グリーンフォレスト (歳時日記)

室蘭や近郊の四季が織りなす風景と野花や我家で育てている草花の記事を発信しています。
 

散歩道沿いで・・・

2017年04月28日 | 四季の山野草&花木(1)

 朝の散歩を兼ねて、春の薫りが漂う雑木林の中を行く小径を歩く。少々、アップダウンの道のりに薄っ
すらと汗ばむ。
この小径は、江戸時代から存在する「室蘭街道」と呼ばれた山道の一部です。 江戸の昔
には、馬の背に荷を乗せ物資が運ばれ
人々が行き来した歴史の小径です。 






 小径を横切るエゾシカ。距離は50mほど、エゾジカは人と出会うと立ち止まり微動だにもせずに2~
3分ほど、
ジッーと見つめてきます。その後は方向を転換、一目散に走り去ります。




 雑木林の中に、アカゲラのドラミングの音が響き渡ります。繁殖の季節です 雌に対してのアピールや、
縄張りを主張して
いるそうです。






 先日来、投稿しています 家の近くの雑木林の林床でカタクリが花の最盛期を迎えています。あと数日
しますと、この花たちのシーズンは閉幕します。




 シロバナのカタクリです。普通のカタクリに比べて開花は一週間ほど遅めです。これほどのカタクリの
群落の中で、白い花を咲かせるカタクリは2株だけです。今年も清楚な花を見せてくれました。







 薄水色は、エゾノエンゴサクの代表的な花色です。下の画像はシロバナエンゴサク。カタクリの白花に
比べて株数多めですが、それでも、見つけるのは容易ではありません。










 エゾヤマザクラ(蝦夷山桜)が、花を咲かせはじめました。
室蘭の桜の開花予想は5月1日。開花の基準となる標準木は、室蘭八幡宮の境内のソメイヨシノです。
例年、エゾヤマザクラはソメイヨシノより早めに花を咲かせます。間もなくしますと、周辺の山野は桜色
に染まります。

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海霧の季節が到来しました | トップ | 絵鞆半島に咲く山野草 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

四季の山野草&花木(1)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL