経済なんでも研究会

激動する経済を斬新な視点で斬るブログ。学生さんの就職準備に最適、若手の営業マンが読めば、周囲の人と差が付きます。

鬼が出るか蛇が出るか : 日米首脳会談 (下)

2017-02-09 08:12:39 | トランプ
◇ 表向きはウィンウィンの関係に = 自動車問題について、安倍首相は「アメリカ車の輸入に全く規制はない」「輸入関税は日本側がゼロ、アメリカ側は2.5%」と説明するだろう。しかし16年の貿易統計をみると、全体の黒字額が4兆円なのに対して、アメリカとの貿易は自動車だけで4兆4000億円の黒字。トランプ大統領から「これを何とかしてほしい」と頼まれたら、安倍首相はどう答えるのか。

為替介入も中国は公然と行っているが、日本は東日本大震災のとき以来やっていない。だが日銀の量的金融緩和やマイナス金利政策が日米間の金利差を広げる結果となり、ドル高・円安を招いていることは事実だ。この点をトランプ大統領から突かれた場合、安倍首相はどう切り返すのか。ちょっと気になる。

今回の訪米に際して、安倍首相はお土産を用意した。一部の報道によると、その内容は「日本はアメリカに対して、10年間で1500億ドルの資金を供与」「高速鉄道事業への技術提供」などで、70万人の雇用を創出するというもの。さらに安倍首相は出発前にトヨタの豊田社長とじっくり懇談しているから、手土産はもっと増えたかもしれない。

日米安保体制の再確認は、オバマ時代からの政策を踏襲したものに過ぎない。だからアメリカ側としては手ぶらで、お土産だけをもらうことになる。したがって首脳会談後、トランプ大統領は「貿易不均衡の是正と為替レートの適正化を要求した」程度を公表するにとどめ、首脳会談は大成功の雰囲気を演出する可能性が強い。だが、その裏で2国間貿易協定に関するどんな取り決めがあったのか、なかったのか。真実は時間が経たないと、明らかにならないだろう。

      ≪8日の日経平均 = 上げ +96.82円≫

      ≪9日の日経平均は? 予想 = 下げ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月8日(水)のつぶやき | トップ | 2月9日(木)のつぶやき »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL