ペットショップオーナーのブログ

このブログは個人的な私の日記、犬を飼っている方への情報やショップの情報を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パピヨンの仔犬

2009年04月25日 | ショップ情報
パピヨンの仔犬情報UPしました。

Youtubeに動画もUPしています。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

最低の人間って政界にいませんか?【SMAP草なぎくん事件で】

2009年04月24日 | Weblog
【SMAP草なぎ逮捕】鳩山総務相、地デジキャラ逮捕に「最低の人間だ」

草なぎくん警察のお世話になってしまいましたね。
おかげでたくさんのものを失ってしまいました。
決して良いこととは思いませんが、彼には同情します。

そして鳩山さん!
発言撤回したそうですが、草なぎくんが最低だと言うなら
もっと他に最低の人間がうようよしていると思いますよ。
そう、あなたの知ってる人でいるんじゃないですか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情けは人の為ならず

2009年04月22日 | 日記
「情けは人の為ならず」

ことわざです。
どこかで聞いたことがあると思いますが、この言葉の意味をご存知でしょうか?

情けをかけることは甘やかすこと。その人のためにならない。

ではありません。

情けは人のためではなく、めぐりめぐっていずれ自分に返ってくるものだから親切にしておいた方が良い

ということなんですね。
という私も実は間違えて解釈していましたが。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動の再会

2009年04月13日 | Weblog
奇跡の犬、海に転落~離島に漂着…4か月ぶり飼い主と再会

 オーストラリア北東沖で昨年11月、ヨットから荒れた海に転落し、絶望視されていた4歳のメス犬が約4か月ぶりに発見され、飼い主と奇跡の再会を果たした。


 犬は転落場所から約9キロ先の離島で保護された。島に自力で泳ぎ着き、野生の子ヤギなどを餌にして飢えをしのいでいたようだ。

 衰弱していたが、飼い主の元に連れ戻された時は、狂喜して跳び回ったという。飼い主も「犬が言葉を話せたらどんなにいいか」と感激している。(シドニー支局)

(2009年4月11日22時18分 読売新聞)



すごい!

人間が飼っていた犬は狩もできずにそのまま衰弱していくのでは?
と思ったんですが、この子は野生の動物を餌にしていたようですね。


すばらしい!
良いニュースに感動しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うーむ。

2009年04月11日 | Weblog
2009年4月10日、中国で犬の毛染めが問題になっている。染められた犬は購入後1週間で死んでしまう「星期狗(ウィークリードッグ)」となるケースも少なくない。大量の薬液を浴びて瀕死の状態になった犬たちは、売りに出される時だけ痛み止めが与えられ、元気を取り戻す。京華時報が伝えた。

北京市郊外の通州区に住む張(ジャン)さんは3月末、ペット市場で見かけた茶色のポメラニアンを2000元(約2万9000円)で買った。だが、洗う度に色落ちし、最近ではすっかり違う色に。元気に飛び跳ねていたのも最初だけだった。張さんは業者に抗議しようとしたが、もうどこかに行ってしまっていた。

「普通なら700元(約1万円)の白い犬が、茶色に染めれば1500元(約2万2000円)の価値になる」と言うのは、魏(ウェイ)と名乗るペット業者。「仕事場」には今まさに茶色に染められようとしているグレーのトイプードルがいた。犬は最初は激しく抵抗したが、そのうち息も絶え絶えの状態に。業者は「完成」すると「テディベアみたいで可愛いでしょ?」と自慢げに話した。(翻訳・編集/NN)

記事元レコードチャイナ


この記事が本当だとすると衝撃である。

売る方は毛色を染めて売る
買った人は元の毛色が判明したときにはその業者はいない

詐欺やけど、これはまぁよしとしとこ。


私が問題だと思うのは、

染められた犬は購入後1週間で死んでしまう。
大量の薬液を浴びて瀕死の状態になった犬たちは、売りに出される時だけ痛み止めが与えられ、元気を取り戻す。


これが真実なら最悪である。




コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

動物の学習(再更新)

2009年04月06日 | しつけ

この記事は2006年6月の記事です。

 
★犬の学習はこんなカンジです。

「このときはこうなった」
「こんなときもこうなった」
「ではこのときは・・・やっぱりこうなった」
「こうしてみた・・・こうなった」
「こうしようとした・・・こうなった」

そうか、こんなときはこうなるんだ


と、学習します。

これは犬も人間も含めて動物の学習パターンです。

このパターンを考えて接すればヒトもイヌも思うように訓練(しつけ)することができます。
下記のように、ヒトの場合を例にすると解りやすいかと思います。


「パチンコをしてみた」→勝った(儲かった)
「またパチンコをしてみた」→また勝った
「違う機種でしてみた」→やっぱり勝った

パチンコは儲かるんだ。


でも。。。


「パチンコをした」→負けた
「パチンコをした」→負けた
「違う機種でしてみた」→勝った
「もう1回その機種でしたみた」→勝った

そうか、この機種なら勝てるんだ。



さて・・・それはどうかな。。。


「その機種でした」→負けた
「またその機種でした」→負けた
「ガンバってその機種でした」→負けた
「店を変えてみた」→勝った
「しばらく続けてみた」→めっちゃ勝ったワーイ

こっちの店の方がええなぁ、店変えてよかった。



しかし世の中そんなうまくいきませんね。


「前に勝った機種でした」→負けた
「また同じくした」→負けた
「今度はガンバってしてみた」→たくさん負けた
「店を変えてみた」→それでも負けた
「朝一番に行ったり、座るところを変えたりといろいろ工夫してみた」→やっぱり負けた

もうしないと思った


でも。。。

「前にめっちゃ負けたけど、ちょっとパチンコをしてみた」→勝った
「またパチンコをした」→負けた
「今度は違う店に行った」→勝った
「また同じ店でした」→負けた
「朝一番から並んでみた」→勝った
「・・・・・・・・」→・・・・・・endless



勝ったときはお金が手に入ります。しかも遊んで簡単に。これがご褒美となったわけです。
次に失敗しました。しかし、方法を変えてみたときに成功しました。
次は方法を変えてみたけれども失敗しました。今度は場所を変えてみて成功しました。
次はいろいろ試してみたけれども失敗しました。
でも成功しました。
また失敗しました。
・・・・・・・・。
ちょっと例は悪かったかもしれませんが、これでこの人にはパチンコをする習慣ができてしまいました。

これは犬の訓練にも当てはまります。
このように犬に覚えさせればいいのです。


つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

袖振り合うも多少?の縁

2009年04月04日 | 日記
私は車で移動中によくラジオを聴いていますが、今日FM802のDJマーキーさんが
袖振り合うも多少の縁のたしょうは多い少ないの多少や思てましたが、違うんですねぇ
と言っていました。

!!

と調べてみましたが、「ホンマや!」多生と書くようですね。


「そんなん袖振り合うも多少の縁言うやん。」

私はこの言葉が好きで他の人より使う頻度は高いと思いますが、それなのに
自信満々で多少やと思てました。


――振り合うも=多生(たしよう)(=他生)の縁(えん)
〔「振り合う」は「触り合う」とも〕道で見知らぬ人と袖が触れ合うのも深い宿縁に基づくものだ。
(goo辞書より)


思い込みってありますよねぇ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加