グリーンフォレスト (歳時日記)

室蘭や近郊の四季が織りなす風景と野花や我家で育てている草花の記事を発信しています。
 

豊浦町のいんでぃあん水車

2016年10月07日 | その他



 シャケの捕獲設備のインディアン水車を見に、室蘭からは40kmほど離れた虻田郡豊浦町へ。
小さな町ですが漁業が盛ん、その一環としてシャケの養殖も行われています。
 インディアン水車やガラス張りの魚道は半地下式。ログハウス風の建物の中を通り抜け施設に
向かいます。




 豊浦漁港で水揚げされる海産物は多種多様。その中で、代表する海の幸と言えばホタテ。豊浦
町は噴火湾におけるホタテ養殖発祥の地です。










 インディアン水車は、豊浦町の中を流れる貫気別川の中流域にあります。溯上するシャケを捕獲
するための施設です。
  残念でしたが、
捕獲作業の時間外。通常、捕獲されたシャケはふ化場に運ばれ採卵・ふ化。稚魚
に育てられ、貫気別川に放流されます。










 インディアン水車の直近に設けられた魚道の片側はガラス窓。遡上するシャケを手に取るように
観れます。通常、河川を泳いでいるシャケを間地かに見ることは出来ません。貴重な体験、迫力満
点でした










 シャケが遡上する貫気別川は、両側を山に囲まれた渓谷状の地形を流れる。本流には、シャケ
魚道に誘導するための囲いが設置されている。シャケは右側の魚道を上流へと向かいます。





 本流から導かれたシャケは、魚道を群がりながら上流に向かって遡上していきます。









 豊浦町を後に、途中、大河の長流川の河口に立ち寄る。前面には噴火湾の大海原が広がって
います。この河川でもシャケが遡上しています。
 シャケは時折水面上に飛び跳ねます。飛び跳ねる瞬間や位置はなかなか予測できません。ピン
ボケの状態ですが偶然撮影した一枚です。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縄文の森のエゾリス | トップ | 朝の景色 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-08 09:04:32
信州では 憧れの鮭です。 このような鮭
の実態と遡上の様子が見られて・・驚きです
わが町は、分水嶺が四ヶ所あって皆峠の尾根
そんな田舎ですから、このような海の幸の
紹介は、貴重な勉強材料です
最後の鮭が空中に飛び跳ねる写真
素晴らしいですね。
こんにちは、屋根裏人のワイコマさんへ (II.san)
2016-10-08 13:40:37
 道内では、千歳川のインディアン水車が有名です。
豊浦町の水車は規模が小さいですが、それなりに立
派な設備を擁しています。
 放流されたましたシャケの稚魚は数年をかけて北方
の海域を回遊、故郷の川に戻って来るそうです。
長旅の末、インディアン水車にすくい上げられる。一
見、残酷のようにも感じますが人の手を介しました採
卵・養殖事業。漁業資源の確保から人間の英知かと
思います。
 長流川(おさるがわ)、河口付近は噴火湾に突き出て
います。昨日は、風が強く体を揺らされながらの撮影で
した。川面では鮭が頻繁に跳ねていました。カメラを振
りながらの撮影でした。




コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL