グリーンフォレスト (歳時日記)

室蘭や近郊の四季が織りなす風景と野花や我家で育てている草花の記事を発信しています。
 

6月の野山に咲く・・・

2017年06月30日 | 四季の山野草&花木(1)



 室蘭市と隣り合う 伊達市との境界付近の高台から望む、噴火湾方面の眺望です。遠方に見える街並
みは市の西末端に位置する。 市街地から離れる事10kmほど、室蘭市の人口の約10%の人々が日々
生活を送っている住宅地です。








 沿いの陽当たりのよい土手を埋め尽くすように、ブタナが花を咲かせています。色・形ともにタンポ
ポの花に瓜二つ。群がり咲く姿がとても鮮やかな、ヨーロッパの原産地から渡来した帰化植物です。





 ぴょこっと、藪から駆け出して来たエゾジカです。





 ノイバラ(野茨)の季節です。爽やかな香りを放しながら花を咲かせています。ほとんどが白花ですが、
下の画像のノイバラは、株数は多くありませんが薄紅色を帯びた花を咲かせています。









 ヒレハリソウ(鰭玻璃草)は風変わりな草名の植物です。農道沿いの草むらで、薄紫色の釣鐘型をした
花を咲かせています。明治時代に牧草として、原産地のヨーロッパから導入された帰化植物です。 







 フランスギクもヨーロッパ原産の帰化植物。江戸時代末期に観賞用に国内に持ち込まれたそうです。
繁殖力がとても強く、今では野に咲く花の仲間入りです。


『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな砂浜で・・・ | トップ | 暖かな大気が流れ込んできました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

四季の山野草&花木(1)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL