奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

アメリカ東部 大雪影響広がる

2017-03-15 20:32:35 | 社会
アメリカ東部では、14日未明から雪が降り始め、ニューヨーク州中部では、およそ70cmの積雪量が観測された。
大雪を警戒するために、ニューヨークなど5つの州で、非常事態宣言が出され、地元メディアによると、6,000便以上の飛行機が欠航になったほか、10万世帯以上が停電になるなどの影響が出ている。(FNN)


トランプ大統領や共和党が「地球温暖化」を疑問視したくなるのもわからないではない。
災害やテロで「非常事態宣言」が出るのは海外では当たり前のことだが、「公共の福祉」より個人の人権を尊重する「お一人様国家」日本ではありえない。

 共産党の穀田恵二国対委員長は15日の記者会見で、憲法改正項目に浮上している緊急事態条項で国会議員の任期延長を可能にする案に反対する考えを表明した。
 現憲法の下でも、選挙日程の調整などで対応できるとの認識を示した。(時事)


公職選挙法など諸々の法律すべてに付帯条項でも付けるつもりなのでしょうか。
それでは、今の安保法制と同じで、「これはできる。これはできない。」と、現場は法律集に首っ引き。そんなことしていたら、自衛隊員は殺されるし、災害やテロ発生時に助けられる命も救えない。
北朝鮮からミサイルが飛んできそうなご時勢で、日本共産党が国民の命を真剣に考えているとはとても思えない。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 支離滅裂な都知事 | トップ | 「小池知事は情報操作」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。