グリーンフォレスト (歳時日記)

室蘭や近郊の四季が織りなす風景と野花や我家で育てている草花の記事を発信しています。
 

霜の華

2016年12月07日 | その他



 今日の朝は、放射冷却も伴い厳しく冷え込む。この季節の我家のささやかな風物詩「霜の華」が
出現しました
玄関前に設置している無暖房の風除室のガラス窓に、霜が様々な模様を描き出しま
した。
  






 霜の華」の正式な呼び名は窓霜(まどしも)。窓霜は、冷え込みが強い朝など、屋内側のガラス
に付着している水分が凝結して出来る霜の結晶模様です。

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絵鞆岬 周辺の景色 | トップ | 冬日のマスイチ浜 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰しております (なりひら(しっぽ))
2016-12-08 00:07:54
しばらくブログを休んでいましたが、冬の訪れとともに再開します。室蘭地方の冬景色とても綺麗で、厳しそうですね。
自然の芸 (屋根裏人のワイコマです)
2016-12-08 09:55:22
芸術と言えるのか判りませんが
自然界の 寒さの結晶ですね
この模様を 自分で作れるものでもなく
時間とともに消滅し また空気となって
しまいます その時のほんの一瞬の
出来事ですよね 見事です
kんばんは、(なりひら(しっつぽ))さんへ (II.san)
2016-12-08 18:38:56
  ご無沙汰しています。ブログの再開お待ちしてい
ました。全国的でしょうが当地でも、今年は春から今
の時季を含めまして、例年にないような特殊な天候
となっています。本来季節の移り変わりは、もう少し
緩やかと記憶しています。今年は雪の降り始めも早
く、外気温も一挙に真冬日のような状態となっていま
す。
こんにちは、屋根裏人のワイコさんへ (II.san)
2016-12-08 19:02:55
窓霜は、ガラスを朝日が照らしますと徐々に解け始
めてしまいます。撮影は短時間の勝負です。自然任
せの氷の造形ですので、二度と同じような結晶に出
合うことはありません。
今回は特に下の2枚の画像は、樹木のような結晶と
背景の物体が小屋の屋根のように映り、森の中を連
想させられる窓霜を、カメラに撮り込むことが出来まし
た。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL