goo

長岡京音頭


(長岡京音頭を踊る人たち)

長岡京市のイベントで欠かせないのが、「長岡京音頭」です。

春のたけのこフェスタ、あじさいまつり、天満宮夏祭り、ガラシャ祭り

などなど、大きなイベントでは長岡京音頭保存会の方たちが

踊りを披露し、会場を盛り上げます。

緑色があざやかな浴衣の人々を見かけたら、

それは音頭保存会の方たちです。



JR長岡京駅の西口には、長岡京音頭の碑が建っています。



歌詞には、「燃える天神 霧島つつじ」などと

春夏秋冬の市の見所が網羅されています。

そして碑の「まるく仲よく長岡京」の歌詞で終わるのです。

盆踊りのような、軽妙でどこかなつかしい音楽と

親しみやすい振り付けで、思わず踊りたくなる長岡京音頭。

お祭りで見かけたら、ぜひ踊りに参加してみてください。

一緒に踊ると、見ているだけよりももっと楽しいですよ。

※長岡京音頭について、くわしくはコチラ(市HP)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 17日は楊谷寺... 『第27回公... »