バンコクでデジカメプリント ビザ・パスポート写真 年賀状 名刺ならデジタルプリエモン(Digital Pri☆Emon)

日本人常駐 デジカメ・スマホからもプリントOK 証明写真 名刺カードやハガキへの印刷 マグカップ・Tシャツ等へのプリント

Tシャツへ画像をプリントする

2016-06-24 16:56:37 | お知らせ
前回、文字をTシャツ・ポロシャツ・帽子にプリントした物をご紹介しましたが、
今回は予告通り、画像・イラストを「アイロンプリント」を使って、プリントしました。

ジャーン!こちらです。



アイロンプリント=熱押し圧着のメリット・デメリットは前回列記しました通り、

・メリット
 1)生地の選択が直接プリントに比べ幅広い。熱に弱い生地を除けば、生地の持ち込みが可能。
 2)色の濃い生地にも対応できる。
 3)白色の素材が選択できる。

・デメリット
 1)生地に切り取ったプリント素材が乗っているので、その部分だけゴワゴワし、違和感がある。
 2)直接プリントに比べ洗濯に弱い。
 3)変形に弱い。引っ張ると伸びるかも。

なので、「白色を使えるんだぞー」とアピールするために、
サンプルはそれに合わせた色の濃い生地を使い、画像をトリミング・白枠をつけてデザインをしました。

ちょっと自慢をすると、これを見てお客さんも
「アイロンプリントなら用紙が売ってる。自分で出来るじゃん。やってみよ~。」
と思うかもしれませんが、
この素材は「Tシャツを作っている工場でも使っている業務用」
なので、市販のアイロンプリント用紙とは全くの別物なのですよ。
因みに、市販のアイロンプリント用紙は、アイロンで圧着した後、
生地を上下左右に引っ張るとひび割れしてしまうんですよ。(これは確認済。)
だから、洗濯するとひび割れてボロボロと剥がれてくるんです。
業務用はいくら変形に弱いといってもある程度は伸びてくれるので、洗濯しても大丈夫。
折り畳む時も、プリントした部分で折り曲げても市販用紙の様にパキパキ折れずに、しなやかに畳まれてくれますぞ!

生地の持ち込みが可能なので、テーブルクロスやタペストリー、クッションカバーみたいなものにもプリントできますね。

昔、この分野に進出しようとした時に、アイロンプリント素材が一世代前の物で、これが市販のアイロンプリント用紙と同じ、引っ張るとひび割れする素材だったので、採用を見送った経緯があります。
最近このひび割れしない「しなやか」素材に切り変わったので、ようやくご紹介出来るようになりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tシャツシャツ・ポロシャツ・帽子への文字プリント

2016-06-21 14:37:47 | お知らせ
タイではお父さんはゴルフが定番!
奥さんやお子さんはテニス・野球・フットサル・サッカー等のスポーツや
茶道・写真撮影・絵画等の文化サークルに参加されているのではないでしょうか。

イベントがあればチームを組んだり代表で参加したり、応援したり楽しいですね。

そんな時に、皆でお揃いのロゴ・文字やチーム名を入れたTシャツやポロシャツ、帽子を着たり、かぶったりして行ったらカッコイイかもね。

今回ご紹介するのは、既にご紹介済みのTシャツ・ポロシャツ・帽子への直接プリントではなく、
フェルトPVC素材を文字や模様に切り取った物を熱で圧着させるタイプ(いわゆる「アイロンプリント」の物です。




従来の直接印刷との比較でメリット・デメリットを列記すると、

(直接プリント)
・メリット
 1)生地に直接色をつけるので肌触りが良い。
 2)洗濯にしても色落ちしにくい。
 3)変形に強い。

・デメリット
 1)生地は当店で用意している物しか使用できない。お客さまからの持ち込みは不可。
 2)白または薄い色の生地にのみ印刷可能。インクが透けるので薄い色の生地の場合、色が濁る。濃い色の生地には黒色プリントのみ可能。
 3)白色のインクが無い。

(熱押し圧着)
・メリット
 1)生地素材の選択が直接プリントに比べ幅広い。熱に弱い生地を除けば、持ち込みが可能。
 2)色の濃い生地にも対応できる。
 3)白色の素材が選択できる。

・デメリット
 1)生地に切り取ったプリント素材が乗っているので、その部分だけゴワゴワし、違和感がある。
 2)直接プリントに比べ洗濯に弱い。
 3)変形に弱い。引っ張ると伸びるかも。

他にも色々メリット・デメリットがありそうですが取り敢えず気付いた事を列記してみました。

次回は熱押し圧着素材を使用したTシャツシャツ・ポロシャツ・帽子への写真プリントをご紹介します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつ販売になるiPhoneなのかな? こんなの手で持てないじゃん!!

2016-06-20 16:30:00 | つぶやき
これも2016年06月18日付け”面白ニュース 秒刊SUNDAY”から拾ったニュース。


「iPhoneも初期バージョンから既に9代目となるiPhone6Sが登場しておりますが、次期iPhoneはちょうど10代目となります。
となると大きな変化が期待されそうではありますが、今のところ背面に細かい変化はあるものの、大きな変化はなさそうです。
しかしどうやらアップルは隠し玉を持っており、とんでもないモデルが登場するかも。



今回流出している設計図は、楕円形のiPhoneで、360度ディスプレイとなったものだ。
昔ガラケーでは「背面ディスプレイ」みたいなもので、ふたを閉じたときも別のディスプレイが存在したモデルはありましたが、
こちらはすべてディスプレイとなっているので、裏も表もないのかもしれません。

また、アイコンは横に5列表示できるので目いっぱい画面を使うことができるようだ。

 

内部の設計もこのような形で流出している。
割と詳細なところまで細かく仕様が決まっているように見える。

アップルはこのすべてディスプレイとなった技術の特許を取っているようだが、実際にこれが販売されるかどうかは不明だ。

もし実現するのであれば曲げることができるフレキシブルディスプレイを使うのかもしれませんが、
ちょっと落とした際にどれだけヒビが入ってしまうのかと不安になりそうですね。



こちらは次期iPhoneのイメージ。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3641274/Forget-iPhone-7-ready-iPhone-360-Apple-patents-wrap-screen-takes-entire-handset.html 」

スレッドには色々とコメントが付いていて

「ケース屋は店じまいだな」(それは大変!)
「omotenasi(おもてなし)ヴァージョンか」(うまい!座布団1枚!!)
「カメラレンズとかどこに配置されるんだ?」(ごもっとも!)
「持ちにくいにも程がある。」(そうですよね~)
「誤操作対策どうなるんやろ」
「スマホ持つだけでミスタッチ」(使いにくそうですね~)
etc...

といった意見が続々。私もそう思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Facebook関係のニュースなんだけど、これ本当かな~???(結構、重要かも)

2016-06-20 16:21:31 | つぶやき
6月15日付けの”面白ニュース 秒刊SUNDAY”に載っていたニュースなんだけど、ちょっと信じられない。本当かな~???




曰く

【急げ】Facebookに保存している写真まもなく全削除されるぞ!急いで保存しろ

Facebookは便利ですね。日記もつけられる・友達とのコミニュケーションもとれる・そして大量の写真ストックもデキる。
SNSの殆どの機能を網羅しているということで、Facebookの右に出るものはないと感じるサービスですがここに来てとんでもない事実が発覚しました。
なんと写真が全部削除されるかもしれません。

Facebookは近いうちにFacebook上で「非公開」に設定している写真を一掃してしまうという。
そのXデーは7月7日。もし削除されてしまうともう写真は見れないというとんでもない事態になるが、
一方写真共有アプリ「Moments」に移動すれば問題ないという。
なのでもし写真を保存してオンラインストレージ代わりにしているのであれば早急に移動する必要がある。

Momentアプリに移動するのが面倒であれば地道にダウンロードして保存するしか無いのですが、半強制的なスタンスに少なからず不満をぶつけるユーザも。

海外らしいといえばそうなのかもしれませんが、やはりストレージ代わりというのはある意味危険なのかもしれませんね。

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3638964/Facebook-DELETE-backed-photos-unless-download-Moments-app-July-7th.html」


ということなのですよ。
7月7日と言えばあと3週間もありません
プリエモン親父もあわてて写真をダウンロード、保存しました。

でも通常こういった変更をする場合は、FACEBOOKから事前に利用者に通知があるのが普通なので、噂の域を出ませんけど念の為


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

商品用ラベル ステッカー シールを作ってみました

2016-06-17 10:58:42 | お知らせ
タイで個人ブランドの化粧品、食品、商品等を販売される方が多くなってきました。

・商品の包装や入れ物に貼るラベル、ステッカー、シールが欲しい。
商品ごとに少量数種類印刷したい。

そんなご要望にお応えします。

ステッカー(シール)の種類は、

クリアーPVCステッカー ~ 左側
ツヤありステッカー (紙) ~ 中央
ツヤ無しステッカー (紙) ~ 右側


の3種類です。

是非ご相談ください



コメント
この記事をはてなブックマークに追加