グリーンフォレスト (歳時日記)

室蘭や近郊の四季が織りなす風景と野花や我家で育てている草花の記事を発信しています。
 

爽やかな風が流れる

2017年06月10日 | 四季の山野草&花木(1)



 室蘭岳の山麓に広がる牧草地。牧草を波打たせるように、爽やかな初夏の風が流れる。朝から6月
の碧空が広がりました。一方、この晴天は
午前中に限定との天気予報。予報は的中、束の間の晴れ間
でした。







 農道沿いで、フランスギクとハルサキヤマガラシが花を咲かせています。ともに、遠い昔に観賞用など
の目的で、ヨーロッパから渡来。今では、繁殖力が強く庭から飛び出した帰化植物です。
   





 牧草地に、ノビタキのさえずりが響き渡る。夏羽に衣替えしたノビタキの雄です。 この野鳥の習性は、
茎の高い草や低木の細い枝の先に好んで止まります。
      
                     



 今の時季、林の縁などで枝葉を広げ花を咲かせるミズキ(水木)が目に止まります。花は、純白な小花
の集合体。葉の色とのコントラストが清々しい落葉高木です。






 朝日を受けて咲くオニグルミの雌花です。雌しべの先端に紅色の花を咲かせていますオニグルミは、
樹高が高い。それに反して。小さな花をチョコンと咲かせますので、
目を凝らして見ないと見過ごしてしま
います。









 朴の木は、初夏を代表する花木です。高い梢の先に咲く花のほとんどは空を仰ぐように開花。少々、
花を撮影することが困難です。 この朴の木は、V字形に切り込む谷の上に架かる橋の下で自生。それ
でも梢の先端は欄干よりも4~5mほど高さ。その梢で、周囲に心地よい香りを漂わせながら花を咲か
せています。




『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月の庭に咲く・・・ | トップ | 初夏の庭に咲く・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

四季の山野草&花木(1)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL