グリーンフォレスト (歳時日記)

室蘭や近郊の四季が織りなす風景と野花や我家で育てている草花の記事を発信しています。
 

7月の庭に咲く・・・

2017年07月12日 | 我家の多年草&一年草&樹木



 スイカズラ(吸い葛)が先日から、周囲に 心地よい芳香を漂わせながら純白の花を咲かせています。
一方、花の色は純白から黄色へと徐々に変化します。そのことから、金銀花(きんぎんか)と優雅な別名
を持つ半蔓性の植物です。









 キリンソウ(麒麟草)、小さな花を密に集めて輪状に咲かせます。レモンイエローの花と薄緑色の葉と
のコントラストが、絶妙な雰囲気を醸し出しています。






 マルバストラム の一番花です。サーモンピンク色の花びらは淡い光沢を放す。茎を長く伸ばし横に広
がるように成長します。夏の暑さにも、冬の
寒さにも強い多年草です。






 コーカサスキリンソウ。2~3日ほど前から、淡いピンク色の小さな花を咲かせ始めています。茎は地
面を這い、庭土と接した部分から発根します。株を増やすにも、手のかからない
生育旺盛なセダムです。
 


 オウゴンマルバ マンネングサ(黄金丸葉万年草)の花です。花も葉の大きさも1cm以下、なにしろ全て
が小柄なセダムです。ライム色の葉と花の取り合わせは、飴細工を想像させられます。




 ナスタチウムは、我が家の夏の定番の花です。本来の花期は7月ですが、夏の暑さを越しますと秋遅
くまで花を咲かせます。
和名の
金蓮花(きんれんか)は、ハスの葉に似た葉を付け、黄色の花を咲かせる
ことが由来となっています。

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畑作地帯の朝景色 | トップ | 夏の朝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL