経済なんでも研究会

激動する経済を斬新な視点で斬るブログ。学生さんの就職準備に最適、若手の営業マンが読めば、周囲の人と差が付きます。

今週のポイント

2017-05-15 07:45:34 | 株価
◇ カベに再挑戦する日米の株価 = フランス大統領選挙の結果が判明した先週8日、日経平均は450円の大幅高となったが、ダウ平均は5ドルしか上がらなかった。その原因は、ダウ平均が先々週末に2万1000ドルを回復していたことにあるだろう。3月初め以来の高値に戻したため、利益確定売りが大量に発生。その傾向は週末まで続いた。結局、ダウ平均は週間110ドルの値下がり。カベに押し戻された形である。

日経平均は先週438円の値上がり。週初の大幅高で2万円台まであと100円に迫ったが、こちらもカベに突き当たった形。21世紀に入ってから、日経平均は00年と15年の2度にわたって2万円を超えた。今回は3度目の挑戦だが、やはりカベはなかなか厚い。それでも週の終り値は、2万円まであと116円というところに踏みとどまっている。


EU分裂の危機は薄れ、北朝鮮を巡る緊迫感もやや下火に。市場のリスク感応度は大きく低下した。ニューヨーク市場ではナスダック株価が新高値を更新しており、ダウ平均は2万1000ドルに載せる可能性が大きい。日経平均も2万円を超えるだろう。とにかく3月期決算をみると、企業の業績は絶好調を続けているのだから。

今週は15日に、4月の企業物価。16日に、3月の第3次産業活動指数。17日に、3月の機械受注。18日に、1-3月期のGDP速報。19日に、4月の訪日外国人客数。アメリカでは15日に、5月のNAHB住宅価格。16日に、4月の工業生産と住宅着工戸数。18日に、4月のカンファレンス・ボード景気先行指数。またEUが16日に、1-3月期のGDP改定値。中国が15日に、4月の鉱工業生産、小売り売上高、固定資産投資額を発表する。

      ≪15日の日経平均は? 予想 = 上げ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サタデー自習室 -- 水の 経... | トップ | 絶好調が続く 企業決算 »

コメントを投稿

株価」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL