まい・ふーりっしゅ・はーと

京都発。演奏会や展覧会、読書の感想などを綴っています。ブログタイトルは、ビル・エヴァンス・トリオの名演奏から採りました。

京都市交響楽団 第613回定期演奏会

2017-06-24 20:32:29 | kyokyo
2016年6月23日(金) 19:00開演 @京都コンサートホール・大ホール
指揮 : 小泉 和裕 / 管弦楽 : 京都市交響楽団


            *  *  *  *  *

● ベートーヴェン : 序曲「レオノーレ」第3番 作品.72b
作曲者唯一の歌劇「フィデリオ」の序曲。 作曲順に第2番、第3番、第1番。 フィデリオも含めると4つもある。
数ある「序曲」の中でも、個人的には一番好きな作品。 まだ聴いたことがない第2番、第1番にも興味があります。

レオノーレとフィデリオは同一人物。 レオノーレが男装して、フィデリオと名乗る。 タカラヅカの男役みたいな。
ゆったりとしたテンポで始まる序奏と、加速度的に盛り上がっていくフィナーレとの対照の妙が印象に残ります。

CDでは分かりづらい、舞台裏から聴こえてくるトランペットのファンファーレも、劇的な演出効果がありました。
聴衆の皆さんは、奏者の西馬さんの紹介を期待して拍手を送り続けましたが、小泉さんはあっさりと「第2番」へ。

● ベートーヴェン : 交響曲第2番ニ長調 作品.36
後世の私たちは、後に続くベートーヴェンの交響曲の傑作を知っている分、若き日の習作のように捉えがちな作品。
それでも、前時代のハイドンやモーツァルトとは異なる、みずみずしい躍動感とスケールの大きさを感じさせます。

第3番「英雄」との間で、格段の音楽的進化を遂げるわけですが、徐々に蓄えられつつあるエネルギーの息吹き。
第2楽章で奏せられる主題は、天国的な美しさ。 あの「ハイリゲンシュタットの遺書」と同時期とは意外でした。

あと「第1番」を聴けば、ベートーヴェンの全9つの交響曲を聴き通したことに。 演奏は、全て京響になります。
これまで、数が少ないブラームスとシューマンは達成しています。 こういうのは、「チクルス」とは言わないの?

● ベートーヴェン : 交響曲第7番イ長調 作品.92
第5番「運命」、第6番「田園」という傑作が続いた後、ベートーヴェン先生、さあ、今度はどうするのだろうか?
4年間のブランクの後、今度は「リズム交響曲」という独創的な手法。 常に、新たな地平を開拓しようとする姿勢。

今あらためて9つの交響曲を振り返ってみても、それぞれが個性的かつ独創的。 決して延長線上にあるのではなく。
京響の演奏では、大友さん、広上さんの指揮に続いて3回目の体験になりますが、毎回、新たな発見に出会います。

今回の小泉さん指揮の演奏では、とりわけ快速調な第4楽章が印象的。 凄まじい推進力と歯切れ(音切れ)の良さ。
視覚的にも、「ザック、ザック」という感じがするボウイング。 中山航介さんのティンパニーの小気味良い響き。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市交響楽団 第612回定期演奏会

2017-05-22 19:31:38 | kyokyo
2017年5月20日(土)14:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール
指揮 : 高関 健(常任首席客演指揮者) / 管弦楽 : 京都市交響楽団


            *  *  *  *  *

● ブルックナー : 交響曲第5番変ロ長調 WAB 105(原典版)

1.序奏:アダージョ~アレグロ
低弦のピツィカートの後、突然、金管楽器の強奏。 その唐突さよりも、京響の豊かでまろやかな音色に驚かされました。
深い森の中で呼び交わす鳥たちの囀りを思わせる、ホルンとフルートの掛け合いも印象的。 何度も再現される主題。

2.アダージョ:非常にゆっくりと
弦楽器が奏でる慈愛に満ちた主題の、心に染み入る美しさ。 ブラームスの交響曲第1番の終楽章を思わせるようです。
賛美歌と同様、跳躍音の少ないシンプルな旋律がゆえに、むしろ、人の心に訴えかける「力」も強いとも言えるのでしょうか?

3.スケルツォ:モルト・ヴィヴァーチェ
荒々しく力強い曲調の部分と、のどかで牧歌的な曲調の部分とが複雑に絡み合うので、やや落ち着きのない印象を受けます。
ただ単純に3拍子のリズムがとれる、少々粗野な感じのする田舎風の舞曲(?)は、個人的には、ほっとひと息つけるところ。

4.終曲:アダージョ~アレグロ・モデラート
同じような景色が続く深い森の中を進んでいく。 さすがに60分を経過してくると、頭の中が麻痺したような感覚に陥ります。
内心、早くクライマックスが来ないかと思っていましたが、少しずつ全貌が見えてくると、壮麗な「音の殿堂」に圧倒されます。

            *  *  *  *  *

1月定期の「第0番」に続いて、私にとっては2曲目となるブルックナーの交響曲。 「第5番」は、やはり、ハードルは高かった。
集中力を保って、聴こうとは努めましたが、途中でまどろむこと数回。 でも、それがとても心地よかったことを記しておきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市交響楽団 大阪特別公演 2017

2017-04-17 20:38:09 | kyokyo
2017年4月16日(日)14:00 開演 @ザ・シンフォニーホール
指揮 : 広上 淳一(常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー) / 管弦楽 : 京都市交響楽団


            *  *  *  *  *

● ベートーヴェン : 交響曲第5番ハ短調「運命」作品.67
いきなり、重量級のシンフォニーから始まる豪華なコンサート。 しかも、あの有名な「運命の動機」からという…。
さすがに、豊かな音響を誇るザ・シンフォニーホール。 冒頭の「運命が扉を叩く」音からして、違いを感じます。

実は、この曲は2月の京響定期で聴いたところ。 鈴木秀美さん指揮で、古楽スタイルによるきびきびとした演奏。
そして今日は、オーケストラを「鳴らす」ことにかけては当代随一の広上さんの指揮。 期待に違わぬ満足度。

クラシックを聴く楽しみのひとつは、指揮者やホールの違いによる、微妙な音色やテンポの差異を聴き分けること。
やはり、響きのいいホールでは「副旋律」の動きが明瞭に聴き取れます。 隠れていた「美しさ」を発見する喜び。

● ハチャトゥリアン : 組曲「仮面舞踏会」
先日、現役引退を表明された浅田真央選手のスケーティングの曲としても有名になったのが、冒頭の「ワルツ」。
洗練されたウィンナー・ワルツに比べると野暮ったさが残るものの、情熱的で民族色豊かな表情に魅力があります。

華やかな社交界を舞台に、若妻の不倫を疑った主人公が嫉妬に狂い、ついには彼女を毒殺してしまうという悲劇。
ノクターンのヴァイオリンのソロや、ロマンスのトランペットのソロは哀感にあふれ、しみじみと心に染み渡ります。

京響のライブ・コンサート・シリーズ、第3弾のCDにも収録されているので、京響ファンにはお馴染みの作品。
今回も、それに優るとも劣らない熱演。 最初の「ワルツ」が終わった後、思わず「ブラボー」と叫んだ若い男性がいた!

● ストラヴィンスキー : バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
豪華3本立てプログラムのため、「仮面舞踏会」の余韻も覚めやらぬ状態のまま、低弦による不気味な序奏が開始。
この序奏の部分だけで、知らないうちに「火の鳥」の世界に誘い込まれてしまうほど、印象的で求心力のあるもの。

終曲のクライマックスは、たっぷり取った「助走」のエネルギーで、大空に一気に飛翔する「火の鳥」のイメージ。
広上さんの躍動感、高揚感みなぎる指揮ぶりも、そのイメージと重なり、たいへん見(聴き)ごたえがありました。

この作品自体は「演奏会用組曲」なのですが、元々はディアギレフの「ロシア・バレエ団」のために書かれたもの。
実際のところ、バレエとかオペラの舞台は未経験なので、それぞれの楽曲のシーンを思い浮かべられないのが残念。

            *  *  *  *  *

ここ数年は、他の在阪オケの演奏会と重なったり、プログラム(選曲)が関係したり、お客さんの入りは7割程度でした。
京響は地元に比べると、集客力が弱いのかと思っていましたが、今日はほぼ満席状態。 大いに盛り上がりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市交響楽団 第610回定期演奏会

2017-03-29 05:21:01 | kyokyo
2016年3月26日(日)15:30 開演 @京都コンサートホール・大ホール
指揮 : 広上 淳一(常任指揮者兼ミュージックアドバイザー) / 管弦楽:京都市交響楽団

独唱 : 高橋 絵理(ソプラノⅠ) / 田崎 尚美(ソプラノⅡ) / 石橋 栄美(ソプラノⅢ)
     清水 華澄(アルトⅠ) / 富岡明子(アルトⅡ)/ 福井 敬(テノール) / 小森 輝彦(バリトン)
     ジョン・ハオ(バス)

合唱 : 京響コーラス・京都市少年合唱団 ほか

            *  *  *  *  *

● マーラー : 交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」
第1部 : イヌムス(賛歌) 来たれ、創造主たる精霊よ
第2部 : 「ファウスト」最終場

別称の「千人の交響曲」というのは初演に際しての宣伝文句だったそうですが、実際にも千人以上が動員されたとか。
そして、今回の公演では、京響が客演奏者を含めて約120人の大編成。 合唱団を合わせると、総勢411名が舞台に!

独唱者の方も8人。 当初出演を予定された方が体調不良で、なんと3人の方が代役。 ソプラノのお二人とテノール。
急遽の出演にもかかわらず、それぞれが堂々した立派な歌唱ぶり。 テノールの福井敬さんは、さすがの存在感でした。

「第1部」は、オルガンの荘厳な和音が鳴り響き、合唱が歌い出す。 冒頭から、いきなりマーラーの世界へ誘い込まれます。
キリストの昇天後、使徒たちの上に精霊が降臨したという賛歌。 大いなる高揚感を伴いつつ、一気に頂点へと登りつめます。

単独でも1時間にも及ぶ「第2部」は、独唱者の各々に「配役」が割り当てられていて、オペラ風な面白さも楽しめます。
楽譜に記されている「栄光の母(聖母)が漂いつつ登場」の演出も、ドラマチックで象徴的。 まさに「天上」からの声でした。

独唱者、合唱団など声楽陣こそが「主役」といえる交響曲でしたが、京響の実力の程は十分に示した演奏内容でした。
大編成にもかかわらず、きびきびとした機能性と明瞭な音色。 凄まじいばかりのクライマックスは圧倒的な迫力がありました。

            *  *  *  *  *

プレトークの中で、京響創立の大英断を下された当時の高山義三・京都市長の業績にも触れて下さった広上淳一さん。
60周年というメモリアルなシーズンを、京響コーラス・京都市少年合唱団と共に「オール京都」で締めくくれたことは感慨深い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市交響楽団 第609回定期演奏会

2017-02-19 10:46:34 | kyokyo
2017年2月17日(金)19:00 開演 @京都コンサートホール・大ホール
指揮&チェロ独奏 : 鈴木 秀美 / 管弦楽 : 京都市交響楽団

            *  *  *  *  *

● C.P.E.バッハ : チェロ協奏曲イ長調 Wq.172
バッハ家の家系図で言えば、カール・フィリップ・エマニエルは、あの大バッハ、ヨハン・セバスチャンの次男。
バロックから古典派への移行期での実績、影響力の割には、一般的にはあまり知られていない作曲家のお一人。

指揮とチェロ独奏を兼ねる鈴木秀美さんは、オーケストラをバックにステージの中央、客席を向いての弾き振り。
自らのサロンで、お抱え楽師たちの演奏を楽しむ王侯貴族になったような、ずいぶん贅沢な気分を味わえました。

プレトークで紹介されていた、18世紀の音楽では類例を見ないほど「沈痛な」表情を見せる第2楽章が印象的。
ガット弦によるチェロ独奏も滋味豊か。 そして、チェンバロによる通奏低音も、如何にもバロックといった感じでした。

● ハイドン : 交響曲第82番ハ長調「熊」Hob.Ⅰ:82
第4楽章の主題と共に奏される低弦の音が、熊の唸り声に聞こえるとのことで、この愛称が付けられたそうです。
その他にも、ちょっと恐ろしくもあり、またユーモラスでもある熊の動作をイメージさせるような箇所が幾つかあります。

当時のハイドンは、パリの聴衆を魅了した超売れっ子の人気作曲家。 演奏機会は、モーツァルトの何と十数倍!
洗練された様式美の中に、さりげなく散りばめられたウイットやユーモアに、思わず「にっこり」といった感じでしょう。

100番台の交響曲での円熟した作曲技法もさることながら、この「パリ交響曲」時代の華麗さ、快活さも魅力。
業界では、「ハイドンではお客を呼べない」とのことですが、そういった固定観念を覆すのに十分な演奏でした。

● ベートーヴェン : 交響曲第5番ハ短調 op.67
言葉は悪いですが、これほどの「通俗的名曲」になると、聴衆のそれぞれが「マイベスト」の演奏をお持ちのはず。
そうした中で、いかに新鮮味を出して、聴衆を飽きさせることなく感動レベルまで導くのは、かなり高いハードル。

鈴木秀美さん指揮の演奏は古楽の演奏スタイルに則ったもので、京響もコンパクトによくまとめられていました。
ドラマ性を強調するような重々しい足取りではなく、フットワークも軽快に、運動性・機能美を感じさせるものでした。

躍動感があり、しっかりと自己主張する低弦部。 乾いた響きで、小気味よくリズムを刻むティンパニーも印象的。
新たにフルート首席に就任された上野博昭さんを迎えて、管楽器パートもしっかりと「芯」が入った感じでした。

            *  *  *  *  *

音楽史的にも、C.P.E.バッハ~ハイドン~ベートーヴェン(年齢差50歳超)と、時代順に並ぶプログラム。
演奏スタイルや、それぞれの作風の変遷がとても興味深く、学究的な要素も盛り込んだ充実した演奏会でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加