グリーンフォレスト (歳時日記)

室蘭や近郊の四季が織りなす風景と野花や我家で育てている草花の記事を発信しています。
 

畑作地帯の朝景色

2017年07月12日 | 景色



 室蘭市の隣町、伊達市の郊外の丘の上に広がる畑作地帯からの眺望です。遠方には活火山の有珠
山を始め噴火湾を取り囲む山々を望む。
前景の農作物は、
ビート(甜菜)です。
  ビートは砂糖の原料、別名ではサトウダイコン。秋の収穫時期になると、根は丸々と太り砂糖の成分が
ぎっしりと詰まります。ビートは、北海道の畑作農業の基幹作物の一つです。








 農道沿いの草むらで花を咲かせる、マツヨイセンノウ(待宵仙爺)です。
花が開くのは、ほぼ午前中。日中、日差しが強くなると花を閉じる。その事が花名の「待宵・・・」の由来の
ようです。





 キャベツ畑です。伊達市は、噴火湾に面した温暖な気候から農業が盛んです。数多くの農産物を生産
していますが、その中でも キャベツは北海道有数の生産地。間もなくしますと 収穫・出荷の時期を迎えま
す。


『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近くの公園で・・・ | トップ | 7月の庭に咲く・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

景色」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL