まい・ふーりっしゅ・はーと

京都発。演奏会や展覧会、読書の感想などを綴っています。ブログタイトルは、ビル・エヴァンス・トリオの名演奏から採りました。

京都市交響楽団 2016年 わたくし的ランキング

2016-12-31 16:22:57 | kyokyo
今年、聴きに行った13公演(定期5、特別3公演含む)の中から、印象に残ったステージのランキングを発表します。
あくまでも、個人的な感動の度合いがベースになっていますので、楽曲の難易度、演奏レベルとは全く関係がありません。

            *  *  *  *  *

● 【第1位】 リムスキー=コルサコフ : 交響組曲「シェエラザード」 作品. 35
2016年9月11日(日)14:00 開演 @京都コンサートホール・大ホール
京響スーパーコンサート / 指揮 : 広上 淳一(常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー)


広上さん=京響のコンビで、この曲を聴いたのは5年ほど前のこと。 その間の京響の躍進ぶりは、皆さんご承知の通り。
豊かなストーリー性と表現力、そして色彩感。 前プログラムの五嶋みどりさんと比べても、色あせない充実の演奏でした。

● 【第2位】 マーラー : 交響曲第1番 ニ長調「巨人」
2016年9月19日(日)14:00 開演 @京都コンサートホール・大ホール
第20回 京都の秋 音楽祭 開会記念コンサート / 指揮 : 下野 竜也(常任客演指揮者)

下野さん=京響のマーラーと言えば、大阪での交響曲「第5番」。 圧倒的な熱演の興奮を今でも思い出すことが出来ます。
今回も、指揮者とオーケストラが一体となる、幸せな瞬間が何度も訪れました。 1月定期のブルックナー「第0番」も楽しみ。

● 【第3位】ドヴォルザーク : 交響曲第9番 ホ短調「新世界から」 作品. 95
2016年10月7日(金)19:00 開演 @京都コンサートホール・大ホール
京都市交響楽団 第606回定期演奏会 / 指揮 : ラドミル・エリシュカ

遅れてやってきたチェコの名匠、エリシュカさんと京響との初協演。 御歳85才とは思えないほどの瑞々しいタクトでした。
熟練した職人技を見る(聴く)ような曲作り。 自然と、「神は細部に宿り給う」という名言を思い浮かべながら聴いていました。

● 【第4位】メシアン : トゥランガリラ交響曲
2016年11月26日(土)14:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール
京都市交響楽団 第607回定期演奏会 / 指揮 : 高関 健(常任首席客演指揮者)


3月定期のマーラーの交響曲第6番「悲劇的」でもそうでしたが、「大曲・難曲は高関さん!」というイメージが定着した感。
80分を優に超える複雑精緻な現代作品を、理路整然とコントロールされた高関さん。 児玉桃さんのピアノも印象的でした。

● 【第5位】ドヴォルザーク : 交響曲第8番 ト短調 作品. 88
2016年2月14日(日)14:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール
京都市交響楽団 第598回定期演奏会 / 指揮 : 大友 直人(桂冠指揮者)

「クール、スタイリッシュ、スマート」という印象が強い大友さんですが、いい意味で裏切られた「熱っぽい」演奏でした。
「こういう大友さんも、案外、ええやんか!」という感じ。 土俗的な香り、民衆の熱狂ぶりを巧みに表現されていました。

● 【番外編】シュトックハウゼン : 3つのオーケストラのための「グルッペン」
2016年12月23日(金・祝日)14:00 開演 @京都市勧業館みやこめっせ
京都市交響楽団創立60周年記念 特別演奏会 / 指揮 : 広上 淳一・高関 健・下野竜也(常任)


やはり、この曲に触れない訳にはいかないでしょう! 今回が、日本でまだ3回目の演奏。 常任指揮者3人の揃い踏みです。
敢えて、現代前衛作品という意欲的な選曲された御三人の覚悟、本気度に、京響の更なる進化を確信した演奏会でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都市交響楽団特別演奏会「... | トップ | 京都市交響楽団 第608回定... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。