に米国や韓国のマスコミが押し寄せ、1日中陣を張っているが、誰もチョ容疑者の両親には会っていない。こうした中、両親は精神的ショックから病院に入院したという噂をはじめ、韓国に帰国したという説や、息子の遺体確認のためにバージニア工科大学に向かったという説などが飛び交っているが、現時点ではどれもうわさにしか過ぎない。また、両親は自殺したとの一部の報道に関し、時事週刊誌「タイム」の記者は「バージニア工科大学の関係者が“両親は生きている”と確認した」と報じた。ワシントンのクォン・テミョン総領事も「両親は某所で捜査を受けている」と話している。


◆「ほとんど交流はなかった」 
 チョ容疑者の両親は米国に移住してから12年以上この地域で暮らしているが、同胞たちとはほとんど交流がなかった。ワシントンの韓国人会関係者は「多くの人に聞いてみたが、知り合いはほとんどおらず、どんな人なのか正確に把握するのは難しい」と話している。
 チョ容疑者一家の隣に住むメーンさんは「12年間ここで暮らしているが、チョ容疑者の家族とはほとんど言葉を交わしたことがない」と語った。一方、別の隣人でグァテマラ出身の女性は「チョさん夫妻はとても親切でやさしかった。奥さんはわたしが妊娠したとき、無理をしてはいけないと、旦那さんにうちの自動車の屋根に積もった雪を下ろしてあげてと頼んでくれたこともある」と話している。
 一方、寄宿舎で生活していたチョ・スンヒ容疑者は週末になると家に立ち寄り、両親と同居していた姉は2004年にプリンストン大学経済学科を卒業し、現在は米国務省近東局に勤務している。国務省の正職員ではなく、政府業務を支援するマクニル・テクノロジー社から国務省に派遣され、イラク再建担当業務に携わっているという。姉のチョさんは大学時代、2001年に起きた9・11(米同時多発テロ)の被害者を助けるサークルで活動したり、在バンコク米国大使館や国務省の国際労働事務所でインターンとして経験を積むなど、積極的に学校生活を送っていた、とABCテレビが報じた。


◆韓国の親戚たちも衝撃 
 チョ容疑者の父方の叔母、チョ某さん(47)=ソウル市道峰区倉洞=は「兄の家族が米国に移住した後、ほとんど行き来しておらず、詳しい事情は分からないが、今回の事件にとても驚いた」と語った。チョさんはまた、甥のチョ容疑者について「勉強はよくできたが、子どもの頃から口数が少なく内向的で、暗い性格の子だった」と記憶している。
 チョ容疑者の家族は韓国での生活が苦しく、それを抜け出すために移民の道を選んだという。父チョさん忠清南道牙山(昔の温陽)出身で、温陽高校を卒業後上京し、S建設の技術者としてサウジアラビアで勤務、その後食料品店や書店を営んだこともあるという。しかし、移住する前に営んでいた書店の経営がうまくいかず、これをあきらめ米国に移住することを決心したという。米国に向かう前、チョ容疑者一家はソウル市道峰区倉洞にある多世帯住宅の半地下の部屋で暮らしていた。
http://news.livedoor.com/article/detail/3126713/





●株式日記と経済展望 アメリカの銃社会と、韓国人の「恨」の文化が乱射事件の元
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/801a47bd8246b1c6db7e6a6d4e52abed



●株式日記と経済展望 北京政権は、米国西海岸にシナ・コロニーの橋頭堡を築く
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/c3ccc478788a483a6ef8524c006db7e7



●株式日記と経済展望 アメリカのFBIなどの自爆テロ取り締まり当局がいかに間抜けであるかを物語っている。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/d8dff39de4be03e3f64c63f5ed0a87c1



●バージニア工科大のチョ・スンヒは射撃訓練を受けていたか(冤罪/オウム/カルト) / ヒロさん日記

拳銃のシリアル番号が消されていた、という点が気になる。銃の購入先が特定できた理由は、犯人のナップサックに36日前の領収書が入っていたというのが警察当局の説明だ。
http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1596877



●Re: 拳銃で30人も殺すのは難しい?

