グリーンフォレスト (歳時日記)

室蘭や近郊の四季が織りなす風景と野花や我家で育てている草花の記事を発信しています。
 

しらさぎ

2017年02月11日 | その他



先日まで川面は全面氷結していました。近頃、寒さが幾分緩んだことにより、氷は解け始め水面が現
れる。
  毎年この時季になると、何処からか数種類の水鳥が飛来してきます。画像の日付け02/の
下に小さく
見えるでしょうか。当記事の主役の「しらさぎ」です



 白いサギは、総称で「しらさぎ」と呼ばれています。このサギはゴイサギ。当地では、アオサギは見かけ
ますが、ゴイサギを目にするのは稀なことです。















 この場所は河口の直近、淡水と海水が混ざりあう汽水域です。小生物が豊富な場所です、獲物を狙う
ときは微動だにしない 辛抱強い水鳥です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月の茜色の空 | トップ | 雪解けが始まりました »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
信州にも居ます (屋根裏人のワイコマです)
2017-02-12 09:34:41
ゴイサギも アオサギも このあたりの川の何処かに
巣をかけているんでしょうね・・川べりを歩いていますと
慌てて飛び立って逃げます。信州の鳥たちは
狩猟の猟師や犬たちにいつも追われているので
殆どが臆病です・・でもその距離を知っているのか
2~300メートルの距離を置いてそれ以上遠くには
逃げていきません でもその距離はカメラにも
上手く入りません・・今は白鳥たちと餌取り合戦
コハクチョウに追われているようです。
雪より白く (越後美人)
2017-02-12 09:47:11
シラサギの羽は雪の白さよりも白く見えますね。
全身真っ白で、とても美しいです。
じっと立っている風情もいいですね。
五枚目、水面に映った姿と、波紋の広がりが気に入りました(^_-)-☆
こんにちは、屋根裏人のワイコさんへ (II.san)
2017-02-12 15:43:39
元々、ゴイサギは道内では珍しい鳥のようです。さらに、
市内では見かけません。この川には 今頃になりますと、
マガモなどが飛来して来ます。その撮影をと思い、橋の
上から目を凝らしていました時、川の中州に居ます1羽
のゴイサギを発見しました。距離は少々離れていました
が、動作が、ゆったりとしていますので、餌を探す目の
動きまで焦点を合わすことが出来ました。
こんにちは、越後美人さんへ (II.san)
2017-02-12 16:19:02
何しろ羽根が真っ白な鳥です。撮影時は雪や氷が
陽射しを受けていましたので、シラサギを 的確に撮
ることがと思っていました。雪を背景にしましたシラ
サギは始めての被写体でしが、それなりに撮影する
事ができました。
 水が冷たいためでしょうか。餌を狙うときには必ず
川州に上がっています。餌を見つけますと抜き脚差
し脚の状態で水の中に足を踏み入れます。
川の流れが緩やかですので、都度、整った波紋が作
り出されていました。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL