ペットショップオーナーのブログ

このブログは個人的な私の日記、犬を飼っている方への情報やショップの情報を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

犬と子供

2011年03月09日 | 犬の力
Bebe e cachorro. Lindo! (http:postsabeiramar.blogspot.com)



子供が生まれたら犬を飼いなさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が大きくなった時、自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火事はこっち!飼い主を助けたワンちゃん

2010年04月26日 | 犬の力
火事はこっち!飼い主を助けたワンちゃん 2010年4月26日 2:16

アメリカ・アラスカ州に、火事に巻き込まれて助けを求める飼い主に見事に応えた犬がいる。
その役目を果たしたのはバディくん。
警察がバディくんの後をついていくとそこは火災現場。
この様子を警察の車載カメラがとらえていた。
バディくんは23日、警察から表彰を受けたという。

<動画>
この映像はアメリカ・アラスカ州で警察の車載カメラがとらえたものです。
一匹の犬がときおり車の方を振り向き、どこかへ案内しようとしています。
警察が犬についていくと、その先には・・・
なんと火災現場 火事に巻き込まれた飼い主に助けを呼んできてくれと
頼まれ、見事その役目を果たしたバディくん。


【記事元】日テレ24

動画(Youtube)はこちら


えらい!
おりこうさん!!


久しぶりの更新ですのでまずはこんな感じで・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犬がやってきた家の普通のドラマっぽいな

2009年03月28日 | 犬の力
シネマの週末・トピックス:マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

 ジャーナリスト同士の新婚カップルが子育ての予行演習のつもりで飼い始めたのは、1匹のラブラドルレトリバー。値引き販売されていたその子犬はマーリーと名付けられるが、とんでもなくやんちゃな犬だった。

 ちょっと目を離すと、何でもかじって気ままに家具を破壊する姿は、犬を飼ったことがある人にはおなじみの光景だ。それを美化することなく映し出す。だが、この映画が描くのは、あくまでも家族の物語。子供を持った夫婦が仕事と家庭生活の両立に悩み、その傍らに犬がいる。そんな距離感を保ちつつ、最後にはしっかり泣かせてくれる。デヴィッド・フランケル監督。1時間58分。TOHOシネマズスカラ座ほか。(細)

 ◆もう一言

 ハリウッドは動物を擬人化するのが好きだが、この映画の犬の描き方は実に自然。都合のいい犬の“心理描写”をしておらず、誠実な作りになっている。(諭)

毎日新聞 2009年3月27日 東京夕刊



私まだ見てませんから、見る前の感想としてですが、

この論評見ると、なんとなく新しく犬を家族に迎え入れたフツーの家庭なカンジかな。
個人的には犬を使った映画では、ある犬の大冒険って言うよりはこんなカンジの方が好きかも。

ラブラドールを使っているところが「世界一おバカな犬が教えてくれたこと」の題名にピッタリですね。ラブを飼ったことがある方はかなり共感できそうですね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人と犬の役割

2007年04月06日 | 犬の力
5年前に私のホームページに書いたものですが、5年も経つと内容が古くなってきますねぇ。
内容を少し編集してUPしましたのでこちらにも載せてみました。
ああ、あれから5年経ったのか・・・。
しみじみ・・・

ヒトイヌの役割
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

うれしーな

2006年04月29日 | 犬の力
「自分の提供した商品でお客様が喜んでくれるとうれしいですね。」

販売の仕事をしている人はたぶん口を揃えてこう言うでしょう。
毎日ツライ仕事をしていく中で、お客さんが喜んでくれるのを目の当たりにすることは
とてもうれしい瞬間だと思います。

私の仕事はペットショップです。子犬を販売しています。
私も同じで、自分がお世話させていただいた犬がお客様に喜んでもらえることは本当にうれしいです。
でも犬は物と違って非常に特殊です。

以前にこんなことを言われました。


「よくこの子とめぐり会わせてくれたなぁ。
わしらもう子供も嫁に行ってしもて、
毎日家内ともほとんど話もせんかったけど
この子が来てから、
やれ
『ハナコはメシ食ったんか』
『散歩は行ったか』
『風邪引かしたらアカン』
やとか、
ハナコの話から始まって、よー家内とも話するようになって家が明るなったわ。」

あるご年配のご夫婦でしたけど、お互い空気のような存在で
会話をしなくても会話してるっていうカンジだったのかもしれませんが、
ご主人さんは寂しかったようです。


こんな幸せな話、他のどの商品にもおまへんな。


みなさんが幸せになりますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加