三十路男の記憶(本編)

三十路男の雑念(?)、雑感。あとラーメン日記。細々と続けます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ipodなの・・・

2008-11-09 | 日記

最近「通勤時に音楽を聴く」という以前の自分からは想像もできない状態に
陥っているため、「携帯音楽プレイヤー」(←まどろっこしい)を新調することに。

そして、「ipod nano」をアップルストアで購入!!

ひと世代前の第3世代だけど、「整備済品」とかで9,800円で購入。
その辺は「定価でモノを買わない」を実践してます。

いわゆるデモ製品とか返品されたものを「アップル」さんが再整備して
叩き売るっつう感覚かね。

送られてきた物を見ると、新品そのもの。

唯一ヘッドフォンのコードが切れてた・・・・なぜ??
   (↑使い物にならず)

動作も快調。ちょっと電池の減りが早い気がするけど、そんなもんなんですかね。
でも、操作性に関してはひとこと・・・


「右クリック」がほしい。


改めて「ウインドウズ」の「右クリック」の便利さを実感。

なにかサブメニュー的なことをやりたいときは「右クリック」っつう発想になってしまってるのかな。
昨日はヘッドフォンとかカバーとか買ってきて、明日からの通勤もちょっと楽しみ♪

 


・・・・・・・・・・・あくまで「通勤」・・・・・ね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外貨がない!!

2008-11-08 | 日記

先日、円高に乗じて「今のうちに」将来海外に行くあてもないけどユーロの現金を
手に入れとこうと銀行に行ってきた。

そしたらどの銀行に行っても「手持ちの現金がなくて・・・」とのこと。

考えることはみんないっしょだねぇ。
とにかく、支店の手持ちも、本店の手持ちもなく、まったく対応もできないとの事。
まあ、こういう事態だからしょうがないか・・・とあきらめるも、気になったのは
銀行の対応。

某S銀行は、窓口の人が「グダグダ」いろんな事言って、結局要約すると
「両替できません・・・ってことね??」という感じで、まったく誠意ゼロ。
客に行間読ませるなっつうの。

某県名銀行は最初から「ちょっとお待ちください」って言って奥から「偉そうな人」
登場。そんで最初に「申し訳ありませんが・・・」てな具合に説明された。

某S銀行は、昔は窓口にほんとに感じのいい人がいて、ずいぶん贔屓にしてた
けど、いまの人になって最悪。まったく利用しようという気がしない。

人の対応でやっぱり印象は変わるね。
何事も「人」ですよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天浜線

2008-11-02 | 日記

秋晴れの3連休の中日、縁あってなぜか天竜浜名湖線の
「トレインフェスタ」みたいなものに顔を出してきました。

重要文化財の建物等があることは知ってたけど、普段使う電車じゃないし、あまり
縁がなかったんだけど、せっかく間近で見れるチャンスということで「転車台」を
見て来ました。

役割とか、何でこんな物があるかとかは説明無しなのでよく分からんですが、
歴史を感じさせる建物と、子供心をくすぐる仕掛けに、なかなか
見入ってしまいました。

←なかなか間近には見れないらしい



昼からは転車台体験とかやってるみたいだけど、長居はせず。

天浜線といえば、われわれの業界では某研修所への足として御用達
なわけですが、またいっそう身近になった気がするです。

ちなみに午後は天皇杯を見に行き、帰りに30歳肌の衰えを実感したために
洗顔やら化粧水やらを仕入れて・・・と、ひとりであちこち動き回ってました。

あ~疲れた。
最近何やるにしても気持ちが入らないんだよね・・・タラタラと何事も過ぎてく
感じで。まあ理由は分かってんだけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワカバのソフトクリーム

2008-09-21 | 日記
昨日は職場の集まりで伊東まで日帰りで行ってきました。
日帰りっていっても夕方着夜帰りのほんとに「飲みにいくだけ」の弾丸旅行。

伊東は自分が採用されたときの初任の地で、いろんな思い出いっぱいのよい
土地です。

そのひとつが↓

伊東のアーケード内にある「わかば」のソフトクリーム。
以前このブログにも登場したような・・・。

今回は一人で行ったにもかかわらず、つい食べてしまいました。
濃厚なミルクの風味・・・ちょっと甘いけど、飲みに行った後は
よくここで食べました。
伊東で飲んだ後の〆はラーメンじゃなくてソフトクリーム♪
が定番だったからねぇ・・・というのも言いすぎだが、意外なところで
めぐりあえる意外なおいしさです。

去年職場の先輩を連れてきたときも喜んでたっけ。


それで、今日は完全二日酔いで倒れてます・・・うげ。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

台風

2008-09-19 | 日記
実況中継。

そうとう降ってます。

風はあまり感じないけど、雨がガラスに打ちつけてます。

考えてみたら今年最初の台風接近。

異常気象??を感じつつも、まぁ電車が止まらんうちに
帰ってこれてよかった…と妙に落ち着いてたりして。

台風は昔から好きです。特に夜の台風が。
雨音聞きながら暗い中で寝るのが好き。普段と違う音に
包まれるからか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008台湾演奏旅行(その2)

2008-09-07 | 2008台湾演奏旅行

台湾演奏旅行・・・続きです。

2日目はメインイベント、演奏会です。
打楽器はまあ世界共通で先乗りしてセッティングやらなんやら。

親子劇場とかいう台湾市庁舎の中にあるホール。結構でかい。

これが市庁舎。李登輝総統の手による書だそうな。

演奏会自体は個人的には大事故もなく、無事終了。
海外の演奏会ってお客さんの反応も情熱的だし、イイね。

驚いたのがお客さんの入り。
直前に近くで事故があったらしくて、足止めされた人も多かったらしいけど、
ほんとにギリギリまで来ない。ギリギリまでがらがらの状態でちょっと不安に
なる感じ・・・。

3日目は場所を移動しての演奏会。一応依頼演奏ということらしい。
リゾート地の一角で何かの夕食会での演奏。
本当は外で雰囲気のいい岬の先っぽみたいなステージでの演奏みたいだったけど
大雨で中止。急遽屋内の天井が低い多目的室みたいなとこでの演奏でした。

着替える暇もなく、短パンで・・・。
みんなほんとに移動の普段着だったから、ステージ的にきわどい服装で演奏。
こんな経験は初めて。
ちなみに、このステージでやった曲の半数は自分は「初見」。
曲も知らんのに合わせてた。おそろしや~。

←会場


出番を待つ楽器たち



この会場に行くまでに今回唯一の観光らしい観光しました。

↓「キュウフン」というところ




「千と千尋の神隠し」の街のモデルになったとか言われてる所で
昔の「台湾らしい」風情を残した観光地とのこと。
「ジョフェン」とか現地の人はいってたかなぁ。

確かに雰囲気は○

おみやげ物屋や屋台が軒を連ねて、ちなみにここの名物の芋団子
は屋台でも食べてよいという許可が出たので、試食。


オカリナ屋さんとか小物屋さんが一杯で、結構時間がつぶせる。
また眺めもよく、ここは確かに楽しい。
台北から半日コースのツアーも出てる様子。
時間があればオススメ。


さて・・・
台湾で一番お世話になったのが↓この「水」・・・もとい
「台湾ビール」

日本のドライをさらにドライにした感じで、さらさら飲める。
コクがあるとあの暑さと湿度ではのめんだろうなぁ~。納得。
ゆえに「水」なのです。



台湾はみんな優しくて、雰囲気も日本に似ていて、テレビなんか
日本のCMの吹き替えとかで流れてるし、何かと居心地がよい。
屋台が経験できなかったのは残念だけど、次にいく目標ができた
ということで。

3泊4日の旅でしたが、気心知れた仲間との旅行+演奏
は、ほんとに楽しかったです。

こんな経験はもうないとは思うけど、今度は50周年に行きたいなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008台湾演奏旅行(その1)

2008-09-06 | 2008台湾演奏旅行

今年の夏は非常に貴重な得がたい体験をしてきました。
大学卒業以来何回かお世話になっている

名古屋ディレクターズバンド

さんの40周年記念事業、台湾公演に奏者として同行させていただきました。

10年前のドイツ公演にも連れてってもらい、その後も何回か定期演奏会等に
呼んでいただいている縁か、パーカッションパートがほぼ大学の先輩後輩で
占められている縁か、代表が小松先生であられる縁か・・・よく分かりませんが
毎回、この素人を呼んでくださいます。感謝!

今回は3泊4日で2回公演というスケジュール(←直前まで2回演奏するって
知らなかった(汗))

8月21日にセントレアを出発です
↓チェックインの図・・・あれ?この後姿は???

凶器(いや・・・楽器)を預けてるところです。

台湾へはANA利用で3時間弱。意外と近かった。

↓台北の街。とにかく最初のびっくりがこのスクーターの数
そして交通事情

人がすれ違うかのごとく車とスクーターが・・・

初日は着いて半日ということで故宮博物館へ行って白菜と
豚の角煮を食べたくなったり(分かる人にはわかる)
観光ナイズされたお茶屋さんでお茶を飲んだり(でも香りが最高)

(あっ、フレームインしてまっせ・・・)

お茶も感動だけど、おつまみ(おちゃうけ?)の豚のジャーキー
がお気に入り。酒飲みグループは迷わず購入。

夜はかの有名な「県泰豊」という小龍包の名店でディナー・・・つうほど
でもないが、とにかく混んでてびっくり。


ひとり5個です。余計に食べちゃだめですよ・・・って

さすがにおいしいが、もう少しアツアツだと思っていた。
昔上海で食べたやつは熱すぎてやけどしたもんだから。

↓一所懸命に作る人たち


その後、夜市見学へ。
夜市といえば「屋台」なのに、今回は演奏者は「ぜ~ったい食べちゃだめ」
という厳命が・・・。
何しろあの暑さと・・・で日本人には合わないそうな。ガイドブックには結構
普通に書いてあるんだけどね、でも確かにそういう話はよく聞く。
食べちゃだめ、なら特にやる事もなく、ぷらぷら。
しょうがなくなぜか「太鼓の達人」とかやってました。


そんなんで過ぎた一日目。
肝心の演奏会当日と、唯一の観光らしい観光については
また その2 で。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008夏大阪

2008-09-05 | 国内旅行

今年もやりました。夏恒例ゴージャスホテルでのんびりステイツアー!!

我が家の夏の締めくくりといえば、都会のホテルのフィットネスや
エグゼクティブラウンジでのんびり一日過ごすというもの。
昨年のクラウンプラザ、神戸ベイシェラトンに続き、今年は難波の
「スイスホテル南海大阪」へ

このホテル、実は我が家がこのような夏の最後のイベントをやるように
なったきっかけとなるホテル。
ここのラウンジに初めて行った時、とにかくその充実ぶりにおどろいて
それ以来病みつきになったところ。

2年ぶりの凱旋です。

ホテルにそのことを伝えたら「お帰りなさいませ」って迎えてくれました。
(やや表現がメイドカフェっぽいが・・・)

今回はフィットネス+プールも使いたい放題なので、水着、ウェア持参の旅
でございます。


↑ラウンジでの夜食(カクテルタイム)

こんなのがみんな食べ放題飲み放題。
ウイスキー頼めば水まで何も言わずに出してくれるし、
一応デフォルトはセルフサービスなんだけど、スタッフは
頻繁に「おかわりいかがですか?」って聞いてくれるし

↑ガラスに映ったラウンジ内部
向こうは大阪の夜景

もちろん部屋も良くて、レインシャワーが付いてたり、ターンダウンのサービス
があったり、3時までレイトチェックアウトが無料だったり、とにかくいたれり
つくせり。

フィットネスもちゃんとフリーウェイトがあって、しかも大浴場付き。


↑部屋からの夜景
さすが地上33階。
通天閣も見えます。
夜景とか、都会の景色って見ていて飽きないねぇ。

今回はモニタープランといって、アンケートに答える代わりに
お安く泊まれるというプランで、かなりリーズナブルでした。

来年もまた来たいなぁって固く心に誓いながらの旅でした。

ちなみに・・・ホテルにお金をかけているので、夕食、昼食
は・・・
↓↓↓

こんなかんじです。

これは大阪名物「金龍ラーメン」
あふれんばかりのB級感が我が家の心を捕らえて離さない
一品です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾演奏旅行から帰国

2008-08-25 | 日記

昨日無事に帰ってきました。

人生2回目となる海外演奏旅行。
めったにできない体験をさせてくれたディレクターズバンドの皆様に感謝。

お決まりの旅行記は近日中に整理します。

台湾って今まであんまり印象がなかったんだけど、いいところだね。
みんな優しいし、街も比較的安全だし。
ちょっと蒸し暑いけど。

今日は休む間もなく仕事。
一気に現実です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プチ同窓会

2008-08-17 | 日記

金曜日、本当は残業して色々片付けたい物があったけど、偉い人の
「今日は帰れるよね??」の2連発に抵抗できず・・・・いや・・・やりたいことが・・・
といえず・・・・夕方に強制退去となりました。

週頭に急遽高校時代の友人が集まるということで、声はかかっていたんだけど
「微妙かなあ」と思っていたのが、そんな理由でちょい遅れの参加ができることに
なりました。

もう高校卒業して1?年。いまだにこうして集まるのもいいもんだし、大学~就職
当初はみんな全国へ散らばっていてこういう機会がもてず、最近になって
Uターンをして実家もしくは近くに住みことになり、おのずとこういう機会が増えた
ということ。
「いまだに」というより「やっと」と言うべきかな。
自分にも仲間がいたんだなあ・・・と思います。

しかし、30過ぎてのみすぎて吐かないように・・・
しかも寝ゲ○

S!お前のことだよ。
散々吐いて外に出てったと思ったら駐車場で大の字で寝てるし。

お前の悪行はここに書くことで一生ネットの世界で記録し続けられるように
したから(笑)

50になって後悔しろよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加