聞きかじりなので違っていたら申し訳ないが、拳銃は少し距離が離れるとなかなかピンポイントで当たってくれないはず。ましてやこの事件のように、逃げる学生を30人も片っ端から拳銃で射殺できたのなら、容疑者は凄腕のプロか、でなければ他の可能性を排除しない方がいいかもしれない。

テレビ朝日「報道ステーション」では、両手に一丁づつ拳銃を持った容疑者が拳銃を連発するCGが映っていたが、これでピンポイントで当たるのはハリウッド映画くらいのもので、実際は反動は強すぎてなかなか当たらない。長崎市長の場合は、1メートルの至近距離で撃ったようなので、一発で致命傷になったようだが…
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/501.html







【私のコメント】
2007年4月16日というのは気になる数字である。2+0+0+7=9、4+1+6=11であり、911の再現という見方もできるのだ(ちなみにJJ予知夢で取り上げられている722も、2007年7月22日だとすれば2+0+0+7=9, 7+2+2=11でやはり911の再現となる。同様の危険日は4/25,5/6,5/15,5/24,6/5,6/14,6/23,7/4,7/13,7/22,7/31,8/3,8/12,8/21,9/2,9/11,9/20,10/1,10/10と、合計であと19回あるようだ。)。

今回の事件の犯人であるチョ・スンヒ容疑者のナップサックに36日前の領収書が入っていたことは、911事件のパイロットとされるモハメッド・アッタのパスポートがWTC崩壊現場付近から何故か発見されていること、実行犯が空港に乗り捨てたレンタカーに何故かコーランや遺書などの決定的証拠が残されていたことを思い起こさせる。犯行声明が大手マスコミに手際よく流されていること、視覚的効果の高いビデオ画像が犯行声明に含まれていることもやや出来過ぎたシナリオと思える。ブログ「株式日記と経済展望」では、「アメリカのFBIなどの自爆テロ取り締まり当局がいかに間抜けであるかを物語っている」と指摘しているが、911事件当時にも事件を防げなかった米国政府当局の間抜けさが批判されている。

また、チョ・スンヒ容疑者の姉がマクニル・テクノロジー社から米国国務省に派遣され勤務していると言う情報、マクニル・テクノロジー社がHUMINT (Human Intel) operations を含めた安全保障業務や諜報業務などの分野で政府業務を支援している企業であるとの情報からは、姉の採用と引き替えに弟が犯行を実行した可能性も考えられる。更に、教室で30人を殺害したという情報についても、逃げまどうかあるいは捨て身で襲いかかってくるであろう多くの若者を殺害するには至近距離ではなく離れた位置からであった可能性が高いが、犯人の使用したとされる短銃では離れた位置から高い確率で致命傷を与えるのはやや困難な様にも思われる。チョ・スンヒ容疑者は韓国でも米国でも徴兵はされておらず、狙撃の専門的トレーニングを積んでいたとは思えない。チョ・スンヒ容疑者は朝7時15分頃の学生寮での2名の殺人事件ならば実行できるかもしれないが、30人を一人で殺すのは素人には困難ではないか。事件直前に一度練習しているという話もあるが、一度の練習でそれほど上達するとも思えない。「南京大虐殺事件の百人切り」が捏造であったのと同様に、「チョ・スンヒ容疑者が教室で30人を殺害した」という情報も捏造であり、実際にはアジア系の狙撃の名人が米国政府の命令で実行した可能性も考えられるだろう。

犯人は顔を撃って自殺したとされているし、友人も少なかったとされている。チョ・スンヒ容疑者とされる死体は実は別人ということも考えられ無くはない。犯行声明の写真と眼鏡をかけた童顔の少年の写真は少し顔立ちも違っているようにも見える。事件後に何故か一時中国人留学生犯人説が流れたのは、在米韓国人社会が犯行とは無関係と安心している時期に本物のチョ・スンヒ容疑者やその家族(知り合いが少なく近所との交流も少ないのは工作員とすれば矛盾しない)を安全な場所に移す、あるいは口封じのために始末する目的だったということもあり得るだろう。

上記の私の文章は根拠のない仮説に過ぎないので、軽々しく信じ込むのは止めて欲しい。しかし、謎に満ちた911事件の現場に近い米国東海岸のワシントンDCに隣接するバージニア州が現場である。何らかの裏がある可能性は念頭に置くべきだろう。


では、仮に私の想像どおり、この事件が米国政府の自作自演であると仮定してその目的について考えてみよう。911事件はアフガニスタンとイランに対する戦争を開始するためのものであったと想像されるが、今回の事件は表向きは組織的背景のない単独犯とされており、朝鮮半島での戦争の直接の引き金になるとは考え難い(陽動作戦と言うことはあり得る)。米国西海岸やカナダ、オーストラリアなどへの中韓両国の移民が非常に多く白人社会に脅威を与え始めていること、最近イタリアでも中国人移民への迫害とも言える事件が起きていることを考えると、中韓両国からの移民を抑制し更に出身国への帰国を促す目的、とも考えられる。911事件後にはアラブ系に外見が似ているインド系の米国人の多くも差別にあい、それを嫌って米国外に流出している。色黒のコーカソイドであるアラブ系・インド系の対米移民を抑制するのが911事件の目的の一つであったとすれば、今回の事件は中韓両国を中心とするモンゴロイドの対米移民抑制が目的ではないだろうか。もしそうだとすれば、韓国人と外見が似ている中国系住民だけでなく台湾系移民、更に数は少ないものの日系住民まで含めた広範な東アジア人迫害が起きることも考えられる。日本人・台湾人は祖国に帰国することも困難ではないが、中国系・韓国系移民は祖国に絶望して移住しているものが多いだけに、その追放はかなり大きなトラブルを引き起こすことも考えられるだろう。場合によっては、米国から送られた解放奴隷によってアフリカにリベリアが建国されたのと同様に、欧米から送り返された中国系・韓国系移民が一カ所に居住してリベリア的国家を建国することもあり得るかもしれない。欧米に居住した経験を持つ彼らは中国・韓国の一般人とは異なり欧米の価値観を一部理解しており、それ故に欧米によるアジアの間接支配の道具として重宝されることも考えられる。同様のことはドイツのトルコ系移民、日本の在日韓国朝鮮人にも成り立つかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾の呂秀蓮副総統と李登輝... | トップ | ベーリング海峡横断トンネル... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祭りが近い (V)
2007-04-21 17:04:59
テロの時代とイラン戦争
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/alacarte/post_256.html
Unknown (テロルの時代)
2007-04-21 17:10:02
彼らは工作員、つまり草だ。
http://my.shadow-city.jp/?eid=412042
Unknown (Unknown)
2007-04-21 20:01:04
動き始めた北朝鮮特殊部隊。10万人

http://www.chosunonline.com/article/20070421000017
韓国軍兵士銃撃・死亡:2人とも頭部に銃創 /横城
 20日午前、江原道横城に駐屯する陸軍野戦工兵団某工兵大隊で、営内の弾薬庫の警戒勤務についていたイ某上兵(22)とハン某上兵(21)が銃で撃たれ、死亡しているところを発見された。
 陸軍は「この日午前11時50分ごろ、部隊営内の弾薬庫で警戒勤務中の兵士2人が銃で撃たれて死亡しているところを発見された」と発表した。
 事故発生3時間後に行われた発表で陸軍は、イ上兵は首の部分を撃たれ、ハン上兵は腹部に貫通銃創を受けていたと説明したが、この日行われた現場検証を見守った軍死傷者人権連帯の関係者は「亡くなった兵士は2人とも口に銃弾が入り、頭に貫通銃創を受けた状態だった」と話している。
 陸軍は「ハン上兵(2006年2月入隊)より3カ月先に入隊したイ上兵のK‐1小銃から実弾2発が発射されたことが確認されたが、誰が撃ったのかについてはさらに調査を進める必要がある」と発表した。
崔慶韻(チェ・ギョンウン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報JNS
バージニア工科大の爆弾テロ予告 (Hiro-san@ヒロさん日記)
2007-04-21 22:29:38
ビジュアル情報がTVに流されると、そこで第1操作が完了します。私は酒鬼薔薇事件を思い出します。

乱射事件を前にして、バージニア工科大学では爆弾テロの脅迫予告が続いていました。そのため、学内には通常以上の警察官が配備されていました。この爆破テロの警戒のドサクサに紛れて、狙撃部隊を配備しやすくなります。

7時15分に起きた2名の射殺は、大学警察の注意を学生寮に方にそらす効果もあります。

http://www.prisonplanet.com/articles/april2007/200407standdown.htm
これに加えて、現場の警察に「手を出すな」という命令が出されていたという証言。

だんだん怪しくなってきましたね。
ブラックスバーグの洗脳基地 (Hiro-san@ヒロさん日記)
2007-04-21 22:46:21
デーヴィッド・アイクは、バージニア州ブラックスバーグの洗脳基地に注目してますね。
http://www.davidicke.com/content/blogcategory/30/82/
(このリンク先の後半に記事があります)
Unknown (Unknown)
2007-04-21 22:57:31
戦争の発生まであと

次のテロまであと少し
バージニア工科大、CIA、NASA (Hiro-san@ヒロさん日記)
2007-04-21 23:55:57
http://www.prisonplanet.com/articles/april2007/190407mindcontrolled.htm
『We have been receiving numerous calls and e mails alerting us to the fact that VA Tech is pulling links from its website concerning their relationship with the CIA. Reports from November 2005 confirm that the CIA was active in operating recruitment programs based out of VA Tech. Several professors from VA Tech are involved in government programs linked with NASA and other agencies.』
何故、NASAが襲われたのか? (失われた33名)
2007-04-22 00:04:32
http://my.shadow-city.jp/?eid=412042
ネットゲリラのコメント参照
Unknown (Unknown)
2007-04-22 02:02:27
バージニア工科大学の虐殺事件は、マインドコントロール専門家と特殊部隊の隊員が関わった米国人への心理戦争であり、教科書的なものだ。米軍の心理戦争の上層部がいる本部はノースカロライナのFort Braggにある。そこでは、9/11の時、連邦航空局のセキュリティの責任者であったMichael Canavanが統合特殊部隊指揮官として方面総監を勤めた。
http://www.davidicke.com/images/stories/May%202007/cho_marine.jpg
海兵隊の制服姿の犯人
海兵隊の写真はガセ (Hiro-san@ヒロさん日記)
2007-04-22 02:40:36
問題となっている海兵隊の制服写真は、アレックス・ジョーンズやデヴィッド・アイクのサイトなどが取り上げている。これは元々ウィキペディアに掲載されていたが、現在は削除されたもよう。チョ・スンヒに似ているものの、別人(たぶん黒人)との意見が多数を占めている。胸元に「Hu」という刺繍があり、どうして「Cho」でないのか、と議論を呼んでいる。
テロル(恐怖)の拡散作戦(ブラックオペレーション) (真の狙い)
2007-04-22 04:34:26
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070421-00000011-yom-int
銃乱射事件余波、全米で学校など脅迫40件にも
4月21日21時29分配信 読売新聞

【ロサンゼルス=古沢由紀子】
 米バージニア州立バージニア工科大の銃乱射事件に刺激されたと見られる
学校などへの脅迫事件が全米各地に広がっている。
 AP通信によると、連邦捜査局(FBI)のまとめでは、事件発生から
20日までの5日間に、脅迫事件は35~40件に上っているという。
 脅迫の対象は大半が大学や小中高校で、銃の乱射予告のほか、爆弾を
仕掛けたと通告したケースもある。
 19日には、カリフォルニア州北部のサッター郡などで、公立小中学校
など計40校が一斉封鎖された。地元に住む28歳の男が教会の牧師らに
「ライフルで武装している。バージニア工科大を上回る事件を起こす」と
電話をしたのが発端だった。
Black Op (Hiro-san@ヒロさん日記)
2007-04-22 05:13:47
自己レスです。
>チョ・スンヒに似ているものの、別人(たぶん黒人)との意見
「たぶん黒人」は読み違いで、たぶん「ブラックオペレーション」だろう、と推理する人が増えている、ということであります。
国際テロネットワーク (次か、その次)
2007-04-22 06:55:04
本命が来る前に警告を広めておけよ。
精神面からガタガタになるぞ。

来年の平成20年の夏は、昭和二十年の夏に近い。
Unknown (とおる)
2007-04-22 09:15:01
32人が銃殺された現場から生き延びた人達の証言(犯人の顔)を、どう解釈しますか?
まさか、整形した犯人?、証人を買収?
Unknown (Unknown)
2007-04-22 09:46:42
マンコデルタアジアの闇は深い
http://my.shadow-city.jp/?eid=412511
Unknown (Unknown)
2007-04-22 22:27:55
自分を盾にして生徒達を守った75歳の教授がカッコいいと思った。

羨ましい最後だと思った。75も生きれば十分だよね。ある意味羨ましいと思った。

てか、僕は犯人の心理のほうが気になるが、死人に口なしか。残念。
119番 (ぐーたら)
2007-04-23 19:09:57
アメリカでは通常、月日、西暦表示です。
よって119になりましたとさ。
空想小説としては面白い (ダンカイ23)
2007-04-24 09:51:31
犯人は顔を狙って自殺したが、DNA検査で本人
確認できる。→これもインチキできるといったら
どうしようもないが・・・・・。

9・11も今回も米国政府の陰謀だったという説
が流れているが、いつも出てくる架空話。
なんとか宇宙人の仕業説と変わりがない。
ただ読み物としては、時間を潰せる。
Unknown (Unknown)
2007-04-26 18:10:30

なんにせよ来年のヒラリー大統領が本命やな

日本ピンチだぞえ
『台湾でも、東中野先生の本は翻訳されているのか?』 (寅さんネコ)
2007-05-11 14:28:39
 金美齢さんは、南京事件を否定しているし、
 台湾の高校の新しい教科書では、南京事件の記述を減らしたりしているようなので
 さぞや、台湾でも
 東中野先生の『南京事件「証拠写真」を検証する』の
 翻訳本が話題を呼んで、
 文壇やネット上で
 白熱した論争がまき起こり、その世論の圧力が
 教科書の 南京の記述を減らしたりしたのかと想像したので
 台湾のネット上から、その白熱した議論の様子を調べてみようと考えました。

 ( もし台湾でも東中野先生の
  『南京事件「証拠写真」を検証する』
  という本が翻訳されて、出版されていれば
  台湾のネット上(中国語(繁体))でも当然話題になっている可能性が高いと思われます。)

 結論から言えば、台湾のネット上ではまったく東中野先生のこの本は話題になっていないみたいなので
 (拍子抜け・・・、一応検索ツールのそれぞれ10ページ分まで調べてみましたが...)
 (検索日時2007年4月17日)
 おそらく、この時点では翻訳されている可能性は低いと思われます...


  詳細は以下のサイトから

   http://adon-k.seesaa.net/article/33475443.html
    ADON-K@戯れ言

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL