グリーンフォレスト (歳時日記)

室蘭や近郊の四季が織りなす風景と野花や我家で育てている草花の記事を発信しています。
 

外は氷点下の真冬日です

2016年12月27日 | 我家の多年草&一年草&樹木

 
 流通名はヒメフウロ。エロディウム・ウァリアビレが可憐な花を咲かせ始めました。わが国の固有
種のヒメフウロ(別名シオヤギソウ)とは全く異なる植物です。この株は、秋に庭から掘り上げ鉢植え
にして室内で育てています。一方、親株は庭に積もった雪の下で越冬中です。






 サクララン(ホヤカルノーサ)です。育て始めてから十数年が経過しますが、花を咲かせたことは
一度もありません。育てた方に何か問題があるようですが、全く思いつきません。

  長く伸ばした蔓に花を咲かせる事から、あんどん仕立て。蔓は下から上や下へと誘導、おそらく
長さは6メートルほど。今では花は諦め、観葉植物として育てています。






  先日も画像を投稿しましたムラサキオモトです。一定の温度を保てば、育てやすい元気はつらつ
とした植物です。
本来の名はロエオ。和名の由来は、葉の裏が薄紫色で草姿がオモト(万年青)に似
ている事からです。
  以外にも我国に渡来したのは江戸時代、渡来歴の古い 熱帯アメリカ原産のトロピカルな雰囲気を
醸しだす観葉植物です。






 観葉植物の定番、ポトス・ライムと深緑の葉に白い斑が入るポトス・エンジョイです。少々の水枯
れにも耐え、放任状態でも旺盛に生育。さらに、切り取った茎を水に挿しておくだけで発根、株を増
やす事も容易な植物です。 
     

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薄っすらと雪が積もりました | トップ | 穏やかな年の瀬です »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
環境の違いは・・ (屋根裏人のワイコマです)
2016-12-28 17:59:51
外の気温や風雪はその世界を厳しくして
いますが、室蘭のII.san さまのこの家の中は
まるで天国、その環境と気温の差は表現の
しようもありませんね、このお花さんや植物達は
幸せですね、いい環境で素晴らしい手入れと
優しい手当のおかげをこのように表現してくれます
素晴らしい植物たちに癒やされますね
こんばんは、屋根裏人のワイコさんへ (II.san)
2016-12-28 19:36:41
  今日は、陽射しがありましたが日中の最高気温は
-2℃。庭には薄っすらと雪があり、庭の土は凍り付
いています。道内では、特に冬の間は、多くの家々で
は室内で鉢植えの植物を育てています。
 我が家でも、冬になりますと室内に20鉢ほどの鉢
植え植物を取込み育てています。 たいした手入れ
はしていませんが、このように元気ハツラツです。


別世界ですね (越後美人)
2016-12-28 21:02:47
外は氷点下とは思えない春か夏の光景ですね。
どの植物も生き生きしていて素晴らしいです。
Ⅱsanさんの植物への愛情が伝わってきます。



想像できない世界 (chidori)
2016-12-29 20:15:34
キーンと張り詰めた世界でしょうか?
その気温差にどう身体が反応するのか…などとつまらないことを考えながら眺めています。
植物にとっても、もうそういう生態系になっている。鹿児島の植物音痴ばあちゃんは関係のないことで頭をいじめています。
おはようございます、越後美人さんへ (II.san)
2016-12-30 06:48:24
  北海道の暖房は本州方面と比べて高めかと思いま
す。夜間は暖房を切っていますので朝方は16℃くら
いまで下がります。通常は、朝~夜・就寝時ごろまで
の室温は22℃ほどに調整しています。
 鉢植えの置き場は居間の前の名ばかりのサンルー
ムです。室温と併せまして、熱帯原産の植物達には快
適な環境のようです。栽培は、適当な水やりを行ってい
るだけです。冬の間は、この植物t達からパワーをもらっ
ています。
おはようございます、chidoriさんへ (II.san)
2016-12-30 07:12:53
 天気予報を見ていますと九州方面は暖かいですね。
当地では、例年になく早い本格的な冬を迎えています。
 日中になりましても最高気温が氷点下の日を真冬日
と呼んでします。撮影日はまさしく真冬日の天候でした
マイナス2℃といいましても、風があるか無いかによ
りまして体感温度は大きく異なります。
 今日の朝もマイナス4℃と冷え込みました。一方、道
内の内陸部ではマイナス19℃の地域もあります。

コメントを投稿

我家の多年草&一年草&樹木」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL