ペットショップオーナーのブログ

このブログは個人的な私の日記、犬を飼っている方への情報やショップの情報を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トイレの神様

2010年01月28日 | Weblog
めっちゃ涙してもた


トイレの神様(Youtubeへ)


おばあちゃん

ありがとう


ちょっと長いけど
ぜひ全部聞いてほしい

アカン・・・
またや・・・


何回聞いても泣いてまう・・・







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

育てた盲導犬に「ありがとう」 受刑者たち涙の別れ

2010年01月19日 | Weblog
【記事元Asahi.com】
http://www.asahi.com/national/update/0119/OSK201001180171.html

 官民が共同運営する刑務所・島根あさひ社会復帰促進センター(島根県浜田市)で18日、受刑者が盲導犬候補を育てる国内初の更生プログラムが終わり、修了式があった。受刑者たちは一緒に暮らした犬との別れに涙を流した。今春からは5頭を受け入れ、30人の受刑者が面倒を見る。

 受刑者に社会貢献の意識などを学んでもらおうと、昨年4月に始まった。4人1組で、生後2カ月のレトリバーを1歳になるまで育てた。体重約5キロだった3頭の子犬は、独房内のケージで受刑者と暮らし、いまでは23~30キロの成犬に成長した。

 この日は、日本盲導犬協会の井上幸彦理事長から、担当した受刑者全員に担当犬の写真入り修了証書が渡された。受刑者たちは犬をさすって別れを惜しみ、「ありがとう」「頑張ってな」と声をかけ、涙をぬぐっていた。

 60代の受刑者は「無事に盲導犬協会にお返しできて、ほっとしている。慈しむ寛容の心を教えてくれた。犬がいなくなり、空気の抜けた風船のような気分」と話した。(菱山出)




人間は頭が良い
それ故にいろんなことを考える
だからすべてのことに複雑になってしまったのかもしれない

犬はそんなことは思いもしない
考えることもしない

ごはんを食べること
飼い主と遊ぶこと
寝ること

楽しいこととそうでないこと
命の危険
至ってシンプルだ

人間と一緒に生活する犬たちは
自分のことを不幸だとは思わない
比べる基準が無いから

そんな犬と一緒に生活することは
彼らにとって貴重な体験になるに違いない


コメント
この記事をはてなブックマークに追加